cinemaxさんの映画レビュー・感想・評価

cinemax

cinemax

映画(117)
ドラマ(16)
アニメ(0)
  • 117Marks
  • 10Clips
  • 0Fans
  • 0Followers
  • 0Followings
  • List view
  • Grid view

星は夜空に見えるもの(2019年製作の映画)

-

大した事なかなと思って観たのに

割と深さも有り良かった



田舎の良さも改めて感じて。

何もない贅沢、何もしない贅沢な時間も

楽しみたいと思った

リバースダイアリー(2017年製作の映画)

-

途中、飽きてしまう話かと思いきや

どんどん複雑になり、けっこうディープだった



運命って信じる?

そう訊かれて

運命の流れは、想定外だらけで

一瞬先は分からないんだから

未来の不安、心配
>>続きを読む

地球でたったふたり(2007年製作の映画)

4.0

気軽に観たら
かなり重くて激しかった


ふたりの絆と生き抜く根性が
凄かった  

 
何があってもとにかく生きて生きて
生きながらえようと思えた

魔女と呼ばれた少女(2012年製作の映画)

-

壮絶過ぎて言葉にならん。


生き抜くのが困難な国で

それでも生き抜いている人がいる。


その粘り強さ、

持ってる力を感じた。

男の優しさは全部下心なんですって(2019年製作の映画)

-

宇田みこちゃん面白い役、話だったし

演技が自然で良かった



「鎖骨が不幸そうでエロい」が
 
そうか、そうなのか、

それがダメ男に捕まってしまうオーラ、

身体なんだなと。

 

幸せそうな
>>続きを読む

恋するふたり(2018年製作の映画)

-

芋生ちゃん見たさで鑑賞。

しかし、片桐の変さは痛い。
台詞が下手なのかわざとそういう役なのか。

社会不適合っぷりが
現代人でもこういう人いそうだなとか、
生きて行くのに良い場があるといいなと
親心
>>続きを読む

思い、思われ、ふり、ふられ(2020年製作の映画)

-

青春だな〜

親の再婚で、子供同士の関係あるあるだけど、
 
結果、みんなハッピーで良かった

聖地X(2021年製作の映画)

-

ドッペルベンガーかと思いきや

思い込み、意識が作り出した分身。


自分の妄想の中で

勝手に分身を作ってしまう方もいるし、

それが物質化しているストーリーが

ホントにあったらと思うと怖かったけ
>>続きを読む

blank13(2017年製作の映画)

-

豪華なキャスト陣。

実話を元にした
斎藤工が監督の映画。

流れる時間が心地良かった

still dark(2019年製作の映画)

-

盲目だからって諦めないで

チャレンジするのが凄い。


勇気をもらった。

LAMB/ラム(2021年製作の映画)

-

地味に怖い。

子供を亡くした親の辛さは分からないが。

どこか精神的に病んでおり

恐ろしい事まで出来てしまうんだなと。

愛情深さ故に

執着でもあり、、、

どうか癒されて欲しい。

あの群青の向こうへ(2019年製作の映画)

-

家出した2人の家庭環境、背景が悲しかったが

2人が出逢えた事、

ホント良かった。

左様なら今晩は(2022年製作の映画)

-

幽霊と恋ってと思ったが、

主人公の男が

相手を想って行動できるようになり

人間的に変われた所が良かった

グッドバイ(2020年製作の映画)

-

離婚や死別など

父親と住んでなかった人に

良くあるなーって。

銀の匙 Silver Spoon(2013年製作の映画)

-

やれば出来る


何気に
感動した


色んな家庭の事情があるが

実家の仕事に関しては
酪農家などは子供が抱える負担が大きいという現実も知り、、、

方や、サラリーマンの教育家庭に生まれた、学力を期
>>続きを読む

ライアー×ライアー(2021年製作の映画)

-

松村北斗くん 

すずめの戸締りの声優を 
素晴らしいレベルで果たしたので注目。

ジャニーズなのに凄いなと思ってたら
俳優もいいな〜

他にも出てたのにあまり松村くんだったんだって分からないほど、
>>続きを読む

スワロウテイル(1996年製作の映画)

4.0

重かった

激しかった


岩井俊二監督作品は好きで
リピートして観るが
コレは観てなかった

凄すぎる



生き抜くチカラがある民族には敵わないな


どん底になっても

生き抜いてやるってパワー
>>続きを読む

老後の資金がありません!(2020年製作の映画)

-

良くある普通のご家庭のお話が、

妻目線で繰り広げられる。


家系の貯金が少ない、

お小遣いも少なく欲しい物も我慢、

旦那の会社倒産、再就職、

自分も派遣契約切れ、

娘はデキ婚、

義理の父
>>続きを読む

とべない風船(2022年製作の映画)

-

公開初日、舞台挨拶があると知り、
三浦透子さんが好きなので観てみました。

主役の東出昌大さんにも興味がありました。

勿論、三浦透子さんの演技はいつも素晴らしい。

東出さんの役は、
辛いけど、もう
>>続きを読む

蒲田前奏曲(2020年製作の映画)

-

蒲田にご縁あって観てみたが、

最後の白黒のお話は退屈で途中で断念した。汗


その他は
特に銭湯の休憩所でのエピソードは、
舞台っぽい演技、構成だったけど
なんかそれはそれで良かった。

ストーリー
>>続きを読む

アバター:ウェイ・オブ・ウォーター(2022年製作の映画)

-

待ちに待った2。

戦いのシーンはキツイんだけど
海の映像美はホント夢の国。

エイワの心、
涙出る。

もう一度、映画館で観るかも。

はるヲうるひと(2020年製作の映画)

-

向井理の贅沢な使い方。笑
(めっちゃカッコええ〜)


佐藤二郎さん好きで
監督作品と知り観てみた。


難しい役、キャラなところを
山田孝之、仲里依紗の演技がホント凄かった。


あと最後になって、
>>続きを読む

飢えたライオン(2017年製作の映画)

-

悲惨。

こんな世の中

こんな人間達の世界

ろくでもない。


ネット社会、

ネット無しでは生きられなくなっている私達に、

ネットの悪用も怖過ぎる。

ホリック xxxHOLiC(2022年製作の映画)

3.0

衣装やセットも楽しみな
蜷川実花監督の作品は、美術。

蜷川実花監督のは必ず観たいし
神木くんはホントいいな〜。外せない存在。

柴咲コウはこの世のものとは思えないほど
相変わらず綺麗で、役にピッタリ
>>続きを読む

キネマの神様(2021年製作の映画)

3.0

RADファン、野田洋次郎が夢に出て来るほど好きなので観たかった。

必ず出ているものはチェックしている菅田将暉の、この役の演技も観たかったのもあり。

野田洋次郎が創った主題歌をこの2人が歌ってくれて
>>続きを読む

この子は邪悪(2022年製作の映画)

-

退行催眠、

入れ替えてしまうって。


コワイけど

興味深く観てしまった。

あなたの番です 劇場版(2021年製作の映画)

-

流星くん、いい。


好きな人が自分を守る為に
自ら死を選ぶなんて
 
逝く方も残された方も
どんなに苦しかっただろう

アメイジング・ジャーニー 神の小屋より(2016年製作の映画)

5.0

最高傑作だった。


この世の仕組みを、愛の世界を
分かっていたようで
分かっていなかった部分が
腑に落ちた。



生きるのが辛く、苦しい、

誰かを、神を恨んで生きている人は

たくさんいるが、
>>続きを読む

カランコエの花(2016年製作の映画)

-

LGBT

周りにけっこういたので

偏見持ってない。


個性でしかない。


LGBTの人達が

生きやすい世の中になりますように。

理解のある世の中になりますように。

ハウ(2022年製作の映画)

-

犬の賢さや

どんなに人間に酷いことをされても

無条件の愛で人間を助ける姿、

人間に寄り添って癒す力に感動した

>|