muguetさんの映画レビュー・感想・評価

muguet

muguet

映画(110)
ドラマ(0)

ビフォア・サンライズ 恋人までの距離(1995年製作の映画)

-


列車内での偶然の出逢い
「何気ない日常こそ詩的」
未来から現在へのタイムトリップ
お互いを知る為の“質問タイム”
観覧車でのファーストキス
視線を逸らす試聴コーナー
“人生を彩る詩”を創る路上詩人
>>続きを読む

タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜(2016年製作の映画)

-


1980年光州デモ
通行禁止区域
軍部の無差別攻撃
真実を伝えること
カーアクション
家族写真
キム・サボク
光州に住む人々の願い

ソウルのナンバープレートがあることを知っても、通行を許可した若い
>>続きを読む

ハンディキャップ・キャンプ: 障がい者運動の夜明け(2020年製作の映画)

-


サマーキャンプ
健常者の意識改革
1人の時間を過ごす権利
問題発見によって改善の努力が可能
自己尊重、信念の主張
公民権法504条
「一人一人に価値がある」
権利の解放

いま社会の制度として当たり
>>続きを読む

インディ・ジョーンズ/最後の聖戦(1989年製作の映画)

-


考古学は事実、哲学は真理を求める
伝説をうのみにしてはいけない
隠された聖杯
父子の関係
3つの試練
ペンは剣よりも強し
何でもありな世界観でずっと笑ってた
無敵なハリソン・フォード…

ダーク・ブラッド(2012年製作の映画)

-


リヴァーの遺作
監督によるナレーション
迷い込んだ夫婦
先住民
死の音楽
偶然でなく導き
愛への渇望と狂気
「この地は白人に毒され呪われた」

旅立ちの時(1988年製作の映画)

-


逃亡中の両親
半年に1回転校し名前を変える
ピアノを弾くリヴァー
音楽教師の娘
進学
家族の繋がり
他人の重荷を背負う
“Fire and Rain”-James Taylor

マチルド、翼を広げ(2017年製作の映画)

-


突拍子もないことをする母親
話せるフクロウ🦉
206本の骨
お父さんとのビデオ通話
クリスマス
赤いコート黄色のパンツ
突然降り出す雨
「詩を作りましょう」

美術館を手玉にとった男(2014年製作の映画)

-


贋作画家
オリジナルの価値
「すべてに元ネタがある」
目的はお金ではない
行為自体がアート
良心を規範にすべき
執着
贋作の展示会

私は芸術家ではなく、ただテレビを観ながら図画工作をしているに過ぎ
>>続きを読む

コロンバス(2017年製作の映画)

-


モダニズム建築
宗教との逆説
癒し
ガラスの透明性と光
映像の構図
薬物依存症の母
好きな建築巡り
夜の煙草とおしゃべり

今まであんまり意識してなかったけれど、映画に関わるスタッフのことをcrew
>>続きを読む

ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語(2019年製作の映画)

-


世界の単調さを愛する
強い魂
海辺のシーン
見守る母親
秘密の郵便箱に出した手紙
「自由な中年女性になりたい」
女性の幸せが結婚とは限らない
本が仕上がる過程

パフューム ある人殺しの物語(2006年製作の映画)

-


香水調合師
ヘッド・ハート・ベース
永遠に香りを捉える方法
美しさに魅了された狂気
女性の死体
過保護なアラン・リックマン
香りの魔力
6月25日

ピカソ-天才の秘密/ミステリアス・ピカソ(1956年製作の映画)

-


画家の思考過程
鮮やかな色彩
繰り返される筆の動き
ピカソの青
撮影裏
絵の下にかかれているもの
「最後にはもっと悪くなる」
国宝にされている映画

とうもろこしの島(2014年製作の映画)

-


圧倒的な自然美
少ない台詞
土を掘る音、木を削る音
「耕す者の為の土地」
少女の成長を表す人形
流れ着いた敵兵
全てを覆い隠すとうもろこしの畑
アブハジア紛争

みかんの丘(2013年製作の映画)

-


エストニア人
紛争で生き残った者たち
みかん畑と木箱作り
敵同士の同居
《死》に乾杯
「なにも違わない」
分け隔たりのない愛
カセットテープ

ベスト・オブ・メン〜人間の最高〜(2012年製作の映画)

-


パラリンピックの考案者
軍人病棟
リハビリの重要性
望んだ未来とは違う現実
車椅子ホッケーやバスケ
草木の緑
野望と目的を胸に送り出す場所
グットマン先生のウィンク
George McKayだいすき
>>続きを読む

それいけ!アンパンマン いのちの星のドーリィ(2006年製作の映画)

-


ほしまつり
いのちの星の輝き
「自分がしたいように生きるの」
アンパンマンみたいには生きれない
他人の強さを褒め自分の弱さを認める
生まれたてのばいきんマン
何のために生まれ、生きるのか
男声合唱に
>>続きを読む

エクスプロラーズ(1985年製作の映画)

-


イーサンとリヴァーのデビュー作
宇宙への憧れ
夢に侵入
宇宙船“サンダー・ロード号”
神秘を解く
未確認生命体
好きな女の子と空中飛行
ジュブナイル

人生はビギナーズ(2010年製作の映画)

-


両親が隠した秘密
晩年の謳歌
断続的なフォトグラフと映像
見守るわんこ🐶
ミステリアスな新しい恋人
喪失感の癒し方
幸運な僕達は悲しみや喜びを味わえる
素朴な幸せ

I Am Easy To Find(原題)(2019年製作の映画)

-


The National
誕生から死まで1人で演じる
全編モノクロ
母娘の関係
いつかくる別れ
老いること
人生に寄り添う音楽
語られなかった部分の物語

サムサッカー(2005年製作の映画)

-


歯科医のキアヌリーヴス
守護獣
討論クラブ
ADHD
見せかけの虚像
手のかかる兄を持つ弟
依存することとありのままでいること
正解や意味でなく答えなしに生きる力

自転車泥棒(1948年製作の映画)

-


第二次世界大戦後
市役所のビラ貼り
路面電車
日曜日は雨
のびるチーズ
焦りと苛立ち
6歳の息子
「あの自転車が必要なんだ」

ターシャ・テューダー 静かな水の物語(2017年製作の映画)

-


「穏やかな雪の日が好き」
何かをやりたいと思ったらまず始める
ガーデニングは人生の喜び
絵本のような暮らし
少女時代の本・人形
ニューイングランドの不屈の精神
必要なものは全て身の回りにある
花づく
>>続きを読む

人生フルーツ(2016年製作の映画)

-


長く生きるほど人生はより美しくなる
僕の最高のガールフレンド
全ての答えは偉大なる自然の中に
手書きの看板、お礼の絵葉書
ものの寿命
ライフサイクル
次の世代が良くなるよう繋げる
ゆっくりコツコツ

俺たちに明日はない(1967年製作の映画)

-


1930年代テキサス
純粋さと暴力の銀行強盗
カントリーミュージック
ボニーのファッション、妖艶さ
深夜の銃撃戦
バロー・ギャング
ボニーとクライドの物語
「これが僕の一生だ」

クレイマー、クレイマー(1979年製作の映画)

-


母親の家出
フレンチトースト
“死が2人をわかつまで”
チョコチップアイス
家庭と仕事
ジャングルジム
女性の自立
親権裁判

フォトグラフ ~あなたが私を見つけた日~(2019年製作の映画)

-


広告写真
インド門での出会い
おばあちゃんと孫
村での生活
インドのタクシー
キャンパコーラ
「悲しみを勲章のようにかかげるな」
踊りも歌もなかったインド映画

シークレット・チルドレン 禁じられた力(2015年製作の映画)

-


木々の緑
閉じ込めるための壁
俗世から離れた生活
暴力的な父
母の発作
テレポーテーション
知らない世界
お兄さん、黒髪、水の滴るティモ

彼らが本気で編むときは、(2017年製作の映画)

-


かもめ食堂の監督
美しく優しいリンコさん
赤いシャツの6年生
桜並木
糸電話で秘密の告白
消費税込みの108個?
ビールを開発した人にノーベル賞
リンコさん母、かいくん母、トモ母

旅するジーンズと19歳の旅立ち(2008年製作の映画)

-


色褪せたブルー
時代に耐え残されたもの
過去との対話
命の誕生
豊かで甘美なシェイクスピア英語
許す心と愛に満ちた場所
海と空が溶け合う

旅するジーンズと16歳の夏(2005年製作の映画)

-


生まれた時からいつも一緒
ぴったし履くことができるジーンズ
新しい家族
合宿先で出会う大学生
サントリーニ島
ドキュメンタリー制作と少女
自分を見つける為の時間が足りない
一緒だったら大丈夫と思える
>>続きを読む

未来を花束にして(2015年製作の映画)

-


自らの運命を選ぶ
息子じゃなく娘だったら
最後の手段
ダービーでの訴え
後に続く足音
“Deeds not words”
尊厳の紫、純潔の白、希望の緑
「手懐けられると思わないで」

ラビング 愛という名前のふたり(2016年製作の映画)

-


異種間結婚禁止法
“What can I do?”
子育てに最適な環境
ACLU
結婚は生得権
台詞よりも表情での演技
“ I miss him,He took care of me”
2人っきりの
>>続きを読む

GO(2001年製作の映画)

-


在日韓国人
シェイクスピア全集
民族学校の同級生
「国なんて持ってない」
土曜日のデート
純血とか、混血とか
警官と語り合う深夜
名前はなんだっていい

37セカンズ(2019年製作の映画)

-


親友のゴーストライター
車椅子での生活
過保護な母親
“N.E.O.”-CHAI
新しい世界で全ては自分次第
宇宙から見たらほんの一瞬の出来事
遠い家出
「私でよかった」

ドゥ・ザ・ライト・シング(1989年製作の映画)

-


“Stay black”
ボイコット
何が正しい行動か
hateとloveの両手
アジア人と黒人の肌の色
“fight the power”-Public Enemy
キング牧師、マルコムXの言葉
>>続きを読む

四月の永い夢(2017年製作の映画)

-


“As time goes by”
モノローグ
手ぬぐいの色
柔らかく透明感のある話し方
失い続ける中で
出さなかった手紙
自然界の音
ラジオ投稿

>|