cinemaniraさんの映画レビュー・感想・評価

cinemanira

cinemanira

映画(74)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

愛しのアイリーン(2018年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

眠った女のパンツみてオナニーして、バレるの笑った

春の雪(2005年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

なんで駆け落ちしないで出家するのかわからないが、切ない話でした

グリーンブック(2018年製作の映画)

4.2

事実から映画になってるのかと思うと凄いなと思う。マイノリティの話は評価される話が多い。

ターザン:REBORN(2016年製作の映画)

3.5

広角での顔のよりは印象的だった。緊迫と不安が上手く表現されていた。
ズームインドリーバックが連続して使われていたが、違和感を感じた。

シャイニング(1980年製作の映画)

4.0

ゾクゾクして怖かった
ステディカムが見事に使われていた 。というかこの時代にステディがあったことに驚いた。そしてまだあまり進化してないことにもびっくりした。
左右対称の不気味さ、鏡の世界など、演出によ
>>続きを読む

時計じかけのオレンジ(1971年製作の映画)

4.0

凶暴性がスタイリッシュに表現されていて素晴らしい。
誰しもがその狂気を秘めているのではないかと思わせる、治療後の靴を舐める一連のショーのようなシーンは異様で印象深い。
人間らしさ、善とは何かなど考えさ
>>続きを読む

ミシマ:ア・ライフ・イン・フォー・チャプターズ(1985年製作の映画)

3.5

三島を知らない私がみるとよく分からない作品であった。
三島の過去の回想かと思ったら、それぞれの小説の再現もあり、撮影法により撮り分けているのはよかった
自分の人生の最後まで自分でコントロールするという
>>続きを読む

プーと大人になった僕(2018年製作の映画)

4.4

このレビューはネタバレを含みます

何もしないが最高の何かに繋がる
どこかへ行きたいと決まっていると、どこかがきてくれる
昨日の時点で明日には届かないと思っていたのに、今日はもう今日だよ
風船を持つだけで幸せな気分になる

意味とか効率
>>続きを読む

生きる(1952年製作の映画)

5.0

自分の生き方を考え直すきっかけになるいい作品だった

クレイジー・リッチ!(2018年製作の映画)

3.8

身分不相応な女が姑に認められる話
アジア版バチェラーじゃん、には笑った
結婚式は綺麗だった。
姑の複雑な感情、嫌味な感じは良かった。

クワイエット・プレイス(2018年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

え、これで終わり?という感じだが、ドキドキしたしハラハラした。設定は面白い。
子供の耳が聞こえない設定で彼女の視点では完全無音にするのはいいアイディア
疑問点
自己犠牲は感動するが、わざわざそんな世界
>>続きを読む

アンクル・ドリュー(2018年製作の映画)

3.8

バスケコメディ

笑えるところ
おじいちゃんの言い間違え
試合スタートの「あ、靴紐」という古めかしい引っ掛け
立てなかったおじいちゃんがいきなりめっちゃバスケ上手かったたころ
入院してたおじさんがケツ
>>続きを読む

ういらぶ。(2018年製作の映画)

1.0

桜井日奈子が超絶可愛かった。
テレビのようにういらぶと、シーン切り替わりでアバンが入る…
それぞれの章に第をつけて、小学生でも分かりやすくしているのか…
お互いずっと好きであるストーリーをどう展開させ
>>続きを読む

翔んで埼玉(2018年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

東京へいく通行手形の撤廃を求めて、いがみ合っていた埼玉と千葉が東京に立ち向かう話。
現代パートの車の中のラジオから聞こえる都市伝説として話は進み、途中途中、現代に切り替わることで、観客の目線を決めたり
>>続きを読む

>|