月の狼さんの映画レビュー・感想・評価

月の狼

月の狼

  • List view
  • Grid view

ザ・デプス(1989年製作の映画)

3.0

普通。

1時間くらいまでは怪物が映らず
やっと出てきたと思ったら
ワニみたいなデザインで、
全然深海生物らしさが無く残念。

ストーリーは中途半端で
ハラハラドキドキしないものの
特撮や演出は結構凝
>>続きを読む

羅小黒戦記 ぼくが選ぶ未来(2019年製作の映画)

4.0

なかなか面白い。

ストーリーや演出が結構作り込まれていて
飽きる箇所がなかった。
途中までは舞台の時代が古いと思ったが
現代の都市が出てきて驚いたし、
それがまたプラスの楽しみになっている。

キャ
>>続きを読む

スーパー!(2010年製作の映画)

3.0

まぁまぁ面白い。

特殊な能力や莫大な資産がある訳でもない人が
愛する妻を救うために神の啓示によって
ヒーローと化す。

今でこそ一流の映画監督になった
ジェームズ・ガンだが、
本作でも既に才能は充分
>>続きを読む

未知との遭遇(1977年製作の映画)

4.0

不思議な映画。

前半は行方不明だった飛行機や船が見つかったり
UFOを見た人達が取り憑かれた様に
山のイメージに固執する。
結構サスペンスの様なホラーの様な展開が続く。
子供を連れ去る箇所は完全にポ
>>続きを読む

21ブリッジ(2019年製作の映画)

3.0

まぁまぁ面白い。
『交渉人』『16ブロック』に似ている。

警察が結構有能に動く。
今の監視システムってこんなに凄いのね。

故に矛盾やつまらない箇所も無く、
テンポ良く観れた。

途中から「あぁ、こ
>>続きを読む

ミッドウェイ(2019年製作の映画)

3.0

まぁまぁ面白い。

日本、アメリカ両側の状況を描き
勝敗の分かれ目が分かりやすい。

群像劇のためキャストが多く、
軍の上下関係がイマイチ分からない。
(階級を理解してないのもあるが)

戦闘シーンは
>>続きを読む

ドント・ルック・アップ(2021年製作の映画)

3.0

普通。
やけに豪華な俳優陣で挑むブラック・コメディだった。

中盤までは淡々と政府やメディアの
楽観的な対応が描かれ、
モヤモヤした気分が長く続く。
確かに、地球滅亡と急に言われても
「またまたぁ〜」
>>続きを読む

ビルとテッドの時空旅行 音楽で世界を救え!(2020年製作の映画)

4.0

結構面白い。
思い出補完もあるだろうけど。

『地獄旅行』を幼い頃によく観て、
30年位ぶりの続編が来るとは(笑)。

所々「あぁそうだった!このノリ!」と
懐かしくなるし、笑いっぱなしだった。

>>続きを読む

スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム(2021年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

最高。
サム・ライミ版『スパイダーマン』1作目を
映画館で見た時、ビル間のスイングに魅了され
以降アメコミ映画を見続ける人生だった。
(正確に言えばスポーンやX-MENだが)

3部作が終わり
『アメ
>>続きを読む

黒い司法 0%からの奇跡(2019年製作の映画)

4.0

良い映画。
劇中にも出てくるが
『アラバマ物語』の現代版と思えばいい。

黒人差別は本当に深く根付いていて
日本人にはイメージするしかできないが、
彼らが「自由を勝ち取る」という事を
しなくちゃいけな
>>続きを読む

アンダーウォーター(2020年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

普通。

深海モンスターの姿を拝もうと思ったが
深海であるが故にボヤけて分からん!
なんかクトゥルフっぽい感じはしたけど
予算の関係なのか暗くてはっきりしない。

話は90分で丁度良かった。
いや、そ
>>続きを読む

劇場版 ユンカース・カム・ヒア(1995年製作の映画)

3.0

普通。

作画は綺麗だし
背景は画用紙に描いた様な暖かみがある。

服装が公開当時の時代に沿っていて
何とも懐かしいような。

しかし、何でこの設定で映像化しようとしたのか
正直言って理解ができなかっ
>>続きを読む

28日後...(2002年製作の映画)

3.0

普通。
金はかけているが演出や編集が
自主制作映画っぽい。

話は正直言って雑。
序盤は楽しめるものの中盤からは
ただただ人の恐ろしさや疑心暗鬼を描き
退屈になってしまった。

映像はフィルムというよ
>>続きを読む

浅田家!(2020年製作の映画)

4.0

良い映画。

一眼レフで想いを込めてシャッターを押す。
そこに映る人たちは仮に楽しくなくても
後から見返すと良い思い出に変わっている。
実に不思議なものだ。

主人公は「撮りたいから撮る」のではなく
>>続きを読む

騙し絵の牙(2021年製作の映画)

3.0

普通。
終始BGMが大きくてセリフが聞きづらい。
これだから邦画は・・・。

話は面白いのだが
最後まで地に足のつかないフワフワした作品だった。
やってる事が曲芸の連発なので
落ち着いて鑑賞も出来ない
>>続きを読む

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

3.0

まぁまぁ面白い。

相変わらずレトロな様式に
最先端な武器を忍ばせて
世界を救うのは観てて飽きない。

けど、前作にあった
ブラックジョークや斬新な演出は少なくて
続編のジレンマが垣間見れた。

アメ
>>続きを読む

ロン 僕のポンコツ・ボット(2021年製作の映画)

2.0

微妙。
『ベイマックス』の2番煎じかと思ったが
ヒーローものでは無い。

友達を増やす要素しか持ち合わせてないボットなので
当然自慢や承認欲求に溢れた子供ばかりになる。
そんな話のオチは予想できちゃう
>>続きを読む

モアナと伝説の海(2016年製作の映画)

4.0

面白い。
予想以上にアドベンチャー物だった。

モアナが可愛いし
マウイの刺青が「良心」を表してて
良いムードメーカーになってた。

テ・フィティやテ・カァが
プロローグのイメージ図ではなく
実際その
>>続きを読む

ラーヤと龍の王国(2020年製作の映画)

4.0

面白い。

『ミラベルと〜』の後だからか
アドベンチャー物だったので
余計楽しめたと思う。

龍の顔がオークワフィナっぽいなぁと思ったら
まさか本当にやっていたとは(笑)

はぐれ物たちが力を合わせて
>>続きを読む

ミラベルと魔法だらけの家(2021年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

普通。
映像は綺麗だが話はそれ程…。

金と時間が無かったのか
話の規模がとにかく小さく、
半径1キロ以内で全てが繰り広げられる。
そのような題材を
わざわざ映画化する必要があったのか疑問だ。

「才
>>続きを読む

マトリックス レザレクションズ(2021年製作の映画)

3.0

普通。
今更、作る必要は無いかと。

前半は『マトリックス』という呪縛に囚われた
監督自身のメタとしか思えないセリフや
視聴者自身がデジャヴを感じるような
何とも言えないシーンが続く。

中盤で、やっ
>>続きを読む

浅草キッド(2021年製作の映画)

3.0

なかなか面白い。
芸を身につけて客を笑わせる。

浅草の舞台出身だからこその
キツいネタだったり、
テレビに耐えれないと思われていた物が
意外とヒットしたり。
その根底にあるのが師匠の教えな訳で。
>>続きを読む

レッド・ノーティス(2021年製作の映画)

3.0

普通。
ルパン三世の様な
インディ・ジョーンズの様な作品。

アクションシーンは
いつものドウェイン・ジョンソンの映画っぽい。

展開としても
相手を騙すより人との信頼って大事と
思わせるだけ思わせて
>>続きを読む

フィンチ(2021年製作の映画)

3.0

良い映画。

終末物としては近未来を描いていて
比較的リアルな感じがした。

トム・ハンクスの独壇場となる映画で、
終始見事な演技をしてくれる。

生まれたばかりのロボットに
父親のように教育していく
>>続きを読む

サンダーバード(2004年製作の映画)

3.0

残念な作品だ。
ギリギリ鑑賞できるレベル。

オリジナルのスーパーマリオネイションを観ていたら
本作のベクトルの違いがはっきり分かるだろう。

イギリスの作品をアメリカが作ると
こうも子供向けな物にな
>>続きを読む

日本沈没(1973年製作の映画)

4.0

なかなか面白い。

公開した年を考えると
かなりの予算を掛けて制作したのが分かる位に
映像が素晴らしい。

2時間半はどの作品だが内容もバランス良く、
日本各地が崩壊・沈没していく悲劇と
その現実から
>>続きを読む

エターナルズ(2021年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

面白い。

アメコミらしさは『シャンチー』に軍配が上がるが、
ドラマの深さはこちらに軍配が上がる。

メインキャラだけで10人も登場するので
混乱しそうになるが、名前や性格が特徴的で
さほど問題にはな
>>続きを読む

フリー・ガイ(2021年製作の映画)

4.0

最高。
2021年の新作映画の中では
現状一位かな。

『レディ・プレーヤー・ワン』よりも明るく
エンタメ要素が豊富で1本で完結している作品だ。

きっと『レディ・〜』よりも現代が舞台で
遊ぶゲーム内
>>続きを読む

劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン(2020年製作の映画)

3.0

普通。
TV版・劇場1作目も鑑賞済み。

映像はTV版の時点で綺麗だったので
本作も十分以上の品質となっている。

元々、この作品は「映像が綺麗」であって
「話が面白い」訳では無い。
『週刊ストーリー
>>続きを読む

007/慰めの報酬(2008年製作の映画)

3.0

面白い。
公開当時の印象よりも楽しめた。

初見の印象は前作の雰囲気が薄れていて
話もあまり楽しく無かった気がしたが、
前作から続けて観たら悪く無かった。

続編よりは後編という位置付けであり、
ヴェ
>>続きを読む

007/カジノ・ロワイヤル(2006年製作の映画)

5.0

名作。

ピアース版ボンドから打って変わり、
ムキムキでプレイボーイではないボンドになったが
タキシードを着た時の格好良さに脱帽した。

後半のドラマパートに備えてなのか
前半にアクションシーンが大量
>>続きを読む

007/ノー・タイム・トゥ・ダイ(2019年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

普通。
ダニエル・クレイグの引退作としては非常に残念だった。

尺が2時間40分もありつつも
濃密な話があるわけではなくて、
007とヒロインの関係に重きを置きすぎてて
敵の強さや主義主張が薄くなって
>>続きを読む

007 スペクター(2015年製作の映画)

3.0

面白い。

ヴェスパーのように1人の女性を愛す選択をした男の
悪との対決を描いている。

だが、格好良さが少ないし
ロケ地の魅力もあまり無い。

ストーリーに関しても驚きは無かった。
「MI」シリーズ
>>続きを読む

今日から俺は!! 劇場版(2020年製作の映画)

3.0

普通。

いつもの福田監督作品であり
テレビドラマ版をそのまま劇場版にしただけなので
予算は全然掛かってないのが分かる。

印象に残るシーンも無く、
再鑑賞する事も無いだろう。

メッセンジャー(1999年製作の映画)

4.0

結構面白い。
ホイチョイ作品は従来の邦画と比べて
暗さやテンポの悪さがなく、
一定水準のエンタメ映画を作っている。

当時でも撮影困難だっただろうに
よくあれほど都内の道路を撮影できたもんだ。

キャ
>>続きを読む

ブレードランナー ファイナル・カット(2007年製作の映画)

5.0

名作。

映画として面白いかというと
正直、面白くはない。
盛り上がるポイントは少ないし
淡々としてて眠たくなる。

けど、その世界観は唯一無二だ。
常に雨が降りジメジメしてて、
暑いのか寒いのか分か
>>続きを読む

>|