円柱野郎さんの映画レビュー・感想・評価

円柱野郎

円柱野郎

週1〜2くらいで映画館通いの日々。
昔の名作ももっと観たいのだけれど。
新作以外は、これまでに観た映画の鑑賞直後に書きためた感想の転載が多いですが、昔書いたやつだと自分の感想を読んでやっと思い出すような作品もありますw
Twitter @column0513

映画(2012)
ドラマ(0)

ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ(2018年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

米国内で自爆テロ事件が発生。
米国国防省はメキシコからの密入国を手引きする麻薬カルテル同士をつぶし合わせる極秘工作の実行を決定。
命令を受けたCIA工作員のマットは麻薬王の娘の誘拐を計画する。

前作
>>続きを読む

ジョニー・イングリッシュ アナログの逆襲(2018年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

少し抜けた英国スパイ、ジョニー・イングリッシュの活躍を描いたコメディ映画の第3弾。

引退して地理教師となっていたイングリッシュに再びスパイとして声がかかるところから話が始まるが、7年ぶりの新作でも相
>>続きを読む

ANEMONE/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション(2018年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

2005年に放送されたTVアニメシリーズを新たに劇場版として描く3部作の2作目。
東京に出現した人類の敵“エウレカセブン”。
特殊部隊アシッドの一員であるアネモネは物理攻撃の効かない敵へ魂をダイブさせ
>>続きを読む

GODZILLA 星を喰う者(2018年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

「ゴジラ」シリーズの32作目。
ハルオの選択によってアース・ゴジラを倒せなかったことによって表面化する人類とビルサルドの亀裂。
そして神官メトフィエスの真の目的が明らかになっていくアニメシリーズ三部作
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

イギリスのロックバンド“クイーン”の結成から伝説のライブとなったLIVE AIDまでを、フレディ・マーキュリーの人生を中心に描いた伝記映画。

圧巻のライブ、LIVE AIDを映画の最終盤に持ってきた
>>続きを読む

お嬢さん(2016年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

サラ・ウォーターズの「荊の城」を原作にした犯罪映画。
日韓併合時代の朝鮮で、ある貴族の資産を狙った詐欺師がその貴族の“お嬢さん”秀子へ接近するために仲間の女を侍女として屋敷に入り込ませるが…。

元々
>>続きを読む

皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ(2015年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

TVアニメ「鋼鉄ジーグ」をモチーフにしたイタリアのスーパーヒーロ映画。

冒頭、日本語で表示されるタイトル(邦題と同じ)は監督自ら日本語に訳したタイトルという事で、日本語としてはちょっと違和感もあるか
>>続きを読む

華氏 119(2018年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

マイケル・ムーアの新作はドナルド・トランプを大統領にした米国選挙制度のあれこれ。

実にムーア監督らしいテーマと構成のドキュメンタリーだけど、前々作の「世界侵略のススメ」の様で見せた様な趣向の面白さは
>>続きを読む

ヴェノム(2018年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

マーベル・コミックスのヴィラン“ヴェノム”を主人公にしたダーク・ヒーロー実写映画。
ジャーナリストのエディは人体実験をしているという財団のトップに事の真相を問いただすが、そのことによって職も恋人も失っ
>>続きを読む

女神の見えざる手(2016年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

米国の女性ロビイストである主人公・エリザベス・スローンに銃規制反対法案を阻止して欲しいという依頼が来るが、彼女はそれを断り、逆に賛成側の会社に移籍して真っ向から闘う道を選ぶ。

まさに蛇の道は蛇って感
>>続きを読む

ジェーン・ドウの解剖(2016年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

検死官親子のもとに運び込まれた謎の遺体。
その遺体は外傷がある様に見えない女性の遺体だったが、解剖を進めるうちに不可解な現象が起こり始める…。

あまり情報を入れずに観始めたのだけど、ミステリーかと思
>>続きを読む

search/サーチ(2018年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

失踪した娘を探す父親の姿を描いたサスペンス作品。
この物語のすべてはPC画面の中で展開される。

ストーリーとしては失踪事件を通して親子の絆が描かれるオーソドックスなものだけど、“すべてPC画面上の出
>>続きを読む

ムタフカズ(2016年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

フランスのバンド・デシネを原作にした日仏合作のアニメ映画。
ギャングとスラムの街・DMC(ダーク・ミート・シティ)を舞台に、3人の若者が巻き込まれるある陰謀を描く。

主人公の出自が原因で何かの組織に
>>続きを読む

若おかみは小学生!(2018年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

令丈ヒロ子の児童小説を原作にした劇場版アニメ映画。
両親を亡くした少女・おっこは祖母が営む旅館に住むことになるが、そこで出会った幽霊・ウリ坊とのやり取りがきっかけで旅館の若おかみとして修行することにな
>>続きを読む

クワイエット・プレイス(2018年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

音を立てると殺される。
極限の状況を生き延びる一家の姿を描いたホラー映画。

似たようなアイデアだと2年前の「ドント・ブリーズ」が思い出されるけど、同じホラーでもスリラー仕立てだった向こうとは違い、こ
>>続きを読む

バーフバリ 王の凱旋(2017年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

古代インドを舞台に描かれた英雄伝2部作の後編。

主人公シヴドゥの父・バーフバリは何故、どのように忠臣カッタッパに殺されることになったのかを中心に物語が描かれる。
公明正大な国母シヴァガミ像は前作に比
>>続きを読む

バーフバリ 伝説誕生(2015年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

古代インドを舞台に描かれた英雄伝2部作の前編。

インドで大ヒットした作品だけど、なるほどその力強さたるやなかなかのもの。
インド的なロード・オブ・ザ・リングというかグラディエーターというかベン・ハー
>>続きを読む

劇場版 フリクリ プログレ(2018年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます


2000年から2001年にかけて発売されたOVA「フリクリ」の続編。
強烈な出来事が展開される夢を見て目覚める少女・ヒドミ。
夢の中の出来事こそあるべき世界と考える彼女だが、目が覚めた後の日常は特別
>>続きを読む

プーと大人になった僕(2018年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

今や大人となったクリストファー・ロビンは妻子とともにロンドンに暮らしていたが、日々の仕事に追われ家族との生活もすれ違い気味。
そんなある日、かつて“100エーカーの森”で共に楽しい日々を過ごしたプーが
>>続きを読む

ザ・プレデター(2018年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

傭兵のクインはメキシコで宇宙船の不時着に遭遇しプレデターの装備を手に入れる。
一方でその宇宙船を追った別のプレデターも地球へと現れるが…。

プレデターの脅威がストーリーの主軸…というよりは、“ルーニ
>>続きを読む

ちいさな英雄 カニとタマゴと透明人間(2018年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

スタジオポノックの短編作品集。
それぞれ15分ずつの「カニーニとカニーノ」「サムライエッグ」「透明人間」の3編で構成される。

短編は短い尺の中で世界観やキャラクターの説明を省略しつついかに的確に観客
>>続きを読む

MEG ザ・モンスター(2018年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

未知の深海探査に向かった潜水艇が何かに攻撃され海底に沈む。
半ば引退していたレスキューダイバーの主人公テイラーに声がかかり海底へと救出に向かうが、そこで目撃したのは太古の巨大ザメ・メガロドンだった。
>>続きを読む

劇場版 フリクリ オルタナ(2018年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

2000年から2001年にかけて発売されたOVA「フリクリ」の続編。
女子高生の親友4人組が過ごすなんて事のない日常、そしてそこに現れたハルハラ・ハル子。
米国では全12話として放送された内の1シーズ
>>続きを読む

アントマン&ワスプ(2018年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

「アントマン」の続編にしてMCU第20作品目のヒーロー映画。
「シビル・ウォー」後に拘束され自宅で軟禁状態となったアントマンことスコット・ラング。
そんなる日、かつて量子世界で行方不明となったピム博士
>>続きを読む

アナベル 死霊人形の誕生(2017年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

「死霊館」に登場したアナベル人形にまつわる出来事を描いた前日譚、の前日譚。

どんどん時代が遡ってるけど、これが起源という事で良さそうですね。
直接前作の「死霊館の人形」につながるような終わり方もして
>>続きを読む

ペンギン・ハイウェイ(2018年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

森見登美彦の同名小説を原作にした劇場アニメーション作品。
主人公の住む町に突然現れたペンギンたち。
その原因を調査すべく、主人公である小学生のアオヤマ少年は友達とともに調査を始める。

いかにも森見作
>>続きを読む

銀魂2 掟は破るためにこそある(2018年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

空知英秋原作の同名漫画の実写版。
前作の大ヒットを受けて制作された第2弾。

何でもありの世界観なので本作も何でもありのドタバタ劇が繰り広げられるけど、映画というよりはコントという雰囲気も変わりはない
>>続きを読む

劇場版銀魂 完結篇 万事屋よ永遠なれ(2013年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

TVアニメ「銀魂」の劇場版第2弾。

映画が始まったと思ったら“映画泥棒”を銀さんがとっちめるという映画ネタのメタ展開から。
まさか「映画泥棒(第3バージョン)」のアニメ版(ロトスコープ)が拝めるとは
>>続きを読む

劇場版 銀魂 新訳紅桜篇(2010年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

空知英秋原作のTVアニメから、人気エピソードの紅桜篇を新作カットを入れながら再構成したの劇場版。

原作はたまに読む程度でTVアニメはほとんど観ていないので、このエピソードもTV版の再構成という部分で
>>続きを読む

哭声 コクソン(2016年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

ある村で次々と殺人や不審死が発生し始める。
村の中では「ある日本人が来てから起こり始めた…」という噂が流れるが…。

國村隼が謎の日本人役で出演したことで話題になった韓国映画だが、褌一丁でシカの肉を食
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

どこかの廃墟で撮影中の低予算ゾンビ映画。
ホンモノの画が欲しい監督はいまいちな演技の女優に我慢がならない。
しかし突如本物のゾンビが襲来し、女優は命からがら逃げまわり、監督は嬉々としてその映像を撮り続
>>続きを読む

スターリンの葬送狂騒曲(2017年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

スターリンの死によって巻き起こる後継者争いのドタバタを描いたブラックコメディ。

原作はフランスのグラフィック・ノベルということだけど、どちらかというと舞台でやりそうな群像劇の様にも思えた。
冒頭のコ
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

トム・クルーズ主演、「ミッション・インポッシブル」シリーズ第六弾。
盗まれたプルトニウムの奪還に失敗したイーサン・ハント。
ハントは再奪還のためホワイト・ウィドウと呼ばれる女に接触するが、彼女からの要
>>続きを読む

インクレディブル・ファミリー(2018年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

「Mr.インクレディブル」の続編。
ヒーロー活動が非合法とされる中、ある資産家がヒーロー合法化へ向けた積極的な活躍とプロモーションをMr.インクレディブルとイラスティガール夫妻に持ち掛けてくる。

>>続きを読む

ウォークラフト(2016年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

リアルタイムストラテジーの人気ゲームを映画化した作品。
人間・ドワーフ・ハイエルフなどが住むアゼロスへオークの大群が侵略を開始する。
人間の王であるレインはアゼロスの守護者・メディヴへ助力を乞うが…。
>>続きを読む

未来のミライ(2018年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

甘えん坊な4歳の男の子くんちゃん。
そこに生まれたばかりの妹・未来ちゃんが家にやってくるが、両親は妹に構ってばかりでくんちゃんはふてくされてしまう。
そんな時、くんちゃんの目の前に14歳になった妹の未
>>続きを読む

>|