ハテナさんの映画レビュー・感想・評価

ハテナ

ハテナ

映画(431)
ドラマ(0)

シャザム!(2019年製作の映画)

4.0

見た目は大人、頭脳は子供なスーパーヒーローの話。原作の初出タイトルがキャプテンマーベルだから紛らわしいけど、DC側のヒーロー。そのくせこんなハチャメチャでいいの!? ってくらいファンキー(変身中は)。>>続きを読む

エンカウンター 地球外侵略者(2017年製作の映画)

2.0

ドキュメンタリー作家が取材対象の女に惚れたので色々頑張る話(何も間違ってない)
つくりがシンプルすぎて、逆に低予算はこういうのでいいんだよって再認識した。ひとりじゃみれないとか言いつつ、エッセンス的に
>>続きを読む

ジョン・ウィック:パラベラム(2019年製作の映画)

3.8

にんじゃりばんばんで今回は刃物成分多めの3作目。刃物の方が視覚的なグロ度は高いので苦手な人は苦労しそう。作品が進むほど単純なドンパチだけから戦略的な思考、シーンも増えてきて、前にも言ったけどこういう当>>続きを読む

ジョーズ キング・オブ・モンスターズ/ナイトメア・シャーク(2018年製作の映画)

1.3

なぜか同じ夢をみる不眠症患者達が新薬のテストに集められるも……な話。所々アイキャッチポイントがあるのはなんでなんですかね……。というか邦題でKOMパロってるからドンパチ系サメ映画かと思ったのに、原題ナ>>続きを読む

ウイジャ・エクスペリメント2: 死の劇場(2015年製作の映画)

1.2

観終わってから気づいた、これ2なのかよ。前作がヒットした世界線でイベントしたら本物が来た話(らしいです)。全体的にお遊戯会かな?
ってレベルの幼稚さがある。この人たちほんとにプロなん?
煙っぽい霊体の
>>続きを読む

デイライツ・エンド(2016年製作の映画)

2.2

陽光に弱いゾンビが跋扈する世界を生き抜く話。思った以上にみんなしてレビューでマッドマックス言ってるけど、実際マッドマックスみがすごいので弁明のしようがない。銃撃戦満載なのは良いんだけど、行動の意義がい>>続きを読む

ドント・ノック・トワイス(2016年製作の映画)

1.5

肝試ししたら呪われる系の話。どんぶり後よく出た、ドント●●パロディのひとつ。雰囲気は悪くないんだけど、シナリオが貧相で割食ってる印象。よくある伏線回収と思わせておいて〜ってところでドーンと終わるので、>>続きを読む

スレンダー 長身の怪人/都市伝説:長身の怪人(2015年製作の映画)

1.2

スレンダーマンに追われるクルーの話。オチが弱すぎるし、これスレンダーマンでやる意味ある? ってくらい全体的に退屈だった。出来の悪いPAにスーツののっぺらぼうが写ってるだけ。

観た日:2020/4/2
>>続きを読む

ゴール・オブ・ザ・デッド(2014年製作の映画)

2.1

ドーピング剤打ったらうっかりゾンビになっちゃって大変なことになる話。サッカーのごとく前後編に分かれてる一作。ゲロで感染拡大するのはある意味平和的w
単なるスポーツコメディゾンビ映画かと思えば、前半のヒ
>>続きを読む

エイリネイト 侵略地区(2016年製作の映画)

1.1

1シーンごとに回想を行き来するのでとにかく観づらい。しかも話の核はエイリアンじゃなくてヒューマンドラマにありがちな倦怠期夫婦なのでさらにつまらない。エイリアンとドンパチやるのも最後の数十秒で、全編ほと>>続きを読む

アイス・トレマーズ(2011年製作の映画)

1.1

邦題だけトレマーズのパチモン映画。ラゴン(ウルトラマン)っぽいクリーチャーが釣り人一家を襲う話。元々湖にいたっぽいのに、なんでこの年だけ魚食い尽くした挙句動物や人を襲うようになったのかは一切謎。最後も>>続きを読む

超科学実験体 ゾンビロイド(2015年製作の映画)

1.5

雰囲気だけはよかった大戦時設定のゾンビ映画。しょっちゅう新米の回想が入ってくるし、そもそも新米がシェルショック持ちな気もある。あとゾンビはホントに「実験台」って感じで、ゾンビと連合軍が戦うと言っても、>>続きを読む

ビッグフットvsゾンビ(2016年製作の映画)

1.3

なんか昔観たような気がしたけど書いてなかったのでまた観た。登場人物が鳥頭なので同じこと2回説明したり、一回聞いたのに別のシーンでは忘れてたりがけっこうある。あとゾンビのメイクもひどかったけど、内臓代わ>>続きを読む

ディノシャーク(2010年製作の映画)

1.8

ワニとサメの合いの子みたいな古代サメが出たので退治する話。いくら目が弱点だからって口開けてても目を狙うのはどうなの。主人公チームの緊迫感に対して、他全部がのほほんとしすぎてて、なんだかなあって思う。>>続きを読む

デス・マングローヴ ゾンビ沼(2008年製作の映画)

1.3

当時ニコニコでこれだけ観れなかったので今更ながらに。話としてはロドリゴ監督の他2作の方が面白かったと思う。フグの胆嚢がシャーマンの蘇生に使われててウケたw

観た日:2020/4/18

スパイダー・シティ(2012年製作の映画)

1.7

地下から出てきたクモが暴れる話。解剖からみんな脳無しでマザーが全部管轄してる流れになるのはよかった。メインキャラがバタバタ死んでく中、主人公補正はつよい。

観た日:2020/4/18

ゴースト・シャーク(2013年製作の映画)

2.2

冒頭から、サメの口に手榴弾投げ込んだのにまだ生きてるとかいう謎判定でどうしようかと思ったけど、意外とつくりはしっかりしてた。登場人物はメインからモブに至るまでバタバタと殺されていくので、そうそう、こう>>続きを読む

シャーク・キラー(2015年製作の映画)

1.6

サメ映画というより、ギャング同士の抗争にサメ要素が小道具として使われている程度の映画。勧善懲悪? より兄弟の絆が優先されててイラっとする。

観た日:2020/4/11

ピラニアシャーク(2014年製作の映画)

2.0

愛玩動物と化した生物兵器が暴れまわるのを退治する話(何も間違ってない)。最初1~15mmって言ってたわりに、普通に数十センチクラスまで育ってて草生える。思ってたより面白かったし、尺短めでサックリ観やす>>続きを読む

デビルシャーク(2015年製作の映画)

1.1

何一つシナリオが理解できなかった、というかこの映画シナリオあるのか? ってレベルで内容がないよう……。出演者の「天使」とか「父」ってタトゥーも無駄に集中力削がれるポイント。タイトルのわりにエクソシスト>>続きを読む

バック・トゥ・ザ・フューチャーPART3(1990年製作の映画)

4.9

前作でさんざんお膳立て(未来のマーティ家のテレビでクリント・イーストウッドが映る、ドクが西部時代に行きたかったと語る)されてなお期待を裏切らない名作。しかもお膳立ての一部はある意味盛大なネタバレってい>>続きを読む

バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2(1989年製作の映画)

4.1

正直話としては1の補完かつ3への繋ぎだからそんなでもないんですよ。
でも次回予告を、映画で、しかも2から3への予告を! わかります? 出来上がる前から誰もが勝ちを確信しているようなこの感じが!
この予
>>続きを読む

ダスト・ウォーカー(2019年製作の映画)

1.7

このレビューはネタバレを含みます

未知のウイルスかなんかで大変なことになる話。つかみどころのないまとめだけど、どんな話と言われてこうも説明に困るのも珍しい。ウイルスとエイリアンが出てくるんだけど、エイリアンはほとんど姿を見せないで、終>>続きを読む

大脱出3(2019年製作の映画)

1.8

2コケたけど予算組んでたんで作りましたみたいな3作目。もはや脱出要素はなく、囚われの令嬢を助けて逃げるぞってお決まりのストーリー。このシリーズはアジアのアクションスターのデビュー戦でも兼ねてるんですか>>続きを読む

マーダー・ミー・モンスター(2018年製作の映画)

1.4

パケ写からトレマーズ的なのを想像して見事に引っかかった。全体的に至って静かに(動/静の静)進んでいく感じ。おそらく深層的なテーマは性的なアレコレだと思うんですが、そこまで深くつかめなかった……というよ>>続きを読む

オメガ:バトル・エイリアン(2018年製作の映画)

1.0

風邪ひいた日に見る夢レベルで場面の繋ぎや設定がガバガバな一作。所々設定の説明をしようとしてるんだけど、パルスのファルシのルシが状態で、何言ってるかわからない。

観た日:2020/3/8

バック・トゥ・ザ・フューチャー(1985年製作の映画)

4.8

21世紀への夢を描いていた1980年代屈指の名作。SF映画好きでこれを忌避する人はまずいないんじゃないかな? タイムトラベルで過去に戻れたら。そしてうっかり、未来に干渉してしまったら。テーマとしてはあ>>続きを読む

大脱走(1963年製作の映画)

4.9

これが劇場で観れるのは本当に運がいいこと。大局でみると後方撹乱部隊「X」のメンバーを中心にしたストーリーなんだけど、それを差し置いてマックイーンのキャラが強すぎる。そしてそのおかげで、戦争映画特有の、>>続きを読む

ズーンビ ネクスト・レベル(2019年製作の映画)

2.0

ネクストレベルって言いながら時系列は……な2作目。密猟者チームが根っからのワルじゃなくてそこそこ良心のある奴らなのはなんなんですかね。あと前作よりCGの質落ちたような……元々こんくらいだっけ?

観た
>>続きを読む

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル(2017年製作の映画)

4.1

という訳で(どういう訳で?)リブート版。始まりはちゃんとオリジナル版のラストと同じ砂浜から。ゲームハードが電源・非電源の枠を越えて変わっただけに、シナリオも大きく様変わりしたように見えて、実はボドゲの>>続きを読む

ジュラシック・プレデター(2018年製作の映画)

1.6

クローン技術で蘇った恐竜を駆除する話。ほとんど戦闘らしい戦闘もなく、肝心の恐竜もほとんど出ずに終わった。終盤にある隊長の回想が深い話でよかった。

観た日:2020/2/11

ジュマンジ(1995年製作の映画)

3.6

リメイク新作の前にオリジナル版を鑑賞。26年間ゲームに閉じ込められた少年と、26年後の姉弟がすごろくをする話。ジュマンジみたいなすごろく、ドラえもんのひみつ道具にあった気がする。ジュマンジのせいで人生>>続きを読む

大脱出2(2018年製作の映画)

2.4

脱出のプロがいい後継者を見つけた話、になるんだろうか。某野生速度シリーズもそうだけど、最初メインで見せようとしてたとこほっといてアクションに逃げがちな傾向をモロに受けた続編。脱出のテクニックよりも、前>>続きを読む

アイアン・スカイ/第三帝国の逆襲(2017年製作の映画)

1.4

これなんでこんな平均評価点高いのかと思ったら、アレの続編って触れ込みなのか。
タイトルとアオリに対して、ナチスが攻めてくるのは前作紹介の数分と最後の数分? のみ。ストーリーの大部分は、未知のエネルギー
>>続きを読む

シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション(2018年製作の映画)

4.0

新宿プライベートアイズがアニメ劇場版特有のもっこりマシマシチョモランマだとすると、こっちは「僕はシティーハンターのこういうとこが好きなの!」ってところを敷き詰めた作品。監督が自分で脚本売り込んで自分で>>続きを読む

ラ・ヨローナ~泣く女~(2019年製作の映画)

2.2

我が子を殺した女の悪霊に取り憑かれた話。一瞬だけアナベルが出てくる(話とかスタッフの関係上そうだよねっていう)。仕事上しょうがないとはいえ主人公側にも落ち度はあるんだけど、まあそれはそれで。

観た日
>>続きを読む

>|