chikaさんの映画レビュー・感想・評価

chika

chika

点数難しい。
最近思考停止でレビューが適当です。

とらわれて夏(2013年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

2人の過去が語られた辺りからラストまでが良い。二人の悲しい過去が辛い。
時間はかかったけど、幸せなラストだったので救われた。
25年間?をさらっと描きすぎではあるけど。。


刑務所だしケイト・ウィン
>>続きを読む

ローマでアモーレ(2012年製作の映画)

-

ごちゃごちゃ。笑

モニカのエセ教養人女優の役がとっても面白かった。
「外国の子を養子にさせられるとこだったぞ」的なセリフとかシャワーで舞台とか今作は笑える台詞も多くて面白かった〜

ゴーン・ベイビー・ゴーン(2007年製作の映画)

3.3

何が正解かはわかんない。


冒頭から重たい雰囲気。
お話はよく出来てるし犯人はすぐ分かっても、全ては最後までわかんなかった。(私はいつも最後までわかんないタイプ。笑)
ベン・アフレック監督作品は評価
>>続きを読む

SWEET SIXTEEN(2002年製作の映画)

4.0

只々お母さんと暮らしたくてお母さんに幸せな生活を送らせてあげたくて。あんな母親の元で育ったのに、なんて素敵な子なんでしょう。方法は良くないけれども。
きっと親に愛されずに育ち親の愛をまだ求めてしまう1
>>続きを読む

ジョゼと虎と魚たち(2003年製作の映画)

4.0

邦画は嫌いじゃないけど合わないと思ってる私が一度も嫌悪感を感じず見入る事ができ素敵だと思えた。(1つだけ妻夫木聡じゃなければもっと良かったのかなーとか。キス下手)
素敵な作品。
シンプルな作品で、映画
>>続きを読む

ロスト・ハイウェイ(1997年製作の映画)

-

画面が凄く小さかった。そのまま見たけど。

オープニングから好みじゃない感じだったし、音楽の使い方とか映像とかこの監督の世界観が合わなくて、頑張ってみたけど、ダメだった。
私の頭ではわからない。。
>>続きを読む

アンチクライスト(2009年製作の映画)

3.6

トリアーの作品は好きなんだろうけど、「奇跡の海」と同様キリスト教じゃないと楽しめない部分が多い。
今作はタイトルにもなっているくらいなので特に。洋画でたまにあるこの躓き。うぅ悔しい。


トリアーが描
>>続きを読む

ディレクターズカット ブレードランナー 最終版(1992年製作の映画)

-

久しぶりにお家で映画を観て久しぶりにレビューを
やっぱり私80年代のSFやアクション、サスペンスは苦手。
陰湿でごちゃごちゃしてる近未来、しょぼいです。

頑張って最後まで観たけど、SF大作にしては地
>>続きを読む

ヒトラー暗殺、13分の誤算(2015年製作の映画)

4.0

ただ単に暗殺の犯行を描くだけでなく、主人公を軸に時代背景を描いていてただのサスペンスと思って鑑賞したけど、これは観て良かった。
まだ英仏に宣戦布告する前。戦争が激化する前に自国は勝てない。沢山の血が流
>>続きを読む

ノーカントリー(2007年製作の映画)

4.0

んー。怖い。
麻薬が絡むととんでも無いことになる。
イコール麻薬に関わってる人間はとんでもない人達なのだろな。それらを超越していたハビエルの執念。執念でもないのか?使命なのか?本能なのか?(サイコパス
>>続きを読む

ミニオンズ(2015年製作の映画)

-

ケビンが戻った瞬間マリオか!って突っ込んでしまった。
あ、オー バーオル着てるしやっぱりマリオ意識してるのかも、、笑

ボブ可愛すぎ。持ってたテディベアがMr.ビーンのクマちゃんだと思ってたらまさかの
>>続きを読む

パトリオット・デイ(2016年製作の映画)

3.9

アメリカで警官になろうと思う人は凄いなぁ。
銃だけでなく爆弾も飛んでくる闘争、、。
実話だなんて恐ろしい。

被害者の方々の日常を冒頭に描き、エンドロールには写真が映されていたり、、嗚咽を抑えるのが大
>>続きを読む

怪盗グルーのミニオン危機一発(2013年製作の映画)

-

一作目を劇場で鑑賞して後編観てなかったけど、やっぱりミニオン可愛いー!!!
不味いゼリーを食べたところと、薬を打たれて紫になったところが面白かった。
1人でゲラゲラ笑ってみるのが面白い。

解毒剤ゼリ
>>続きを読む

パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊(2017年製作の映画)

4.5

ハビエル(亡霊のキャプテン サラザール)最高。
登場シーンがかっこよすぎて一気に虜になった。
登場する度にハビエルの怪演、CGを駆使した3D映像に圧倒され感極まってた。

一応パイレーツは全作品観てる
>>続きを読む

インターステラー(2014年製作の映画)

4.0

公開当時劇場で鑑賞した時は臨場感に圧倒されたけどラストは???だったなぁ。
長いしなかなか再見出来ずにいたけど、今回やっと最後まで面白さがわかった気がする。

先日鑑賞していた「メッセージ」でも行って
>>続きを読む

メッセージ(2016年製作の映画)

-

先ず、フォローさせて頂いてるレビュワーさん達の見解が素晴らしい。
皆さんのレビューを読ませて頂いて、面白さに気付けた気が、、。

言語学の興味深さや原始的な方法でわかり合って行く所などワクワクしたし、
>>続きを読む

シンプル・シモン(2010年製作の映画)

3.4

お兄ちゃんもシモンも男前すぎー!

カクカクロボットの様に動くシモン。かわいい。
なんだかよくわからない数式をすらすらと喋る人好きです。

最初から最後まで可愛くて癒される。

あぁ。スウェーデンの作
>>続きを読む

カフェ・ソサエティ(2016年製作の映画)

3.5

やっと観に行けたー


ボビーの喋り方が良い。ボビーの家族が面白い。今回もユダヤ人ジョークが効いてた。
ユダヤ人娼婦のくだりで吹きそうになった!
ウディ作品は映画館で観るより一人で観てクスクス笑う方が
>>続きを読む

麦秋(1951年製作の映画)

3.8

あー癒された。小津監督にはいつも癒される。

今作は変わり者のノリコちゃんのお話で少しコミカルな部分も。
70年程前の女子会の様子も見れる。ちょっと鬱陶しい感じも面白い。笑

良い時代だなぁ。
でもや
>>続きを読む

真白の恋(2015年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

ぬうぅ。成就しないのね、、
私は安っぽくても成就してほしかったよう。辛いから、、。あんな明るく割り切れる真白ちゃん凄いぞ。
真白ちゃんの「普通じゃないから連れて行ってくれないの?」が凄く凄く胸に突き刺
>>続きを読む

バートン・フィンク(1991年製作の映画)

3.5

ん?なんだ?なんだったんだ?
ってなるけど面白い。
壁紙が剥がれるのが妙に気持ち悪い。

色んなことが隠れてるんだろうけど、はっきり見せてくれる訳ではないのでわからないなぁ。
言葉に出来ない。

ブルージャスミン(2013年製作の映画)

-

好きじゃない方のウディ・アレン作品でした。
でも面白い。でも悲しい。
あのキャロルやシンデレラでの麗しさは全くなくイかれた目が最高でした。

バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2(1989年製作の映画)

4.1

前作よりコメディ色強くない?笑
30年後がUSJの世界であの音楽が流れるたびにUSJに行きたいー!
またダンスパーティーの日に戻るところが面白い。
ダンスパーティーの辺りは引っ張る引っ張る。
映画だな
>>続きを読む

哀しき獣(2010年製作の映画)

3.6

主人公が超人的で凄いのとミョン社長が強くて面白い。
カーアクションの時の表情は2人ともあっぱれ!

後半1時間くらいは血の嵐で斧と包丁でぐさぐさぐちょぐちょでエグい。
逃走劇もあったり複数で戦ったり
>>続きを読む

カイロの紫のバラ(1985年製作の映画)

3.5

好き!可愛い!
スクリーンから出てくるって、笑
面白い。
私も映画の世界を案内してほしいなぁ。何が良いかなぁ。と夢を見させてくれる作品。
現実味のあるラブコメディ。絶妙。

ノー・エスケープ 自由への国境(2015年製作の映画)

3.0

んー。地味に迫ってくる感じが良い。現実味がある。壮大な砂漠というのもポイント。
予告が長くなったくらいの作品かも。

主役は犬なのでは?ってくらいお犬様凄いし、辛過ぎた。残酷過ぎる、、

追記
法を犯
>>続きを読む

セブン(1995年製作の映画)

3.5

7つの大罪の肉欲 傲慢 強欲などに怒りを感じている犯人が綿密に殺人をして行くのはおもしろくラストも最高なんだけど、見せ方が残念で恐怖感に欠ける。
SWATが登場するシーンなど古くささが否めなくて音楽も
>>続きを読む

人生万歳!(2009年製作の映画)

3.4

そんなに上手く行かないよ〜って感じだけど、ボリスが面白くて私はこんな人好みなので楽しかった。
なんか色々と勉強になった気がするし。笑
近年のウディ・アレンは皮肉たっぷりな会話劇が見易くて良い。

アギ
>>続きを読む

美女と野獣(1991年製作の映画)

3.3

実写版を鑑賞して素晴らしかったので初鑑賞。
実写の華やかさとミュージカルの壮大さには負けてしまうけど、チップがベル達を助けるところや「なにか贈り物をしたい」と図書館に連れて行くのは実写に負けてないくら
>>続きを読む

インクレディブル・ハルク(2008年製作の映画)

-

エドワード・ノートン祭りでハルクまで観ちゃったよ。
キャップとパーカー姿のラフなノートン君が可愛い。

ハルクの技がちょこちょこ面白い。
笑える。ダークナイトを観た後に見たらあかん。
CGが、、

ゼロ・グラビティ(2013年製作の映画)

3.5

ふわふわ宇宙遊泳が続く。
最初の飛ばされる場面からもう面白い。

ずっとふわふわしてたけど、どうやって撮影してるんだろなぁ。
これは劇場で観たかった。

あの子を探して(1999年製作の映画)

3.5

実話なのかな?
ウェイ先生の頑固で聞き分けのなさが面白かったんだけど、街で探してる時は直向きで辛抱強くて尋ね人を書いてるところとか後半辺りは感動するシーンが多くて辛くて悲しくもあったけど、ラスト最高。
>>続きを読む

>|