mayuさんの映画レビュー・感想・評価

mayu

mayu

ブラッド・ダイヤモンド(2006年製作の映画)

-

搾取で溢れ返る世の中。遠い世界の話みたいだけど、ダイアモンドの消費者は私達。自分自身、あらゆるモノやコトの真価を問うていかなければならないと感じた。

ニュー・シネマ・パラダイス(1989年製作の映画)

-

原田マハの「キネマの神様」という小説の中で、度々登場するのでずっと気になっていた映画。映画愛でいっぱい。

フィルムがやっぱり大好きだ。どうか消えないで。#filmisnotdead

羊の木(2018年製作の映画)

-

ハラハラさせられるけど、どこかシュール。音の使い方かな?架空のお祭りも奇妙過ぎる。
比較的サスペンスにしては分かり易い展開なのに、最後まで面白かった。

緑色音楽(2017年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

私はまだ自分の死や死後について考えられないなと思った。そんなこと一生懸命考えたら、そりゃあ、ドラム壊したくなるだろうなぁ。考えるって偉い。

スピンオフムービーが大好きで、何度も観てしまう。ドラム叩く
>>続きを読む

チョコレートドーナツ(2012年製作の映画)

-

悔しい気持ちでいっぱいになるけど、とってもいい映画だった。

キャプテン・フィリップス(2013年製作の映画)

-

ソマリア沖の海賊事件を元にした実話。勿論海賊行為は凶悪な犯罪だけど、彼らの置かれたきびしい状況を考えると、諸悪の根源はどこ?って思ってしまう。。

とりあえずトムハンクスの演技はほんとに凄い。

ダンケルク(2017年製作の映画)

-

過剰な脚色なし。史実に基づいた展開の元で淡々と物語が進む。

ツレがうつになりまして。(2011年製作の映画)

-

2人で電車に乗っているシーンと、がんばらないぞ!って言葉、夫婦を温かく見守る両親が素敵だった。

誇りをもって。

ストーンウォール(2015年製作の映画)

4.5

セクシャルマイノリティの人々が近年より更に偏見や差別に苦しむ時代の話。迫害を受け、人生の選択肢を強制的に狭められる中、屈することなく権利を主張し続けた彼ら/彼女らはとても勇敢だと思う。

LGBTをは
>>続きを読む

世界一キライなあなたに(2015年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

パリで読む、彼からの手紙に綴られた言葉のひとつひとつ、じんわりくる。

グッバイ、サマー(2015年製作の映画)

4.0

家になる仕掛けと、個展でのテオの振る舞い、それからダニエルのサムライヘアがお気に入り。

>|