ゆんぶりっくさんの映画レビュー・感想・評価

ゆんぶりっく

ゆんぶりっく

映画(1266)
ドラマ(0)

EXIT(2019年製作の映画)

4.3

ファイトォォォォ!!!
いっぱぁぁぁぁつ!!!
毒ガス1000mg配合!!
街を覆う毒ガスからの脱出劇を描く今作は緊張とコメディの緩急が絶妙なアクションムービー!!
ビルからビルへ逃げ高所を目指す中盤
>>続きを読む

スモール・ソルジャーズ(1998年製作の映画)

3.5

玩具メーカーがおもちゃの頭に軍用マイクロチップを埋め込んだため、高い知能と凶暴な性格を兼ね備えたコマンドーフィギュアが出来てしまった。
敵として作られた「ゴーゴナイト」の戦士アーチャーを匿う主人公にコ
>>続きを読む

千と千尋の神隠し(2001年製作の映画)

5.0

行ってきました!!
「一生に一度は映画館でジブリを。」

行ってみて当時劇場で見た思い出が蘇ってきました。
当時、坊がネズミになってからの動きが可愛すぎて劇場が笑いに包まれていた記憶があります。

>>続きを読む

MEMORIES(1995年製作の映画)

3.0

3編のオムニバスで、全編通して機械や兵器の作画がえげつない。
個人的にはかなり好き嫌いが分かれるエピソード群でした。
各エピソードの好き具合で言うと
彼女の思いで 3.8
最臭兵器   2.0
大砲の
>>続きを読む

バック・トゥ・ザ・フューチャーPART3(1990年製作の映画)

5.0

3作目ではついに西部時代へ!!!

相変わらず笑えるしラストはハラハラするし何度見ても楽しい最高の三部作!!!

コンジアム(2018年製作の映画)

3.2

韓国でヒットしたPOVホラー。
普段はクラブに通ってたりオシャレなサラダ専門店とかに通ってたりしそうなパリピ陽キャの寄せ集めが金持ちYouTuberと心霊スポットを訪れたらモノホンの心霊現象が起こっち
>>続きを読む

トロール・ハンター(2010年製作の映画)

4.0

藤岡弘、探検隊ファンは必見!!
こりゃあ…最高に見応えのあるB級モキュメンタリー作品だぞぉ!!!
国家によってひた隠しにされてきたトロールと、それを狩るトロールハンターを追うという体の今作は、CGの粗
>>続きを読む

スケアリーストーリーズ 怖い本(2019年製作の映画)

3.8

ギレルモ・デル・トロ企画「ジェーン・ドゥの解剖」のアンドレ・ウーヴレダル監督で贈る本作は恐怖表現は控えめながらダレる事がなくテンポがよい良作ホラー!
呪いの本が紡ぐ物語通りに登場人物が殺されていくのだ
>>続きを読む

シライサン(2020年製作の映画)

3.3

聴くだけで呪われてしまう怪談によって友人や家族を殺された者たちがその真相に迫る本作はシライサンの不気味なビジュアルには合格点をあげたいものの、脚本上のアラが気になる上、真相に近づいていそうでいて結局よ>>続きを読む

レゴ(R)ムービー2(2019年製作の映画)

3.6

2014年公開の前作を視聴必須な今作は、公開年と同じく作中でも5年が経過している設定。

幼少期にレゴムービーを見た子供たちが思春期を迎えて2を観たとすると色々感じるところがあるかもしれませんね!
1
>>続きを読む

LEGO(R) ムービー(2014年製作の映画)

3.7

子供向けでもあり、かつておもちゃで遊んでいた大人たち向けでもある。
ウルトラマンや怪獣のソフビだってあんなに自由に遊んでいたのに、今はガラスケースに飾って並べるだけ…
そんな大人たちに刺さる名作!!
>>続きを読む

バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2(1989年製作の映画)

4.6

個人的にPart2ってそんなに好きじゃなかった気がしてたのですが、とんだ間違いでした。
最高じゃねぇか!!
今更いう事はねぇっす!!

バック・トゥ・ザ・フューチャー(1985年製作の映画)

5.0

久々に見ましたがやはりオールタイムベストに変動なし!!
今見ても全く色褪せない名作中の名作。
最高に笑えるし最高に楽しい。

Johnny・B・Goodeの演奏シーンは最高だし、マーティの戸惑い顔はほ
>>続きを読む

ザ・コール [緊急通報指令室](2013年製作の映画)

3.5

同じオレペーター映画としては救急通報司令室だけで話が進むワンシチュエーションスリラーの良作「ギルティ」と比べてしまいますが、こっちは良くも悪くもTHE ハリウッドな映画でしたねぇ〜
救急通報司令室だけ
>>続きを読む

ヴァスト・オブ・ナイト(2019年製作の映画)

3.5

アマプラオリジナル映画である今作は、スラムダンス映画祭で観客賞を受賞し、レビューサイトRotten Tomatoesで批評家から高評価を得ている話題作。
ある田舎町のラジオが謎の音を受信した事を発端に
>>続きを読む

メガマインド(2010年製作の映画)

3.8

馴染みあるキャラで言い換えると
バイキンマンが偶然アンパンマンを殺してしまい「俺様の天下だ!」となったは良いが、正義のいない退屈な日々に飽きて自らアンパンマンの代わりを作り上げるも、アンパンマンの力を
>>続きを読む

地獄少女(2019年製作の映画)

2.8

んーーー。
やっぱ地獄少女って30分アニメがちょうど良いよ…
30分で終わる話を107分にうすーーく引き伸ばして白石風味を少々…とやった結果、ホラー映画マニアも地獄少女好きも白石監督ファンも誰も得しな
>>続きを読む

霊的ボリシェヴィキ(2017年製作の映画)

3.4

「リング」の高橋洋が長年温めていたシナリオを映画美学校の実習作品として世に出した今作は、怪しげな連中に集められた人々がそれぞれ経験した恐ろしいエピソードを順番に語っていくことで異界への扉を開く実験を行>>続きを読む

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY(2020年製作の映画)

3.2

ハーレイ・クインは確かに可愛い。
確かに可愛いが逆にそれだけの映画だったなと言う印象。
肝心の可愛さもスーサイドスクワッドでの衝撃を越えたかと言うとそうでもなかった。
シンプルに今作のハーレイの衣装が
>>続きを読む

バタリアン(1985年製作の映画)

3.9

パーリィィ!!!

全編通してパンクロックやらシンセがミョンミョン言ってる軽快な音楽に合わせて生きたまま脳みそを喰われていくゾンビコメディ!

パーティタァイム!!

確かにこりゃカルトムービーですわ
>>続きを読む

デビルズ・メタル(2015年製作の映画)

3.4

メタル好き少年VS悪魔憑き軍団のハイテンションアクション!!
デッドライジングばりにほぼゾンビの悪魔憑きをグロく殺しまくる!
頭を斧で縦に真っ二つにぶち割ったり、電動の高枝切バサミ的なのでチ○コを切断
>>続きを読む

ライト/オフ(2016年製作の映画)

3.7

ワタシ達…死んでもズッ友ダヨ!!

電気を消したら見える霊という短編を元に製作された本作は、子供が観たらトラウマ必至な出来栄えになっており満足!
電気のオンオフをパチパチしてたら遠くに人影が見え、
>>続きを読む

ヴァイラス(1998年製作の映画)

3.5

ロシアの研究船が宇宙から飛来した電気生命体に乗っ取られる。
奴らは船の設備を使い人間とマシンを融合させた生物兵器を作り人類の抹殺を図っていた!
そこへ難破した輸送船(主人公ら)がやってきて…
という話
>>続きを読む

Z Bull ゼット・ブル(2018年製作の映画)

3.7

兵器メーカーが作り出したレッ…いや、エナジードリンクを社員に飲ませたら副作用で凶暴化!!
ゼットインクと酷似している内容ながらこちらはキチンと部署毎の特徴を捉えた狂い方をしていて好印象!
コレコレェ!
>>続きを読む

サスペリア PART2 完全版(1975年製作の映画)

2.5

あまり好きなタイプのミステリーじゃなかったと言うのが正直な感想。

他人の心を読む超能力者が、講演の途中で強烈な殺意を感じ取り「この中に殺意を持つ人物がいる!過去に殺人を犯している!!」と発言したこと
>>続きを読む

霊幻道士(1985年製作の映画)

3.3

子供の頃見た記憶はないので思い出補正ゼロです。
そんな状態でもカンフーアクションはやっぱり影響されちゃう!
料理を作りながらついついポーズを決めてしまう。ホワァー!!
キョンシー中心かと思いきやウルト
>>続きを読む

スリザー(2006年製作の映画)

3.3

宇宙から飛来した寄生生物に脳を乗っ取られるとぐちょぐちょの触手人間への変貌してしまってさぁ大変というB級感満載の話だけど、そこは流石ジェームズ・ガンと言うべきか。
設定が多い割りにしっかり脚本が練られ
>>続きを読む

HOUSE ハウス(1977年製作の映画)

4.0

こりゃまたサイケデリックで中毒性のあるカルトホラーですな!
家主の深過ぎた愛が一種の呪いとして溶け込んだ家屋にて、少女達が理不尽に喰われていく話。

結論から言うと少女達のキャッキャ感が最高!!

>>続きを読む

ゴースト・オブ・マーズ(2001年製作の映画)

3.4

テラフォーミング済みの火星にて資源の採掘中に古代文明遺跡を発掘!!
その中には火星土人の霊体が封じ込められており、封印が解かれると共に人間に取り憑いていく!
取り憑かれた人間は突如ヘヴィメタファッショ
>>続きを読む

Z Inc. ゼット・インク(2017年製作の映画)

3.2

仕事のミスをなすり付けてきた姑息な上司!!
そのミスを隠蔽した社長!!
非情な解雇担当者も、社長の側近もみんな許せねぇ!!
社内で凶暴化ウイルスのパンデミックが起こった混乱に乗じて、そいつらをブチのめ
>>続きを読む

私はゴースト(2012年製作の映画)

3.8

「幽霊は死ぬまでの行動を永遠に繰り返している」なんてよく言われますが、本作はまさにそんな死んだ事に気がつかず終わらぬ日常を繰り返している少女の霊の目線で話が進み、霊側から見る除霊を描いているのが面白い>>続きを読む

イット・フォローズ(2014年製作の映画)

4.0

Jホラーの教養を多少つけた今、久々に再鑑賞。
いや、これやっぱめっっっちゃ怖くない!?!?
これ怖くないって人凄すぎですよ!?

自分の身に置き換えてみて欲しい。
人の形を成した死の概念その物が自分の
>>続きを読む

ロスト・ボディ(2012年製作の映画)

3.3

消えた妻の死体を巡るスペイン映画。

リアリティラインの置き所が巧みで、王道ミステリー的流れになりそうでもあり、オカルトやホラー的展開への余白も残しつつ話が進むので、結末の推理が難しいのも良いです!
>>続きを読む

玉城ティナは夢想する(2017年製作の映画)

4.0

どんなメイクもファッションも、いかなる構図だって絵になってしまう玉城ティナの魅力が詰まった短編。

メンヘラファッションのティナちゃん可愛い〜
本棚から這い出てくるティナちゃん可愛い〜
ってなもんです
>>続きを読む

ヴァンパイア/黒の十字架(2002年製作の映画)

3.1

「ヴァンパイア 最後の聖戦」の続編ながら、ジョン・カーペンターは製作総指揮に引っ込み、主人公はジェームズ・ウッズから交代。新たな主演は…

ジョン・ボン・ジョビ!?!?

いや違和感は無かったですけど
>>続きを読む

ヴァンパイア/最期の聖戦(1998年製作の映画)

4.0

ジョン・カーペンターによる吸血鬼モノ!
こりゃ〜最高にアガる一本ですな!!
冒頭のヴァンパイアハンターチームが吸血鬼の巣に乗り込んで一網打尽にするシーンも最高だし、その直後のモーテルでの阿鼻叫喚シーン
>>続きを読む

>|