comaさんの映画レビュー・感想・評価

coma

coma

映画(266)
ドラマ(0)

ガザの美容室(2015年製作の映画)

3.0

パレスチナで女として生まれることのリアルを85分で見せるのに、美容院という舞台、ワンシチュエーションを選ぶセンスが好き。
知らない世界について知るための映画。

パーマネント野ばら
キャラメル
髪結い
>>続きを読む

ドクター・スリープ(2019年製作の映画)

4.0

とても良かったです。キューブリックの「シャイニング」は好きなんですけど、原作のスティーブン・キングは映画を酷評したと言うのは知っていて。(というかキューブリックは原作者を納得させるつもりも無いですよね>>続きを読む

シャイニング(1980年製作の映画)

4.0

シャイニング続編、ドクタースリープを観たあと、正直こちらの作品に関してはうろ覚えだったな…と再鑑賞。

本当に美しいホラー。ホテルが主役みたいなところありますよね。
この建物って本当に美人さんで魅力的
>>続きを読む

今日も嫌がらせ弁当(2018年製作の映画)

3.0

キャラ弁は無理ですごめんなさい。作れません。勝手に画面の前でひれ伏しております。そんな自分ですから、三年間あのクオリティのお弁当をフルタイムで働きながら作った母の実話にはもう何も言えない。
反抗期、親
>>続きを読む

アンダー・ザ・シルバーレイク(2018年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

LAといえばラ・ラ・ランド。夢が渋滞する街。渋滞を抜けられなかった沢山の夢見る若者はどうなってしまうのだろう…
という疑問の答えがアンダーザシルバーレイクにあるのだとしたら怖すぎます!

あの夜打ち上
>>続きを読む

HOUSE ハウス(1977年製作の映画)

3.5

この年代の邦画、特に女子を描いてる作品って得意じゃないんですよね…違和感がすごくて。
あんな喋り方する女子高生って当時居たんですか…?メルヘンな仕草に独特の言い回し。正直苦手です。あれは当時の男性がそ
>>続きを読む

幸福(しあわせ)(1964年製作の映画)

4.0

あなたにとっての幸福が、私にとっての幸福だとは限らない。
夫婦になった瞬間、妻と夫は幸福を共有できるなんていうのは間違ってる。
それを認めるのはこわいですね、幸福のかたちを疑うのはこわいことです。
>>続きを読む

来る(2018年製作の映画)

3.5

きた、きたきたきた!

こういう方向で抉られるとは思わなかった。ビンビンに立つ「嫌」アンテナ。
前半の夫の実家での葬式~新居お披露目までの間、これぞすぐそこにある現実のホラー。伝統的で一般的な「家族の
>>続きを読む

生きてるだけで、愛。(2018年製作の映画)

3.8

演技の力…とにかく、主役である寧子を演じる趣里の力量に掛かっている映画。
私はとても素晴らしかったと思うのです。
不安定な精神の揺らぎを表現する姿は少し大仰かもしれませんが、役が憑依しているような熱演
>>続きを読む

こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話(2018年製作の映画)

3.5

生きてるってことは他人に迷惑をかけることなんだよ。分かっているつもりだった。でも改めて噛み締める。その言葉を誰が発したかで重みが変わってくるからだ。
首から上と手指しか動かせない鹿野さんがそのセリフを
>>続きを読む

スノー・ロワイヤル(2019年製作の映画)

3.5

2時間あっという間!
ファーゴとタランティーノの雰囲気がする…と思ったらジャケ写にその2文字がデカデカと書いてありました。
ふたつを足して、更に民族問題や息子への愛情もミックスして、そこへ除雪車を放り
>>続きを読む

デトロイト(2017年製作の映画)

4.0

映画化するに相応しい題材。そう思うのは、私たちは皆、この映画体験を通じて、差別され遂には命を奪われる事の恐ろしさや痛みを知るべきだからです。
娯楽性は一切無いけれど、体感しなくてはならない映画を一本挙
>>続きを読む

ドリーマーズ(2003年製作の映画)

3.3

お家籠りムービーだわ、これ。

ドリーマーズっていうのは結局のこと、2人だけ、ですよね??3人ではなくて。尿で汚された歯ブラシ。1人分足りないディナー。潰れる3つめの卵の黄身。調和を乱すモチーフがどう
>>続きを読む

オアシス(2002年製作の映画)

4.5

圧倒。このラブストーリーを私は忘れられないと思う。

四肢や顔面に麻痺がある女、コンジュと前科3犯の男、ジョンドゥ。

コンジュの登場シーン、どうしたらいいものかと…たじろいだ。彼女を見て、本当に最悪
>>続きを読む

28週後...(2007年製作の映画)

3.2

肝心なところでやらかす。28日後…をアマプラレンタルしたつもりが28週後…を見てしまう。3つ戻る。そんな日もあります。

有名タイトルなのに何で見てなかったんだろう?「走るゾンビはゾンビでは無い」そん
>>続きを読む

ムーンライト(2016年製作の映画)

4.5

自分の人生を他人に決めさせるな。
理想をいえばそうなんだけど。
本人の怠慢でもなんでもなく、自分の人生を決められない人間は居るでしょう。

特に子供であればなおさら。
少しずつ、人生の選択肢の幅が狭ま
>>続きを読む

キャビン(2011年製作の映画)

3.0

森の中の別荘に若者が5人。ベタもベタ過ぎ~とか言いつつも、どうしようもなくそそられる設定。そのベタ設定を忠実に守りながら、どこまで遊べるか?という部分でかなり跳んでる作品。

私、基本的にホラーは一人
>>続きを読む

イット・カムズ・アット・ナイト(2017年製作の映画)

3.0

今観るべき映画ではなかったかもしれない。「マスクと手袋をしろ」「シャワーを浴びよう」「接触は控えよう」そのあたりは私たちのリアルとそう変わらないけれど、この映画の状況ははるかにハードな様子です。

>>続きを読む

ハッピー・デス・デイ 2U(2019年製作の映画)

4.0

2!2U!
前作は観ていて当たり前だろ付いてこい!…強気です。
それもそのはず、前作で回収されなかった謎や疑問を徹底的に解明するわねto you…な作品です!探偵ナイト○クープみたいに言うな。

何故
>>続きを読む

ハッピー・デス・デイ(2017年製作の映画)

4.0

皆さん高評価の作品で、期待値高めでしたけど余裕で超えてきた!面白いっ!

時を駆けるビッチ。この8文字で伝わるんですが、ホラー映画なら真っ先に殺されるタイプの女子大生がタイムリープに巻き込まれ、自分の
>>続きを読む

イニシエーション・ラブ(2015年製作の映画)

2.0

最後の5分に全て覆るらしいぞ、そうらしいぞ…とブツブツ唱えながら鑑賞しました。そう私は少し、いやかなり退屈していたのかもしれない。退屈しながらも、全てのシーンが伏線なんだろう?警戒心むき出しの私の意識>>続きを読む

ショーン・オブ・ザ・デッド(2004年製作の映画)

5.0

これはとても好きな作品。DVDは友人に貸し出し、帰ってきたらその場で別の友人に貸して、かれこれ5年は返ってきてない。彼女らは古くからの友人で、年に一度会うかどうか。忘れっぽいから会う時に返すはずだった>>続きを読む

アイズ ワイド シャット(1999年製作の映画)

4.0

初見ではよく分からなかった作品でした。再度挑戦。

キューブリックの遺作で、あのトム・クルーズとニコール・キッドマン(当時での世界一有名な夫婦だったと思う)、R指定。何も起こらないはずがない…絶対にと
>>続きを読む

ヘレディタリー/継承(2018年製作の映画)

4.0

母親として、自分の子供たちに起こって欲しくないこと第1位!が平然と降りかかり、最悪のプロセスを経て何も解決がなされぬまま、物語がうねってゆく感覚。
人によって、どの部分をホラーだと感じるかは分かれそう
>>続きを読む

ブラック・スネーク・モーン(2006年製作の映画)

4.5

これ、好きなんですよね。だからこそ声を大にして言いたい「なんでこのジャケ写にしちゃったの~???」

クリスティナリッチとサミュエルの兄貴、無駄に挑発的な雰囲気を漂わせてますよね…本当にこの映画を必要
>>続きを読む

スーサイド・スクワッド(2016年製作の映画)

3.5

「映画秘宝」のスーサイド・スクワッド特集と合わせて観たので、とても楽しかったです。
各キャラのアメコミ登場時のエピソードも紹介されていて、初見のキャラがほとんどだったので映画だけ観たのではいまひとつノ
>>続きを読む

地獄の黙示録・特別完全版(2001年製作の映画)

3.0

右手に見えますのはサーフィン狂のキルゴア中佐、左手上空にはPLAYBOYマークのヘリが見えて参りました…

主人公であるウィラード大尉は、機密任務以外の事象には「傍観者」であり続ける。この戦争の当事者
>>続きを読む

ブエノスアイレス恋愛事情(2011年製作の映画)

4.5

アルゼンチンの話なのに、めちゃめちゃ親近感…!行き当たりばったりの都市計画のせいで統一性のないブエノスアイレス街角の風景。雑居ビルが無秩序に立ち並んで、ソレいつからあったっけ?と聞きたくなるような広告>>続きを読む

博士と彼女のセオリー(2014年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

時間が足りない。濃密すぎる夫婦の記録…端折って端折って、1本の映画で二人の出会いから壮絶な共闘の日々を駆け抜けた。

結婚生活、というよりは闘いの日々。と名付けたい。
血も涙もない言い方をすれば、余命
>>続きを読む

スケア・キャンペーン(2016年製作の映画)

3.3

これは気になってた。人はドッキリにかけられてネタばらしを食らったあとカメラを向けられたら大抵のことは許せるもんなのでしょうか?そうじゃない人も結構いるよね?と思ってたから。

正直、この題材でこの規模
>>続きを読む

The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ(2017年製作の映画)

4.0

戦場から瀕死で逃げ出した男にとっては命懸けのゲームも、
女たちにとっては珍しいお人形を使ったおままごとなのでありました…

ほんとこれ面白かった~!!!南北戦争中の寄宿学校でのお話なんですけど、戦時下
>>続きを読む

恋は雨上がりのように(2018年製作の映画)

4.0

子供は守られるべき存在である。正しい大人の役割について。そんなことを考えました。
漫画実写化ということで、原作を少し読んでいたのですがキャスティング文句なし。あきらちゃんと店長がいる…と感激しました。
>>続きを読む

ミスト(2007年製作の映画)

3.5

視野を広く持とう。その視野を狭めるのは霧か、他人か、それとも自分か。人生の難易度の高さを嘆くしかない、そんな気分…あの時ああしていれば、と嘆く時間って人生のどれくらいを占めるのでしょうか。
これからも
>>続きを読む

ダンサー・イン・ザ・ダーク(2000年製作の映画)

4.5

「ウワサがひとりあるきしてるミタイダネ…」というのはキル・ビルのThe・brideの台詞ですが、単なる「胸糞映画」ではなかったです、私にとっては…陰鬱なだけのストーリーをなぞるのは苦痛ですから。でも、>>続きを読む

マーターズ(2007年製作の映画)

4.0

年内に観ておきたかった!2019年最後の1本はコレでした。避けては通れない!そんな気がしていたフレンチホラー(ホラー??)です。

この映画、絶え間なく痛いんですけど、“ 暴力表現”の変化の付け方は面
>>続きを読む

カールじいさんの空飛ぶ家(2009年製作の映画)

4.0

んんんピクサー…!アニメならではのアプローチにしてやられました。
まるいあなたと四角な私 このモチーフの使い方がとっても上手い!大自然の中だと人工物の丸さが際立って演出としてニクいんですよぅ。

亡く
>>続きを読む

>|