へたれさんの映画レビュー・感想・評価

へたれ

へたれ

映画(229)
ドラマ(0)

スターリンの葬送狂騒曲(2017年製作の映画)

4.0

良かったとこ1 正統派政治風刺コメディ
出てくる政治家を誉め殺すような紹介シーン、全員一致を強制する委員会、さっきの脅しの「お前たち」に私は入っていなかったと必死に主張するせせこましさなど、出てくる政
>>続きを読む

インクレディブル・ファミリー(2018年製作の映画)

3.6

良かったとこ1 続編としての正しさ
前作の遺産を食いつぶすようなキャラクター同士のふざけ合いではなく、前作からストーリーをちゃんと進めたのは、ピクサーの続編ではトイストーリー以来だと思う。

良かった
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

3.7

良かったとこ1 アクションのバリエーションの多さ
スカイダイビング、格闘、カースタント、銃撃、パルクール、ヘリコプターと、ネタ被りなく次から次へと様々なタイプのアクションシーンが描かれるので、2時間半
>>続きを読む

ブリグズビー・ベア(2017年製作の映画)

3.1

良かったとこ1 設定
次から次へと出てくる架空のドラマ内の用語や世界観が面白かった。どちらかというと、スペースオペラ的というより、サイエントロジーのようなカルトの教義のようや意味不明な理論が続くのは、
>>続きを読む

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

2.5

良かったとこ 影の演出
スピルバーグ風といえばそれまでではあるけど、何かが影だけ一瞬映ったり、影がゆっくり通り過ぎたり、影を使ったサスペンス演出は手慣れた感じで良かった。

ダメだったとこ1 必要性が
>>続きを読む

アーリーマン〜ダグと仲間のキックオフ!〜(2018年製作の映画)

3.3

良かったとこ1 小ネタの数々
ワニの洗濯バサミに代表されるように、石器時代の生活を現代的な小ネタで描写するセンスは相変わらずうまかった。

良かったとこ2 途中までの破綻のないストーリー
子供向けのご
>>続きを読む

バトル・オブ・ザ・セクシーズ(2017年製作の映画)

3.4

良かったとこ1 スティーブ・カレル
セリフだけを取り出すと性差別主義者にしかならないところを、憎めないだけじゃなく、寂しさまで感じさせるように立体的に役作りしていた。

良かったとこ2 試合の再現
>>続きを読む

ウィンチェスターハウス アメリカで最も呪われた屋敷(2018年製作の映画)

1.9

良かったとこ 題材
実在する奇妙な大屋敷に、1906年のサンフランシスコ大地震を重ね合わせて、事実がこんなだったら面白いねと思わせる着想は良かった。

ダメだったとこ1 題材を浪費するストーリー
迷路
>>続きを読む

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(2018年製作の映画)

3.3

まるで宗教画の再現ドラマのよう

良かったとこ1 無駄のないストーリー
アウトロー的な主人公の冒険譚として無駄のない展開。大作アドベンチャー映画としてそつがない。

良かったとこ2 昔のスターウォーズ
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

3.7

良かったとこ 観客の心理を読んだ構成
中盤以降の仕掛けに向けて、前半は観客に半笑いで舐めてかかってもらうため、素人丸出しなゾンビ映画が続く。
中盤になってようやく、この映画は三谷幸喜の「ショウ・マスト
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

4.4

良かったとこ1 過去作品の集大成
全体的には「そして父になる」の発展形のストーリー、海水浴や花火大会は「海街Diary」や「海よりもまだ深く」に通じる淡く現実から乖離したシーン、終盤は「3度目の殺人」
>>続きを読む

ザ・ビッグハウス(2018年製作の映画)

3.4

良かったとこ1 複数カメラのスペクタクル感
複数人がカメラを持って同時に撮影したおかげで、同じアメフトの試合を複数の視点から同時に撮影できたため、大規模イベントのスペクタクル感を俯瞰と主観の両方で感じ
>>続きを読む

30年後の同窓会(2017年製作の映画)

3.6

良かったとこ1 主演3人の掛け合い
毎度のことながら、この人たちの会話をずっと聞いていたいと思わせる自然な会話と演技はさすが。ベトナムのディズニーランドの話とか、ちゃんとリハーサルしてるんだろうけどア
>>続きを読む

レディ・バード(2017年製作の映画)

4.1

良かったとこ1 シアーシャ・ローナン
いくら若く見えるといっても、17歳の役だし、アイルランド育ちの彼女にカリフォルニアの女子高生の役とか無理あると思いきや、「ブルックリン」に続いてこの人以外考えられ
>>続きを読む

ゲティ家の身代金(2017年製作の映画)

3.5

良かったとこ1 クリストファー・プラマー
この爺さんが孫の身代金を払えばそもそも映画にならなかったわけで、観客からは全く理解されない金銭感覚をもった富豪という難役。ある意味「プロメテウス」のエンジニア
>>続きを読む

デッドプール2(2018年製作の映画)

2.7

良かったとこ Xフォース出撃シーン
R指定のスラップスティックコメディとして、中盤のこのシーンだけはこの映画の中で唯一面白かった。近年稀に見る、ブラッド・ピットの効果的な使い方も良かった。

ダメだっ
>>続きを読む

犬ヶ島(2018年製作の映画)

3.0

世界最高峰のVJ素材を見させられたような感じ

良かったとこ1 ビジュアル
日本文化を本質的に理解するつもりはないけどディテイルだけはやたら詳しいという、奇妙なバランスで成り立っている、未来日本のウソ
>>続きを読む

ファントム・スレッド(2017年製作の映画)

4.1

良かったとこ1 主役3人の演技
ちょっと頭のおかしいマイフェアレディみたいなシンプルなストーリーで、PTA映画にしては肩すかし。それを現実化させたダニエル・デイ・ルイスほか主役級3人の演技は見事。
>>続きを読む

モリーズ・ゲーム(2017年製作の映画)

3.7

良かったとこ1 安定のソーキン節
実話のはずだけど、モリーのキャラクターはアーロン・ソーキンが作ったとしか思えない頭の回転が速さ。アーサー・ミラーの「るつぼ」を遠回しに引用しつつ状況を似せてくるところ
>>続きを読む

孤狼の血(2018年製作の映画)

2.7

東映ヤクザ映画に韓国映画っぽい刑事コンビが乗り込んだような映画

良かったとこ 露悪的にならない残酷描写
痛そうなシーンや嫌なシーンは多く出てくるけれど、人が殺される瞬間とか人体欠損とかだけはあえて見
>>続きを読む

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法(2017年製作の映画)

4.5

良かったとこ1 実在するとしか思えない演技
ムーニー役のブルックリン・プリンスは、どこまでが演技なのか分からないぐらい、本当に住んでる子のようだし、母親のブリア・ヴィネイトもいわゆる映画的な貧しいシン
>>続きを読む

ジェイン・ジェイコブズ ニューヨーク都市計画革命(2016年製作の映画)

3.0

良かったとこ 様々なフッテージ
団地がスラム化した様など、歴史的なニュースではない分探しにくいフッテージがまとめて見られたので、50年代アメリカの都市計画の失敗事例を知るのには貴重な映像がたくさん見ら
>>続きを読む

ザ・スクエア 思いやりの聖域(2017年製作の映画)

2.7

観客をイラつかせることに全てを注いだような作品

良かったとこ1 居心地の悪いあれこれ
観客から共感など引き出すつもりがまるで無いシーンの数々が続く。かといって、居心地の悪さがワンパターンではないので
>>続きを読む

アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル(2017年製作の映画)

4.0

フィギュアスケート版「グッドフェローズ」という感じ。

良かったとこ1 編集
現在のインタビューと過去のシーンをテンポ良くリズミカルに切り替えていくことで、展開に推進力があるのが良かった。

良かった
>>続きを読む

タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜(2016年製作の映画)

2.5

大味なストーリーの中でソン・ガンホが孤軍奮闘した映画

良かったとこ ソン・ガンホの特に前半
改心するまでの男やもめでガサツでいいかげんなところは良かった。ソン・ガンホならこれぐらいの演技はお手の物。
>>続きを読む

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

4.1

新作なのにすでに古典的な雰囲気も醸し出していた。

良かったとこ1 男俳優3人
主演のティモシー・シャラメ、アーミー・ハマーはもちろん、父親役のマイケル・スタールバーグも非常にいい役。いつも同じような
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

3.2

「チャーリーとチョコレート工場」と、「グーニーズ」を足して4で割って薄まったところに、大量の版権キャラを詰め込んだような作品

良かったとこ1 第二の鍵のシーン全体
全般的に色んなキャラの出オチが多い
>>続きを読む

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

3.5

良かったとこ1 整理されたストーリー
これだけの数のキャラクターを出して平等に見せ場を作りつつ、話も破綻させないってこと自体が、作り手に課されたハードル高すぎ。よくこんな難題に取り組めた。

良かった
>>続きを読む

ラッカは静かに虐殺されている(2017年製作の映画)

3.3

良かったとこ 題材
シリア出身の人たちが、ISISに対抗してネットでラッカの惨状を伝え続けたという程度の知識しかなかったので、その始まりから今までを見ることができたということ自体は観た価値あった。
>>続きを読む

港町(2018年製作の映画)

3.8

消え去ろうとしている社会を描くにあたり、仕込みでしょと言いたくなるくらいドンピシャな人々との出会いが続くのが良かった。話がループし続けるクミさん、絶妙に耳が遠いワイちゃん、チャキチャキの高祖のおばさん>>続きを読む

ラッキー(2017年製作の映画)

3.9

生前葬と言えなくもないし、これ以上ないくらいの遺作

良かったとこ1 ハリー・ディーン・スタントンの存在感
そこにいるだけで独特な雰囲気が出る俳優だったのに加え、本人の自叙伝でしょと言いたくなるくらい
>>続きを読む

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(2017年製作の映画)

3.5

良かったとこ1 企画力
タイムリーなテーマを、偶然ではなく狙って短期間で制作して公開すること自体、なかなかできるものじゃない。おまけに、狙ったように賞レースには絡んで話題を呼んでそこそこ客が入るという
>>続きを読む

ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男(2017年製作の映画)

3.5

良かったとこ1 ゲイリー・オールドマンの演劇的な解釈
顔はチャーチルに似てないし、特殊メイクもチャーチルに似せるというより、いかにして太らずに済ませるかという超絶技巧だったので、ものまね芸として見るの
>>続きを読む

BPM ビート・パー・ミニット(2017年製作の映画)

3.5

良かったとこ1 ドキュメンタリータッチの演出
淡々と描かれるミーティングや、同性愛のベッドシーンなど、盛り上げようと思えばいくらでもできそうなシーンを、あえてドキュメンタリーのように見せることで、フィ
>>続きを読む

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

3.4

良かったとこ1 カラフルな死者の世界
ピニャータみたいな色彩の死者の世界を遠景で一望させるシーンなどは、とても手間がかかった映像で見応えがあった。

良かったとこ2 歌全般
マリアッチの曲のようなウン
>>続きを読む

ニッポン国 vs 泉南石綿村(2017年製作の映画)

4.4

良かったとこ1 原告の人たちのしゃべり
前半は原告団の人たちが次々紹介される展開。工場労働者や工場の近隣被害者といった一般人ばかりにもかかわらず、関西弁も相まって、一人一人の話を聞いてて飽きない。ぼん
>>続きを読む

>|