Otunさんの映画レビュー・感想・評価 - 5ページ目

Otun

Otun

おじさんの、よもやまレビュー。

映画(629)
ドラマ(0)

パリ、ジュテーム(2006年製作の映画)

3.7

後輩に勧められ、ずいぶんと前にクリップ。
そのままだいぶ熟成させてしまってからの初見。
『パリ、ジュテーム』。

きら星の如く並ぶ18人の名監督達による、5分ずつのショートオムニバス。
愛をテーマに様
>>続きを読む

トゥモロー・ワールド(2006年製作の映画)

4.4

キュアロン作『トゥモローワールド』。初見。
皆さまのレビューで興味を持ち、鑑賞。

おおおおおっ、こりゃ、やべー。
冒頭。人類最年少の18歳の少年が死去するニュースが世界を走る。
つまり、この物語の世
>>続きを読む

浮雲(1955年製作の映画)

3.9

初見。成瀬巳喜男作『浮雲』。


浮雲(うきぐも)は、空に浮かんで漂う雲。転じて、不安定でどこへ漂うか分からない身上の形容としても用いられる(和歌では「浮き」は「憂き」の掛詞によく使われる)。
>>続きを読む

はじまりへの旅(2016年製作の映画)

4.0

はじまりへの旅。
っつー所謂邦題然としたタイトルで二の足を踏んでいた今作。
近くの映画館で日に一度やっとったので、空き時間利用、鑑賞。

原題、『キャプテン・ファンタスティック』。

いや、マジふざけ
>>続きを読む

(2005年製作の映画)

2.8

初見。キムギドク作『弓』。

キムギドク作は毎度そうだけど、今作も例に漏れず。これは、あのぉ、つまり、ううん、なんと、これ、言ったらいいのかしら。

あれか。
例えば、加藤茶と彼の若い奥さんの夫婦仲に
>>続きを読む

アメリカン・ビューティー(1999年製作の映画)

4.5

映画話をよくする友人(『君の名は』を二人で見に行き、共にフル号泣した男。ちなみに友人も私も40歳オーバー。エヘン)
と、こないだ久しぶりにお酒なんぞを頂いて、例により映画の話になった。
彼曰く。
>>続きを読む

誘拐報道(1982年製作の映画)

3.3

飲みの席。
会社の社長に『誘拐報道観たことあるか?』と聞かれ、『ないっす』と割と軽めにチャーミングめに答えた所。
お前、それで映画が好きとかのたまうな、くらいのテンションで後日強引にDVDをお借りした
>>続きを読む

ムーンライズ・キングダム(2012年製作の映画)

4.2

片手で数えられるくらいにした観たことなかったウェスアンダーソン。
しかも、そのどれも今までハマらなかった。個人的に。
今作もそんな訳でなかなかに食指が動かなかった。初見『ムーライズキングダム』。
>>続きを読む

チャイナタウン(1974年製作の映画)

4.1

俺はジャックニコルソンが好きじゃーっ!!!
こんにちは。
午後一よく分からない雄叫びを上げました。今作もご無沙汰再観。
ロマンポランスキー作『チャイナタウン』。


大好きな顔面凶器、ジャックニコルソ
>>続きを読む

アメリカン・グラフィティ(1973年製作の映画)

4.6

ガーディアンズオブギャラクシーリミックスを観て、やっぱり音楽と映像のマッチングのいい作品から得られるカタルシスはハンパないっ!、と一人勝手にテンションを上げ、10年振りほどにこちら手にした>>続きを読む

3-4x10月(1990年製作の映画)

4.7

再レビューです。
己の繁忙期(しつこくてすいません。)を越え、好きな映画を再観したくなりな『3×4=10月』。

いやいやいや。
相変わらず物凄い。再観で再確認。
人生のあるあるであり、真理でもあり、
>>続きを読む

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(2017年製作の映画)

4.5

なんやこれ!めちゃくちゃおもしろいじゃないの!←今更w。

繁忙期で完全に仕事マシーンと化していた私の体と心の髄の髄まで染み入りました。
前作も80s音楽と作品の『抜け感』が絶妙だったけど、今作は前作
>>続きを読む

ムーンライト(2016年製作の映画)

4.0

私事ですが、2ヶ月におよぶ繁忙期を終え帰って参りました。
『ムーンライト』。

映画館で映画を観るってやっぱり最高!
予告終わって、袖幕が広がるだけで昇天!!

わくわくわくわくわく。
全くレビューに
>>続きを読む

T2 トレインスポッティング(2017年製作の映画)

4.2

変わらずの繁忙期。追われる日々に咆哮する中、たった1日。ほんの少しの時間と心の余裕が出来たので行ってきた。
『T2』。


今では齢を40を数え、やれ繁忙期だとか嘯き毎日を過ごしている私ですが。
20
>>続きを読む

パッション(2004年製作の映画)

2.8

ダヴィンチコードに続き、
繁忙期お仕事かこつけ鑑賞シリーズ2。
メル・ギブソン作『パッション』。


うわぁ、もう痛い痛い。
えーなにあれ、あのムチの先についてる引っ掻けるやつ。あれ。
超痛い。

>>続きを読む

ダ・ヴィンチ・コード(2006年製作の映画)

3.1

繁忙期のため映画鑑賞の制限を設けたものの、近頃禁断症状特有の、動悸、息切れ、眼のかすみ等がひどくなってきたため、
今抱えているお仕事に関係するものなら時間裂いてもいいでしょ!と、
救心変わりに鑑賞の初
>>続きを読む

ライムライト(1952年製作の映画)

4.8

未レビューだった、愛する今作。
チャップリン作、『ライムライト』。

彼の、あまりに有名な台詞。
『人生に必要なのは、勇気と想像力と、あと少しばかりのお金』。

この言葉は、単なる美しいという側面だけ
>>続きを読む

スコルピオンの恋まじない(2001年製作の映画)

4.3

年度末。いつまでもコクソンコクソン言ってても仕方がないので、原点回帰。
大好きウディアレンを久しぶりに。
再鑑賞、『スコルピオンの恋まじない』。


とにかく、唸るほどの脚本。
ウディアレンとヘ
>>続きを読む

ANNIE/アニー(2014年製作の映画)

3.6

ええ。
先日『コクソン』を観てから、あまりの衝撃に、以来極度の人間不振。
仕事の相手先と話をしていても
『コ、コイツはこんな笑顔してても、もしかしたら裏ではウソをついてるかもしれねぇ。ゴクリッ』など
>>続きを読む

ワンダフルライフ(1999年製作の映画)

4.3

すんません、こちら再レビューになります。

いつのまにか10年振りくらい、改めて観た。
その人にとって大切な映画を観直すと言うのは、誰でもきっと特別な事でしょう。

が、これが、もし貴方が亡くなった時
>>続きを読む

スポットライト 世紀のスクープ(2015年製作の映画)

3.8

『映画を観る』って行為は、その人間の道徳観や倫理観に大きく影響を及ぼすものだと思う。

人の嫌がることをやっちゃいけません。
悪いことをしたら怒られる。
自分らしく生きる。

例えばこんな十人並みな価
>>続きを読む

哭声 コクソン(2016年製作の映画)

4.6

ちょっ、
もう、とんでもないくらいおもしろかった。

今までのナホンジン作はどれも、じとっとした間合いで緊張させてから、物語がかけ上がる疾走感が抜群でどれも大好きですが、
今作の詰め込みたいだけ詰め
>>続きを読む

太陽(2016年製作の映画)

3.3

劇作家前川知大さん率いる劇団イキウメの代表作『太陽』の映画化。

ブロムカンプのエリジウム的に貧富、格差、差別などが『ここではない日本』を舞台に描かれる。
ノクスとキュリオ。
大まかにみれば、富裕層と
>>続きを読む

ペット(2016年製作の映画)

3.6

自分じゃまず観ないだろーとか思いつつ、友人の勧めでの鑑賞。な、『ペット』。

いや、楽しい楽しい。
さわやか。
理解出来ない相手と不遇を共にして分かり合う、とか『ペット』や『動物』を描きつつも、それは
>>続きを読む

恋人たち(2015年製作の映画)

4.5

どあたまから、声を大にして言わせてもらいます。
大傑作!!!
まー、2015年の邦画を◯SUTAYA準新作クーポンで今更観た私にこの言葉を言う資格はありません。
が、言います。
再度言います。
大傑作
>>続きを読む

おとぎ話みたい(2014年製作の映画)

4.2

おはようございます。
今年41歳(本厄。あべしっ)のおじさんだって、気持ち悪かろうが今作の様な映画も観るのです。エヘン。

公開時。噂には聞いていたけど短期間の単館だったためスケジュール合わず断念。
>>続きを読む

ルーム(2015年製作の映画)

4.0

気づけばフィルマークスを始めて1年。
今後も、完全マイペース&好き放題主観で綴らせて頂きますが、
皆さま、何卒よろしくお願いいたします。
1年経過のお祝い(何やそれw)に今作を。
『ルーム』。


>>続きを読む

アイアムアヒーロー(2015年製作の映画)

3.6

おはようございますっ。
ヒメアノ~ル同様、昨年話題だった邦画の中で、こちらも原作が好きで公開時持ち前の天の邪鬼的二の足を踏んだ。

が、この頃。
大好き◯SUTAYAの準新作100円レンタルクーポンに
>>続きを読む

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

3.5

『沈黙』の2時間40分に挑む覚悟がまだ出来ず胃もたれしそうなので、大評判のこちらを。
『La・La・Land』。

予告が公開された時、『おお。やばそーなの来た』と思った。
ビビッドな色彩の中。古き良
>>続きを読む

東京ゴッドファーザーズ(2003年製作の映画)

4.3

今敏(コンサトシ笑)監督鑑賞。2作品目。
『東京ゴッドファーザーズ』。

おおおお。前回鑑賞の『パプリカ』と、また切り口が全然違う。

年末の東京。
主人公のホームレス3人が、たまたま拾った赤ちゃんの
>>続きを読む

ヒメアノ〜ル(2016年製作の映画)

4.3

原作者、古谷実さんのどろりとした作品群がそもそも好き。
信じられる現代的エキセントリックさ。

公開時。
あまりの好評価を多方面から聞き、ワタクシ持ち前の天の邪鬼『は?いやいや、いくら面白くたって原作
>>続きを読む

教授のおかしな妄想殺人(2015年製作の映画)

3.7

スコセッシ作を映画館で久しく観てないことにふと気づいた。

今ならあれだ。公開中の『沈黙』。これやろ。
よっしゃ、今日行ったろー、と近所の上映館を調べると仕事後このまま劇場に向かえば、着は本編開始30
>>続きを読む

パプリカ(2006年製作の映画)

4.4

フォロワーさんからの影響を頂きこちらを。

まず、恥ずかしながら。
私、『今敏』監督の名を『コントシ』と読むのか、『イマアキラ』なのか、はたまた『コンビン』と韓流四天王な感じで読むのかすら、そもそも知
>>続きを読む

たかが世界の終わり(2016年製作の映画)

4.5

近頃。日々に忙殺され、ずいぶん映画と離れた日常を過ごしてました。
リハビリの意も込め、次はガツンと自分に衝撃を与えんといかんなと思い、選んだ今作。
『たかが世界の終わり』。

そう、時代の寵児グザ
>>続きを読む

スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲(1980年製作の映画)

4.2

最近の自分は一体どうしてしまったんだろうと思っている。

どんなに忙しくとも、どんなに酔って帰ってこようと、基本自宅で映画を観始めるのが10代後半からの私のライフワークでした。

が。近頃の私はなんだ
>>続きを読む

マチェーテ(2010年製作の映画)

3.9

寒い日が続いてますね。
昼夜で寒暖差があったりで、皆さま健やかにお過ごし下さい。
で、ワタクシはと言えば、やはり寒いのでお出掛けしてまで映画館やレンタル屋には足が向かず、暖房の効いた部屋でチューハイを
>>続きを読む