備忘録用さんの映画レビュー・感想・評価

備忘録用

備忘録用

女子大生というステータスを失った ただの女

目的が良映画の選別のため、辛口がデフォ
邦画は興味ない

話、映像、役者、音楽で判断。

9/27/16~

スリーピング ビューティー 禁断の悦び(2011年製作の映画)

3.0

映像はジャケット通りの美しさ。特にエミリーブラウニングの白い肌が綺麗。

独特で非日常な雰囲気。
音楽とセリフが少なく、シーン毎に暗転する。登場人物たちはちょっと何言ってるか分からない。

プロデューサーズ(2005年製作の映画)

2.0

ミュージカルコメディのリメイク品。
エンドロールのラスト1分くらいにも演出があって、エンターテイメントに徹しようという監督の心意気が伝わった。

但し、観る人を選ぶ映画。社会通念・既成概念が通用しない
>>続きを読む

ゴースト・イン・ザ・シェル(2017年製作の映画)

2.0

ジャケットの色味に惹かれた。ロボットレストランを洗練させた感じ。ブレードランナーよりチープなCGで、ゲームみたい。

スカヨハ黒髪合わない。
たけしの演技はずっこけるレベル。桃井かおりの英語はSK-I
>>続きを読む

50/50 フィフティ・フィフティ(2011年製作の映画)

2.5

末期ガンを宣告された主人公と周りの交流。話は良いが、如何せん特徴がない。

公私混同して患者に手を出す女セラピストがプロ意識無さすぎ。映画の締めもこの人で辟易した。

結論、ジョセフ・ゴードン=レヴィ
>>続きを読む

ユー・ガット・メール(1998年製作の映画)

3.0

おとぎ話みたいに浮世離れした世界観で良い。

可愛い絵本屋さん、クリスマスで活気づく街、花が溢れる公園。NYの綺麗な部分しか出てこない。行ったことないけど。

主人公二人は経営者だが、仕事上の苦労の描
>>続きを読む

愛と死の間で(1991年製作の映画)

1.5

前世で殺人事件の容疑者と被害者になった夫婦が、輪廻転生して現代でも恋に落ち、過去の事件の真相に迫るというプロットに魅力を感じた。

だが、実際はただのサスペンスだった。あと如何せん効果音と演出が古い。
>>続きを読む

キャロル(2015年製作の映画)

2.0

主演二人の魅力で成り立つ映画。音楽とレトロなファッション、綺麗な映像が素敵。

ストーリーに真新しさは無く退屈だが、ラストは好き。

ドン・ジョン(2013年製作の映画)

2.5

ポルノ中毒の主人公ということで避けていたが良い話。

教会での懺悔と、祈りを捧げながらの筋トレは笑っちゃう。

スカヨハが絶世の美女役はうーん。

ジュリアンムーアが、眉毛が無いといかに人間くたびれた
>>続きを読む

イリュージョニスト(2010年製作の映画)

3.5

街の灯に少し似てる。好き。
セリフはほぼ無い。

コメディも混じってるけど、全編的に悲愴感というか物悲しさが漂っている。

映像が本当に綺麗。
線の細い絵、黄色味がかった色調、頻出する昼夜の変化シーン
>>続きを読む

オールド・ボーイ(2003年製作の映画)

3.0

パッケージで腰が引けてどうしても観られなかったけど、意を決して観た。結果、グロシーン2箇所だった。これならもっと早くに観たのに。

最初の方はコメディタッチ。
話が読めなくて釘付けだった。ただ真相は、
>>続きを読む

抱きたいカンケイ(2011年製作の映画)

1.0

つまらん。全くキュンキュンしない。

レオナルイスがこんな映画に使われて可哀想。

ヒロインがふしだらでヒステリックで魅力無し。ナタリーが頑張って演じてる感が凄い。男はイケメンじゃないし身長も釣り合っ
>>続きを読む

アメリカン・ハッスル(2013年製作の映画)

2.0

頭悪いからよく分からなかった。
クリスチャンベイルの役作り比較画像の増のやつってこの映画だったのね。ほんと別人、凄い。

あの頃ペニー・レインと(2000年製作の映画)

3.5

好き…。ノスタルジーを感じる。
監督の自伝的作品らしい。

ケイトハドソンの笑顔が凄く可愛い。ズーイーデシャネルがいた。
飛行機のシーンは笑った。

ロックは興味ないし、映像も70年代を再現して古めだ
>>続きを読む

WE ARE YOUR FRIENDS ウィー・アー・ユア・フレンズ(2015年製作の映画)

1.5

題名も含めて全体的にださい。

夢を追いかける青年と、面倒見てくれる先輩と、その彼女という、あるある設定。あと、トレインスポッティングに影響受けたのかな?

EDMが絡むが、肝心の曲が微妙。
映像が多
>>続きを読む

マイ・ブルーベリー・ナイツ(2007年製作の映画)

2.5

レイチェルワイズが今まで見た中で一番魅力的。ナタリーポートマンより綺麗に映ってた。

ノラジョーンズは愛嬌ある顔だけど、上の女優2人が綺麗だし演技上手すぎて、主演には無理がある。

主人公の女は自己中
>>続きを読む

タイタンの逆襲(2012年製作の映画)

1.5

なんでこんなB級っぽいパッケージにしたんだろ?

イオの扱い!
アンドロメダ、なぜすり替わったの?ロザムンドパイクがヒロインか。うーん。

他サイトでアゲノールをなすび呼ばわりしてる人がいたんだけど、
>>続きを読む

タイタンの戦い(2010年製作の映画)

2.0

イオ役の人美人!

セットにそこはかとないチープさが漂う。監督の好みで、ゼウスの鎧が光ってるの。
ただ、神話系映画ってすごくしょぼいの多いから、その中ではだいぶ健闘してる方。って私何様。

ペガサスと
>>続きを読む

トランスフォーマー/ロストエイジ(2014年製作の映画)

1.5

マークウォールバーグの上腕筋太すぎ!パッケージ凄くない?

話が絶望的につまらない。ド派手な破壊行為の映像が延々と続く。

キャラも魅力がない。彼氏役は存在空気。娘役のリップは全く落ちず臨場感無し。
>>続きを読む

あと1センチの恋(2014年製作の映画)

1.5

美男美女が鑑賞者を焦らしまくる。フラストレーション溜まる映画。

リリーコリンズがヒロインなんて、周りの配役困るよね。同世代で太刀打ちできる女優さんいないよ。実際出てくるライバル皆、当て馬にすらなれて
>>続きを読む

ラブ・アゲイン(2011年製作の映画)

2.0

題名とジャケットから、オムニバスだと勘違いしてた。原題変える必要ないのに。

軽いギャグ映画。大集合するところは、はちゃめちゃで楽しかった。
たぶん一週間後には内容覚えてない。

ハンガー・ゲーム FINAL:レボリューション(2015年製作の映画)

3.0

このジャケット好き。

あっさり終わった…。終わっちゃうの寂しい。楽しかった。ありがとう。

男性との心情の絡みもっと見たかった。

ハンガー・ゲーム FINAL:レジスタンス(2014年製作の映画)

2.5

このシリーズを通して思うのは、ジェニファーローレンスのスタイルの良さ。
X-MENのミスティークなんて、あれ普通の人なら大惨事だよ。

お話はだめ。バイオハザードみたいな、毎回次作ありきの終わらせ方。
>>続きを読む

ハンガー・ゲーム2(2013年製作の映画)

2.5

エンドロールがコールドプレイだったから調べたら、サウンドトラック豪華!
アギレラ、Sia、ウィークエンド、エリーゴールディング、イマジンドラゴンズ。凄いね。

やけにイケメンだと思ったらサムクラフリン
>>続きを読む

ハンガー・ゲーム(2012年製作の映画)

3.0

ちゃちいゲームだけかと思ってたら、豪華だった。
スポンサーを獲得してゲームで有利になるために、選手達が着飾るという設定が面白い。五輪の開会式の入場みたいなセレモニーや、公開収録もやるの。

国を挙げて
>>続きを読む

マシニスト(2004年製作の映画)

2.5

渋谷に広告出てて超気になってた映画!

不眠症の男の奇怪な生活の話かと思っていたが、違った。サスペンス。

クリスチャンベイルの役作りは素晴らしい。終始何か起こりそうで観客を不安にさせる演出が続く。

SING/シング(2016年製作の映画)

3.5

ラストは微妙だけど良かった!
エンドロール後、1分程の後日談が3本くらい付いてる。

ヒット曲がいっぱいでテンション上がる。下品なアナコンダが可愛くなってた笑。

皆歌上手いし声素敵。なぜか落選してた
>>続きを読む

COP CAR コップ・カー(2015年製作の映画)

2.5

矢じりって、arrowheadで日本語と逆なんだね!っていうどうでも良い事に気付いた。

家出少年2人が、裏の顔を持つ警官のパトカーを勝手に拝借して、追われちゃう話。

出演者は基本的に、少年2人と警
>>続きを読む

ロード・オブ・ウォー(2005年製作の映画)

2.5

監督が本作で伝えたい事は、最後の一文に凝縮されている。
皮肉だよね。真理子さんの国際法取った時思ったけど、国連ってまだまだ問題山積の機関。

オープニングが凝っている映画として、このオープニング紹介さ
>>続きを読む

風と共に去りぬ(1939年製作の映画)

2.0

長い。長すぎる。毎日のドライヤー時間に充ててやっと観終えた。

最後20分くらいにギャグみたいな急展開が続く。

要は、顔が良ければ人生イージーモードって事ですよね。はいはい。

これ恋愛映画じゃなく
>>続きを読む

アイズ ワイド シャット(1999年製作の映画)

3.0

この監督の作品にしては面白かった。

私でも理解できる!と嬉しくなったのに、監督は本作を失敗作扱いみたい。なーんだ…。

あの儀式はイルミナティかな、ダンブラウンの小説で出てきた儀式と同じだよね。

インサイド・マン(2006年製作の映画)

3.0

オープニングとエンディングのインドの音楽いい!

面白い。頭良い銀行強盗なら見ていて楽しい。
題名の意味は最後に分かる。

ウィレムデフォーの使い方が勿体ない。

モアナと伝説の海(2016年製作の映画)

4.0

劇場で観て良かった…。
歌と映像が素敵。エンドロールは写真と見紛うリアルさ、色合いが美しい。

ラプンツェルみたいなディズニーのCG路線には懐疑的だったけど、これほど綺麗なら十分有り。

ストーリーは
>>続きを読む

カサブランカ(1942年製作の映画)

1.0

なんだこの不倫礼賛映画。
ヒロインが性悪。悲劇のヒロインぶって自分に惚れた男を利用してる。

君の瞳に乾杯って結構乱用するのね。

アウトロー(2012年製作の映画)

3.0

かっこいい〜ジェイソンボーンみたい。

トムクルーズにしては地味な映画。女性との絡みが控えめな点が良い。

主人公、自分も銃捨てるって真面目か笑

マリアンヌ(2016年製作の映画)

2.0

将来どこに行きたいって台詞はフラグなんだよなぁ
エンドロールの3番目の音楽良い。

シン・シティ 復讐の女神(2014年製作の映画)

3.0

お話手抜き。
でも、映像、役者、音楽は相変わらず良い。特にオープニング。1より進化してる。

ジョゼフゴードンレヴィットほんと格好いい。だけど、なんだこの間抜けで無意味な役。

エヴァグリーン脱ぐね。
>>続きを読む

>|