チィさんの映画レビュー・感想・評価

チィ

チィ

どんなに評価が悪い作品も観なきゃはじまらない!

映画(1176)
ドラマ(12)

シンクロナイズドモンスター(2016年製作の映画)

3.0

酔っ払いのアン・ハサウェイ、ダメダメのアン・ハサウェイ、ダンスしちゃうアン・ハサウェイ、やったろか〜〜!(喧嘩ポーズ)なアン・ハサウェイ、今までにみたことないアン・ハサウェイが詰まってるけど、これでい>>続きを読む

カプチーノはお熱いうちに(2014年製作の映画)

3.0

良さとかタイプとかどうでもよくて、13年の月日を交差させる時間軸構成とその順番の組み合わせ方、エンドロールの懐メロチックな盛り上がり方、なにより主人公を見守り続ける絶対的地位のファビオの微笑みが印象的>>続きを読む

累 かさね(2018年製作の映画)

3.7

土屋太鳳ちゃんの、芳根京子ちゃんの人生が変わる一作になるに違いない!と思うくらいニナの累の狂気性と内側から秘めた本性と人の醜さ、毒がもくもくとわいた憎悪と嫉妬が他人事に思えず余韻が凄い…。同世代という>>続きを読む

寝ても覚めても(2018年製作の映画)

3.4

私はもうカンヌのことがよくわかんねえや…。

観終わって真っ先に感じたアサコの狂気性とわからなくもない…感。わからなくもない…?わかる?いやわからない…。個人的には無頓着でも亮平と付き合ってたら気づく
>>続きを読む

響 -HIBIKI-(2018年製作の映画)

3.8

平手友梨奈の元々の偶像と、未だによくわからない現実の姿が響のキャラクターと合って、響が彼女なのか、彼女が響なのかわからない不思議な感覚に陥った。彼女から発せられる「小説」への想いは真っ直ぐで澄んでいて>>続きを読む

ビブリア古書堂の事件手帖(2018年製作の映画)

3.4

古書の1ページ1ページを開く手元に注力を置いたカットが作品の節々に登場して、そのカットを観る度にノスタルジックな触れてはいけない繊細な何かを見届けているような気持ちになる。過去パートの近くて遠い関係性>>続きを読む

劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-(2018年製作の映画)

3.5

『コードブルー』という作品はもはや属性『コードブルー』なわけで。『コードブルー』を観るんだから、大号泣なのは間違いないわけで。でも映画…ではない。でも『コードブルー』だもん好きなんだ!!中身が全てだ!>>続きを読む

パンク侍、斬られて候(2018年製作の映画)

3.2

宇宙が砕けますよって言われちゃったから、砕けて飛び散って鑑賞1ヶ月後のいま戻ってまいりました!!(忘れてた言い訳)

あの悶々とした気持ちは言葉にあらわそうとも思わない唖然呆然笑っちゃうぜO HE D
>>続きを読む

銀魂2 掟は破るためにこそある(2018年製作の映画)

3.4

本作だけは、本作だけは贔屓目じゃないと見れない…!如何に好きなキャラクターを見つけて楽しむかが魅力!!ということで、山崎ィイイイ!!あまりの推され方に感動した!恐らく豪華キャストの中で完全に誰だよだし>>続きを読む

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

3.5

前作に引き続き4DXで乗り込んできたんだけど、前作の一緒にジャイロスフィアに乗り込んでツアーを体感していた感覚が、今作はいきなりホラー的なドンドン!で恐怖に包まれた。え、ジュラシックワールドってホラー>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.0

映像撮ってた身として、面白れえ!!くっそー!悔しい!でもこのカメラワークと全体の計算し尽くされた脚本とカメラ割りとあーもう!天才!なんなん!!天才!!って感じなんだけど、忙しくて単館では見れずシネコン>>続きを読む

愛しのアイリーン(2018年製作の映画)

4.0

グロいだとかヤバイだとか覚悟しとけとか散々言われていた作品で、正直今年一番の覚悟作品だと思っていたんだけど、観終わってスッと心が清くなってる自分が居て怖くて怖くて震えてる。ヤバイし、ええ?って感じだけ>>続きを読む

ルームロンダリング(2018年製作の映画)

3.6

ホラーチックなのかと思ったらそうでもなく、オダギリジョー=転々とかゆるゆる系を想像した方は行くべきのゆるさ、ひさびさに心がお風呂にちゃぷちゃぷ浸かるようなのほほんとした気持ちになった。ミコちゃんのオバ>>続きを読む

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(2018年製作の映画)

3.7

公開前から何度も「ハンソロって評価わるいよね?」と聞かれて。じゃあ貴女はその悪い評価をつけたアメリカ人なんですか!と返したかったけど、「日本はそんなことないよ!」って言い続けて。本当にそんなことないよ>>続きを読む

クローズZERO II(2009年製作の映画)

3.3

三上兄弟のブレッブレの忠誠心の間に垣間見えるトキオリスペクト、兎に角トキオの体調を心配して尊敬してるセメダインブラザーズのファンになった。セメダイン、やるじゃないか!!

クローズZERO(2007年製作の映画)

3.5

全く良さがわからず、小栗旬のANNというどえらい青春の1ページだけ刻んでた公開当時。以後ひたすら男友達にクローズはすごいクローズが映画で一番好き格好良いを聞かされ続け、5年前に見るも記憶があまり残らず>>続きを読む

菊とギロチン(2016年製作の映画)

4.0

瀬々監督作品はやっぱり長編が輝く、この感情が何なのかはわからないけど染み渡った。大正という時代と、女相撲という題材と思想が混ざり混沌が錯綜する。
なかでも大次郎に対して「おまえはひとりだと思ってる!」
>>続きを読む

御法度(1999年製作の映画)

3.0

松田龍平の妖美に惑わされる山崎の「いかん…!」が誰よりも人間らしい瞬間だった。

娼年(2018年製作の映画)

3.5

作品を観終わってもなお松坂桃李は普通だと思ってしまうし、舞台化時点から普通な領に彼を起用したセンスが光ってる。大げさな演技で感情の起伏で萎えさせない、個性で色をつけない、まっすぐな領があぁ人気の秘訣な>>続きを読む

空飛ぶタイヤ(2018年製作の映画)

3.5

良い意味でも悪い意味でも池井戸潤!間違いがない池井戸潤!でも展開が読みやすいから中弛みしがちの池井戸潤!それでも面白い池井戸潤!

めちゃめちゃ熱い諦めない赤松運送を観ると、普段の自分の生活に気が引き
>>続きを読む

アウトレイジ(2010年製作の映画)

3.0

ラーメン屋で、間違えて(間違えてないけど)指をスッパリ切らないでください。驚愕してそれ以外の記憶が抜け落ちました。バイオレンスアウトレイジ…。

ダ・ヴィンチ・コード エクステンデッド・エディション(2006年製作の映画)

3.5

友達と見に行って80円のハンバーガーを食べた春。ダヴィンチコードお姉さん=オドレイトゥトゥ=アメリを知らなかった春。ダンブラウンが好きだったちょっと背伸びして大人ぶった映画。

ルーヴル美術館で撮影を
>>続きを読む

ピーターラビット(2018年製作の映画)

3.5

ちびっことお母さんの怒涛の親子連れの中で鑑賞してきたんだけど、ファーストシーンの「この映画は教育的じゃない」って可愛らしいピーターラビットが宣言した時に、あの空間の何割の親が「マジかよ」と思ったことか>>続きを読む

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(2017年製作の映画)

3.5

ワシントンポストとニューヨークタイムズは遠い海の向こう日本でも有名な新聞だけど、昨今の日本における文春やら録音音声丸写しのネットニュースやらの"自分が目立ちたい"は共通事項ながらも、報道するべきもの、>>続きを読む

死刑台のエレベーター(2010年製作の映画)

2.9

エレベーターに閉じ込められダラっと冷や汗をかく阿部寛。焦ってソワソワドンドンする阿部寛。公開当時に見た記憶といま残る記憶は不思議と異なるもので。映画の内容よりも、この阿部寛が如何に良い俳優かを当時AN>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

3.9

家族じゃないけど、誰よりも家族で。その家族をみて、自分の家族を想い起こすと、家にいるはずなのに、一緒にご飯食べてるはずなのに、暫く家族をしていない現実に打ちのめされて。先行上映で早々とみたはずなのに、>>続きを読む

ナミヤ雑貨店の奇蹟(2017年製作の映画)

3.2

2つの物語の世界が繋がったストーリー。ツナグに少しオムニバス的な展開は似ているなと思いつつ、前半後半に構成されたストーリー展開は映像という本を読んでいるようで。ラストに向けた伏線の回収回収回収は流石東>>続きを読む

映画 妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!(2016年製作の映画)

2.9

世にも奇妙な半分実写化、丁寧に実写化するとこうなるんだよ!って説明してくれるあたりが斬新で。すべて妖怪のせいだからなんでもありな世界が新たな映画史の1ページを刻んだ!すごい!ただ、アニメを一度も見たこ>>続きを読む

友罪(2017年製作の映画)

3.3

はじまってから瀬々監督の作る作品は決して逃れることのできない長い答えのない問いかけだと気づく。誰も幸せにはなれない罪とはなにか?何が罪か?罪を犯した人間は幸せになれないのか?なっても追いかけられるのか>>続きを読む

50回目のファースト・キス(2004年製作の映画)

3.2

絶対予習じゃハードル上がってダメ!復習!ということで、日本版を観てから。「絶対正統派ラブストーリーでしょ全然違うんだろうな」って思ったら、最初から最後まで設定は違えどめちゃめちゃ忠実で。こんなギャグ映>>続きを読む

50回目のファーストキス(2018年製作の映画)

3.2

ラブストーリー説や完全に福田ギャグ映画説とか様々な説が錯綜してたけど、思っていたよりずっとずっと真面目に作られていた作品だった。あの佐藤二朗が福田組で真面目な芝居で泣いてたから、間違いなく。となると、>>続きを読む

OVER DRIVE(2018年製作の映画)

3.1

洋画ではラッシュとか何本かカーレースを題材とした作品を観たことがあるけど、日本のカーレースが未知の世界で、どんなものなのか気になって思わず。まっけんファンの女子とカップルに囲まれることを覚悟して映画館>>続きを読む

デッドプール2(2018年製作の映画)

3.5

なぜお主が出演してしまったのだジョシュ・ブローリン…。顔がアボカドだしクールだから覆面を被るデッドプールと、まああっちは?真っ青だし?特殊メイクだし?こっちは、ややメイクだし?ほぼ素顔だし?誰も気づか>>続きを読む

孤狼の血(2018年製作の映画)

3.9

止まらない汗と暑苦しい髭、「あっちぃ〜〜なばかやろ〜〜」と文句たれながらボッコボッコ人を殴り、悪い顔しながらまあまあとおさめつつ捜査をする姿がこんなに似合う俳優は役所広司だけではないか。むっっさと思い>>続きを読む

氷菓(2017年製作の映画)

3.0

エネルギー消費の大きい活動に敬礼する折木奉太郎の語り部は、古典部に相応しく淡々と言葉を紡いでいく。感情の起伏を見せない山崎賢人の喋りは、黒髪のルックスと相俟って畳の香りのような独特な世界観が存在する。>>続きを読む

日本のいちばん長い日(2015年製作の映画)

3.4

「もう終わったんだハタナカ」
第二次世界大戦における日本のいちばん長い日は、上層部の閣議決定もだけど終わったと聞かされた戦ってきた人々の受け止める心情だと近年の作品を観て気づいた。御上に命を捧げて生き
>>続きを読む

>|