silencioさんの映画レビュー・感想・評価

silencio

silencio

皆さんのベストムービーを参考にしながら映画を選んでます!

スプリット(2017年製作の映画)

3.4

中盤までは新作密室ホラーな感じだけど、後半30分からラストにかけてやっぱりシャマラン映画でした笑。
「アンブレイカブル」~「レディインザウォーター」までのエッセンスがいろいろ詰まってる気がします。
>>続きを読む

パプリカ(2006年製作の映画)

5.0

傑作中の傑作。何度見ても変わらず私の中の邦画アニメNo.1。
抽象的な「夢」を超独創的な表現で可視化しています。テーマがテーマだけに説明できないところはあえて説明しない潔さがいい。
何年たっても色褪せ
>>続きを読む

ゴースト・イン・ザ・シェル(2017年製作の映画)

2.5

アニメ攻殻機動隊は未観賞。街の造形はすごく良かった。戦闘シーンも楽しい。が、話が恐ろしくつまらないのはなぜだろう。既視感ありありの人間ロボットの自分さがし。原作は熱狂的ファンがいるくらいだからきっとこ>>続きを読む

マイ・ブルーベリー・ナイツ(2007年製作の映画)

3.6

ザ・ミニシアターといった感じの粋な映画。こういったゆったりした時間の流れや色彩は大好き。髪の毛がまだあるジュードロウはかっこいいし。観ている時間がそのまま幸せな時間として感じられる。
ノラジョーンズが
>>続きを読む

ドラゴン×マッハ!(2015年製作の映画)

4.5

最高の格闘シーン!特に監獄とクライマックスはめちゃくちゃイイ。黒幕スーツ男はクールな戦い方が合ってるし、トニージャーの最後の最後に満を持してのクライマックスマッチ。最後まで飽きませんでした。ただ最後の>>続きを読む

人間の値打ち(2013年製作の映画)

3.6

「カネ」を翻弄された男、「存在意義」を見いだせない妻、「愛」にすがる娘。人間の値打ちを3つのエピソードで描いたイタリア映画です。
タイトルが重いのでどんな物語なんだろうと構えてしまいましたが、案外普通
>>続きを読む

ダークレイン(2015年製作の映画)

3.5

前作「パラドクス」よりも好き。個性が強いから大ヒットはしないだろうけど固定ファンがつきそうな監督です。私もファンになりそう。

きっと伝えたいことは劇中に出てくる漫画がテーマだと思います。たしかにアリ
>>続きを読む

イレブン・ミニッツ(2015年製作の映画)

3.0

この映画が言いたいことは何だったのか。。大きな出来事が起きたとしても俯瞰的に見たら取るに足らないノイズのようなもの、と言いたいのか、人々が関わりあってる様を見せたかったのか・・
いずれにしても私はハマ
>>続きを読む

ブロンズ! 私の銅メダル人生(2015年製作の映画)

3.4

男の下ネタは笑えるけど女の下ネタはちょっと苦笑いになってしまうのはなぜだろう笑
主人公はそんな下ネタ連発の元女子体操銅メダリスト選手。
アクロバットなアレはさすがといった感じですが、車の中で即パンツ脱
>>続きを読む

カットバンク(2014年製作の映画)

3.4

完璧だった偽装殺人がどんどんと悪い方向へ、というのはけっこうコスられた展開だけどまだまだ味がしますね。「ファーゴ」や「シンプルプラン」とか田舎町の犯罪というのは、なぜかどこかしらが抜けていてうまくいか>>続きを読む

ロスト・エモーション(2015年製作の映画)

4.5

めちゃくちゃ感情が揺さぶられました。無感情な世界ゆえに会話も少ない。でもそれが逆に主人公2人の抑えられない感情をはっきりと感じとる事ができました。
ある意味これほど繊細で優しい映画は久しぶりかも。雑味
>>続きを読む

シークレット・オブ・モンスター(2015年製作の映画)

3.5

二度見てはじめて味が出てくる映画でした。ラストのアレだけに焦点が当たりやすいけど、至る所に伏線があるのが面白かったです。厳格、神、宗教、性、不貞、喪失などがポイントでしょうか。

幼少期の出来事だけが
>>続きを読む

メガマインド(2010年製作の映画)

3.8

善と悪の戦いという王道を進みながら、もしもヒーローがいなくなって悪しか生まれなかったら、、という世界を悪役側から描いたコメディアニメ。
一般人が悪になったり、悪役が悪を倒したりと、正義と悪をうまく描い
>>続きを読む

ターミナル(2004年製作の映画)

3.4

なんとなく大人版ホームアローンのようなドタバタ人情コメディといったところ。
トムハンクスの良い人柄が出まくってて終始心が温まります。
恋愛要素がラストあっさりしてるのでもうひと味あるとよかったかな。こ
>>続きを読む

顔のないヒトラーたち(2014年製作の映画)

3.6

ドイツ国内でもアウシュヴィッツを知らない世代が出てくるのかと空しい気持ちになったけどこれは日本の歴史も同じ事ですね。無知のままではいけない。そういう意味でもこういった重厚な映画を入り口にその歴史につい>>続きを読む

われらが背きし者(2015年製作の映画)

3.1

予告編がめちゃくちゃ面白そうだったので本編鑑賞。結果的に予告編の方が面白かったです笑

ユアンマクレガーやステランスカルスガルドはうまいしナオミハリスはとてもきれいだけど、展開が中の下ほどのレベル。
>>続きを読む

スモーク(1995年製作の映画)

3.6

すごく不思議な映画。最初から最後まで、特に大きなイベントがあるわけではないのに定期的に繰り返し観たくなる。
演者たちの演技力とその演者から語られる小話がとてもイイ。エンドロールもお洒落で最高でした。

君の名は。(2016年製作の映画)

3.8

とてもキレイな色彩で日常を描くのは今回も健在で素晴らしかったけど、もっと良かったのはキザな演出が抑えられてたことですね。
私が今まで新海監督の苦手だった要素が厨二病的なキザすぎるセリフとミュージックビ
>>続きを読む

マダム・イン・ニューヨーク(2012年製作の映画)

4.5

近年日本に配給されるインド映画はつまらないものはほとんどない気がする。この映画も超おもしろい。おもしろいというか楽しい。
劇中に流れる曲がまたよくて、エンドロールの曲だったり、「シャネル、プラダ、ルイ
>>続きを読む

特捜部Q キジ殺し(2014年製作の映画)

4.0

このシリーズはやっぱり面白い。ミレニアム臭がプンプンする正統派王道北欧サスペンス。北欧のロンパールマンみたいな男が主人公です笑
テンポがよく、わかりづらい所がないのでとても観やすいです。強いて言えば名
>>続きを読む

マーシュランド(2014年製作の映画)

3.0

いやーこれはちょっとわからなかったなぁ。謎が多すぎるのかモヤモヤした感じが残りました。
まさに湿地帯という感じでジメジメした雰囲気は「ペーパーボーイ」みたいですごく好きなんだけど、いかんせん地味で静か
>>続きを読む

ウルフ・オブ・ウォー ネイビー・シールズ傭兵部隊vsPLA特殊部隊(2015年製作の映画)

3.6

評価が低めだけどすごく面白かった!90分ノンストップの銃撃&格闘。作戦本部のハリボテ感は気になったけど、「ザ・レイド」のようにあまり何も考えず純粋にアクションを楽しめる映画になってます。続編は評価が高>>続きを読む

パラサイト・クリーチャーズ(2013年製作の映画)

3.6

意外や意外、とても完成度の高いB級ホラー?映画。
感じとしては「遊星からの物体X」なんだけど、低予算ながらそれを越えようという気概が伝わってきます。
クリーチャー描写も毒々しくてイイ感じ。
登場人物が
>>続きを読む

素敵なウソの恋まじない(2014年製作の映画)

4.2

幸せな気分に浸りたいなら絶対おすすめ!終始ず~と温かい展開です。リチャードカーティス脚本だから安定のほっこり感を味わえました。個人的に絶対ハズレない監督&脚本家ですね。

パッセンジャー(2016年製作の映画)

4.0

なにかとお金がかかるSF映画に好き嫌いが分かれやすいラブストーリーをくっつけるのは案外チャレンジな気がする。この映画は成功例。主演二人だけだったら陳腐な感じになりかねないけどバーテンダーがとても良くて>>続きを読む

デジャヴ(2006年製作の映画)

4.0

こんなに面白いアクション映画を今まで見逃してたとは。
よく思いつくなというような革命的装置とストーリー展開。いい意味でトンデモ映画になってます。
装置ありきの映画だからあり得ないと入り込めない人は低評
>>続きを読む

グランドピアノ 狙われた黒鍵(2013年製作の映画)

3.6

すごく面白かった。B級映画かもしれないけど、完全にB級とは言えない映画全体の色気を感じる。個人的にはチープな殺人事件とかは一切排除して、犯人との緊迫したやり取りだけの方が楽しめたかな。
ただジョンキュ
>>続きを読む

インフェルノ(2016年製作の映画)

3.8

ホラー臭が強い前半にびっくり。でもやはり中盤からは安定のラングドンシリーズでした。ラストは普通のアクションサスペンスになっちゃったかなとは思うけど。

予告編で流れる「シャイニング」のような大量の血は
>>続きを読む

ミュージアム(2016年製作の映画)

3.8

「ヒメノアール」と同様、日本の本気が感じられるサイコスリラー。このジャンルは韓国が最も得意だと思うけど少しは追いついたかなーという印象。
まぁ韓国だったら後半もっと救いがないと思うけど。多方面に気を使
>>続きを読む

グランド・イリュージョン 見破られたトリック(2016年製作の映画)

4.0

これだけ気持ちよく爽快な映画も近年なかなかないと思います。一人で観るよりは誰かとディスカッションしたりして盛り上がって観るのがおすすめです。
改めてモーガンフリーマンの偉大さを感じる続編になってます。
>>続きを読む

これが私の人生設計(2014年製作の映画)

3.8

思ってた以上にコメディコメディしていて楽しかった!しかもただ楽しいだけではなくて、イタリア社会の問題点を皮肉りながらノリよく笑わせてくれる。歯抜けおばさん最高♪
原題は「生きていてすいません!」みたい
>>続きを読む

持たざるものが全てを奪う HACKER(2016年製作の映画)

3.2

ネット詐欺を題材にしたティーン向けメロドラマ。ほんとにティーンが見たら真似しそうだけど笑

どうしても「ピエロが~」と比べてしまうけど評価ほどつまらなくはなかったかも。ゼッドのいかにも黒幕な感じは笑え
>>続きを読む

クローズド・バル 街角の狙撃手と8人の標的(2016年製作の映画)

3.1

アレックス監督の特徴である強烈なキャラクター陣は今回も健在。

個人的には「スガラムルディの魔女」の
>>続きを読む

小さな命が呼ぶとき(2010年製作の映画)

3.5

子供向け映画のヒーロー的存在のブレンダンフレイザーが新薬を作るために孤軍奮闘する実話。

愛情が人を幸せにすることと、お金が人を救うことがよく描かれていました。

若い研究者は必見の映画です。

ビューティー・インサイド(2015年製作の映画)

4.2

これは面白い最高のラブストーリーでした!男の姿が毎日変わるファンタジー設定だから、普通の恋愛映画とは違って次どうなるんだろうと物語に引き込まれます。
外見ではなく美しさは内側にあるんだと胸キュンさせて
>>続きを読む

或る終焉(2015年製作の映画)

3.8

ティムロスの名演技が素晴らしいドキュメンタルチックな良作。

ミヒャエルハネケ監督の「愛、アムール」のような感じかと思ったけど、この映画のほうがより現実的に感じた。
驚きのラストシーンは、突然の不運な
>>続きを読む

>|