ムササビ丸さんの映画レビュー・感想・評価

ムササビ丸

ムササビ丸

3.6ぐらいからが、もっかい観よって思う。
3.7ぐらいからが、人に勧めようと思う。
4.0ぐらいからのは、自分のアイデンティティに関わってきてる気がする。

映画(234)
ドラマ(5)

ロブスター(2015年製作の映画)

3.7

この人の作品は、会話がなんとも絶妙でおもしろい。
あとこれはいい映画に共通することだと思うんですが、ビンタするシーンが多いです。

聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア(2017年製作の映画)

3.8

理不尽な話をすんなり受け入れるところがいかにも昔話っぽい。
最後の目隠しグルグルなんか荒唐無稽もいいとこ。
音楽も少なくて、最初はいかにも眠くなりそうな作品だと思ったが、気がつくとしっかり最後まで観て
>>続きを読む

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

3.6

家族には実はバレてて、その上で咎めない、否定しないってのが新しく感じた。
やっぱりいろんなこと勉強して、芸術に触れて柔軟な頭を持たないといけないですね。

ファニーゲーム U.S.A.(2007年製作の映画)

3.7

濡れた携帯を乾かすところの一連の演出がすごくリアルで良かった。

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

3.6

ディズニーの王道の展開で、初めの20分でオチはだいたい分かってしまったけど、
映像のキレイさと声優の歌の上手さは流石でした。

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

3.8

松岡茉優ちゃんのイメージビデオでした。
ただ最後のオチは留守電のところで終わるのがベストやったように思う。

シャッター アイランド(2009年製作の映画)

3.7

俺はこういう精神錯乱系の映画を観ると、見事に自分までくろてまう。

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

3.7

アバターぶりに映画館で吐きそうになりました。
違和感があったところに対しては、わざわざ丁寧に振り返らなくても、引っかかってて頭に残ってるもんなんすね。

スノーデン(2016年製作の映画)

3.5

途中で観るのをやめました。デート相手がうっとうしく感じたのと、音楽が合ってないような気がしたのがその理由だと思います。

それでもボクはやってない(2007年製作の映画)

3.7

痴漢したやつが悪いのに、
それでも警察や文世小日向こそ悪なんじゃないかと思ってしまう点でよくできてると思う。
鈴木蘭々と付き合いたい。

パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち(2003年製作の映画)

3.5

高校生の時、部活のみんなと映画館で観て、大人はお金かけて何をやってるんやろうと思った。
ドンキーゴングの海賊の面の方が音楽もアガる。

耳をすませば(1995年製作の映画)

3.8

海外で孤独に暇をしてる時、この曲を聴くと坂道に叱ってもらうのがやみつきになる。

オーシャンズ13(2007年製作の映画)

3.6

アンディガルシアとベルバトフが似てるかどうか確認するための映画

少年メリケンサック(2008年製作の映画)

3.5

内容はどうあれ「ガォーッ」のところのあおいちゃんは100点

ハウルの動く城(2004年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

最初は、容姿だけじゃなくて、精神年齢まで年寄りになるなんてすごい魔法やな〜って思ったけど、実はそうではなくて、精神相応の容姿になる魔法をかけられた話なのではないかと今は思っています。

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

3.5

ハービーが思ってたよりすぐ出てきたんで、途中で寝てしまいました。。

トムクルーズが自分の走りのフォームチェックする時にオススメの映画!

天使にラブ・ソングを…(1992年製作の映画)

3.7

気弱なシスターがソロを歌うところはブルッと来るよね。

夜は短し歩けよ乙女(2017年製作の映画)

3.5

京都の学生ってことで、ノスタルジックな気分になれるかなって観てみたけど、下戸な自分には全く重なりませんでした。

101匹わんちゃん(1960年製作の映画)

3.5

クルエラと、あとリトルマーメイドのタコみたいなおばちゃん結構いるよね。市内だけでも101人以上は絶対いるよね。

バッファロー’66(1998年製作の映画)

3.7

ヒロインが絶妙にぽっちゃりでかわいい。
(最近かわいいかどうかの感想しか書いてないけど、結局映画にはそれが大事)

少林サッカー(2001年製作の映画)

3.6

このヒロイン役の子が可愛いって言うのが、初対面の中国人としゃべる時の僕のつかみ。(ただなぜか実際につかめたことはない。)

アキレスと亀(2008年製作の映画)

3.5

才能とは樋口可南子と結婚できること(糸井くん、君のことだよ。)

3-4x10月(1990年製作の映画)

3.7

ユーレイがバイクを褒められて「乗る?」って誘うとこがめっちゃ男前

紅の豚(1992年製作の映画)

3.9

紅の豚が好きな子はもっと好きでもあったよね。

魔女の宅急便(1989年製作の映画)

3.7

魔女の宅急便を好きな子が好きみたいな時もあったよね。

ディストラクション・ベイビーズ(2016年製作の映画)

3.5

このブスって言いながら女の子をグーで殴る菅田くんが良かった。

トランス・ワールド(2011年製作の映画)

3.6

低予算でアイデア勝負な映画は楽しい。
終始サマンサが天然で役に立たずかわいらしかった。

グリーン・インフェルノ(2013年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

(※スプラッター系は多少甘めにスコアを付けることにします。)
ジャンルとしてはほとんど観たことがありませんが、メッセージ性や細かい心理描写なんかは期待せず、エンタメとして観るものなんだなと思いました。
>>続きを読む

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

3.8

一人ひとりに焦点をあてて、それぞれの立場や事情を観せられるとこで、子供を子供扱いできなくなってより感情移入ができて、内容は全然チョボスキーじゃなかった。
あと姉ちゃんがかわいいし、その友達は更に倍ぐら
>>続きを読む

ハクソー・リッジ(2016年製作の映画)

3.7

結局尊重されるなんて、、
自由の国なんですね〜
あと、ハクソーって単語は英語に聞こえる日本語に聞こえる英語

>|