Elyさんの映画レビュー・感想・評価

Ely

Ely

映画(218)
ドラマ(1)

ブルージャスミン(2013年製作の映画)

4.0

対照的な状態が入り混じってカオティックで、常に水と油のような混じり合わないもの同士がぶつかり続けるような空気感の映画。

エレガントなソーシャライト、ジャスミンの
の転落人生が描かれる。
現在、過去が
>>続きを読む

キューティ・ブロンド(2001年製作の映画)

3.8

とっても元気をもらえる映画。

ピンクギャルが、ブロンドは頭が弱そうだからと恋人に振られたところから一念発起し、努力と前向きさでエリートへ変身するお話。

仕事だけに偏るのではなく、女であることを楽し
>>続きを読む

RENT/レント(2005年製作の映画)

2.4

GLEEでのRENTの主題歌seasons of love の素晴らしさが大好きだったので、これは見ておかないとと思い鑑賞。

GLEEでは主演のコリーモンティースが実際に薬物で亡くなり、彼に向けての
>>続きを読む

ドリス・ヴァン・ノッテン ファブリックと花を愛する男(2016年製作の映画)

3.7

艶やかな服を作り続けるドリス。
ゲイの中でも派手なタイプではなく、寡黙に淡々と美しいものの制作を続ける姿が描かれている。

美しい館は息を飲むようで、
整えられた穏やかな生活に憧れます。

永遠の0(2013年製作の映画)

3.6

ずっと見たいと思っていた作品。

祖母が亡くなった事から、孫たちが本当の祖父について探りながら人物像を探っていきます。

今よりもっとずっと思想が統制されていた戦時中。
愛する人のために、恥さらし、卑
>>続きを読む

マジック・マイクXXL(2015年製作の映画)

3.0

ストリッパー達のお話第2弾
今回も女友達と一緒にキャーキャー楽しむ仕様になってます。
今回はコンクールのために旅をするストーリー。といってもストーリー自体には感動は特になく、まぁとにかくみんなダンスが
>>続きを読む

マジック・マイク(2012年製作の映画)

4.0

夜中にテレビで流れ始めて、なんだこれ!!と思いながらズルズルとみてしまった作品。

日本では馴染みの薄い男性ストリッパーのストーリー。
マッチョな肉体美を誇る男性達がセクシーに踊り、女性達を挑発する様
>>続きを読む

わたしはロランス(2012年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

グザヴィエ・ドラン監督 若干24歳の頃の作品。これだけの大作をまとめているのはスゴイです

若干長いけれど、いびつな愛のおはなし。
確かにそこに愛はありそうだけど、それを取り巻く状況やお互いの求めてい
>>続きを読む

アリー/ スター誕生(2018年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

悲しいけれど、とにかくガガ様の歌唱力と純愛を楽しむ映画。

ブラッドリークーパーが、酒、ドラッグを除いてはカッコ良い。

太陽の塔(2018年製作の映画)

3.7

大阪万博という進歩や技術礼賛のお祭りに対して、岡本太郎はそれらが孕む危うさについてとても敏感であった

とここまでは割と知られた話ですが、

この映画では
太陽の塔へのより細かい解釈から、核の話までを
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.5

いつの時代も鮮やかなクイーンのボーカル、フレディの生き方にフォーカスを当てた映画。


IMAXで見て満足

美女と野獣(2017年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

子どもの頃、何度も何度も見たディズニーで一番好きな映画。

ベルはプリンセスとしても本当に魅力的で、それまでは単に守られる、救われるお姫様が多かったのに対して、女性の新たなロールモデルを示していて、子
>>続きを読む

娼年(2018年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

友人オススメの娼年。

娼年とは娼婦の男版。

9年ほど前に原作を読んでいたのでどう実写化されたか気になって見てみました。
確かその時に衝撃的だったのが、年の差のある夫婦の話。こんなセックスもあるのか
>>続きを読む

ダウンサイズ(2017年製作の映画)

4.6

コメディかと思って見た方の反応が良くないようです。
確かにこのパッケージとカテゴリのせいでスーパードタバタ劇を期待していました。
実際爆笑を期待していたけれど、ポールに起こるのは、非常にリアリティがあ
>>続きを読む

メッセージ(2016年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

映像は美しく、エイリアンとの遭遇だけれど、戦闘シーンがあるわけでもないので、ファミリーで見られる感じが良いです。繊細で心地よすぎることと、同じ交信の繰り返しなので、少し眠くなってしまいますが、、

>>続きを読む

セブン・シスターズ(2017年製作の映画)

4.0

ありそうでない面白い設定。
一人っ子政策の厳しいバージョンの世界で、
7つ子には(月)から(日)の曜日名が与えられ、その日会ったことはない全て共有する、怪我をしたら同じ怪我をさせるなど、徹底的に隠蔽工
>>続きを読む

言の葉の庭(2013年製作の映画)

3.9

新宿が美しい

多くの人にとってすぐ近くのまちだからこそ、すぐそばにあるストーリーとしてリアリティもあり、泣ける。
機内で見たのは誤算でした

君の名は。(2016年製作の映画)

2.9

ずっと見逃していた話題作だったので地上波で鑑賞。

背景描写はもうただただ美しく、都会だけでなく、田舎もかけるんだなぁと感心。
ひとつ文句をつけるとしたら、田舎者からすると同じ画面に人が多すぎるのがリ
>>続きを読む

怪盗グルーのミニオン大脱走(2017年製作の映画)

-

悪役がピクサーらしく風刺が効いていて絶妙に気持ち悪く、素晴らしい。

やめてやらぁ的ミニオン達も可愛く面白い

君の膵臓をたべたい(2017年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

浜辺美波ちゃんのあざと可愛さに悶絶。
亡くなり方は残念すぎますが、
主人公の男の子が、涙する姿に泣きました。

北川景子が美しい。

ドゥーマ(2005年製作の映画)

4.3

夜中に突如始まった映画でしたが、チーター好きとして最後まで見てしまいました…

大人の経験値で、あらゆる危険なシーンを平静を装って見ていましたが、子供だったらヒヤヒヤにずっと振り回されてましたね…
>>続きを読む

グラン・ブルー完全版 -デジタル・レストア・バージョン-(1988年製作の映画)

3.1

音楽と映像がとにかく美しい

完全版だからか、若干間延びしている感も否めなかったが、一つの過酷なスポーツで試し合う二人の友情が素晴らしい作品。

ブルーバレンタイン(2010年製作の映画)

3.5

なかなか辛いと悪名?高い映画なだけに、手に取るのも、見るのも恐る恐るになってしまいましたが、ようやく。

倦怠期の夫婦と言う言葉だけでは片付けられない描写とゆったりと進む絵。
禿げたライアンも見もので
>>続きを読む

>|