アヤヤンさんの映画レビュー・感想・評価

アヤヤン

アヤヤン

功夫映画・アジアンアクションが多いですが、ミステリー、SF、他色々観ます。十代の頃に観たものもたまに思い出しつつ書き加えてます。

映画(286)
ドラマ(0)

ブラック・クランズマン(2018年製作の映画)

4.0

一言でめちゃくちゃ面白かったです。最近見に行った、同じく人種差別を背景にしている グリーンブックに比べると表現も皮肉も結構キツめだったけれど、個人的には しっくり(?)きたというか、素晴らしかったです>>続きを読む

イップ・マン外伝 マスターZ(2018年製作の映画)

4.4

クランクインした頃からずっと楽しみに待っていた イップマンの外伝的な作品。アクションのバリエーションも多くて凝っているコレオグラフが本当に楽しい逸品でした。
主演のマックス・チャンのスタイルの良さを生
>>続きを読む

女必殺拳(1974年製作の映画)

3.3

とにかく志穂美悦子が可愛美しくて、殺しぷりも冷酷で素敵。燃えドラをパクっている(オマージュ?)のも楽しい。敵キャラが個性が強すぎておもしろいです。
#功夫 #覚書

マイ・キングダム(2011年製作の映画)

3.0

功夫映画では あるあるの復讐モノだけど、そればかりではなく ミステリーぽいドラマ要素や恋愛要素もあり、なるほど~という感じだった。基本的には役者同士の手合せ(観客がいる)なので、京劇衣装のまま殺陣を披>>続きを読む

断罪のカンフーマスター(1984年製作の映画)

4.1

原題?が洪拳大師とかだったと思うけど、それで探しても見つからなかったので大変でしたがネトフリで見つけられて良かった。この作品のために入会しました 笑。
内容は格闘シーンはティ・ロンの美しい殺陣が見られ
>>続きを読む

キアヌ・リーブス ファイティング・タイガー(2013年製作の映画)

3.3

ツタヤにもネトフリにも無くて諦めていたらアマゾンにあったので観賞。キアヌ・リーブスの趣味全開の武術映画でした。脚本その他演出等はイマイチですが、格闘シーンが盛盛なので(笑) この手のひとは楽しいかと。>>続きを読む

グリーンブック(2018年製作の映画)

3.8

レイトショーで観賞してきました。
とてもシンプルで、話の展開も結末もおおよそ想像できるものでしたが このテーマを扱いながらもコメディ要素があり、重く暗い部分を描きながらも 素直に笑って楽しんで観れるよ
>>続きを読む

地球を守れ!(2003年製作の映画)

3.6

シン・ハギュン目当てで観たけど、キレキレで最高でした 笑。ストーリーはB級SF…と思いきや、ホラーでもありコメディでもあってジャンル分けは難しいかも。
ラストが予想外すぎたのと、韓国映画お約束の痛そう
>>続きを読む

マチルド、翼を広げ(2017年製作の映画)

3.7

予告ではファンタジーぽかったのだけど そればかりでもなく、とても詩的で切なくて良かった。母と娘の関係というのは 何が正しいのかわからないけれど、お互いが幸せでいられる形や方法は必ずしも一つではないのだ>>続きを読む

女王陛下のお気に入り(2018年製作の映画)

4.0

アン女王を演じたオリヴィア・コールマンがとにかく素晴らしかった。台詞がないときの表情とか目線とか。 オバチャンなのに内面超乙女!という感じで、でも孤独で。
エマ・ストーンは意地悪な役が似合いすぎるし
>>続きを読む

タイピスト!(2012年製作の映画)

3.8

展開も結末も予想できるし、実際に予想通りなんだけど 何故か入り込めてしまうし主人公を応援してしまう。演出もカラフルでポップな色使いや可愛らしい衣装や家具など魅力的。スポ根要素やおしゃれな台詞など 色々>>続きを読む

アイスマン 宇宙最速の戦士(2018年製作の映画)

3.0

前作が中途半端に「次回に続く…」みたいな終わりかただったので、完結すべく見に行ってきました。が、前作を知らなくても 良くも悪くも全然問題のない仕上がりでした。
脚本も演出もなかなかハチャメチャなもので
>>続きを読む

特捜部Q 檻の中の女(2013年製作の映画)

3.2

未解決事件を捜査する刑事物のシリーズだけど 重すぎず軽すぎず、きちんと解決するミステリー寄りのサスペンスでした。映画と二時間ドラマの間くらいのライトな感じが良かった。
個人的にはもう少し謎の部分は欲
>>続きを読む

山中傳奇(1979年製作の映画)

3.4

上映時間は長かったが、ほんの少しも飽きずに楽しめました。アクションシーンの攻めが、楽器や音楽によるものでユニークだった。

ドラゴン・タトゥーの女(2011年製作の映画)

3.5

とにかくルーニー・マーラが良かった。ラストのラストまで味わい深くて少し切ない。事件も予想外の展開で良かった。

シシリアン・ゴースト・ストーリー(2017年製作の映画)

3.4

あまり前情報をいれずに見に行ったが、悲しく切ない作品だった。独特の空気観が素晴らしい。ヒロインが書いたラブレターの文章が印象的だった。

迫り来る嵐(2017年製作の映画)

3.1

始終雨の降るシーンが多くて、なんとなくそれがしんどかった。殺人の追憶を思い出したけれど、また違ったテイストもあり良かった。

エル・トポ(1969年製作の映画)

3.8

これがカルト映画といわれる所以がいまいちわからない。とても良かった。しかし詳しい感想を人に話すのは難しい作品だと思う。

高地戦(2011年製作の映画)

3.5

シン・ハギュン目当てで気軽に見たけれど、正統派の戦争映画。国益のために、振り回される兵士たちが残酷に描かれている。ラスト何分かは思いもよらない展開で 涙なしにはみられなかった。

セイント・スティック/怒りの聖拳!(1983年製作の映画)

3.8

年始に観たものをまとめ書き。
ずっと気になりつつ、ようやく見れた作品。功夫映画の中でも棍術に特化していて おもしろいです。普通の体当たりの功夫シーンが少ないのですが、棍棒にも色々あるんだなと。

#功
>>続きを読む

南極日誌(2005年製作の映画)

3.0

年始に観たものをまとめ書き。
ストーリーがおもしろそうだと思ったけれど、冬場に見るもんじゃない……ずっと寒い感じが伝わって辛かったです。。
隊長が狂気に蝕まれるのは理解できたけれど、そこまでかな?とい
>>続きを読む

来来!キョンシーズ(1988年製作の映画)

3.8

友人に貸してもらい観賞しました。
当時は大流行でグッズなんかも持っていましたが、いま見ても とてもかわいくてポップでびっくりしました。色々真似したくなる気持ちがわかると言うか。ホラー要素が少ないので子
>>続きを読む

007/トゥモロー・ネバー・ダイ(1997年製作の映画)

3.3

年末に観たものをまとめ書き。
ヒロインがミシェル・ヨーなのでアクションはバッチリ、最後までハラハラさせられて
楽しく見れました。

タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜(2016年製作の映画)

4.0

年末に観たものをまとめ書き。
タイミングが合わずにDVDでの観賞になりましたが、2018年に観た作品ではベストだったかもしれません。
実際にあった史実を基にしていることもあり、考えさせられる点も多いで
>>続きを読む

タイクーン!(2018年製作の映画)

2.8

年末に観たものをまとめ書き。
少々期待しすぎたのもあって、物足りなかったです。アクションはおもしろいけれど、もっとそこに焦点を当てても良かったのでは……。ストーリーが薄ぺらく感じたので、余計にそう思い
>>続きを読む

7号室(2017年製作の映画)

3.4

年末に観たものをまとめ書き。
シン・ハギュン目当てで見ました。設定も俳優の演技もおもしろくて飽きなかった。
舞台ぽい感じもあり、楽しめました。ラストも好きです

スノーピアサー(2013年製作の映画)

2.9

年末に観たものをまとめ書き。
設定はおもしろかったけど、なんだかもの足りなかった印象。ソン・ガンホの無駄遣い感も否めなかったかな。

拍手する時に去れ(2005年製作の映画)

3.0

シン・ハギュン目当てで見ましたが、作品としてもおもしろかった。オチや途中で雑な設定もあり 所々冷めてしまう部分もあったけど、作品の設定自体がぶっ飛んでいるので まあ気にならなかったです

レディクンフー 激闘拳(1980年製作の映画)

4.2

主演のべティ ウェイが素敵。強くて美人で気も強い。ダンスパーティーのシーンがあったりアクション以外にも楽しめる要素がたくさんあって 良かったです。
アクションはラウ カーリョンなので、間違いなく素晴ら
>>続きを読む

七小福(1988年製作の映画)

3.8

サモ・ハンの師匠役もいいけれど 成龍の子供の頃の役者さんもとても似ていて微笑ましかった。あとラム・チェンインの鬼気迫る演技が素晴らしく涙なしには見られなかった。全編にわたり香港映画の懐を覗き見た感じが>>続きを読む

裸足のクンフー・ファイター(1993年製作の映画)

3.8

カンフー映画としてもアクションが秀逸で良かったですが、人の弱さを切なく描いていて良かったです。原作も見てみたい。

お嬢さん(2016年製作の映画)

4.0

見事に騙された。そして騙されすぎて気持ちが良かったです。内容的にはカルトな部分やエロティックなシーンも少なくないので、そういうのが苦手な人にはオススメしにくいけれど 全体としてよく出来た作品だなと思い>>続きを読む

ROMA/ローマ(2018年製作の映画)

4.3

気温とか湿度とか砂埃まで感じられそうな、全てのシーンが美しい映画だった。特にこれといったストーリー展開は無く、家族の日常を描いた 静かな作品だったけれど、一人一人の感情が繊細に感じられてとても良かった>>続きを読む

レスリー・チャンの 神鳥英雄伝(1983年製作の映画)

3.3

原作があるのは知っていたけれど、なかなかまとめきれてなくて 詰め込んだ感が否めなかった。。まあまあでした。

>|