comaさんの映画レビュー・感想・評価

coma

coma

自宅で隙あらば観るスタイルです✋
ネタバレはしないように、また核心に触れる場合は前置きするよう心掛けておりますよ
映画観てるとき映画のこと考えてるときレビュー読んでるときが幸せです。皆様ありがとうございます☺️

映画(180)
ドラマ(0)

インセプション(2010年製作の映画)

4.0

他人の夢の話ほどつまらんもんは無いといいますが、私はけっこう好き。聞かせて派。
夢の中ならすべて思い通り。
夢を設計することと
映画を完成させること
はひょっとしたら同じよな感覚なの?教えてノーラン監
>>続きを読む

あと1センチの恋(2014年製作の映画)

2.8

ご都合展開は観客へのサービスだとするとこの作品はお預け!が長くてかなワン🐶です。
すれ違いの多用が少女漫画のソレで、切ないはずの展開もどこかコミカルに感じてしまうほど。
劇中、挟んでくるヒットナンバー
>>続きを読む

ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!(2013年製作の映画)

3.1

サイモン・ベッグとニック・フロストをエドガー・ライト監督で!!
ゾンビ、刑事、ときたらお次なジャンルはどれでしょう。
前情報ナシで見たらきっと楽しい。

イギリスのUKパイントは1パイントあたり568
>>続きを読む

自分の事ばかりで情けなくなるよ(2013年製作の映画)

3.0

もう少し若い頃にクリープハイプ聴いてたら凄く凄くハマったんだろうなぁと思う。そう、私はにわかクリープ愛好家…
この映画から心を殴られるには至らず。ちょっと年をとりすぎた、遅かったかな。

クリープハイ
>>続きを読む

髪結いの亭主(1990年製作の映画)

4.5

愛しかない、そんな80分

アントワーヌは少年時代に理髪店の女主人に夢中になる。
豊満な肉体がシャンプー台に横たわる少年の体に触れる、彼女の独特の体臭はローションやオーデコロンの香りと混じりあって鼻腔
>>続きを読む

ファニーゲーム(1997年製作の映画)

2.5

ハーゲンダッツを買ったんですよ
映画見ながら食べよって思って。
悪名高いFUNNY GAMEだけど、序盤の方ならまあいけるやろって。
ダメでした。冷凍庫まで動けない。鑑賞後に頂きましたが、後味の悪さに
>>続きを読む

ナイト・オン・ザ・プラネット(1991年製作の映画)

3.6

初回はパリが好きで、
今回はニューヨークが良かったです。
次回はどうなるのでしょうか。

※睡眠導入として
※人間関係でモヤモヤしている夜に
オススメです、効きます
やっぱり出会いって素敵。明けない夜
>>続きを読む

ミスター・ガラス(2019年製作の映画)

3.8

夢溢れる、
人間愛溢れる、
シャマラン監督ありがとう。
思いがけず強いメッセージ受けとりました。

アメコミ方面に疎く、世間のアベンジャーズの盛り上がりに乗れない…
そもそも超人的圧倒的パワー!みたい
>>続きを読む

彼らが本気で編むときは、(2017年製作の映画)

3.6

女であることに、母になれたことに甘えてちゃ駄目よ。って大きな手に背中を押されたような気がして久々に一汁三菜揃えてみた、そんなGW終わりかけの夜です。
かもめ食堂の監督さんでしたか。
リンコさんの手が作
>>続きを読む

お嬢さん(2016年製作の映画)

4.5

凄い映画だったわ。
よくぞまあ男性監督がこの映画を撮ったなぁ…権力や金さえあれば女性を性的に消費出来るんだぞ、という無言の圧というか呪いのようなものがある。あるんですよ。

個人的な思い出話になります
>>続きを読む

男と女(2016年製作の映画)

2.3

暗くてじめっとした韓国映画ばかり観たので少し趣向を変えて鑑賞😌寂しさと静かな情熱の漂う作品。

コン・ユとチョン・ドヨンの抑えた演技を楽しむ。
フィンランドの雪原はまさに非現実の世界、韓国の現代風の建
>>続きを読む

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

4.0

面白い。前評判高くてハードル上がってましたけど余裕で越えていく面白さ…
ゾンビというよりは感染者なんでしょうがその感染力、身体能力ともに超ハードモード。時速300キロの列車のスピード感と感染者のイヤー
>>続きを読む

復讐者に憐れみを(2002年製作の映画)

4.0

「こんな事をしてもあの人は帰ってこないのよ」的思考をことごとく排除した、純度100%の復讐劇。復讐三部作の一作目。いちばん好みでした。

オールドボーイ、クムジャさんと異なるのは社会的弱者の青年の悲劇
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

4.3

演技力どうこうじゃない、役者がそこにいて演じているって実感がない…ドキュメンタリーでも見てるようでした。
本当に大事なことは、伝えなきゃいけないことは、家族には面と向かって言えなかったりする。
声にな
>>続きを読む

ブロークバック・マウンテン(2005年製作の映画)

4.0

男同士の情愛。
サウスパークで露骨なゲイいじりのネタとして使われていたせいかなんとなく敬遠してしまってたのですが、そんなの勿体ないが過ぎましたね😵
単なる同性愛と捉えたくないんですよ…自然体で生きられ
>>続きを読む

ブレックファスト・クラブ(1985年製作の映画)

3.0

中高生の時代に出会っておきたい一作
子供に見せたい作品🎥
Gleeの源流って感じのストーリーです。(不良→パック クイーン→クイン 体育会系→フィン 不思議→ティナ ガリ勉→アーティ ってとこで
>>続きを読む

親切なクムジャさん(2005年製作の映画)

3.8

パクチャヌク監督 復讐三部作ね、覚えておきます。偶然「OLDBOY」の次に鑑賞したので残り一作も必ず観たい~!

「OLDBOY」は非常に荒々しく、謎を追いかける物語としての面白さはあるけれど感情移入
>>続きを読む

オールド・ボーイ(2003年製作の映画)

3.5

体感的には3本ぶんの映画を観たような気持ち。韓国映画のエグみを堪能しました。このエグみ嫌いじゃない、でも苦手ではある。

15年も監禁って、いい趣味してるねぇ、貴方。
監禁ビジネスって実際にあるんで
>>続きを読む

フィリップ、きみを愛してる!(2009年製作の映画)

3.8

まだ肌寒い日もありますが春ですね。
この映画を見終わって外に出たら、観賞後の幸福感とリンクしているかのような気持ちのいい晴れでした。
都合のいいことに青い空には適度に綿雲が浮かんでいて、思わず探しまし
>>続きを読む

ハンナ(2011年製作の映画)

2.5

アルビノなの…?肌も毛も真っ白のシアーシャ・ローナンが雪山で駆け抜けるシーンは美しくて見惚れちゃう。シアーシャ・ローナンをじっくり眺めてみたい欲は満たされます。

雪山に隔離されたハンナが世界や音楽と
>>続きを読む

デッド・ウェディング 鮮血の花嫁(2016年製作の映画)

3.5

アメリカド田舎のヤンキーカップルの結婚式。ジャケ写のウェディングドレスは一瞬たりとも登場しません!もっとゾンビ映画向けのドレスを着てます。これはなかなか可愛らしくて好印象☺️
人間見た目じゃないとはい
>>続きを読む

フリー・ファイヤー(2016年製作の映画)

3.9

私は好きでした。
・悪い奴らがうだうだ喋るシーンがなんだかんだ好き
・一本を工場内で完結させる、その心意気が好き
・開始早々にも関わらず皆そこまで負傷させるの?好き
・男前はヒゲや汚れやアザで隠してい
>>続きを読む

きみに読む物語(2004年製作の映画)

3.0

良かった。なんか文句つけたら人の道を外れるんちゃうんか…って位にいい話ですねコレは。
理屈じゃない恋の始まりとか、二人なら大丈夫って根拠のない自信に溢れた時間、それでも互いの立場を無視できなくなる苦し
>>続きを読む

ナイスガイズ!(2016年製作の映画)

3.5

ライアン・ゴズリングの芸達者ぶりは天井知らず!こんなライアンも居るんですねぇ。間が悪い運が悪いとにかくイケてない💀
しかしとにかくこの作品の彼は楽しそうなので観てるこちらも肩の力を抜ける!何でそんな上
>>続きを読む

この世界の片隅に(2016年製作の映画)

5.0

何も知らないままで死んでしまいたかった、とはすずさんの言葉。私も戦争なんて知らずに死にたい。
私と戦争とはずいぶん遠い存在だ。と思いたい、これからもそうであってほしい。

でも少なくとも、この映画は日
>>続きを読む

スプライス(2008年製作の映画)

3.3

冒頭から可愛い可愛いと研究室も大盛り上がりするクリーチャーの見た目は…パンパンに膨れ上がった血管の豊富な腫瘍…かな😌オープニングから生誕シーンにかけてのノリがよろしくて、期待できるゾって確かに感じさせ>>続きを読む

エブリシング(2017年製作の映画)

3.8

何でclip!してあるのか忘れてたやつでした。難病×恋愛モノかぁ、無菌状態ガラス越しの逢瀬のやつかぁ…敬遠~😵しなくてよかったです。たまにはこういうのもいいですね😌
部屋から出られない恋もネット社会だ
>>続きを読む

翔んで埼玉(2018年製作の映画)

3.7

気兼ねせず映画館で笑える映画っていいですね。関西圏では都会指数高めの土地の映画館で見ました。皆さんなかなか笑っていらっしゃったけど、出身が関東でなければ私含め細かいネタまでは拾いきれていないんだろうな>>続きを読む

マジカル・ガール(2014年製作の映画)

3.0

何があろうと、どんな状況だろうと、2+2=4である。
娘が余命わずかでも、答えは決して3にはならないし、精神を病んでいるからといって5にもならない。情け容赦ないなぁ…

終始不穏な空気感はジャケ写から
>>続きを読む

怒り(2016年製作の映画)

4.0

ずしりと重い。怒り、というタイトルそのものの"圧"がある映画。
指名手配犯に似た、3人の男にまつわるストーリー。誰が犯人なのか…そんなこと忘れてしまうよ。それぞれの物語の行方を息をひそめて見守るしかで
>>続きを読む

籠の中の乙女(2009年製作の映画)

4.0

とってもとっても、ランティモスでした。ヨルゴス・ランティモス監督の頭の中はどうなってるんだろ?

ロブスター、聖なる鹿殺しでも感じとる事が出来る同様のテーマ「支配の暴力性」が最も強く出ているように思う
>>続きを読む

パッセンジャー(2016年製作の映画)

3.0

120年かけて別の惑星へ移住する…5000人の乗客は冬眠状態で長い旅路を過ごす。すごいロマン。
でも、絶対安全をうたう会社だけは信用してはいけませんね。何事にも絶対はないのです。一人だけ冬眠から覚めて
>>続きを読む

フィンランド式残酷ショッピング・ツアー(2012年製作の映画)

2.5

変なの~!フィンランド人の秘密に迫る作品。
ロシアがフィンランドに対して抱くイメージ→暮らしやすい国 優秀で裕福な人々 品物の品質もよい サウナ好き 自殺率の高さ へヴィメタ好き…ってとこなのかな?
>>続きを読む

ナチョ・リブレ 覆面の神様(2006年製作の映画)

3.0

ジャックブラックの、真面目なシーンのくせに「あと少しで俺、ボケるから見ててくれよナ!!」みたいな表情が憎たらしくて好き(好きなんかい)
自信満々でボケ散らかしたあと余韻もなく自分のタイミングでストーリ
>>続きを読む

her/世界でひとつの彼女(2013年製作の映画)

4.0

人工知能との恋も不思議じゃない、そんな風に思わせる少し先の未来の世界観が楽しい。
特にゲームね。主人公のハムスタースタイルでのプレイ姿がいい。
あえてオールドスタイルな完璧ママを追求する謎のストレスM
>>続きを読む

野火(2014年製作の映画)

5.0

レビュー読んで、それなりに覚悟して観ました。

レイテ島の日本兵は食料の補給も受けず、アメリカ兵と戦わねばならない。物資、戦力ともにアメリカに敵わないのは明らか。
食料は現地の住民から奪うように指示さ
>>続きを読む