ckstssさんの映画レビュー・感想・評価

ckstss

ckstss

映画(40)
ドラマ(0)
  • 40Marks
  • 64Clips
  • 0Fans
  • 0Followers
  • 0Followings
  • List view
  • Grid view

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

5.0

QUEENってこんな経緯があったんだ!って映画を観て理解。聞いたことある曲ばかりで、QUEENなんだ!ってなりました。

にしても周りのメンバーが良かったなー。優しさというか心の広さというか。カメラワ
>>続きを読む

生きてるだけで、愛。(2018年製作の映画)

2.5

エモいってこういうことなのか、ね。

自然とつなきの気持ちで鑑賞。躁鬱の狂気的な姿を目の当たりにしてしまって振り回された感じが残ったまま帰宅。客観視しても、好きだからあの子のそばにいてあげてたのかなん
>>続きを読む

あいあい傘(2018年製作の映画)

3.3

昭和のお笑いっぽさと、家庭感。
こういう複雑な家族もあるだろう。それより、たまえさんがいい人すぎて感心した。

華氏 119(2018年製作の映画)

4.2

アメリカの実態ってこんな感じなんだ…
日本の政治でさえ分からないし複雑で、倍広いアメリカの政治を考えたら複雑の度を越してるんだろうな。
アメリカの状況が理解出来た上、マイケル・ムーア監督の思いが伝わり
>>続きを読む

ステータス・アップデート(2018年製作の映画)

3.6

ベタな流れで若い世代でも観やすい洋画、かな。
カイルはアプリでなんでも叶えられたけど、叶う毎に離れていく友達。うむ、内容は本当に分かりやすい展開でした。

スマホを落としただけなのに(2018年製作の映画)

3.1

ブランチで特集してて、とりあえず観てみようの意気込みで鑑賞。
成田凌の気持ち悪い役…うーん、色々サスペンスすぎて怖かった。内容よりも成田凌と千葉雄大のお顔が似すぎってところに注目してしまった。あと田中
>>続きを読む

ピッチ・パーフェクト ラストステージ(2017年製作の映画)

3.7

シリーズ2をすっとばして、鑑賞。
いやはや面白い。最後のエンドロールで取材し続けてきた二人が最高でした。ハッピーエンド!

ピッチ・パーフェクト(2012年製作の映画)

3.0

映画観たさの思いで鑑賞。
あからさまでわかりやすい面白さというか笑い。あんな吐き方ない、、でもそれがいいのかな。笑
面白かった!

歌っている部分が一番好き。

ビブリア古書堂の事件手帖(2018年製作の映画)

3.0

原作やドラマも見ていないが、単純に「本が好き」という主観で鑑賞。
古書を巡る祖母の秘密を探る物語。栞子の才能は素晴らしいけど、栞子の妹の立場の方が気持ち的に理解出来る。絹子とよしおさんの物語部分がとて
>>続きを読む

アンダー・ザ・シルバーレイク(2018年製作の映画)

2.6

うーん。理解に難しくて観終わっても、なんだこの浮遊感と思いながら帰宅してしまった。他の方のレビューを見て半分理解と納得。

主人公は妄想の世界。サラに一目惚れしたはいいけど、もともと遊びに来ていた彼女
>>続きを読む

バッド・ジーニアス 危険な天才たち(2017年製作の映画)

4.0

ハラハラドキドキしながらの展開が楽しめる。
リンの天才さとスパイ感がレベル高くて感心してしまった。こんな子は居ない。
唯一友達と思えたグレースがひどい展開にしていくから、そこが見どころなのかも。
アジ
>>続きを読む

オズランド 笑顔の魔法おしえます。(2018年製作の映画)

3.3

月曜から仕事頑張れる映画かと思って鑑賞してきたで。(日曜日に。)

主人公なみへいの成長と才能を引き出す映画。
企画部って絶対大変だろうな。毎年のようにイベントを組み立ててくなんて私には出来ない仕事だ
>>続きを読む

search/サーチ(2018年製作の映画)

4.5

クチコミから、サスペンスの一言で抵抗あったものの新しい体験と現代的なSNSを取り巻く内容というのもあって鑑賞。

親と子の何とも言えない距離感
娘マーゴットの友人関係の薄っぺらさ。

消えたマーゴット
>>続きを読む

億男(2018年製作の映画)

3.7

九十九が三億円と共に消えたのには、色々な意味があった。いい意味で、言葉にしづらいけど。
許せない気持ちでみていたけど、九十九の過去やいきさつを探り知っていくうちにいい人だと思えた。

九十九と一男の友
>>続きを読む

2001年宇宙の旅(1968年製作の映画)

3.4

上映中に10分程の休憩を挟むという、新しい流れを乗り越え約165分。

人工知能は心を持つととても怖い。
ハルの能力はすごいけど、恐ろしすぎて映像の中にいる鑑賞者はデイブ同様の立場に居ただろう。

>>続きを読む

フィフティ・シェイズ・ダーカー(2017年製作の映画)

2.2

ひたすら、SEXを主として楽しむカップル。映画で観たから前作もって見てみたものの、刺激的すぎて困ったわ。これも、一人で観て良かった。

ハナレイ・ベイ(2018年製作の映画)

2.6

母と息子のなんとも言い難い距離。
こういうふうに後悔に繋がるなんて、悲しいだろうな。私にもし子供がいたらあれくらいがいいなって思いつつ、家族で思い出作りは絶対しとこうと思った。
上映中は少し退屈だった
>>続きを読む

ここは退屈迎えに来て(2018年製作の映画)

2.9

良かった部分はエンドロールの音楽と、映像。
最初から最後まで年号分けされてるけども、上下してついて行くのが精一杯だった。最後一致したけど、理解するのも無理やりだった。

バーバラと心の巨人(2017年製作の映画)

3.0

最初はバーバラをどうしてこうなったのかか分からないまま、ソフィアに対して関わらないでと親のような気持ちになった。バーバラに対しても、本当にクラスメイトが言うようにセラピーとか病気だとか思って最後までお>>続きを読む

ルイスと不思議の時計(2018年製作の映画)

3.4

ルイスの童心が、
破天荒で見ててハラハラでした。
家族と離れ一人になった黒鳥家族のほっこりさはよかったなぁー。叔父さん、優しい。絶対いい人だ。

日日是好日(2018年製作の映画)

4.0

自然の音
日本の作法

休日に心を休めたい時に、できるだけPopcorn無しで観た方がいい映画。
ゆっくりあったかい映画だったし、観たあとは自然を感じに行きたくなった。

チューリップ・フィーバー 肖像画に秘めた愛(2017年製作の映画)

3.5

絵画の時代を美しくも、
裏側をも切なく切り取った。
ソフィアの軽い感情の揺れが心苦しい感じ。コルリネスのこと考えたらいたたまれない。この時代は結婚する相手も周りに決められたり今ほど自由ではなかったのか
>>続きを読む

フィフティ・シェイズ・フリード(2018年製作の映画)

3.5

アナの身体が綺麗過ぎて見とれてしまった…クリスチャンの身体も肉体美の一言。
お金持ちのエッチするシーンですな。
最終章なんだと、レビューを見て気付く。前章はあまり良くなかったという感想が多いから気にな
>>続きを読む

かごの中の瞳(2016年製作の映画)

2.5

所々で出てくる目のシーンが、苦手過ぎて見終わった後も身体が重たかった。次の日が仕事だというのに、帰り道は頭痛と吐き気と体調万全な時に観るべき映画かも。
ジェームズの気持ちを考えたら、いたたまれない。う
>>続きを読む

検察側の罪人(2018年製作の映画)

3.2

警察と検察側の嫌なところと汚い心が作品になった感じ、、でしょうか。
にしても、こんな事件任されたくないね警察側も検察側も…重たい事件が絡み絡んで難しいワードで。とりあえず平和で平凡が一番だな。

劇場版 夏目友人帳 ~うつせみに結ぶ~(2018年製作の映画)

4.1

にゃんこ先生、可愛すぎる…
にゃんこ先生の食い意地っぷりはとても楽しめた上に、それによって奇想天外に物語が進んでいくところは面白みがある。

寝ても覚めても(2018年製作の映画)

5.0

この映画のストーリー全体をみて「もう俺はお前を信じれない」って台詞に尽きる。これがまさに恋の終わりなのかなぁ。私自身と照らし合わせて、この後の展開がとても気になった。

クレイジー・リッチ!(2018年製作の映画)

4.0

20180928
親子愛も親友のありがたさも、恋も。
全部詰まった感動作。
にしてもシンガポールに行ってみたいと思う映画であり、シンガポール行った気分になったから良しとして…笑
「お金持ち」と「普通」
>>続きを読む

プーと大人になった僕(2018年製作の映画)

3.8

プーさんやっぱかわいい。
あと、こういう上司いるだろうな、世の中。私の周りに居たらいやだと感じつつ。むしろ上司の方が働きすぎてる私の身の回りの現状と比較しながらも…一番感心したのは、映画で伝えていた「
>>続きを読む

>|