Angeprunelleさんの映画レビュー・感想・評価 - 3ページ目

Angeprunelle

Angeprunelle

映画はいろんな色に変化する✧
映画・・・好きです。
詳しくないですが・・・好きです♡

社会的知識も浅く
未熟な知能と心ですが
その瞬間自分が感じたことを
等身大の心でレビューしていきたいと思います♡ 

インディペンデントでマイノリティーなものが好き♡

映画を通して作り手の想いや価値観を感じ
世界観を広げ成長していきたいです♬

みなさんのレビュー
楽しく拝見させて頂いています♡

映画(1873)
ドラマ(0)

離れて、離さないで(2017年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

ラブロマンス系はあまり得意ではない上
恋愛に対して免疫の弱い私は
終始目のやり場に困りながら鑑賞しました。

見つめ合ったり、はにかみ合ったり
一緒に水槽眺めたり二人の日常生活が
いちいち可愛いんで
>>続きを読む

トムとトーマス(2002年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

キック・アスがちっちゃい♡
それも双子役♬

可愛いカワイイ♡

顔も可愛いけど声もカワイイ♬

「Touch down❣❣」

2人なら怖いもんなし♬

キッズファミリー向けのハートウォーミング
>>続きを読む

哭声 コクソン(2016年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

自分の心の中でフィルターをかけ
自分の瞳というレンズの先に映るその光景は
果たして本当にありのままと言えるのか。

「信じるな、疑え❢❢」は他人にではなく
己に対しての警笛なのかもしれない。

多く
>>続きを読む

仕立て屋の恋(1989年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

「死ぬほど切ないだけだ。」

これ以上にこの作品を表現する言葉はない。

優し過ぎる人間にはこの世はあまりにも生きづらい。

物静かな人間に対してこの世はあまりにも偉そうで高慢だ。

分かり合うことや
>>続きを読む

コントラクト・キラー(1990年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

死の恐怖に追いかけられる二人の真逆の結末✧

「くだらない」という言葉に宿るポジティブさとネガティブさ。

「くだらない」という言葉の無責任なポジティブさを信じて
もう少し生きてみよう
>>続きを読む

ジャンゴ 繋がれざる者(2012年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

165分があっという間でした✧

「断定的に」のやりとりがファニー♡

KKK設立前のKKKもどぎのやたらゆるい会話♬

タランティーノ監督作品にしてはかなりノーマル寄りに作られた作品だなと思いました
>>続きを読む

SHAME シェイム(2011年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

外界から隔離された家庭内での衝撃的な出来事
それによって崩れゆく心、偏った過度な欲求。

多くの人が家庭の中で生きてきたはずなのに
そこで感じる日々の苦しみや哀しみってのは
外界から隔離されてるがゆえ
>>続きを読む

狼の時刻(1966年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

深く心酔すること
深く傾倒することの危うさを
奇抜な芸術的センスで描いた作品✧

そしてユーハンとモーツアルトの対比♬

芸術は無意味だと自覚していて
芸術が精神崩壊を引き起こし
それでもなお芸術を追
>>続きを読む

ダーティ・ボーイズ(1996年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

ラストで一瞬だけ出てくるママがいい♡
この母にしてこの息子♬

ゆる〜いポップコーンムービー♬

ラヴィ・ド・ボエーム(1992年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

どうか乾杯を 夢追い人に
たとえ愚かに見えても
どうか乾杯を 心の痛みに
どうか乾杯を 厄介な私達に

これはLA・LA・LANDの歌詞だけれど
LA・LA・LANDように良い香りで
キラびやかな哀愁
>>続きを読む

恐怖分子(1986年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

ローテンションで終始不快感が続く鑑賞の辛い作品。

都会の闇と狂気が意図せず絡み合う鬱映画。

身近にある小さな不愉快や苦痛は
遠くで起こる大きな悲劇より精神を蝕む。

このジトジトした危うさ
>>続きを読む

ステート・オブ・グレース(1990年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

ショーン・ペンとロビン・ライトの交際&結婚前の共演作品✧

ロングヘアのロビン・ライトの美しさたるや♡

ショーン・ペン✧エド・ハリス✧ゲイリー・オールドマンと名優の共演ですが
その中
>>続きを読む

ボーダレス ぼくの船の国境線/ゼロ地帯の子どもたち(2014年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

錆びた鉄の音が淋しさと孤独を助長する
ひんやりとした廃船の中で育まれたのは
静かで優しいボーダレスな愛の奇跡♡

紛争の時代を生きるパーソナルに焦点をあてて
登場人物の行動のみで魅せる作品✧
>>続きを読む

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

“どうか乾杯を 厄介な私達に”

思い描く理想の人生は誰にでもあるけれど
それが最高に幸せな人生になるかは
誰にも分からない。

心に複雑な気持ちを抱きながらも
1.2.3.4とカウントしてまた演奏を
>>続きを読む

Be Cool/ビー・クール(2005年製作の映画)

2.5

今と比べると随分と細いドウェイン・ジョンソン✧
そしてやたらゆるかわいい♡

あらゆる危機を片手間で解決する
スマートでクールなトラヴォルタ✧

絶頂期のクリスティーナ・ミリアン♡

F・ゲイ
>>続きを読む

バッドガイズ!!(2016年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

キャラクターにあまり魅力を感じなかったせいか
作品に入り込めなかった💦

エンタメに富んだ凸凹バディ物のアクションムービーは
これまでにも面白い作品がたくさん出ているし
キャラクターに愛着が湧く
>>続きを読む

エクスペンダブルズ(2010年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

アクションスター勢揃いだったけどメインで活躍するのは
シルヴェスタ・スタローン✧ジェイソン・ステイサム✧ジェット・リーの
3人だったかな♬

ターミネーターと不死身サンは戦わないし
ミッキー・ロ
>>続きを読む

レジェンド 狂気の美学(2015年製作の映画)

3.2

ストーリーどうこうより作品の雰囲気が好きでした♡

【Legend】−Carter Burwell−
この色気とカッコ良さと哀しさと宿命を感じるサウンドが最高でした✧

アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場(2015年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

推定80人の命か、一人の少女の命か・・・

それがメインストーリーとして描かれていて
一体何が正義なのだろうと
それぞれの抱く正義を闘わせ葛藤し
ギリギリの決断を下すという
ハラハラドキドキの
>>続きを読む

Tyler Perry's a Madea Family Funeral(原題)(2018年製作の映画)

3.2

マディアおばさん頼もしい♡

ユージン・レヴィはどの作品でも
良い味出してくれて地味に好き♬

タイラー・ペリーは近年大活躍✧

難しいことはなにもないゆるゆるコメディ✧

続・深夜食堂(2016年製作の映画)

3.6

雰囲気変わらずいつもの深夜食堂♡

美味しそうな料理音♬

オダギリさん演じるゆる〜い警察官✧

池松サン✧緑子サン✧小林サン✧光石サン✧オダギリさんと
キャスティングがとっても好き♬

>>続きを読む

エル・トポ(1969年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

Openingから斬新で本作のイメージも展開の予想も
いとも簡単に裏切ってくる作品✧

情緒不安定でカオスなんですが回りまわって
世界のニュートラルのようにすら思えてくる。

私には理解不可能。
>>続きを読む

メイズ・ランナー(2013年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

迷路からの脱出がちょっと簡単過ぎるかな。
難関が何個も用意されてるのかと思ったらそうでもなく
案外すんなりと突破出来ちゃって
グリーバーを倒すのが厄介だっただけのような。
動く迷路特有の面白さがも
>>続きを読む

少年と自転車(2011年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

知らないでいられる幸福。
知るということの苦痛。

夢はどこまでも優しい。
現実はどこまでも残酷。

夢は期待。
現実は裏切り。

それでも時々、夢のように優しい人がいてくれたりするから
心が混乱しつ
>>続きを読む

デンジャラス・ビューティー2(2005年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

今回は鼻が鳴るシーンがあんまりなかったな💦笑

王道ではあるものの啀み合ってた者同士が
最後に手を繋ぐってのはやっぱり文句なく気持ちいい♡

世界平和ってそういうHappyを積み重ねなんだよね♬

デンジャラス・ビューティー(2001年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

鼻が鳴るサンドラ・ブロックなんて滅多に見られない♡

チャーミングでカッコイイ素敵な女性♬

女性のbefore afterは見てるだけで気分上がちゃうな♡

ありがとう、トニ・エルドマン(2016年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

「お前は人間か。」
奇妙なシーンだったな。

大切な時間だったとその瞬間は分からない。

父から娘にだけではなく
娘も父や母に同じようなこと思う。

義務に追われてギスギスして
楽しむ事を忘れた人
>>続きを読む

暴力脱獄(1967年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

“俺は死ぬまで負けない”

暴力脱獄って邦題はきっと暴力で脱獄という意味ではなく
(社会的)暴力からの脱獄ってニュアンスでつけられたのかなと
個人的には解釈しました。

規則厳守にばかりこだわって大切
>>続きを読む

インビジブル・ゲスト 悪魔の証明(2016年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

雰囲気もストーリーも全然違うけれど
個人的には「女神は二度微笑む」と似た後味が残る作品でした。

小ぢんまりと綺麗にまとまった
面白いミステリーだとは思いますが
予想外の展開がなかったのが少し残念。
>>続きを読む

ヤコブへの手紙(2009年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

“救っているのか 救われているのか”

いい映画♡

裏庭に置かれた白いチェアとテーブルが素敵♬
郵便屋さんがヤコブを呼ぶ声に癒やされる✧

何かの役に立てることの幸せ♡
何の役にも立てない絶望。
>>続きを読む

ヒメアノ〜ル(2016年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

胸を噛みちぎられる程の切なさが
襲いかかってくるバイオレンスサスペンス。

怪物を作り出すのは誰なのか。
人の道を踏み外すまでの絶望を抱かせたのは誰なのか。

いじめっ子は人をイジメて何を得たいの
>>続きを読む

ショート・カッツ(1993年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

一つの死体に思いを馳せれる人間が
一人の不運の死を小さいことだと蔑ろにする。

一人の重み 一人の軽さ

不確かで移ろいゆく人の心。
自分すら本心が分からないのだから
他人に分かるはずもない。

自分
>>続きを読む

ファイナル・ガールズ 惨劇のシナリオ(2015年製作の映画)

3.6

これぞ深夜のポップコーンムービー♡

映画愛たっぷり♬
和気あいあいのメイキングにもほっこり✧

こういうのも良いじゃない♡

街のあかり(2006年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

ぽつんと灯る街のあかりは
出しゃばらず見返り求めず
ただただ控えめに人の足元を照らし続ける♡
私達は失って初めて気付く。
それはとても温かく心を和ませる存在だったと。

身分をはき違える我々人間の高慢
>>続きを読む