奈菜子さんの映画レビュー・感想・評価

奈菜子

奈菜子

京都で学生やってます。

NHKのEテレで一頃放送された「岩井俊二のムービーラボ」がきっかけで映画そのものが好きになりました
午前10時の映画祭のファンです
100本markできたらベストムービーを登録したいと思います

映画(97)
ドラマ(0)

未知との遭遇(1977年製作の映画)

3.8

全く上手く説明できないけれど
何かすごいものを視てしまったことは確か。
私にとってはこの映画との出会いこそが未知との遭遇でした
私が死んだら「私」はどうなってしまうのか、そんなことを考えて眠れなくなっ
>>続きを読む

ホドロフスキーの虹泥棒(1990年製作の映画)

-

さびれた港町に蔓延るのは偽者ばかり
遺産相続を待ちわびて地下下水道で暮らす老人二人
老人には優しく、なんていってたら懐の財布はもうなくなってるかも
夜の町で襲われてる女、本当は快楽に溺れてるだけじゃな
>>続きを読む

四月物語(1998年製作の映画)

3.9

四月より愛を込めて。

なんと小規模な愛の奇跡。
どしゃ降りのラストシーン、たくさんの傘の中から、壊れかけの真っ赤な傘を
「これがいいです」
と大好きな先輩から受け取って交差点を走っていくヒロイン
>>続きを読む

英国王のスピーチ(2010年製作の映画)

3.5

ジョージ、ウィリアム、ヘンリー、
決まった名前しかつけられることのない彼らだけど、一人ひとり、代わりのいない人間としてそれぞれ抱えていたものがあったんだよな、とイギリス英語に惚れ惚れしながらしみじみと
>>続きを読む

タイタニック(1997年製作の映画)

4.8

あーもう、観てしまった・・・。
とんでもなく名作で傑作で、他の映画なんてしばらくふっとんでしまうことは観る前から分かっていましたのに。
午前10時の映画祭、これまで幾度も感謝してきたけれど、改めて。ス
>>続きを読む

仕立て屋の恋(1989年製作の映画)

3.9

集合住宅の一室で、起こるのは一つの殺人事件、目撃者は暗い欲望を抱えていきる仕立て屋ただ一人。
題材だけならヒッチコックの「裏窓」のようなサスペンス映画になりそうなところを、仕立て屋の恋とも愛ともとれる
>>続きを読む

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

-

究極に美しいエンディング
洗練と美学で貫かれたビジュアル
この映画が冷戦下のアメリカを舞台にしていると知りながらもどこかファンタジー映画を観たような心地がしています
アメリカが冷たい戦争の最中にいるこ
>>続きを読む

ルビー・スパークス(2012年製作の映画)

3.5

ルビー・スパークス、君は僕の夢の女性だ
最高にキュートでクレイジーで、絶対に雑踏の中に埋もれたりしない君
僕だけを好きでいておくれ
・・・こんなセリフはどこにもないのですが、きっと主人公くんはそう思っ
>>続きを読む

彼は秘密の女ともだち(2014年製作の映画)

3.8

婚約者の友人
危険なプロット
に魅了されてすっかりフランソワ・オゾン通を気取っていましたが
甘いな、小娘といわれた気分です
なんと危険で美しく謎めいた結末!
こちらの理解したいという欲求をすり抜けてい
>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

4.0

The show must go on!!

もとからディズニーの実写映画のよう
ミシェルウィリアムズの舞う姿の美しさその身体の熱量さえ伝わらせない滑らかさはまるでアニメーションでした
主人公が好人物
>>続きを読む

天使の涙(1995年製作の映画)

3.8

「今日すれ違う人の中に将来の親友がいるのかもしれない」
期限切れのパイン缶
銀の糸のような雨
曇りガラス越しのネオン
ウォンカーウァイ監督特有の、濃厚な夜の匂い
「恋する惑星」と同じく、登場人物による
>>続きを読む

飛ぶ教室(2003年製作の映画)

3.7

ケストナー映像化作品の中で一番好きでした!
ドイツ語専攻しててよかった!
愛すべきやんちゃなこどもたちと
彼らを見守るかつて子どもだった先生たち
少年たちの寮生活というだけでもう楽しくならないはずがな
>>続きを読む

婚約者の友人(2016年製作の映画)

4.0

「その真実の先にあるのはさらなる苦悩、さらなる涙だけだ。
汝の罪を許しなさい。
キリストが己を磔にした者を許したように」

WWⅠで婚約者を亡くしたドイツ人のアンナ
婚約者の友人を名乗るフランス人の青
>>続きを読む

幸せになるための恋のレシピ(2007年製作の映画)

3.6

こんな素敵なフランス映画にB級恋愛映画のタイトルをつけないでくださいまし。

ちょっと寂しくて、哀しいけれど日常はつつがなく送れてしまう。そんな3人の、何気なくはじまった共同生活。
その古いアパートが
>>続きを読む

レオン/完全版(1994年製作の映画)

4.6

この時を待っていてよかった
完全版をスクリーンで観れる日を!

完全版の名にふさわしく、欠けていたピースがはめられていくような感覚
(完全版を観るまではそんなピースがあることすら気づかなかったのですが
>>続きを読む

オリエント急行殺人事件(2017年製作の映画)

3.6

まるで舞台を観ているよう
謎解きのシーンの構図が私にとってこの映画の全てでした
長い一つのテーブルに座した12人の乗客達を正面から捉え、
「ここにいるのは皆、善き人たちです」と。
豪華な出演者、彼らの
>>続きを読む

プラダを着た悪魔(2006年製作の映画)

4.0

「その服、すごくあなたに似合ってる」
これ、可愛いとか美人とかよりも嬉しい誉め言葉です
容姿は自分じゃ選べないけど、その日の服装だけは毎朝毎朝本気の自分で選びとったものだから!
この映画もそんな女性た
>>続きを読む

花様年華(かようねんか)(2000年製作の映画)

4.4

「愛は、もうはじまっている」

香港の街
貸家で隣同士に住む誠実な二人の男女
男は夜勤と偽る妻の浮気を
女は海外出張を重ねる夫の浮気を
気づいてなお帰りを待って独りで生きている
互いが結婚しながらも独
>>続きを読む

カンフー・ヨガ(2017年製作の映画)

3.3

あまりの中身のなさに驚きました
財宝探しはしてるけど
見つけたからどうということもなく・・・

これじゃあ題名のつけようがないけど
「カンフー・ヨガ」ってぴったりなのかもしれないです
全然意味わかんな
>>続きを読む

あなたが寝てる間に…(1995年製作の映画)

3.8

久しぶりに展開が読みきれないラブコメディでした!

名前も知らない乗客に恋をする切符売り場のルーシー
クリスマスの朝、彼が線路に突き落とされたのを助け出したものの、彼は意識不明
駆けつけた家族には婚約
>>続きを読む

SHERLOCK/シャーロック 忌まわしき花嫁(2016年製作の映画)

3.7

ドラマシリーズを観ていない?なら、これから入るのは間違いです!!

シャーロック・ホームズの世界を見事に現代のロンドンに広げ、その陰謀と謎を私たちのものにしてくれた、BBC製作ドラマ「SHERLOCK
>>続きを読む

DESTINY 鎌倉ものがたり(2017年製作の映画)

3.5

鎌倉×ファンタジーは最高でした

高畑みつきの愛らしさ
堺雅人の温かさ
二人に終始こんなにラブラブされるとは思ってなかったです
ほっこりしたなあ

物想いは鎌倉の海で
黄泉の国へは江ノ電で
貧乏神には
>>続きを読む

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

4.2

天才的な才能に恵まれた7才の女の子メアリーと片目の猫フレッド
叔父にあたる独身男フランク
フロリダでの彼らのにぎやかでありきたりで幸せな生活は、メアリーの天賦の才にはふさわしくない?
普通の幸せと類い
>>続きを読む

ゴッホ~最期の手紙~(2017年製作の映画)

4.3

「私たちは絵によってしか語れない。
心の中で握手を、あなたに。」
冒頭のスクリーンに表れたメッセージにはやくも名作の予感がしていました!
心の中で彼らの手をしっかりと握り返して、まるで夢のような時間を
>>続きを読む

キングスマン(2015年製作の映画)

3.8

If, “manners maketh man” as someone said
Then he's the hero of the day
諺にあるように礼節が人をつくるなら、
彼こそ今の時代の英雄
>>続きを読む

愛を綴る女(2016年製作の映画)

3.4

マリオンコティヤールがちっとも美しくない映画でした。
みていられない痛々しさ。
彼女が演じるガブリエルは欲望に正直で、情緒が不安定。いつも遠くを見つめていて、考えるのは自分のことだけ。一方的に愛した男
>>続きを読む

王様と私(1956年製作の映画)

3.5

言わずと知れたミュージカル映画!

豪華な衣裳、舞台セットに魅力溢れる主演二人のキャラクター、分かりやすいストーリーと万人受けの要素がしっかり入っていて、とても観やすかったです。
世界に君臨する大英帝
>>続きを読む

若葉のころ(2015年製作の映画)

3.9

「小さな恋のメロディ」と同じく、BeeGeesの♪若葉のころをなぞりながら紡がれていくお話。母娘二代にわたる初恋を、振り子のように行ったり来たりしながら描いています。
胸が痛くなりました。様々な映画で
>>続きを読む

小さな恋のメロディ(1971年製作の映画)

3.8


思春期の幼すぎる恋のお話
主役の3人が可愛すぎました。
ダニエル少年がメロディに一目惚れするあのシーンは、スクリーンの外側でも歴史的瞬間だったはずです。

親友オーンショーのダニエルに向けられた献身
>>続きを読む

ホテル・シュヴァリエ(2007年製作の映画)

4.1

「ダージリン急行」のスピンオフ
たった13分のショートムービー。
そこには濃厚かつ特別な時間が流れていて、エンドロールが始まってしまったときの寂しさったらなかったです。
ずっと見ていたい、ホテルシュバ
>>続きを読む

パターソン(2016年製作の映画)

3.9

朝起きて家をでてまた家に帰るまで。

些細な違いはあっても、この世界で生きる多くの人がほとんど同じことを繰り返しているはず。
この映画でも、愛する奥さんと愛すべき一匹の犬と暮らす、とあるバス運転手の、
>>続きを読む

ヘイトフル・エイト(2015年製作の映画)

3.7

さすがタランティーノ監督!
パルプフィクションを観て以来ずっと気にはなっていたのですが、やっと観る勇気がでて、レンタルに至りました。やっぱりすごいです。無敵な面白さですね・・・!

冒頭の山小屋に役者
>>続きを読む

ダージリン急行(2007年製作の映画)

4.0

風変わりなホイットマン3兄弟(おそらくとんでもなくお金持ち)の風変わりなインド旅行
冒頭の、ピーターの乗車に至るまでのシーンで早くも心をつかまれました。
映画のかなりの部分を、ダージリン急行の客室内で
>>続きを読む

トリュフォーの思春期(1976年製作の映画)

3.6

フランスの団地にすむ小学生たちの愉しげな日常を生き生きとき映しながらも、子供が社会的に弱い立場としていつでも困難に陥ってしまう可能性があるということもしっかりと描かれている素敵な映画でした。観終わった>>続きを読む

ソルト(2010年製作の映画)

3.2

CIA諜報員ソルトにロシアのスパイ疑惑が持ち上がり、回想シーンとともに明らかになっていく彼女の過去と真意。
アメリカとロシアの二大国間で渦巻く陰謀
アンジェリーナ・ジョリーの華麗なるノンストップアクシ
>>続きを読む

恋する惑星(1994年製作の映画)

4.2

香港の街中を行き交う若者たち
その雑踏の中に運命の相手がいるかもしれない

誕生日を前に5年付き合った彼女に振られた純情な青年(金城武)のそんなモノローグから始まるこの映画
若き金城武のあまりの格好よ
>>続きを読む

>|