YANARENさんの映画レビュー・感想・評価

YANAREN

YANAREN

新解釈・三國志(2020年製作の映画)

3.0

決して面白くないことはない。ただいつもの福田雄一作品。きっと映画館で観てたら途中で寝てただろう。家で観るのがちょうど良い。

今回はテーマを三國志としているため、割とざっくりと史実に基づいてはいるみた
>>続きを読む

ザ・リチュアル いけにえの儀式(2017年製作の映画)

1.0

そもそも最初からあんまり面白くはないんだけど、後半のシリスボミ感が凄すぎて。雑だし。終わり方モヤモヤするし。
これならグリーンインフェルノの方がグロと恐怖が振り切ってて面白いっす。

ゾンビ・サファリパーク(2015年製作の映画)

4.0

自分の理想のB級ホラーにかなり近いものだった。奇抜でガバガバな設定、安っぽい映像、場面と合ってない音楽、予算の無さを誤魔化す謎のカメラワークなどなど、B級ホラーとしての必須条件をきっちり抑えているので>>続きを読む

ルパンは今も燃えているか?(2018年製作の映画)

3.5

4Kリマスター版カリオストロの城との同時上映で観た。これはファン必見の盛りだくさん作品。30分と思えぬ濃度。

ルパン三世 カリオストロの城(1979年製作の映画)

5.0

まず、私は大野雄二氏の名曲「ルパン三世のテーマ」を聴くだけで泣けるレベルのルパン三世ファンである。本作も何度も観た。ルパン50周年を記念し4Kリマスターされ映画館で上映されたカリオストロの城は、やっぱ>>続きを読む

劇場版『えいがのおそ松さん』(2019年製作の映画)

2.5

観始めてすぐに観たことあると気づいたが、そのまま鑑賞。

おそ松さんはやはり30分という尺がちょうど良い。

ミッドサマー ディレクターズカット版(2019年製作の映画)

4.5

真っ暗なキャンプ場で1人で鑑賞。

通常版を映画館で観たのはかなり前のことなので細かい違いは分からなかったけれど、儀式のシーンがちょっと増えてたりはしてたかな。

1回目の鑑賞では気づけなかった伏線に
>>続きを読む

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法(2017年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

長らくclipしていたが、たまたまアマプラを覗くと残り3日で配信期間が終了とのことだったので、慌てて鑑賞。

写真から、キラキラした感動映画かと思っていたが、真逆だった。本当に真逆。

作品の大半は、
>>続きを読む

異端の鳥(2019年製作の映画)

1.5

169分、全編モノクロ。ライトな映画ファンはお断りという作り手の固い意思を感じる。

で、ライトな映画ファンの私には、やはり厳しかったのでした。

モノクロは良いのだが、さすがに長すぎる。伝えようとす
>>続きを読む

アナと雪の女王2(2019年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

今回も「アレンデールの危機なのよ」

前作は3回くらい観た。で、満足してたのであまり今作には食指が動かなかったのだが、TSUTAYAで借りてきちゃった。

結果、前作より自分は好みだった。ストーリーが
>>続きを読む

パプリカ(2006年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

小山内守雄が出てきた瞬間「あー山寺宏一やん絶対黒幕や〜ん」と思ってしまって案の定そうだったのはまあしょうがないよね。

ただの大塚明夫ファンの私は大塚さんがひたすらかっこよいだけで観る価値ありました。
>>続きを読む

パブリック 図書館の奇跡(2018年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

大学で図書館運営に関わる講義を学んでいる。司書経験のある先生が講義中に紹介していた作品。

ホームレスの多い地域の図書館に勤める図書館員が、彼らのため「立てこもり」という手段を用いて社会に実情を訴えか
>>続きを読む

ファンタスティック・プラネット(1973年製作の映画)

2.5

TSUTAYAの準新作・旧作100円レンタルキャンペーンを良い機会に、現時点で配信サービスに無い作品をいくつか借りてきた。そのうちの一本。

ディスクを手に取ったとき、パッケージのあまりの奇抜さに、隣
>>続きを読む

クラシック・ホラー・ストーリー(2021年製作の映画)

3.5

なるほどこれは怖いな。そして面白い。
ミッドサマーオマージュ好き。他にも色々オマってた(オマるとは?)。
割としっかり死亡フラグを回収していく映画。

LEGO(R) ムービー(2014年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

子供向け映画と侮ることなかれ。むしろ大人が観て面白いと思える作品。

最初の数分だけ、全てがレゴで表現された映像に違和感を抱いたが、すぐにそれは無くなった。圧倒的スケールの映像美により並のアニメーショ
>>続きを読む

ツーリスト(2010年製作の映画)

3.0

ストーリーは可もなく不可もなくだが、強いて言うなら前半が退屈。
アンジェリーナ・ジョリーとジョニー・デップの演技で格が上がっている感はある。

殺人ホテル(2020年製作の映画)

4.0

すごく評価が低くて今驚いている。

90分に満たない短めの尺と「殺人ホテル」というストレートすぎるタイトルから、サクッと観られるB級ホラーだと思ったら全然そんなこと無かった。

持続する恐怖感と後半に
>>続きを読む

涼宮ハルヒの消失(2010年製作の映画)

3.5

クレイジーさはそのままに、映画スケールになった涼宮ハルヒ。こんなに間をしっかり使うアニメーション映画なかなか無いと思う。でも2時間40分が長く感じなかったから不思議。

ポラロイド(2018年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

ホラー映画が好きで多く観てきた私。故にハードルは高めである。だからこの✩3は他ジャンルの映画の✩4くらいには相当するはずだ。

アンティークなポラロイドカメラを手に入れた主人公。しかしそれはいわく付き
>>続きを読む

フィアー・ストリート Part 3: 1666(2021年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

3。いわば種明かし回。謎が全て明かされる。
そのためホラー要素は薄め。
ただ、ストーリーが完璧で、三部作全てでひとつの作品だった。素晴らしかった。
1・2の評価を0.5ずつ上げた。

諸悪の根源が明か
>>続きを読む

フィアー・ストリート Part 2: 1978(2021年製作の映画)

3.5

1との違い
・舞台は街から山のキャンプ地へ
・シリアスさ・グロさがややアップ
・登場人物の個性弱め

個人的に、ホラーはスケールが小さい(シチュエーションが狭い)方が怖いと思っている。今回、舞台が山中
>>続きを読む

フィアー・ストリート Part 1: 1994(2021年製作の映画)

3.0

Netflixオリジナルホラー、三部作のうちのPart1。

音楽・尺の使い方や襲われたときの間の抜けたリアクションなど、思ってたよりエンターテインメント寄りだったからあまり自分には合わなかった。
>>続きを読む

ラッシュアワー3(2007年製作の映画)

4.0

かなり前に一度観たことがある。

終盤の真田広之VSジャッキーチェンは印象が強くてよく覚えていたが、ほかのところも含めやはりめちゃくちゃ面白いなと。
ラッシュアワー1はあまりハマらなかったのだが、3は
>>続きを読む

機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ(2021年製作の映画)

3.0

友人に誘われ、鑑賞。
ガンダム作品は初めて観たが、想像していたものと大分違った。良い意味で。

作中大量に登場する固有名詞は全く分からないが、ざっくりしたストーリーはなんとか追うことができた。
迫力の
>>続きを読む

CLIMAX クライマックス(2018年製作の映画)

1.0

初めに述べておくと、これはピカソ映画である(そんな言葉があるかは知らんが)。要するに、素人が下手に批評できる映画ではないということだ。芸術性を重視したフランス映画だといえよう。

私には早かった。
>>続きを読む

とっくんでカンペキ(2012年製作の映画)

3.5

すっごい良いCMを観たって感じ。さすがに3分しかないから、感動もそれなり。素敵な作品ではある。

詩季織々(2018年製作の映画)

4.0

3話の短編からなる作品。個人的には最後の話が一番好きだった。どことなく「秒速5センチメートル」を思わせる。ビッケブランカが歌う主題歌「WALK」もとても良かった。

怒り(2016年製作の映画)

5.0

森山未來と宮崎あおいが好きな私、刺さる。他にも好きな役者沢山出てた。

今までなんとも思ってなかったけど、広瀬すず演技力凄いなと実感。というかこの映画とんでもない豪華キャスト陣。

境遇も住む場所もバ
>>続きを読む

蛇にピアス(2008年製作の映画)

2.0

人に勧められたものとはいえ、面白くなかったらちゃんとそれ相応の評価はつけようと思っていたのだが、案外良かった。どこが良いかと言われたら「雰囲気」と答える他ないが。2時間ちょいと、長い映画ではあるが深夜>>続きを読む

プラットフォーム(2019年製作の映画)

5.0

恐らく私はこの映画を3割も理解出来ていないと思う。しかしこの映画が素晴らしいことはわかったし、それを伝えたい。そのため、この映画を自分史上9個目の☆5映画とした。

道徳で流して欲しい。過激な描写があ
>>続きを読む

哀愁しんでれら(2021年製作の映画)

4.0

ずっと観たいとは思っていたがなかなか機会がなく、先日TSUTAYAに置いてあったのを見て即レンタル。

音楽・ストーリー・役者陣の演技、どれも素晴らしい。主役を食うレベルで存在感を発揮したのは娘役・C
>>続きを読む

パーティで女の子に話しかけるには(2017年製作の映画)

4.5

序盤:なんだこれ
中盤:なんだこれ
終盤:なんだこれ
総評:ザン可愛い

冗談じゃなく、ほんとに誰でもこんな感想を抱くと思う。私としては、この話がすごく深くても、浅〜いとしても、別に構わないと思った。
>>続きを読む

劇場版 生徒会役員共(2017年製作の映画)

3.0

こんなに「劇場版」感がない劇場版珍しい。そしてPG12という事実が一番面白い。

今日から俺は!! 劇場版(2020年製作の映画)

3.0

ドラマの方が好きとは言え、面白かった。
福田雄一監督の作品は特有のユル〜いコメディパートがあり、それゆえまとまりのない、ただダラダラしているだけのお話、という印象を与えることがしばしばあるが、「今日か
>>続きを読む