codaさんの映画レビュー・感想・評価

coda

coda

映画(927)
ドラマ(0)

MOTHER マザー(2020年製作の映画)

4.2

パラサイトの方がまだマシに見える。
あの家族には強かな能力があるから。
Motherは観てて本当にしんどい。
それでも何かえぐられる感覚はある。
疲れすぎて3時間くらいに感じた。
もう一回観たいとは思
>>続きを読む

ONE PIECE STAMPEDE(2019年製作の映画)

3.0

最近のワンピースはごちゃごちゃ。
このキャラ数に至る程続くのは凄い。
でももはやゾロ、サンジでさえ活躍が
少なくなるほどなんだなとも思った。
名前は違えどただのパンチ連打。
かめはめ波もギャリック砲も
>>続きを読む

デッド・ドント・ダイ(2019年製作の映画)

3.8

物質主義の現代社会に対する風刺が
テーマだとなかなか気づけなかった。
そう考えると生前の習慣を忘れない
ゾンビという設定は面白い。
エンシェント・ワンがロングヘアで
刀を振り回すのも面白い。
もう少し
>>続きを読む

ドラゴンクエスト ユア・ストーリー(2019年製作の映画)

1.0

ノリが軽すぎて物語も陳腐に感じる。
詰め込みすぎて見せ場がない。
キャラの印象破壊はさらにひどい。
フローラは絶対そんな感じではない。
町や城の造形もドラクエっぽくない。
ドラクエ5の壮大な冒険を忠実
>>続きを読む

ロケットマン(2019年製作の映画)

4.5

劇場に観に行っても良かったな。
やっぱりYour Songは流れた瞬間に
分かってしまうくらいの名曲だった。
エガートンが思いの外、歌が上手。
この作品を観た後で、アカデミー賞の
バーニーとの登壇シー
>>続きを読む

ライフ(2017年製作の映画)

3.9

未知って怖いな〜と感じさせられる。
スリラーだとは知っていたので、
カルビンがいつ牙を剥くかと怖い。
決定的なグロいシーンを見せないのが
無駄に痛い映画と違って助かる。
自分が学生時代は60億だった人
>>続きを読む

怪物はささやく(2016年製作の映画)

4.2

人生は末長く複雑。
悲しいけど優しさもあるお話。
フェリシティの演じるお母さんの顔色
がどんどん悪くなるのが辛い。
コナーが膨らます想像の世界が、
どんどん終わりに近づくのも悲しい。
ノートの絵がなん
>>続きを読む

ナイスガイズ!(2016年製作の映画)

3.9

なんて教育に悪い、けど笑わされる、
たまにはこんなんもいいか的な映画。
ストーリーは伏線伏線で回収みたいな
作りにしてるけど正直どうでもいい。
バディムービーだけど娘のホリーが
一番活躍してた気がする
>>続きを読む

スノーデン(2016年製作の映画)

4.2

世の中には知らぬ方が良い事もある。
この話は果たしてどちらなのか。
自分の人生を賭けて、秘密を世界に
明かしたスノーデンの勇気は凄い。
家族や恋人のことを考えると、自分は
きっと黙っているだろうと思う
>>続きを読む

モリーズ・ゲーム(2017年製作の映画)

3.6

「成功とは失敗から失敗へと情熱を
失わずに走り続けること」
チャーチルさんは良いこと言う。
終わりは良いけど、途中が長い。
登場人物の9割くらい嫌な人間なので
たまに出てくる善人が光ってる。
お金の周
>>続きを読む

ザ・ウォーク(2015年製作の映画)

3.8

大分クレイジーな本当のお話。
文字通りの人生を賭けた夢を叶えた
ことは羨ましいし、凄いと思う。
それにしても計画自体が綱渡りだし、
本番ももういいよと思わされる。
CGと分かっていてもヒュッてなるし、
>>続きを読む

ラストエンペラー(1987年製作の映画)

3.5

この映画がアカデミー賞をとったこと
に、日本人として複雑な気持ち。
三国志の時代も帝は形だけの傀儡で、
箱庭での生活を強いられて悲しい。
かと思えば戦犯扱いされるのも辛い。
婉容の阿片に溺れる様も痛々
>>続きを読む

ベンジャミン・バトン 数奇な人生(2008年製作の映画)

4.2

物悲しさと優しさの絶妙なブレンド。
80歳の皮膚や衰弱度で生まれて、
捨てられた先が老人養護施設のため、
緩やかな死が周りにずっとある。
様々な人生がある中で、ベンジャミン
の人生もただの個性なのかも
>>続きを読む

オリエント急行殺人事件(2017年製作の映画)

3.2

昔のミステリーだったからなのか、
全体的にインパクトや意外性が希薄。
推理もので一番重要な謎解きのシーン
に衝撃がなかったのが残念。
出演者は豪華だし、飽きずに観れるが
それは前提みたいなものだし。
>>続きを読む

女神の見えざる手(2016年製作の映画)

5.0

この映画の面白さはやばすぎる。
最初から最後まで頭使い続けるし、
引き込まれすぎて疲れた。
ジェシカ・チャスティンが凄すぎる。
彼女の演技が作品の質を高めてる。
腐り切った政界に対する正義の戦い方
>>続きを読む

ダンボ(2019年製作の映画)

3.8

良い人は良い人、嫌な奴は嫌な奴、
その両極端さがディズニーぽい。
世界観は完全ティム・バートン。
その世界観、嫌いじゃないし、
エヴァ・グリーンはぴったりすぎ。
羽を吸ったら飛ぶシステムは不思議。
>>続きを読む

華氏 119(2018年製作の映画)

5.0

点数つけるべきものか悩まされる。
スナイダー知事は死刑ものでしょう。
フリントの水だけ飲み続けて欲しい。
トランプが任期延長したらアメリカに
心底ガッカリしそう。
期待を裏切るパフォーマンスと知って
>>続きを読む

不都合な真実2:放置された地球(2017年製作の映画)

5.0

誰かを尊敬するなんて滅多にないけど
アル・ゴアには尊敬の念を抱いた。
色んな困難を乗り越えて、パリ協定の
合意にたどり着いた瞬間は感動した。
国内に最大の敵がいて、現状だけなら
負けだけど、最後のノー
>>続きを読む

記者たち~衝撃と畏怖の真実~(2017年製作の映画)

4.8

賛成多数=真実では全くない。
『政府の失敗を兵士が贖う』という
台詞や、ベトナム戦争経験者とイラク
戦争経験者の出会うシーンなど、
ズシンとくるものが多かった。
周りに流されることなく、真実を
追いか
>>続きを読む

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ(2016年製作の映画)

3.5

怪物か、英雄か、いや、クソ野郎。
はじめは久しぶりにマクド食いたいと
思ったけど、観終わったあとでは、
二度と食わなくてもいいと思った。
ディックの夢の続きが見たかった。
真実の割合は分からんけど、明
>>続きを読む

不都合な真実(2006年製作の映画)

5.0

現代のコペルニクスみたいだった。
一人の政治家が本気で世界を変えよう
とする足跡を追うドキュメンタリー。
ゴアがトップの世界を見たかったけど
選ばなかったのが現代社会。
コロナでも人間はカエル状態、出
>>続きを読む

ニュートン・ナイト 自由の旗をかかげた男(2016年製作の映画)

3.8

まず銃を下げたものを許すと嘘ついて
縛り首にしたのは卑怯。
一人を三人で殺すのも卑怯だわ。
黒人を別の生き物と考えるのが逆に
凄い、子供が出来るのに。
子供の頃にどんな話を聞かされて
育つのかが大切な
>>続きを読む

ストーンウォール(2015年製作の映画)

3.8

兄のことを嫌いになってもおかしく
ないのに、妹の優しさが凄い。
最後に車ですれ違ったお父さんが
苦悩する姿が印象的だった。
レイの選択肢の有無の話は重い。
LGBTについて、歩み寄れなくても、
排除す
>>続きを読む

ボス・ベイビー(2017年製作の映画)

3.6

イントロダクションが一番面白い。
赤ちゃんてそんな感じで来るのか。
中だるみ感がちょっとあるけど、
所々でクスリとさせられる。
確かに子ワンコはかわいいから、
場合によっては赤ちゃん以上かも。
アメリ
>>続きを読む

ミスター・ガラス(2019年製作の映画)

3.8

アンブレイカブルもシックス・センス
もやけど最後に仕掛けるの好きやな。
ゴールド・ロジャーかと思った。
コミックが人間が見てきたものの資料
だという考え方が斬新だった。
選んだ能力が人間を超えつつもX
>>続きを読む

スプリット(2017年製作の映画)

3.8

マカヴォイの多重人格怪演が良い。
シャラマン監督はシックス・センスの
印象がどうしても強いけど、これも
なかなか印象に残る映画だった。
アンブレイカブルの続編というのは、
ミスターガラス公開時に知った
>>続きを読む

バトル・オブ・ザ・セクシーズ(2017年製作の映画)

3.8

女性を敬わない男性対女性の話と、
性的マイノリティの混合物語。
男性至上主義のブタに送られた子ブタ
がめちゃくちゃプリティだった。
あの子ブタはその後どうなったのか。
ビリーに焦点がずっと当たってたけ
>>続きを読む

タイタニック(1997年製作の映画)

3.8

毎回、ジャックが船に乗る前に寝落ち
してたけど、ようやく完走できた。
あの頃のディカプリオはめちゃくちゃ
かっこいいなと今更ながら思った。
沈むという結末が最初からわかってる
だけにずっと切なさがつき
>>続きを読む

500ページの夢の束(2017年製作の映画)

4.0

警察官のおじさんとウェンディの
クリンゴン会話が優しかった。
あとピートの可愛さがほとばしる。
途中カス人間が一匹あらわれるけど、
どう生きたらそうなるのか不思議。
趣味が合う人と内輪だけで通じる
>>続きを読む

ショート・ターム(2013年製作の映画)

4.8

人間が良くも悪くも心で動いてるんだ
ということがよく伝わる映画。
はじめから終わりまで淡々と話は進む
けど、ずっと優しい時間だった。
『明日からの君のほうが、
  僕は、きっと好きです』
このキャッチ
>>続きを読む

二ツ星の料理人(2015年製作の映画)

3.8

はじめはアダムの鼻高傍若無人ぶりに
かなりイライラさせられる。
どん底から段々と主人公が心の成長を
遂げるよくあるストーリーではある。
でも王道なので安心できる面白さ。
あんなに誇りを持って作る料理な
>>続きを読む

ベン・イズ・バック(2018年製作の映画)

3.5

ジュリア・ロバーツも本当に長い間、
主役を射止め続けてて凄いと思う。
でも今回のヒーローはポンス。
薬依存症の話は共感し辛いけど、
毎回思うのは身近な落し穴が怖い。
薬で撒き散らされる不幸を見てると、
>>続きを読む

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

5.0

こんなに素敵な映画だったとは。
みんながそれぞれにメアリーのことを
大切に想ってることが伝わってくる。
とにかくメアリーがユニークで、
天才で、子供らしくて可愛い。
フレッドだけじゃなくて全部を
まと
>>続きを読む

ザ・エージェント(1996年製作の映画)

5.0

なんかめちゃくちゃいい映画やった。
トム・クルーズ映画で相当いい!!
出てくるキャラが魅力的すぎる。
主役2人もいいけど、バディのロッド
と特にレイの可愛さが最高すぎる。
凄く大事なことを学んだ気がす
>>続きを読む

メメント(2000年製作の映画)

3.8

インセプション以上に難解。
そもそも、逆再生シーンを繋いで観る
のに慣れないからそれだけで難しい。
段々と明らかになっていくけれど、
着地点がまた嫌〜な感じ。
ダークナイトとかインターステラーは
優し
>>続きを読む

ホーム・アローン2(1992年製作の映画)

3.8

泥棒退治の手段が少し過激になって、
ユーモアの瀬戸際になった気がする。
ただ、ほっこりする部分もちゃんと
あって、終わり方も優しい。
鳩おばさんとダンカンさんが素敵。
玩具屋のクリスマスイブの売上を
>>続きを読む

>|