mayuさんの映画レビュー・感想・評価

mayu

mayu

映画(251)
ドラマ(4)

ミルカ(2013年製作の映画)

-

息子は立派に走り抜いた。長かったけど見応えがあった。インドの歴史を勉強したい。

キャスト・アウェイ(2000年製作の映画)

-

恋と、(バレーボールとの)友情と、サバイバルの物語。小さい時に観たことあるけどウィルソーン!しか覚えてなかったので、初見くらいわくわくした!

フォレスト・ガンプ/一期一会(1994年製作の映画)

-

一見すると行き当たりばったりな人生のようだけど、自分にとって大切なものは一瞬たりとも見失わないところがフォレストのすごいところだと思う。

レヴェナント:蘇えりし者(2015年製作の映画)

-

すっごいシーンがたくさんあったのに、なぜか手を刺されるシーンでいちばんビクってなった。

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

-

はい出たお涙頂戴映画〜絶対観ないって思ってたけど、いい意味でその期待を裏切られた。観てよかったって思える爽やかなお話だった。私のようにひねくれた思考回路の人がいたら、騙されたと思って観て欲しい映画です>>続きを読む

イントゥ・ザ・ワイルド(2007年製作の映画)

-

偽りの自分、消費社会からの逃避、解放。
自由とは。真理とは。幸せとは。
これまで観てきた中でも、ダントツで哲学的な問で溢れた映画だった。
自由は孤独だと思った。幸せは窮屈な繋がりの中にあると思った。そ
>>続きを読む

マダム・イン・ニューヨーク(2012年製作の映画)

-

カフェで結局何も食べられずに逃げ出しちゃうシーンは留学してた当時を思い出して一緒にドキドキしてしまった。なんでアメリカの店員さんはあんなにせかせかしてるんだ。

ダンガル きっと、つよくなる(2016年製作の映画)

-

もう、最高!!!!
泣けて笑えて観た後は清々しい気分になる。
日本でもっとインド映画を上映すべき!

セルピコ(1973年製作の映画)

-

腐敗しきった警察組織の汚職と闘う実在の刑事のお話。信念を貫き通すセルピコの生き様が痛々しくもカッコいい。

彷徨える河(2015年製作の映画)

-

解釈が追いつかないくらい壮大な何かを観てしまった。どんなにたくさん本を読んで、地図を見て、映画を見て、莫大な知識を蓄えても、コロンビア奥地の大自然を目の前にすると無意味になるんじゃないかとさえ思えてく>>続きを読む

王様のためのホログラム(2016年製作の映画)

-

非ムスリム進入禁止区域に入ったときの、混じり気のない文化の有り様に圧倒される。旅行欲掻き立てられる。でも実際のところ、ロケ地はサウジではなく、モロッコやエジプトらしい。

ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜(2011年製作の映画)

-

いい映画だった。ただ、この映画に限らず、余計なこと付け加える邦題とか副題っていらなくない?っておもうところはある。

ドリーム(2016年製作の映画)

-

初めての前例になること。その先の数式を見つめること。トイレの白人専用の看板はハンマーでぶっ壊すこと。

>|