mihoさんの映画レビュー・感想・評価

miho

miho

映画が大好き。絵を描くのも好き。映画観た後たまに絵を描いてます。Tギリアム、Dボイル、Cノーラン、Eライト、Wアンダーソンなどは好物です。ずっと映画の話をしていられる。

団地(2015年製作の映画)

3.5

キャラが良い楽しい映画でした。
特に主役の山下夫妻が良いコンビ。
漢方作り大変そうだけど楽しそう。

ミス・シェパードをお手本に(2015年製作の映画)

3.8

その昔、モンティパイソンよりちょっと前、
ピーター・クックやダドリー・ムーア
と共に英国コメディ界を賑わせていた
アラン・ベネット先生の戯曲や小説が
あまり翻訳されていないのが残念だと
思ってるのです
>>続きを読む

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

4.3

これ観た日ね、気圧のせいか疲れのせいか
奇遇にも(?)右耳がやや痛かったんですよ。
中耳炎ぽいズキズキ感あってね。
なのでそんなところからの共感からまず
私の鑑賞が始まりました。

冒頭から車の宣伝の
>>続きを読む

ガール・オン・ザ・トレイン(2016年製作の映画)

3.7

原作小説を読むか映画を観るか
どうしようと思いつつ、映画を
観るチャンスが先に来たので鑑賞。

ネタバレ避けでキャストについて書きますw

エミリー・ブラントの、アル中で頬が
垂れかけた状態のお顔を見
>>続きを読む

ターゲット(2010年製作の映画)

4.0

ビル・ナイとエミリー・ブラントの
ラブコメとも言えるクライムコメディー。
つーかほぼコメディー。

ビル・ナイおじさん大好きなので
(゚∀゚)ノ キュンキュン!w な高得点ですw
きっちりしたスーツ姿
>>続きを読む

すばらしき映画音楽たち(2016年製作の映画)

4.5

映画音楽好きの私にとっては
すばらしかったです。

映画音楽を作っている人々が
新旧含め、自分の事や、更に
他の音楽家の事(これすごく良かった)を
語る。なんて素敵。

あんなに賞を獲って映画音楽界で
>>続きを読む

ヘイル、シーザー!(2016年製作の映画)

3.5

コーエン兄弟版『映画に愛を込めて アメリカの夜』...な訳ないかw でも
そのコメディ版と言いたい気もします。

ずっと陽気で表情豊かなクルーニーさん
のボケ担当ぷりとか、無邪気なカウボーイ
若手俳優
>>続きを読む

ボーン・レガシー(2012年製作の映画)

3.5

ジェレミーレナーとレイチェルワイズの
コンビ良かった。

セブン(1995年製作の映画)

3.8

ケヴィン・スペイシー。

上野駅近くに映画館があった頃
(今もあるのかな)、映画の看板が
絵だったんです。写真じゃなくてね。
看板屋さんが絵描くの。なかなか味が
あるのだけど、セブンの時は銃を持って
>>続きを読む

エスター(2009年製作の映画)

3.7

これネタバレダメゼッタイなやつ。
色んな意味でこわいよ!

アイアンマン(2008年製作の映画)

3.7

人知れず街を守るお金持ち、
ご両親の事もあって背負うものが多い
重めのバットマンに対して
「あー、最近よく見るヒーローね。
あれ、オレ!」
て軽く宣言しちゃうオープンな
お金持ち、トニー・スタークさん
>>続きを読む

ドント・ブリーズ(2016年製作の映画)

3.0

めっちゃ強い。おじいちゃんめっちゃ強い。おじいちゃんの筋肉!

ホラーていうかサイコスリラー?

しかし強盗入っといて「くたばれ!」
とかくそビッチめと思いました。
(ああいうことされた後だとしても。
>>続きを読む

インフェルノ(2016年製作の映画)

3.5

うむ、もっと謎解きくれ!カモщ(゚д゚щ)ン!!
という感想でした。色んな人が敵か味方か
わからない感じは楽しかったですけど。

冒頭からクラクラ脳な教授にやたら
パス出ししてたのであの人怪しいなぁと
>>続きを読む

ヒーローマニア 生活(2016年製作の映画)

2.5

確かに窪田くんと小松さんがかわいい。
確かにキックアスっぽさ出してる。
確かに全体的にもっさりしてる。
大東くんの演技力...こんなでしたっけ?
あまりお上手じゃないのか、キャラに
合わなかったのか.
>>続きを読む

クリムゾン・ピーク(2015年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

私はチャーリー・ハナムの顔が覚えられない。

モンスターか幽霊姉弟かと思ってたら、
違う方向のモンスターでした。
にんげん が いちばん こわいね。
霊感強いイーディスもすごい。
そこはデル・トロ監督
>>続きを読む

ブラザーズ・オブ・ザ・ヘッド(2005年製作の映画)

3.0

NCLの「夜中に犬に起こった奇妙な事件」を観て以来、とても気になる存在だった
役者・ルーク・トレッダウェイと、
双子の兄ちゃん(ペニードレットフルに出てますね)主演て事で俳優目当てで鑑賞。

バンドあ
>>続きを読む

ナショナル・シアター・ライヴ 2016「夜中に犬に起こった奇妙な事件」(2012年製作の映画)

4.5

原作を読んでたので、期待はしてたの
ですが期待以上でした。また観たい!

愛おしいし心に刺さるしクスッと
笑えるところもあるし...。
イギリスの家族愛ものにすごく弱いのです。

最後もすごく良い。

ハドソン川の奇跡(2016年製作の映画)

4.0

最初から最後まで集中して観られました。

ドキュメンタリータッチ寄りで、
大袈裟過ぎない、そして911以降の
航空機をテーマにしてるのと
主役のトム・ハンクスという存在が
大きいので長編映画にしそうな
>>続きを読む

リップヴァンウィンクルの花嫁(2016年製作の映画)

3.4

フライドドラゴンフィッシュで
心を(゚∀゚)ノ キュンキュン!にさせられた
岩井俊二監督が、いつからか苦手になる。
(アレルギーてやつか)
そんな風に大人になったんですが、
これは割と良作と思いました
>>続きを読む

アイリス・アプフェル!94歳のニューヨーカー(2014年製作の映画)

3.7

観てて楽しかった。
素敵な人生を送ってる。
しかしお金持ちだなぁ...w

みんなが出来る生き方じゃないけど
参考になる発言をたくさんしていて
おこがましくも、お友達になりたい!
と思わせるパーソナリ
>>続きを読む

孤独のススメ(2013年製作の映画)

3.9

おっさんがおっさんを拾う話

...から唐突に始まり、独特な間とか
不思議な世界観で、笑っちゃうけど
笑っちゃいけない気もするような
シーンが散りばめられてて、
このまま不思議ワールドで終わるのか?
>>続きを読む

アイ・ソー・ザ・ライト(2015年製作の映画)

3.0

トムヒがかっこよすぎて
逆に観てられなかったw

オルセンちゃんかわいい。
服かわいい。

マーベルの時の2人の方が好きw

ザ・ギフト(2015年製作の映画)

3.5

ジョエル・エドガートン多才なんですね。
監督しながら自分で奇妙な役も
やっちゃうとは。
飽きない展開にしてるしね。

学生の頃の事を引きずる系の映画って
結構ありますね。

最初ポスター観た時、シャド
>>続きを読む

FOUJITA(2015年製作の映画)

3.4

引きの画の多さと人々の立ち位置など、
ワンカットずつが絵画っぽい。
絵を見てるような作品でした。
絵画の中に藤田嗣治の人生が混ざり、
語られる。そんな感じなのでいわゆる
伝記物ではなく藤田の人生をモチ
>>続きを読む

ヤング・アダルト・ニューヨーク(2015年製作の映画)

3.6

いきなりアドロック出てる!

ベン・ステイラーが若者に振り回される。
神経質そうな感じがハマってる。
元々彼をモデルに描かれたキャラクター
なんじゃないかと思うくらいしっくり
きてる。そして憎たらしい
>>続きを読む

ファインディング・ドリー(2016年製作の映画)

3.8

ハンク最強。
ハンク好にかれるドリー最高。

ドリーのいいところは
一生懸命なところ。
しかも甘えない。
助けて欲しい時は言ってみる。
友達にしたい、好かれるキャラだ。
忘れちゃうのは大変だけど...
>>続きを読む

先生と迷い猫(2015年製作の映画)

3.6

猫が行方不明

愛おしいなぁ猫。
かわいいなぁ。

イッセー尾形さん扮する校長先生は
かなり変わり者なキャラだけど、
イッセーさんがやるとプラスで
かわいさも出ちゃうのよねw

猫を愛する人たちの、
>>続きを読む

未来惑星ザルドス(1974年製作の映画)

3.5

最初ほんとエロコメディSFだと
思ってたら、割と真面目というか
いっちゃってる感じの世界観で、
生と死、時間が主軸の哲学だった
...かもしれない。

カルト集団なのかそれとも
超保守的な集団なのか(
>>続きを読む

アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅(2016年製作の映画)

3.5

ちゃんとごめんなさいって言えること。

お子様向けエンターテインメント。
ディズニーさんらしい作りになってて
良いんじゃないでしょうか。
ベタであっても家族愛に弱いので
評価ちょいあげてます。

アン
>>続きを読む

クリーピー 偽りの隣人(2016年製作の映画)

3.0

不気味な部屋で女の子が何故あっちを撃たなかったのかなと思ってたんだけど、オチでああなるから取っておいたのですかね。
あとは心理的なもので、コントロールされやすいか制御できるかていう。

香川照之さんが
>>続きを読む

ワタシが私を見つけるまで(2016年製作の映画)

3.0

ファンタジーラブコメ。
ダコタかわいかったです。
ガンダルフww

恐怖の魔力/メドゥーサ・タッチ(1978年製作の映画)

3.5

これ止められないじゃーん!!

この時代のギラギラした作りの
サスペンスが結構好きです。
色んなシーンが濃いよね。

ある愛へと続く旅(2012年製作の映画)

3.7

序盤はディエゴのロマンチックな言葉に
やや辛さ(若さ)を感じたりしてたんですが、
終盤の流れすごかった...なんてこった...

ペネロペ・クルスの情熱的な演技は
いつも非常に女性的で愛を表現する
>>続きを読む

帰ってきたヒトラー(2015年製作の映画)

3.7

コメディーかと思ってたら
どんどん心がざわついていく。
最終的にホラーのような
怖さを感じました。

現代に来ちゃったヒトラーをただ
茶化していくだけかなと思ってたら
とんでもない。落ち着いていて、
>>続きを読む

>|