ricoさんの映画レビュー・感想・評価

rico

rico

ミッドサマー(2019年製作の映画)

-

トリップ描写(特にバッドトリップ)がやたらとリアリズムがある。それにしても長い。

え、あの飛び降りたじいちゃんビョルン・アンドレセンなの?時の流れよ、、

15年後のラブソング(2018年製作の映画)

-

イーサン・ホークって歌いまいちだと思うんだけど、なんでちょいちょい歌うのか。

痛いほどきみが好きなのに(2006年製作の映画)

-

レビューひどいけど思ってたより好きだな。変な題にされてるのが可哀想。(イーサン・ホーク祭り中で評価高め)

フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ(2015年製作の映画)

-

開始5分でつまらない事に気づいたが頑張って見た。体感4時間くらいあった。

リアリティ・バイツ(1994年製作の映画)

-

みなおし

撮影監督ルベツキだった。
インタビューでベン・スティラーが「彼はすべてのシーンを夕暮れのように撮りたがって、部屋のシーンも火星にいるのか?と思うくらいほの暗かった」っていっててウケた。

アフリカの光(1975年製作の映画)

4.0

プライムデーで安くなっていたので買った。久々に見たけどチャリつっこんだとことあの後のビンタシーン唐突すぎていつもウケる。

劇場版「鬼滅の刃」無限列車編(2020年製作の映画)

2.9

テレビ版見てたので、付き合いついでに鑑賞。アニメ好きなタイプではないので、作画うんたらとかは分からないが、とにかくわかりやすいセリフのオンパレードで、モノローグと描かれる涙で説明するスタイルは、子ども>>続きを読む

戸田家の兄妹(1941年製作の映画)

5.0

小津作によく登場する不在の次兄「ショウジ」(今回は「昌次郎」)が存在している、、、。

東京流れ者(1966年製作の映画)

4.0

よくわからない舞台装置、よくわからない繋ぎ、変な音の入れ方、なんで入ってたんだかよくわからない車のスクラップ。清順節が最高です。

ジャズ喫茶ベイシー Swiftyの譚詩(2019年製作の映画)

3.2

こういうの見る時、映画館の音響ってどうなのかなと思ってしまう。一つ一つのインタビューやライブも短いし、レコードもそんなかからないし、気づいたらフィールドレコーディングばっかかかってるし、見たいもの聞き>>続きを読む

>|