mihoさんの映画レビュー・感想・評価

miho

miho

映画が大好き。絵を描くのも好き。映画観た後たまに絵を描いてます。Tギリアム、Dボイル、Cノーラン、Eライト、Wアンダーソンなどは好物です。ずっと映画の話をしていられる。

ミッドナイト・スペシャル(2016年製作の映画)

3.7

竹取物語を思い出した。

カルト教団からSF展開へ。
え、そうなの?と思ったけど
信仰が様々という意味では
自然な展開かも。
俳優がみんな静かに渋く演じる。
こういう一件リアリティのあるSFも
良いで
>>続きを読む

君の名は。(2016年製作の映画)

3.8

ひゃー。良かったです。
なんかピュアでね...ピュアとSFも
合いますねぇ。最近はブラックな
SFの方が見慣れてたんで。

思ったより壮大な話で面白かった。
入れ替わりとかタイムリープとか、
只のデジ
>>続きを読む

宇宙大戦争(1959年製作の映画)

3.0

映像技術が圧倒的に進化した今、
これを観るとかわいくてちょっと
可笑しいのだけど、この頃の映画って
リアリティよりロマン(映画を観る事が
今より娯楽性高かったと思うので)なの
だろうなと感じます。
>>続きを読む

特捜部Q Pからのメッセージ(2016年製作の映画)

3.5

原作のファンなのですが、やはり
2時間でまとめるとなると色々
端折ったり変更したりしなければ
ならないので、仕方ない。
カールもアサドもローセももっと
キャラ濃いのでたてて欲しいけど、
映画じゃなくて
>>続きを読む

キアヌ(2016年製作の映画)

3.3

愛猫家ばんざい!
気軽に観ながらも猫ちゃんのシーンは
ガン見してしまうほどのかわいさ。
キアヌという名を付けられた猫が
一度キアヌ・リーヴスの声で話しますw
ミャオウ!

オクジャ okja(2017年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

オクジャ!
架空の生き物だから万が一の展開に
なっても哀しくないもんね!架空だから!
と心で唱えながら中盤まで観てたのですが
さすがに終盤の色々されてラリってたり
屠殺されそうだったりしたシーンでは、
>>続きを読む

イップ・マン 序章(2008年製作の映画)

3.7

ウヒャー!ドニーさんカッケーな!
と、野沢雅子さんの真似をする芸人さんの
真似をしながら冒頭のカンフーを観ていた
私ですが、やはり日中戦争の頃の設定なの
で日本が敵!な全体の雰囲気はちょっと
心苦しく
>>続きを読む

AMY エイミー(2015年製作の映画)

3.8

繊細で、よく笑って個性的な声で抜群に
歌が上手くて音楽が大好きで堪らない
魅力的な女の子だったエイミー。

純粋に好きな歌をうたって生きていくには
彼女には才能があり過ぎて、その影響は
彼女の気持ちを
>>続きを読む

奇蹟がくれた数式(2015年製作の映画)

3.8

デヴ・パテルとジェレミー・アイアンズの
コンビ、まずこれ必見だなと思いました。

超鬼才数学者、ラマヌジャンの物語。
超文系と同時に理数に弱い私には尚更
「公式が浮かんでくる、降ってくる」
という事が
>>続きを読む

チャーリング・クロス街84番地(1986年製作の映画)

3.8

アン・バンクロフトの米国女性らしさと
アンソニー・ホプキンスの英国男性っぽさ
のバランスが、割とティピカルなんだけど
でも良かった。ジュディ・ディンチ様も
また、いぶし銀。

安定感抜群の良質な物語。
>>続きを読む

われらが背きし者(2015年製作の映画)

3.7

スウェーデン出身のステラン父さんが
魅力的なロシアの熊として憎めない
マフィアの一員を演じます。(半分本当)

相変わらずチャーミングなユアンと
ナオミハリスの美形夫婦が、冷えかけた
関係を回復すべく
>>続きを読む

ダンケルク(2017年製作の映画)

4.2

まるでドキュメンタリーのようで
体感して、恐怖と哀しみと
緊張感をビシビシ受けてきました。
カメラの距離感と高さ感のせいで
しょうか。
いやでも、事実、普通の若者達が
あの場にいたという事の怖さは
>>続きを読む

ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ(2015年製作の映画)

4.0

ジュード・ロウはこういう奔放で
男女に魅力を振りまく役が相変わらず
似合いますね。おっさんなのにキラキラ
しやがって!(大ファンです)

それを受け止めるコリンファースが
また、好キャスト。
このコン
>>続きを読む

団地(2015年製作の映画)

3.5

キャラが良い楽しい映画でした。
特に主役の山下夫妻が良いコンビ。
漢方作り大変そうだけど楽しそう。

ミス・シェパードをお手本に(2015年製作の映画)

3.8

その昔、モンティパイソンよりちょっと前、
ピーター・クックやダドリー・ムーア
と共に英国コメディ界を賑わせていた
アラン・ベネット先生の戯曲や小説が
あまり翻訳されていないのが残念だと
思ってるのです
>>続きを読む

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

4.3

これ観た日ね、気圧のせいか疲れのせいか
奇遇にも(?)右耳がやや痛かったんですよ。
中耳炎ぽいズキズキ感あってね。
なのでそんなところからの共感からまず
私の鑑賞が始まりました。

冒頭から車の宣伝の
>>続きを読む

ガール・オン・ザ・トレイン(2016年製作の映画)

3.7

原作小説を読むか映画を観るか
どうしようと思いつつ、映画を
観るチャンスが先に来たので鑑賞。

ネタバレ避けでキャストについて書きますw

エミリー・ブラントの、アル中で頬が
垂れかけた状態のお顔を見
>>続きを読む

ターゲット(2010年製作の映画)

4.0

ビル・ナイとエミリー・ブラントの
ラブコメとも言えるクライムコメディー。
つーかほぼコメディー。

ビル・ナイおじさん大好きなので
(゚∀゚)ノ キュンキュン!w な高得点ですw
きっちりしたスーツ姿
>>続きを読む

すばらしき映画音楽たち(2016年製作の映画)

4.5

映画音楽好きの私にとっては
すばらしかったです。

映画音楽を作っている人々が
新旧含め、自分の事や、更に
他の音楽家の事(これすごく良かった)を
語る。なんて素敵。

あんなに賞を獲って映画音楽界で
>>続きを読む

ヘイル、シーザー!(2016年製作の映画)

3.5

コーエン兄弟版『映画に愛を込めて アメリカの夜』...な訳ないかw でも
そのコメディ版と言いたい気もします。

ずっと陽気で表情豊かなクルーニーさん
のボケ担当ぷりとか、無邪気なカウボーイ
若手俳優
>>続きを読む

ボーン・レガシー(2012年製作の映画)

3.5

ジェレミーレナーとレイチェルワイズの
コンビ良かった。

セブン(1995年製作の映画)

3.8

ケヴィン・スペイシー。

上野駅近くに映画館があった頃
(今もあるのかな)、映画の看板が
絵だったんです。写真じゃなくてね。
看板屋さんが絵描くの。なかなか味が
あるのだけど、セブンの時は銃を持って
>>続きを読む

エスター(2009年製作の映画)

3.7

これネタバレダメゼッタイなやつ。
色んな意味でこわいよ!

アイアンマン(2008年製作の映画)

3.7

人知れず街を守るお金持ち、
ご両親の事もあって背負うものが多い
重めのバットマンに対して
「あー、最近よく見るヒーローね。
あれ、オレ!」
て軽く宣言しちゃうオープンな
お金持ち、トニー・スタークさん
>>続きを読む

ドント・ブリーズ(2016年製作の映画)

3.0

めっちゃ強い。おじいちゃんめっちゃ強い。おじいちゃんの筋肉!

ホラーていうかサイコスリラー?

しかし強盗入っといて「くたばれ!」
とかくそビッチめと思いました。
(ああいうことされた後だとしても。
>>続きを読む

インフェルノ(2016年製作の映画)

3.5

うむ、もっと謎解きくれ!カモщ(゚д゚щ)ン!!
という感想でした。色んな人が敵か味方か
わからない感じは楽しかったですけど。

冒頭からクラクラ脳な教授にやたら
パス出ししてたのであの人怪しいなぁと
>>続きを読む

ヒーローマニア 生活(2016年製作の映画)

2.5

確かに窪田くんと小松さんがかわいい。
確かにキックアスっぽさ出してる。
確かに全体的にもっさりしてる。
大東くんの演技力...こんなでしたっけ?
あまりお上手じゃないのか、キャラに
合わなかったのか.
>>続きを読む

クリムゾン・ピーク(2015年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

私はチャーリー・ハナムの顔が覚えられない。

モンスターか幽霊姉弟かと思ってたら、
違う方向のモンスターでした。
にんげん が いちばん こわいね。
霊感強いイーディスもすごい。
そこはデル・トロ監督
>>続きを読む

ブラザーズ・オブ・ザ・ヘッド(2005年製作の映画)

3.0

NCLの「夜中に犬に起こった奇妙な事件」を観て以来、とても気になる存在だった
役者・ルーク・トレッダウェイと、
双子の兄ちゃん(ペニードレットフルに出てますね)主演て事で俳優目当てで鑑賞。

バンドあ
>>続きを読む

ナショナル・シアター・ライヴ 2016「夜中に犬に起こった奇妙な事件」(2012年製作の映画)

4.5

原作を読んでたので、期待はしてたの
ですが期待以上でした。また観たい!

愛おしいし心に刺さるしクスッと
笑えるところもあるし...。
イギリスの家族愛ものにすごく弱いのです。

最後もすごく良い。

ハドソン川の奇跡(2016年製作の映画)

4.0

最初から最後まで集中して観られました。

ドキュメンタリータッチ寄りで、
大袈裟過ぎない、そして911以降の
航空機をテーマにしてるのと
主役のトム・ハンクスという存在が
大きいので長編映画にしそうな
>>続きを読む

リップヴァンウィンクルの花嫁(2016年製作の映画)

3.4

フライドドラゴンフィッシュで
心を(゚∀゚)ノ キュンキュン!にさせられた
岩井俊二監督が、いつからか苦手になる。
(アレルギーてやつか)
そんな風に大人になったんですが、
これは割と良作と思いました
>>続きを読む

アイリス・アプフェル!94歳のニューヨーカー(2014年製作の映画)

3.7

観てて楽しかった。
素敵な人生を送ってる。
しかしお金持ちだなぁ...w

みんなが出来る生き方じゃないけど
参考になる発言をたくさんしていて
おこがましくも、お友達になりたい!
と思わせるパーソナリ
>>続きを読む

>|