ricoさんの映画レビュー・感想・評価

rico

rico

2014年10月からの鑑賞記録
さいきん映画観れない環境なので辛い。

昔のレビューは0.5点くらい低めで設定されてます。

VHSで鑑賞しているものは、京都の「ふや町映画タウン」でレンタルして鑑賞しております。

厳重に監視された列車(1966年製作の映画)

4.0

ユーモラスさとシニカルさのバランスがいいよね。また見直します

アシュラ(2016年製作の映画)

4.0

なかなか面白いね。
ファンジョンミン、全然コクソンの時と雰囲気違ってビックリ。そんで、めっちゃいい。

白雪姫(1937年製作の映画)

3.8

初めてかと思ったら多分小さい時に見た。
初カラー長編アニメ。
3色テクニカラーを独占したディズニーのビジネス手腕は大したもんだよ。

夜は短し歩けよ乙女(2017年製作の映画)

3.3

四畳半神話体系も一話しかみたことないし、原作にも興味はない。でも「ラタタタム」を取り上げてくれてて嬉しかった。小さい頃1番好きだった絵本でした。ちなみに女の子のデータの中に「ビデオ1高野店」をモジって>>続きを読む

痴漢ドワーフ(1973年製作の映画)

2.7

b級ポルノ。ダルい、のでながら見、、、、。コメンタリーでグダグダ話してるの聞いてるのは楽しい、かも知れない。

ヨランダと泥棒(1945年製作の映画)

3.8

なぜかジュネス企画盤DVDだけ「盗賊」となっている模様、、、。
興行は失敗したというが、流麗なカメラワークなどよくできてると思う。ルシルさんもたまにドリューバリモアにも似てて可愛い。

ボヤージュ・オブ・タイム(2016年製作の映画)

3.6

ツリー・オブ・ライフの前半部の拡大版みたいな、、、、。とにかく美しいが、ポエムが全然頭に入ってこないし、映像も大まかな筋はあるのだろうが個々に繋がりのないようなカットが続くので飽きてしまう。映画館でガ>>続きを読む

女性No.1(1942年製作の映画)

3.0

小さい事件は色々と起こっているのだけど、なんか弛緩しているような気がする、、、だからとてつもなく長く感じていた。二人の仲睦まじい姿が見れるのは微笑ましくもあるのだが。キャサリンの台所でのサイレントコメ>>続きを読む

花様年華(かようねんか)(2000年製作の映画)

5.0

再見。個人的カーウァイベスト。
「愛の神、エロス」の短編とか、こんなのだけ撮っててほしい。

ところで映画館のスクリーンにドット抜けみたいな青い点が画面中央にあって気になって仕方ない。フィルムのゴミよ
>>続きを読む

エンドレス・ポエトリー(2016年製作の映画)

4.0

最近のアレハンドロじいちゃんにそんなに期待とかはしていないんだけど、爆笑したり(爆笑させたかった訳ではないと思うが)泣けたりと何故だか面白くはあるので困る。南米育ちはよく分からない。とりあえずホドロフ>>続きを読む

パターソン(2016年製作の映画)

3.9

さりげない日常を詩情溢れる描き方でこんな風に見せれるのはさすがジャームッシュ。

聖メリーの鐘(1945年製作の映画)

2.9

いまいちノレず、ながら見。
ビングはあんまり歌わないが、イングリッド・バーグマンの歌う姿が見れる。

隣の八重ちゃん(1934年製作の映画)

3.8

2018年、初映画。ラストの雷鳴がトーキー初期だからとにかく音を使いたかったのかしらんと邪推。

セックス・アンド・ザ・シティ2(2010年製作の映画)

3.9

なんでゴールデンラズベリー賞なんだろう。1よりドラマの時みたいで好きだけどなあ。或る夜の出来事ネタや、ラストを「希望の降る街」で締められて「ああNYは希望の降る街なんだなあ..」と感慨にふけれた所など>>続きを読む

オン・ザ・ミルキー・ロード(2016年製作の映画)

3.4

初期の頃のようなネタと演出のオンパレード、なのだが、ノレない。面白くないことはないのだけども、、、。
どこかで見た顔だなあと思ってたらオープニングのクレジットで本人と確認。痩せたんだねえ。クマにまで餌
>>続きを読む

天使のくれた時間(2000年製作の映画)

3.5

テレビ放映版。
意外とおもしろかったのだが、切られていたので消化不良。
しかし、そもそも独身でもどちらも社長とか支店長クラスの成功してるなら全然そっちアリじゃんと思って感情移入が全くできない。

パーティで女の子に話しかけるには(2017年製作の映画)

3.5

ポカンとするしかない。

たしかにスリッツくらいは知ってる方が楽しいかも、、、。

いい意味でも悪い意味でもいつでもjcmってすごくNYっぽいなって思ってる。
opのかんじはいかにも!なクリストファー
>>続きを読む

セックス・アンド・ザ・シティ(2008年製作の映画)

3.5

最近一気にドラマを見て、ようやく映画に。話がキャリーとミランダにほぼ集約されていてありきたりな感じになっていて展開としてはツマラナイ。好きだしいいんだけど。

はじまりへの旅(2016年製作の映画)

3.3

いいこと言ってるとこもあるけど極端なヒッピーってちょっとね。それ以前に映画としてはそんな面白くはない。音楽はアレックス・サマーズ。ヨンシーの恋人だ。(いまも?)シガーロス大好きな私からすると音楽はそり>>続きを読む

黄金のアデーレ 名画の帰還(2015年製作の映画)

3.8

そつなくいい。法廷ものとしては弱いけど。もともと話がいい話。

お嬢さん(2016年製作の映画)

3.0

あらすじとして考えたら面白いとは思うのだが、ガリガリの韓国アイドルみたいな女の子が絡んでても全くそそられない。異国の言葉を話してると思えばエキゾチックでいいと思うのだが、いかんせん聞き取りにくい。エロ>>続きを読む

青髭八人目の妻(1938年製作の映画)

4.0

相変わらずの扉使い。階段を上がり扉を開け、ワンカットでみせるのはさすが。

MOTHER マザー(2004年製作の映画)

3.7

雰囲気よし、ジュディス役さんがジェーン・バーキンの娘なのね。ジェーン・バーキンをもう少し骨っぽくした感じで似てるね。演出はきちんとできてて好印象。

THE KISEI 寄生(2002年製作の映画)

3.0

絵画で謎解きしてみたり自画像がクリムト風だったりする。演出は普通。幽霊は男好き。

パリの恋人(1957年製作の映画)

3.6

ス・ワンダフルについて
http://occultamerica.blog.so-net.ne.jp/2008-09-16

ガーシュウィン、元のミュージカルと同じ(内容は違うようですが)アステア主演
>>続きを読む

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

3.4

カットを長くしたら雰囲気出ると思ってるだろ、もっと巻けよ長いよ、と1時間は思っていた。もうヴィルヌーヴの映画は映画館に観にいかない。あらすじや設定は悪くないしカッコいいカットはたくさんあるけど、流れて>>続きを読む

風に濡れた女(2016年製作の映画)

3.4

神代演出って気だるくないと冴えないんだな。ドワイヨン「ラブバトル」見ないとな。

恋愛適齢期(2003年製作の映画)

3.3

見始めてからナンシー・マイヤーズと気付き、また金持ちの話かな?と思っていたら割と開始早々ニコルソンの台詞に「金持ちなのか?」とあってウケた。

ジュラシック・パーク(1993年製作の映画)

3.8

水が揺れることで恐竜が近づいてるとわからせるとこすごくいいなと思う。
今見てもあまりちゃちく見えないのもすごい。これ見てると子供嫌いになる。

タンジェリン(2015年製作の映画)

3.3

最終的にシンディが可愛く見える不思議。
iPhoneで撮ったのは感心するけど音楽の入れ方の雑さと相待ってチープさが増してる。

メッセージ(2016年製作の映画)

3.6

異星人が現れて地球が大慌てして、パニックになるけど一つにまとまりましょってオーソドックスなSFみたい。と思っていたらラストがツリー・オブ・ライフみたいになってた。デザインセンスはいいのと、やはり終始緊>>続きを読む

>|