ココもんさんの映画レビュー・感想・評価

ココもん

ココもん

映画(74)
ドラマ(0)

キャビン(2012年製作の映画)

3.5

オチは、え〜っ、となったけど、エンタメものとして観るならオススメできる映画かな。。

シャイニング(1980年製作の映画)

3.5

幽霊とか悪魔とかじゃなくて、ジリジリと人間が怖い。面白かった。

ポゼッション(2012年製作の映画)

2.0

予告編は期待させるのに…。音楽にチープさを感じた。

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

3.7

おもしろかったー! 映画はエンタメだもの。たまにはこういうのもいいよね〜。こじらせ女子の話だけど、意外にも2回以上観賞してる男性が多いっていうのを映画の後のトークイベントで知りました。なんかいいで>>続きを読む

わたしたち(2016年製作の映画)

5.0

別にお涙頂戴な映画じゃないのに、観ながらも観終わってからも涙が止まらなかった。

(私もかつて彼女たちのようだったといろんなことを思い出したり感じたりすっかり泣きのツボにハマってしまった)

映画はも
>>続きを読む

ザ・ギフト(2015年製作の映画)

3.0

気持ち悪かった…笑

つまらないと感じた映画は途中で観るのを止めるけど、これは最後までちゃんと見た。見られた。

人にやったことはそのうち自分に返ってきますよ〜ってわかりやすく教えてくれる映画(^ω^
>>続きを読む

嘘を愛する女(2018年製作の映画)

2.8

完成披露試写会にて。長澤まさみの大女優の風格と佇まいに衝撃を受けました。美しかった…

映画のあらすじは読んだものの、予告編は見ず、それがよかったのか最後まで飽きずに鑑賞。なるべく前情報無しに見たほう
>>続きを読む

アナベル 死霊人形の誕生(2017年製作の映画)

3.5

死霊館シリーズで言うならグロいほう。グロ描写も怖がらせ方ともやりすぎるとチープになるよねぇ、と思った今作。それでも安定の怖さでこのシリーズやっぱり好きだなぁと思いました。

あと、エンドロール途中で席
>>続きを読む

わたしは、ダニエル・ブレイク(2016年製作の映画)

4.0

めちゃめちゃ刺さった…。日常生活において、この映画を、描かれていた社会を、人々を、ふと思い出す。そして自分の暮らしについて今後について考える。高望みなんかしないで、現実的に。

名もなき復讐(2015年製作の映画)

4.0

復讐映画といえば韓国。誰も救われない胸糞映画だけど好きなやつ。
最後のシーンはびっくりした。そっちか!ってなったけど、鑑賞後に落ち着いて振り返ると、そうなるよね…という気も。。

主演のシン・ヒョンビ
>>続きを読む

神様メール(2015年製作の映画)

2.5

好きかも! と思って観たのに、私には合わなかった…笑

独裁者と小さな孫(2014年製作の映画)

3.8

話の構成は思っていたよりもわかりやすかった。独裁者と孫の逃亡劇であり、彼らが出会っていく人たちの絶望を、言葉は少なくともハッキリ知らしめるお話…。それぞれ本当に辛い。

そして、孫役の男の子がひたすら
>>続きを読む

傷だらけのふたり/恋に落ちた男(2014年製作の映画)

3.5

韓国映画でよくある設定かなぁと思ったけれど、憎めない人たちの不器用さがわかりやすくて切なくて、好きでした。

イット・フォローズ(2014年製作の映画)

3.0

怖いというより、時々ビクッとする。まぁ、ここで来るよねって分かるんだけども。

序盤のプールのシーン(日差しとかリスとか)、雰囲気が好き。

ホラーなのに、部屋の照明かわいいなぁ、女の子の赤いマニュキ
>>続きを読む

箪笥<たんす>(2003年製作の映画)

3.3

ホラー感満載のビジュアルに惹かれて鑑賞。こわさもあるけれど、それより哀しい。そして途中、混乱した。
日本のホラーより、洋画のそれが好きで、同じように韓国のホラーも観れるな、と思った。

トールマン(2012年製作の映画)

2.8

えっ、そうなの?!という驚きはあったし、ハラハラする場面もあった。でも、主人公の女性に共感はできないし少しばかり気味悪さも感じた…。

あと、、、子役の男の子がクルクルヘアーでとても可愛らしかった(笑
>>続きを読む

インセプション(2010年製作の映画)

3.2

私には難しかった( ̄▽ ̄)

でもでも引き込まれた。考えながら観ないと頭の中がぐにゃーんとなる(笑)

セルラー(2004年製作の映画)

3.0

テンポよくハラハラ。良くも悪くも、シンプル!?

チャンス商会 初恋を探して(2015年製作の映画)

3.6

ハン・ジミンが観たくて。そしたら良い映画で。

デートのシーン、微笑ましかったなぁ。

歳を重ねると、相手を想う気持ちも忘れないでいることも、その感情だけではコントロールできないっていう切なさ。

リップヴァンウィンクルの花嫁(2016年製作の映画)

3.8

私は180分という長さを感じなかった。最初から最後まで真剣に観ることができた。
Coccoが歌うシーンだけで泣けたなぁ。あちゃ〜な人たちばかりで生々しい。

ぼくのエリ 200歳の少女(2008年製作の映画)

3.6

男の子の透き通るような白い肌、女の子(?)の青白さ。そして血の赤。美しいと感じさせるのは彼らのバランスと色彩と景色かなぁ。


お話は切なかった。

ロスト・メモリー(2012年製作の映画)

3.0

ホラーじゃないのに、そういう要素が半端にあったような…

一番怖かったのは…あの女の子…目つきがもう、、、

>|