つねぶとさんの映画レビュー・感想・評価

つねぶと

つねぶと

映画(33)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

ウルフ・オブ・ウォールストリート(2013年製作の映画)

3.1

・実話に基づいた話
・金とドラッグとセックスに狂っている
・繁栄と衰退
・個人的にはあまり面白さがわからなかった…
・酔っ払っているときに、あんな風にはならないようにしよう

TAXi(1998年製作の映画)

3.4

・再鑑賞
・何も考えずに軽く観れて、クスクス笑えるシーンが多々ある作品。そして何となくハリウッド系とは違うコメディーテイスト。
・ライトボディ
・今回は字幕で鑑賞、以前は吹き替えで観たけど、吹き替えも
>>続きを読む

タクシードライバー(1976年製作の映画)

3.3

・トラビスがかなりクレイジー
・曲がとても良い。オシャレで哀愁漂う感じで、個人的にはトラビスの行動とミスマッチなシーンも多いと思ったけど、逆にそれが狂人っぷりを際立たせているのかもしれない。
・トラビ
>>続きを読む

ユージュアル・サスペクツ(1995年製作の映画)

4.0

・再鑑賞
・どんでん返しと言ったらこの作品
・面通しの時に皆が笑っているシーン。素で笑っていて、本来はNGになるようなシーンをあえて使ったらしい。
・オチを分かった上で観るのも色々な気づきがあって面白
>>続きを読む

羊たちの沈黙(1990年製作の映画)

3.9

・再鑑賞
・アンソニー・ホプキンス演じるレクター博士に凄く引き込まれる。騒ぎ立てたりするわけでもなく静かに立っている登場シーンからオーラが凄まじい!オスカー受賞も納得。
・事件解決への流れとか、クラリ
>>続きを読む

レインマン(1988年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

・最初尖っててイライラしまくっているチャーリーが徐々にレイモンドと心通わせていくのが好き。一緒に踊るシーンやメインマンと言われるシーンや「Kマートは最低だ」のシーンなんかは特に好き。
・スザンナは本当
>>続きを読む

舟を編む(2013年製作の映画)

3.9

・原作が好きな作品
・ストーリー自体面白いし、言葉を凄く大事に思うようになる。そして紙の辞書が欲しくなる。
・松田龍平は馬締さん役どハマリ!
・西岡はキャラクター的に大好き!

マネーボール(2011年製作の映画)

4.1

・映画好きで野球観戦好きの自分としては、とても楽しめた作品
・今でこそ当たり前になっているデータや数値に基づいた野球・チーム編成のスタート
・チーム再建の話であり、マンガ「GIANT KILLING」
>>続きを読む

エイプリルフールズ(2015年製作の映画)

3.0

・ストーリーがいくつも同時進行で進み、徐々にそれぞれの人物や状況が繋がっていく。ただ、個人的にはパズルがピタッとハマる気持ち良さまではいかないかな。そして、思ったより奇跡は起きなかった。(ある意味凄い>>続きを読む

サマータイムマシン・ブルース(2005年製作の映画)

4.0

・脚本が凄い!ストーリーが秀逸!そして面白いし笑える。
・タイムスリップ系の中でも好きな作品
・最初の伏線を徐々に回収していくのが心地良い。タイムスリップの回数はそこそこだけど、複雑過ぎず理解はしやす
>>続きを読む

ガタカ(1997年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

・設定がすごく面白い。そして、オープニングの「?」な感じから、少しずつ設定や理由がわかるのが好き。
・あまり古さを感じない
・作中の施設(組織?)の名前だけど、「ガタカ」という名前はそういうことか
>>続きを読む

ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア(1997年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

・キャラクターが魅力的でカッコイイ
・ちょっと重めの設定だけど、所々にコミカルなシーンもあり暗さはあまり感じない。
・色んな悪い行いや人が出てくるけど、極悪まではいかないのが良い(発砲シーンもあるけど
>>続きを読む

鍵泥棒のメソッド(2012年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

・再鑑賞
・内田けんじ監督を知るきっかけになった作品
・「アフタースクール」のような伏線は無いけど、キャラクターとストーリー展開が面白い!
・実際にはまず無いだろうけど、ちょっとだけリアリティーを感じ
>>続きを読む

アフタースクール(2008年製作の映画)

3.8

・再鑑賞
・「鍵泥棒のメソッド」の内田けんじ監督の作品。この監督のセンスが好きだ!
・ド派手では無いけど、細やかな伏線回収が心地良い。2回観ると1回目に気づかなかった伏線に色々と気づける。
・佐々木蔵
>>続きを読む

きっと、うまくいく(2009年製作の映画)

4.2

・ランチョーの考え方が凄く好き。世間の競争に巻き込まれず、自分の好奇心に身を任せ人生を楽しんでいる感じ。人は誰しもランチョーのように生きることにちょっと憧れているんじゃないだろうか。
・3時間弱とボリ
>>続きを読む

おとなの事情(2016年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

・実際にやったらここまで色々と事件は無いだろうけど、まあそれはフィクションというかイタリア人の気質もあってか…
・しかし、作中にもあったが人は本当にスマホに支配されているな。凄く便利であり現代の生活と
>>続きを読む

アイ・フィール・プリティ! 人生最高のハプニング(2018年製作の映画)

3.9

・「ありのままの自分で良いんだよ。自信を持って良いんだよ。あなたには素晴らしいところが沢山あるんだよ。」っていう作品
・作中ではコメディータッチで描かれているけど、幸福感とか物事が上手く運べるかどうか
>>続きを読む

LION ライオン 25年目のただいま(2015年製作の映画)

4.2

・事実は小説より奇なり
・実話でありストーリーはシンプルで結末も予想はつくけど、そこに至るまでの過程がしっかりある。
・インドでは毎年8万人も子供が行方不明になっていると思うと、本当に現実話なんだと改
>>続きを読む

きみに読む物語(2004年製作の映画)

4.2

・純愛とはこのこと。これ以外の恋愛や愛情の形を否定するわけでは全くないけど、ここまでの純愛って本当に美しいし憧れる。自分もあんな風に人を愛したいし、あんな風に年を重ねたい。
・ライアン・ゴズリングの哀
>>続きを読む

神様メール(2015年製作の映画)

3.8

・ミスターノーバディと同じジャコ・ヴァン・ドルマル監督の作品
・設定が面白い。神様は人間の姿で、マンションの一室みたいな所で生活していて、パソコンで色々操作してこの世をいじくっている。そして神様が凄く
>>続きを読む

スラムドッグ$ミリオネア(2008年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

・クイズに正解していく理由にもっとカラクリがあるのかと勝手に思い込んでいたけど、本当に「運命」ってことか…そこは自分にとっては少し肩透かし感というか、リアルなストーリーのようで結構非現実的だなと思った>>続きを読む

アメリカン・ビューティー(1999年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

・家族仲は良くないが、途中からそれぞれが家庭外で自由になれる場(人)を見つけ、それぞれがイキイキとしている。しかし、それが少しずつ家庭内での歯車を狂わせてしまったような話
・ケビンスペイシーのイカれ役
>>続きを読む

アルゴ(2012年製作の映画)

4.1

・実話に基づいているため、ある程度結末は分かっているけど、ドキドキ・ハラハラ感が凄い!緊迫感のあるラストの展開が1つの魅力
・これだけの作戦が極秘で行われていて、クリントン元大統領が解除にするまでオー
>>続きを読む

ミスター・ノーバディ(2009年製作の映画)

3.1

・非米版バタフライエフェクトといった感じか、人生の選択がテーマだと思った
・ストーリー展開はかなり難しく、自分は理解しきれなかった...というより、そういう作品なのかも?解釈の仕方も、作品としての好き
>>続きを読む

グッド・ライ いちばん優しい嘘(2014年製作の映画)

4.2

・恥ずかしながら、今までアフリカの難民のこと何もわかってなかったんだなと感じた
・カンザスシティで生活を始めてから文化の違いにまだ慣れていない場面では、酷しい環境を生き抜いてきた彼らの人としてのあり方
>>続きを読む

100歳の少年と12通の手紙(2009年製作の映画)

3.9

・フランス映画
・人生、生きること、愛することの美しさや儚さや尊さを感じられる
・衝撃的な展開や大号泣するような場面は無いが、登場人物たちそれぞれの生き方がとても尊く、観終わったときに清らかな感情のよ
>>続きを読む

5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生(2017年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

・ハンデがあっても努力で乗り越える話
・頑張ろうと思わせてくれる、勇気をくれる!
・ハッピーエンドでと終わるのが好き
・主人公を応援したくなる、周囲の人も少しずつ応援してくれるようになりストーリーが進
>>続きを読む

わたしは、ダニエル・ブレイク(2016年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

・ダニエルがとても良い人だけども不器用
・悪い人はいないのだが、社会の不条理みたいなところに潰されてしまうおはなし
・この監督の作品はこんな感じなんだなと思った、是枝監督タイプなのは納得

インセプション(2010年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

・夢の中(潜在意識)での情報のやり取りを行うという面白い設定、さらに夢の中の夢の中のを夢に入るというのも面白かった。
・夢の中の話なので現実的にはあり得ない減少が起こる、これを映像で見れるのが一つの醍
>>続きを読む

アバウト・タイム 愛おしい時間について(2013年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

・全体的にはとても好きな映画
 毎日を大切に生きようと思える、そして日々の素晴らしさを感じられるようになる
・まあまあ、イチャイチャするシーンがあり、一緒に観る人は少し選んだ方が良いかも
・家族の関係
>>続きを読む

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

・メアリーが天才でもあるが年相応の子供っぽさもあるところがとても可愛らしく、そんなメアリーを大切に思い尊重しつつもちゃんと子供として接するフランクの日常に心温まる
・大人たちの都合でメアリーを取り巻く
>>続きを読む

ニュー・シネマ・パラダイス(1989年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

・前半、映画が大好きなトトと、トトを最初は邪険にしながらも徐々に心を通わせるようになるアルフレードの物語
 子供の頃から映画が好きな自分にとってとても微笑ましい雰囲気であり、いつか大きなホームシアター
>>続きを読む

小さな恋のメロディ(1971年製作の映画)

4.0

・ダニーとメロディがめちゃくちゃ可愛い
・いわゆる「青春」からは少しまだ幼い子供時代の初々しく、もどかしく、純粋な恋
・作品や時代自体は古いのに古くさい感じはなく、中学生以降くらいの年代の人は幅広く観
>>続きを読む