ゆんぶりっくさんの映画レビュー・感想・評価

ゆんぶりっく

ゆんぶりっく

スパイダー・ベイビー(1968年製作の映画)

3.8

加齢とともに脳が溶けて野蛮人へと退化していくという奇病を患った一家に、資産目当てで近寄ってきた遠縁の親族が次々と餌食になる本作は家族愛に胸打たれるファミリームービー!
“蜘蛛ごっこ”の名の下にナイフ二
>>続きを読む

デビッド・クローネンバーグのシーバース(1975年製作の映画)

3.4

厚化粧をしたババァに掴みかかられ「愛に飢えているの!」と襲われる、想像しただけで震え上がる最怖ホラーな一本!
寄生虫に感染すると催淫効果により誰彼構わず誘惑し始めるという「それなんてエロゲ?」なシナリ
>>続きを読む

RE-ANIMATOR 死霊のしたたり3(2003年製作の映画)

3.3

ユーモア→前作より減
エログロ→前作より減
男同士感→前作より減
やってる事→前作と同じ
という「したたり」シリーズファン以外見なくてもいい感が否めない一本!
2の最後であんな死体で遊びまくってたシリ
>>続きを読む

ビバリーヒルズ・コップ(1984年製作の映画)

3.7

説明不要なエディ・マーフィー主演の刑事映画ですが、観てて思ったのが「見た記憶がねぇ…」初見かも…
面白かったっスね〜!!
序盤から「コイツはクセは強いし底抜けのアホだけど根はイイ奴な幼馴染ですよ〜」と
>>続きを読む

地中海殺人事件(1982年製作の映画)

3.3

名探偵ポアロシリーズ。
バカンスに最適な島のホテルで女優殺人事件が発生!容疑者は女優に恨みを持つ関係者たち…という王道なミステリ映画。
ポアロを演じるピーター・ユスティノフが可愛らしい。
岡田斗司夫に
>>続きを読む

Mr.&Mrs. スミス(2005年製作の映画)

4.0

久々に鑑賞しましたが、改めて観て面白かったですね!
ここから二人の恋が始まって終わっていったんだなぁと思うと感慨深いですが…
相変わらずブラピはカッコいいしアンジーは超セクシー!
二人の全盛期を見る上
>>続きを読む

エボリューション(2001年製作の映画)

3.4

宇宙から飛来した隕石から、地球を乗っ取りかねない危険な地球外生命体が誕生してしまう終始カラッとした雰囲気のSFコメディ。
中学生くらいの頃にテレビで見た記憶ですが「懐かし〜このシーンあったな〜」と懐古
>>続きを読む

ミクロの決死圏(1966年製作の映画)

3.3

アメリカに亡命した科学者がテロにより脳にダメージを受けてしまう。
彼を失うわけにはいかないと考えたアメリカ政府は、最新のミクロ化技術を使い人間を原子レベルにミクロ化し科学者の脳の内側から直接手術を行う
>>続きを読む

アーミー・オブ・ザ・デッド(2021年製作の映画)

3.5

ゾンビパンデミックにより封鎖されたラスベガスを舞台に、カジノの金庫に眠る大金を奪取すべくパンデミックを生き残った強者をスカウトしてゾンビ蔓延るラスベガスに乗り込むNetflixムービー!!
ザック・ス
>>続きを読む

スケアリー・アパートメント(2020年製作の映画)

2.7

都会のアパートに引っ越してきた家族が、その部屋で死んだ前の住人の霊に嫌がらせをされる事故物件系スペインホラー!
お話としては後半まで何一つ進行しないのでぶっちゃけ退屈です!
それでも怖がらせ描写が良け
>>続きを読む

死霊のしたたり2(1989年製作の映画)

3.5

前作は余韻の残る不穏なエンディングが良かったですが、その余韻をぶち壊すと言うか色んな部分で設定崩壊を起こしている続編!
まさに今作に出てくる人造人間のようなチグハグ脚本ですが、まぁ良いでしょう!!
>>続きを読む

ZOMBIO(ゾンバイオ)/死霊のしたたり(1985年製作の映画)

3.8

こりゃ面白い!
死体蘇らせ映画としては文句なし!
グロあり!笑いあり!エロあり!
ちゃんとB級としてやって欲しいポイントを抑えていて素晴らしいです!!
特にハーバートのマッドサイエンティストのクセに人
>>続きを読む

死霊のはらわたIII/キャプテン・スーパーマーケット(1993年製作の映画)

3.4

もはやホラー映画要素は何処へやら。
完全なるコメディ映画になってる今作!
中盤までは笑いのツボが合わずに正直、退屈でしたが後半のガイコツ軍団との死闘は良かったです!
都合よく車のトランクに積まれている
>>続きを読む

死霊のはらわた II(1987年製作の映画)

3.8

悪ふざけが過ぎるぞサム・ライミ!!

呪われた家具と大笑いするブルース・キャンベル然り、小気味良いダンスを踊り出す首無し彼女然り悲鳴よりも笑いを狙いに行った本作!
ホラーとのバランス感で言えば一作目の
>>続きを読む

ウィッチサマー(2020年製作の映画)

3.3

両親の離婚により海辺に引っ越してきた主人公は船着場でバイトを始める。
ここまでならひと夏のボーイミーツガールが始まりそうですが、隣家の奥さんが魔女なのではないかと疑い始め…と言う話。少年が大人の助けを
>>続きを読む

幽霊屋敷の恐怖 血を吸う人形(1970年製作の映画)

3.4

1970年作の館ホラー!
海外から帰国した男が、彼女に会うために山奥に立つお屋敷を訪れるとなんと彼女は事故で亡くなったという。
失意の中、彼女の姿を見かけた男はその後を追いかけていくと…
定番ゴシック
>>続きを読む

地獄の血みどろマッスルビルダー(2009年製作の映画)

4.0

「俺の武器は…マッスルだー!!」
いやもう迷言多すぎ!!
死霊のはらわた的な悪霊と散々格闘した挙句の「お前ら人間じゃねー!!」
決め台詞が「地獄で会おうぜベイビー!」
しかも銃を捨ててマッスルで勝負し
>>続きを読む

死霊のはらわた(1981年製作の映画)

3.9

恥ずかしながら観てなかった映画。
いや〜こりゃ面白いですね〜!
酒を飲みながら終始笑ったりツッコんだりしながらワイワイ観てましたが、これがこの映画の醍醐味なんでしょう!
今見るとホラー映画としてはゆる
>>続きを読む

雨の午後の降霊祭(1964年製作の映画)

2.8

霊感を持ち降霊術で生計を立てているおばさんが「自らの力を認めてもらいたい」という承認欲求が暴走し少女誘拐事件を起こす。
霊能力で少女と身代金の在処を言い当てる事で自分の力を誇示しようという魂胆なのだが
>>続きを読む

フロッグ(2019年製作の映画)

3.6

15年ぶりに町で起きた連続少年誘拐事件の捜査パート。そしてその事件を担当する刑事の家で起こる不可思議な怪奇現象パートの一見関係なさそうな二つの軸が同時進行していく!
ミステリーなのかホラーなのかスリラ
>>続きを読む

ドッグ・ソルジャー(2002年製作の映画)

3.4

ウェールズの森に演習に来た兵士が、次々と人狼に襲われていく本作は「ディセント」のニール・マーシャル監督作品!
ホラーとして怖がらせると言うよりは男臭いミリタリー映画に比重を置いている印象で「プレデター
>>続きを読む

11:46(2006年製作の映画)

3.2

地下鉄に乗り合わせたカルト教団の信者に襲われる主人公ら…という日本人はサリン事件を連想してしまう本作。
ニコニコしながら十字架型ナイフ振り回してくる信者は怖すぎるし、スプラッター全開です!妊婦のシーン
>>続きを読む

ガール・オン・ザ・サード・フロア(2019年製作の映画)

3.5

WWEのCMパンクが、白濁色の液体を顔面にぶっかけられる展開など一部の層からは絶大な支持を得そうなドロドロ系事故物件ホラー!
田舎の物件を買い再起を図る主人公ドンだったが家はなんだかドロドロしてるし、
>>続きを読む

呪いの怨恨 エコーズ・オブ・フィアー(2018年製作の映画)

3.1

亡くなった祖父の家の整理をしている孫に怪奇現象が降りかかる!
この家…なにか秘密がある…という事故物件ホラー!家の謎に迫るミステリー要素や、後半はサスペンス的な要素も加わり、脚本で楽しませようとしてい
>>続きを読む

PERFECT BLUE パーフェクト ブルー(1998年製作の映画)

4.3

「あなた、誰なの?」
未だに高い評価を得ている名作!
日本アニメでここまでハイクオリティなサイコスリラーを見たことがありません!
今敏得意の鏡を使った描写と、現実と妄想、夢が入り乱れて見ているこちらも
>>続きを読む

ナイル殺人事件(1978年製作の映画)

3.4

名探偵ポアロシリーズ。
時系列的にはオリエント急行殺人事件後で、リメイクが昨年公開予定でしたが延期延期で待ちきれず先に見ちゃいました。
ミステリーとしては王道なのでそれが好きならオススメですが、殺人が
>>続きを読む

光る眼(1995年製作の映画)

2.8

町中の人間が同時に失神する謎の事件の直後、女性達10人が同時に妊娠。
産まれた子供達は全員が白髪で感情の起伏が薄い不気味な存在で…というジョン・カーペンターによる「未知空間の恐怖/光る眼」のリメイク作
>>続きを読む

ゾンビコップ(1988年製作の映画)

3.6

素行不良な二枚目刑事が、どれだけ銃弾を撃ち込まれても死ななかった謎の宝石強盗を追っていく過程で自らも死なない体に!
自分の体が腐敗し切るまでの12時間の間に事件の真相を追う本作!
何よりも素晴らしいの
>>続きを読む

タイム・ダイレイション-死のベッド-(2016年製作の映画)

3.7

そのベッドに乗ったら最後…ベッドに呪い殺されてしまう…という本作。
それだけだと唯の一発ネタホラーですが本作はそれだけでは終わらない秀作!
呪いでベッドから降りられなくなったヒロインが携帯で助けを求め
>>続きを読む

処刑山 ナチゾンビVSソビエトゾンビ(2014年製作の映画)

4.0

は?最高か??
1作目で友達や彼女をナチスゾンビに皆殺しにされつつも生還した主人公の腕にゾンビパワーが移植され、ナチスの宿敵ソ連兵を復活(ゾンビ化)させて復讐に打って出るアクション映画って控えめに言っ
>>続きを読む

処刑山 -デッド・スノウ-(2007年製作の映画)

3.3

ノルウェーの医学生が冬山のロッジに泊まりに来たらナチスゾンビが居たでござる。な映画!
1人また1人と喰われていく人間側。
生き残った骨太メンバーはナチスの武器を奪ったりチェーンソーやらで反撃に出る!
>>続きを読む

デス・アプリ 死へのカウントダウン(2018年製作の映画)

2.4

アプリを入れたら呪われる…!
イット・フォローズを超意識した感染されホラー!
呪いのアプリにより特定の時間にスマホのカメラが起動する。スマホ越しに辺りを見回すとこの世ならざるものが映り込む!
霊が画面
>>続きを読む

ヘル・フィールド ナチスの戦城(2020年製作の映画)

2.8

第二次世界大戦×屋敷ホラーって個人的には新鮮!
バタフライ・エフェクトのエリック・ブレス監督作品です!
ドイツ占領下のフランスで、とある屋敷に派遣されたアメリカ兵5名。
滞在期間中、変な音や声が聞こえ
>>続きを読む

クライモリ(2003年製作の映画)

3.2

ウエストバージニア州にある人里離れた広大な森に迷い込んだ男女6人が、森に住む人喰い一族に執拗に追い回される映画!
人喰い族映画と言うからには衝撃的なシーン、具体的には人体解体や残虐非道な殺し方などを期
>>続きを読む

(r)adius ラディウス(2017年製作の映画)

3.1

男が目覚めると車が大破しており自身も記憶がない。交通事故で記憶喪失になったのか…
公道を走る車を呼び止めようとすると…運転者が死んだ!?
どうやら自分の体から半径15メートル以内に入った生物は皆死ぬら
>>続きを読む

ズーム/見えない参加者(2020年製作の映画)

3.4

zoom降霊術を行ったら、「冗談だよ!」って言えば何やっても許されると思ってるカスのせいで悪霊が降臨しちゃった上に、熟練の霊媒師は通信障害やらで役に立たず大混乱!
全編zoom越しと言うのは中弛みが気
>>続きを読む

>|