やゆよゆやさんの映画レビュー・感想・評価

やゆよゆや

やゆよゆや

映画(185)
ドラマ(0)

アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル(2017年製作の映画)

4.2

ラストシーンが物悲しくも美しく、泣いてしまった。トーニャ・ハーディングのことを何一つ知らないのに、薄ら笑いを浮かべてあの頃ニュースを見ていた自分が情けない。

大統領の陰謀(1976年製作の映画)

4.0

「ペンタゴン・ペーパーズ」を見たあとだと、冒頭声を上げてしまう。

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

4.2

1週間ほど経った今でも思い出すのは、映像の美しさ、登場人物への愛情。敵役のあの人も哀しい人だった。

去年の冬、きみと別れ(2018年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

岩田さんのファンなので映画の情報量が公開前から大量にあって、見た人みんな騙されるのに、こんなに情報量与えて大丈夫なのか心配してたら、騙されなかったから…みたいな意見を度々見かけて、とても残念に思います>>続きを読む

ブラックパンサー(2018年製作の映画)

4.4

MCU自体大好きだけど、ブラック・パンサーはその中でも3本の指に入るくらい好きです。
ヴィランなのにキルモンガーがとても格好いい。MCU世界の住人(特にNY)は大変だろうけど、ワカンダには住んでみたい
>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

4.6

怒り、憎しみ、そして赦しについて、見終わって数日経った今でも考えている。

レッドのオレンジジュースのシーンは、ラストのあの2人の会話を聞いた後だとより沁みてくる。

シンクロナイズドモンスター(2016年製作の映画)

3.0

アン・ハサウェイと怪獣のシンクロという軸になるストーリーは良かった。ただ、そこに絡んでくるあいつのストーリーと解決法がどうもしっくりこなくてこの点数です。

CINEMA FIGHTERS(2017年製作の映画)

3.7

EXILE、三代目、E-Girlsの楽曲を元に作られた短編映画6本のオムニバス。

見終わって数日経った今でも一番印象に残っているのは河瀬直美監督の「パラレルワールド」。やはり山田孝之は演技が上手い。
>>続きを読む

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

4.2

冒頭から不穏、すっと不穏、見てる側の疑問が一つ解けた時からの恐怖。集中力が最後まで途切れることはなかった。犬と友達が緩和となって、とてもいいリズムだったと思う。映画館で見ることができてよかった。

パーティで女の子に話しかけるには(2017年製作の映画)

4.1

イギリスの団地が出てくるSF映画は大好物です。これも大好き。70年代パンクの知識が多少なりともあったほうが楽しめるかも。宇宙から来た彼らのルックが80年代っぽいのも面白い。
イギリスのドラマ、ドクター
>>続きを読む

パディントン 2(2017年製作の映画)

4.7

楽しかった!前フリがきちんと回収されて無駄がなく、それなのにとても笑えて、泣けて、素晴らしかったです。
前作より予算が半減したという話を聞いたけど、パディントンの毛並みの表現も美しくて、パディントンは
>>続きを読む

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

4.3

数学の天才である娘にのめり込んでいた母を息子はどんな気持ちで見てたんだろう。という本筋とは離れたことを考えながら見ていた。

メアリーがとっても可愛い!そして片目の猫フレッドも。

ブルーム・オブ・イエスタディ(2016年製作の映画)

2.5

予告編を見て面白そうだったから映画館に足を運んだんだけど、主人公2人の気持ちに私も振り回されて、ただ疲れました。

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

3.7

もう少し短くできてたらもっと面白かったのに!と思ってしまった。残念。

>|