3Dメガネさんの映画レビュー・感想・評価

3Dメガネ

3Dメガネ

主に洋画が好きな大学3回生^_^
映画をもっと理解したい(^^)
ランキングは今年度公開作品でレビューしたものの中から

3.0好きじゃない
3.5 普通
4.0 好き
4.5 かなり好き
5.0 最高

採点はかなり甘め

映画(380)
ドラマ(0)

南瓜とマヨネーズ(2017年製作の映画)

-

【最適な距離】

南瓜 と マヨネーズ
二つが一緒に置いてあるとなんか違和感がある
マヨラーには関係ないかもしれないけど
なんとなく一緒には交わらない感じ
多分食べれないことはないんだろうけど
美味し
>>続きを読む

30年後の同窓会(2017年製作の映画)

-

【地獄で出会えた最高の奴ら】

妻を亡くし息子をテロ戦争で失った男、ドク
彼は30年前、海軍で同僚だった2人の男に会いにいく…

ベトナム戦争、イラク戦争
これらの戦争には何の意味があったのか
死因は
>>続きを読む

オン・ザ・ミルキー・ロード(2016年製作の映画)

-

【薄っぺらな境界線】

事実とおとぎ話の要素を交えた不思議な世界のお話
いろんな生き物と一緒に暮らす
のどかな田舎町かと思えば
その隣では激しい戦争をしている
生と死の境界が本当に薄いカオスな世界
>>続きを読む

レディ・バード(2017年製作の映画)

-

【反抗、そして旅立ち】

アメリカ西海岸田舎町で都会に憧れる1人の高校生レディバード
少しぶっ飛んだ彼女の反抗と恋愛と友情
そして旅立ちを描いた作品


由緒正しい真面目な校風とは裏腹に
髪をピンクに
>>続きを読む

ハート・ロッカー(2008年製作の映画)

-

【英雄か、被害者か】

2004年 イラク
爆弾処理班の過酷さを描いた作品

爆弾処理班はかなり危険な任務であり
常に死と隣り合わせである
軽いミスでも死ぬ
周りのイラク人は誰も信用できず
常に緊張感
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

-

【他者が決めつける価値観の愚かさ】

一つ狭い屋根の下
苦しながらも生活する5人家族
よくすることは、万引き
と、救済


この家族と達はほとんど血の繋がりのない
一般的に一緒に暮らす必然性のない集団
>>続きを読む

善き人のためのソナタ(2006年製作の映画)

-

1984年東ドイツ
行き過ぎた国家保安省 通称シュタージが国民の自由と権利を剥奪していた時代
そのシュタージの1人で社会主義を心底信仰する1人の男、ヴィースラーの物語


今まで信じていたものが徐々に
>>続きを読む

デッドプール2(2018年製作の映画)

-

またあいつが帰ってきた!
型破りなアメコミヒーロー第二弾!


前作の大ヒットによりこれまた大幅に予算がアップしたんだろう豪華キャストにCGまで。観客に話しかけてくる4次元キャラも健在。ギャグの量、質
>>続きを読む

エル ELLE(2016年製作の映画)

-

突如自宅で襲われた1人の女性
その事件は彼女にとってどんな影響を及ぼすのか?
その事件をきっかけに滲みでる彼女の本性
生き方、接し方


ある事件をきっかけに1人の女性の生き様を描いた作品
大きなテー
>>続きを読む

海よりもまだ深く(2016年製作の映画)

-

【それでも生きてく】

ギャンブルをして、ついでに仕事して
良い大人になったのに
あの時なりたかった姿なんかに
少しでもなれた気がしない

嫁と子供にはたまにしか会えない
夢だった小説家の道もパッとし
>>続きを読む

ゼア・ウィル・ビー・ブラッド(2007年製作の映画)

-

【その先に血】

荒野に潜む1人の男がいた
彼は石油を掘り続け、ついに掘り当てた
会社を作り、新たな油田を求め
野望と信念の元、突き進んでゆく


成功ばかり追い求めると
何か大事なものを失ってしまう
>>続きを読む

ノクターナル・アニマルズ(2016年製作の映画)

-

【こじらせ男の20年越しの仕返し】

アーティストとして地位と名誉とハンサムな夫を手に入れたスーザン
そんな一件順風満帆な彼女の元に元夫から一冊の小説が届く
1ページ目に“スーザンに捧ぐ”の文字
この
>>続きを読む

孤狼の血(2018年製作の映画)

-

【警察じゃけえ、何をしてもええんじゃ】

捜査のためなら法をも犯す
そんな甘ったれたやり方でなにができるんじゃ
横暴な刑事 大上


かたや国立大学出身の秀才
まとまった綺麗な正義感を持つ若者 日岡
>>続きを読む

グリーンマイル(1999年製作の映画)

-

【差別の偏見の上に成り立つ正義】

人は正義を執行する時
それが大きな決断を伴う時
十分な情報を元に判断するべきだと思う
正しい意見=大衆の意見であってはならない


19世紀初頭のアメリカにとって
>>続きを読む

プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命(2012年製作の映画)

-

【愛ゆえの罪、罪ゆえの正義】

1人の男は愛を渇望していた
不器用な彼は間違ったやり方で
誰も望んでいないやり方で愛を示した
思いはまっすぐに


1人の男は罪を償いたかった
自らの心に嘘をつき、蓋を
>>続きを読む

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

-

【全部覚えている】


1983年 北イタリアのどこかで
美しい木々と川が覆う場所で
2人の若者が出会い、惹かれてゆく


1人の少年が自分の真実の感情に気づき
それを優しく、時に力強く包んでゆく
>>続きを読む

アイアン・ジャイアント(1999年製作の映画)

-

【なりたい自分になれ】

少年の元に一体のロボットが現れる
見た目はすっごく怖い
でもほんとは悪くなさそうだ


展開はすごくETみたい
母子家庭の少年の心に吸い込まれ
お互いに友情を育んでいく
>>続きを読む

彼女がその名を知らない鳥たち(2017年製作の映画)

-

【醜くも本物の愛】


仕事もせず他人に文句ばかりの生活
こんなことを続けていても仕方ない
でも憧れのあの人のことが忘れられない
清潔でお金持ちでスマートな彼


一方同居人は不潔で低収入
おまけに5
>>続きを読む

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

-

【シリーズ集大成、最終章の幕開け】

『アイアンマン』から始まり
シリーズ計19作品目にあたる今作
全てはここに向かっていた
今までの物語の集大成
これほど楽しみにしていた作品はない


色んなキャラ
>>続きを読む

ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア(1997年製作の映画)

-

【人生はデスロード】

病により死を宣告された2人
やんちゃ坊主と真面目な相反する2人
病院で死ぬまで待つのもつまらない
聞けば海を見たことないという

「天国では皆海の話をするんだ」


だったら見
>>続きを読む

プライドと偏見(2005年製作の映画)

-

【階級社会だった18世紀イギリス】

舞台となるのは18世紀イギリス
男女間にハッキリとした区別があり
女性は立場的に非常に弱い
求婚を待つことしかできず
誰かいい人現れないかな〜
その人が金持ちだっ
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

-

【帰ってきたワクワクの帝王】


スピルバーグ監督が度直球のエンタメ作品を撮るのはいつ以来なのだろうか
こんなにもワクワクする作品を撮ったのは
いつ以来だっただろうか


予告編にもあるレースシーン
>>続きを読む

パシフィック・リム アップライジング(2018年製作の映画)

-

【世界を救うのはオレたちだ】

怪獣戦争が終結しつつも
次なる脅威に備えるため、人類の防衛は気を抜けない


前作はいわゆる王道白人が世界を救った
黒人の英雄は誕生したが
白人の犠牲となった


今作
>>続きを読む

サマータイムマシン・ブルース(2005年製作の映画)

-

【世界一くだらない時間旅行】


エアコンのリモコンが壊れた!
この夏の暑さに耐えれない!
とゆうことで昨日に戻ってリモコンを取り返しに行くというなんとしょぼいお話


ちゃんと昨日に戻って任務を遂行
>>続きを読む

アメリカン・スリープオーバー(2010年製作の映画)

-

【年に一度の特別な夜】

アメリカでは夏の終わりから新しい生活が始まる。9月から新学期だ
だから夏の終わりの1日が、翌日の淡い期待を持つ1日に変わる

そんな特別な1日にお泊まり会(スリープオーバー)
>>続きを読む

ジョゼと虎と魚たち(2003年製作の映画)

-

【ロミオになりきれない男】

ある男は1人の女性と恋に落ちる
足が不自由で歩くことができない女性と

好きになってしまえば、外見は関係ない
大切なのは心であるのだと
善人であればそう言うだろう
だけど
>>続きを読む

つぐない(2007年製作の映画)

-

【不条理な嘘と戦争】

ほんの些細なことで人生が狂ってしまう
本質的には、重大でないのに
まるで重大なことのように扱われてしまう


幼い少女のたったひとつの嘘によって
引き裂かれていく2人
世界が勝
>>続きを読む

マンマ・ミーア!(2008年製作の映画)

-

【豪勢な父親探し】

ギリシャの美しき離島で1人、翻弄する女性がいた。結婚式を目前にして、自分の父親探しをしたいそうだ。

どこにいるの?私の父親は
わからんから呼んでしまえばええやんと
母親の日記か
>>続きを読む

きっと、うまくいく(2009年製作の映画)

-

【愛すべき、誇るべき3人のidiots】

インドの名門大学で仲良くなった3人の学生時代とその後を描く。その裏に隠れた現代社会の欠陥やその犠牲者、そして人生で本当に大切なものを教えてくれる

自分がな
>>続きを読む

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ(2016年製作の映画)

-

【執念が成功する鍵】

マクドナルド

人生で誰もが一度は行ったことがあるだろう世界的ハンバーガーフランチャイズ
このマクドナルドを世界的なチェーン店に展開した人物がレイクロックである

しかし彼はマ
>>続きを読む

ちはやふる ー結びー(2018年製作の映画)

-

【青春は一瞬、だけど残り続ける】

心がやりたがっていることをするか
世間体を尊重し、するべきことをするか

今作のメインは太一だろう
幼馴染の千早のためにカルタを続け、それが彼の生きがいであり、青春
>>続きを読む

幼な子われらに生まれ(2017年製作の映画)

-

一度離婚を経験し、現在は妻の2人の連れ娘と暮らしている
血の繋がらない娘達と血の繋がっている離れた娘、そして1人の子供が宿った

表的なメッセージとしては恐らく家族の形
血が繋がっていないと知った時、
>>続きを読む

アナイアレイション -全滅領域-(2017年製作の映画)

-

"アナイアレイション"
ちょっと聞きなれない言葉
意味は全滅

突如空から降ってきた何かを発端に
シャボン玉のような膜が徐々に侵食する
戻ってきた人間は0


未知の領域へ冒険して行くワクワク感
未知
>>続きを読む

パターソン(2016年製作の映画)

-

毎朝妻の隣で目覚め、バスを運転し
詩を書き、犬の散歩、バーに出向く

同じような毎日を淡々と過ごす
毎日同じことを繰り返し、明日を生きる
だけど一見同じようでも中身が違ってくる


起きる時間が微妙に
>>続きを読む

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

-

祝!アカデミー作品賞および四冠!!

半魚人?との切ない、でも真っ直ぐな恋愛を美しいビジュアルで描いてます(一瞬ララランドありでした笑)

言葉を話せない女性
明らかに異形な半魚人
よそ者だから、言葉
>>続きを読む

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

-

劇場公開を見逃してようやく鑑賞🙌

普段ホラーが苦手なので恐る恐る見てみましたが… あんまり怖くはない
でも、ジャンルはホラーだけどそこがメインじゃなかった。ホラー青春物語

皆子供の時は何かに対し恐
>>続きを読む

>|