備忘録用さんの映画レビュー・感想・評価

備忘録用

備忘録用

女子大生というステータスを失った ただの女

目的が良映画の選別のため、辛口がデフォ
邦画は興味ない

話、映像、役者、音楽で判断。

9/27/16~

映画(592)
ドラマ(4)

ラブソングができるまで(2007年製作の映画)

1.5

ヘイリーベネット目当て。最後のツインテール最高に可愛かった。インスタセンスあるし気取ってなくて大好き。

話はあるある。冒頭のPVが笑える。

ファントム・スレッド(2017年製作の映画)

3.0

クレイジー。そうくるか。
常人には理解し難いオチ。

映像とクラシック音楽が綺麗。料理も美味しそう。室内シーンばかりで息苦しく感じたから、街の映像も欲しかった。
ダニエル・デイ=ルイスはスタイルも姿勢
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション(2015年製作の映画)

1.5

妻がおらん!妻どこ
なんでハイライトの飛行機シーンを冒頭に持ってきたんだろう。

ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル(2011年製作の映画)

3.5

今までのより断然面白い。

凝った場面設定とハイテクな小道具にワクワクする。ドバイでの取引シーンが好き。オープニング映像も楽しい。
チームメイトの女優さんの筋肉美が素敵。

敵が弱くてキャラが薄いのと
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル3(2006年製作の映画)

2.0

奇跡のシンフォニーのママパパがスパイ役で共演してる!!感動した。

前作よりも映像技術が進歩してて、言葉を選ばずに言えば、鑑賞に堪えうる画面になった。これ相当ポイント高い。

ミッション:インポッシブル2(2000年製作の映画)

1.5

心底つまらない。ストーリーが破綻してる。
あとヒロインが綺麗じゃないし、盗んだ宝石を谷間に隠すなんてギャグみたい。せっかくの良いアクションだって、多すぎて飽きた。

GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊(1995年製作の映画)

3.0

やっと観られた。
皆キャラ立ってるし仕事出来て格好良い。大塚さん良い声〜(*^^*)私も不器用なバトーに優しく見守られたい。

話難しくて理解できてない。これIoTだよね?こんな昔に思いつくのがすごい
>>続きを読む

ドニー・ダーコ(2001年製作の映画)

1.5

ジャケット、どんどん目がよくなるマジカルアイみたい。
うさぎ好きだけど、こんな造形が不気味なのは勘弁してほしい。こんなんいたら泣くわ。

意味不明な話。ギレンホール姉弟が本当に姉弟役やってる点は面白い
>>続きを読む

ONCE ダブリンの街角で(2006年製作の映画)

3.5

恋愛話ではない。美男美女の登場も、劇的な出来事もない。人々の一期一会的な離合集散と、挿入歌が良かった。

こういうめげない男性いる、可愛い。主演二人が本職じゃないのに演技上手い。

バック・トゥ・ザ・フューチャーPART3(1990年製作の映画)

2.5

博士、タイムマシンは破壊すべし、未来を変えちゃだめ、と自分で定めておきながらそれに抵触しまくってる。この人自分に甘いタイプだな。
その点主人公は若いからか教えに従順で良かった。

バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2(1989年製作の映画)

2.5

2015年の未来のファッション、街並み、あらゆるものがださくて目をむいた。

前作と本作の主人公を同じシーンに同居させながらリンクさせないなんて勿体ない。前後作ありきの物語なのも残念。

あとは主人公
>>続きを読む

バック・トゥ・ザ・フューチャー(1985年製作の映画)

3.5

一部の熱狂的ファンが騒いでいるだけだろうと敬遠していたが、観て良かった。
特に有村昆の結婚式のデロリアンで引いたから、このシリーズにはマイナスイメージしかなかった。ほんと良い風評被害だった、ごめんなさ
>>続きを読む

ダークナイト ライジング(2012年製作の映画)

2.0

役者は豪華だがキャラが薄い。ジョセフゴードンレヴィットの登場に興奮したが、悲しいかな居なくても差し支えない役所だった。

アメコミ故に勧善懲悪が完遂されるだろうという安心感があり、私の心拍数は終始平常
>>続きを読む

ダークナイト(2008年製作の映画)

3.0

公開時からずっと観たかったから嬉しい。
シリーズものでヒロインのキャストが突然変わるのって洋画あるある?作中で何かしら理由付けがほしい、と常々思う…。

海がきこえる(1993年製作の映画)

3.0

高校の時に観た。最後に感情がぶわっと湧き出て、戻ってこない青春に胸が締め付けられた。

ジブリの中では浮いた作風だが、このえも言われぬ雰囲気が好き。評価が分かれるのも理解出来る。

バットマン ビギンズ(2005年製作の映画)

2.5

つまりは、親の遺産で暮らすほぼニートがコスプレ姿で夜な夜な徘徊してるってこと?持ち物をバットモチーフで揃えてるって可愛い。

まあそれを差し引いても、舅姑無し、無尽蔵のお金、イケメンマッチョ、正義感強
>>続きを読む

I am Sam アイ・アム・サム(2001年製作の映画)

1.0

半分で挫折。障碍者の方を笑い者にするのも、7歳の知能で育児できると無責任に主張する点も嫌。お涙頂戴映画。

ラッキーナンバー7(2006年製作の映画)

3.0

どんでん返し系が観たくて。
設定が緩い。

ジャケットこそダサいが、映像はお洒落で色味が芸術家っぽかった。テーマ曲もかっこいい。

出演陣が豪華。ヒロインがアジア系なのが好印象。主人公イケメン。
モー
>>続きを読む

ウルフ(1994年製作の映画)

1.5

いつか観た。
クラシカルな雰囲気の狼男の映画

フェノミナン(1996年製作の映画)

3.0

クラプトンのChange the Worldは
この世で一番好きな曲。

チャタレイ夫人の恋人とダイアナロスが出てきたけど、時代設定いつだろ?

あと、有名な本と内容同じ。

(500)日のサマー(2009年製作の映画)

3.0

珍しい終わり方で良い。
オープニング、ダンス、アニメーションの挿入など凝ってる。
ただし時間軸がバラバラで感情移入しにくい。

ジョセフ・ゴードン=レヴィットが車窓から入る日に照らされるカットが良い。

ジョー・ブラックをよろしく(1998年製作の映画)

3.0

面白かった。
最後の映像が素敵。

美男美女で絵になる。若かりし頃のブラピが可愛い。あの眼差しの破壊力よ。

突っ込みどころがいくつかあるけど、一番は死神の精神年齢の低さ。
森羅万象を達観した仙人みた
>>続きを読む

10 クローバーフィールド・レーン(2016年製作の映画)

3.0

密室系。
ジャケットで盛大にネタバレかましてるお陰で、尺の大部分を占める心理戦の存在意義が消失してる。

終盤10分の急展開は面白いのに、ラストはありがち。
主人公が一般婦女子の割にバイタリティみなぎ
>>続きを読む

サイコ(1960年製作の映画)

2.5

シンプルで面白い。
こちらの心をざわつかせる演出がさすが。

見覚えのあるオチだけど、それだけ後世の創作物に影響を与えたってことだよね。

アマゾンが紹介文で華麗にネタバレ決めてるけど、監督生きてたら
>>続きを読む

ナイトクローラー(2014年製作の映画)

2.0

特ダネを追う主人公がエスカレートしていく話。すごい利己主義者で血も涙もない。

局の女性ディレクターもどっこいどっこいで、最後の言葉には笑う。

ジェイクギレンホールの目が怖くて本当に異常者みたい。演
>>続きを読む

300 <スリーハンドレッド>(2007年製作の映画)

2.0

裸で戦ったらすぐやられちゃうよ?
筋肉すごい。私もシックスパック欲しい。

レナヘディがナタリーに似てて綺麗。
エンディングが凝ってて良い。

ピッチ・パーフェクト(2012年製作の映画)

1.5

ハモネプ優勝を目指す下品な大学生達の話。

みんな行動の理由付けが弱い。
オープニング、エンディング映像は手抜き。
これ観ながらカレドショコラ二箱消費した。

ルーム(2015年製作の映画)

2.0

主演がドンジョンで一言だけ発した妹。

5歳児がナレーションすると、言わされてる感があって不自然。
あとあの脱出方法やる親はまずいない。

部屋にディカプリオのポスターがある。

親切なクムジャさん(2005年製作の映画)

1.0

だめ…気分悪い。

自力救済の是非を問う話。何のための司法なのか。遺族はより苦しむよ。

主人公だって共犯者なのに。監督も批判的立場で撮っているだろうけど。

フローズン・タイム(2006年製作の映画)

2.0

ジャケットの色味が素敵で10年くらい観たかった。

登場人物が下品で思ってたのと違った。カメラマンの監督だから期待してたけどな。

特殊能力は3回くらいしか使わない。

主人公に既視感覚えたがハリポタ
>>続きを読む

タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツら(2010年製作の映画)

1.5

やっと観られた。

いけてない二人が殺人鬼に間違えられるという設定、最初は笑えた。でも、初期設定が面白いだけで、話の流れは王道だからつまんない。

素人が雑木林で撮影しました、という感じで、キャストも
>>続きを読む

Dr.パルナサスの鏡(2009年製作の映画)

2.5

観たことあった。ダークでチープなゴシックの世界観。話は全部理解できない。

役者さんがすごく良い。
娘役のモデルは、少女にも大人の女性にも見える絶妙な顔。エキセントリックで作風に合ってる。

ヒースレ
>>続きを読む

スリーピング ビューティー 禁断の悦び(2011年製作の映画)

3.0

映像はジャケット通りの美しさ。特にエミリーブラウニングの白い肌が綺麗。

独特で非日常な雰囲気。
音楽とセリフが少なく、シーン毎に暗転する。登場人物たちはちょっと何言ってるか分からない。

>|