やらかし村の子どもたちさんの映画レビュー・感想・評価

やらかし村の子どもたち

やらかし村の子どもたち

映画って何。

映画(534)
ドラマ(0)

グレートウォール(2016年製作の映画)

1.2

一方その頃、マット・デイモンの友達ベン・アフレックはザ・コンサルタントという面白い映画に出ているのであった。

脚本1
演出1
映像2
俳優1
印象1

バーフバリ 王の凱旋(2017年製作の映画)

4.6

絢爛豪華に蹂躙される。

スターウォーズ・エピソード3、ロードオブザリング、その他いろんな映画を鍋に放り込んでできた特製カレー。

二作目を見てさらに一作目が好きになる。

しかし今こういう「王」いね
>>続きを読む

ザ・サークル(2017年製作の映画)

2.8

思考停止。カルト。バカは(友達が)死ななきゃ治らないのか。

似たような設定でも「トゥルーマン・ショー」は良かった。今でもうるっと来る。

トム・ハンクスのプレッシャーは見事。

脚本3
演出2
映像
>>続きを読む

ザ・コンサルタント(2016年製作の映画)

3.8

発達障害とかから入ったのでそっちでハラハラしたけど、回収の仕方が良かった。

アナ・ケンドリックの神経質そうな見た目とブラックジャックのくだりがもしや…てのがちょっと。わざと?

もう少し弟くん描いて
>>続きを読む

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

2.0

もしもシリーズ。
ネタ、ストーリー自体はありきたり。
「猛獣大脱走」思い出した。
これさらに運転士も管制もやられて暴走してたらもうひとひねりできたのに。惜しい。

妊婦さんがかわいすぎて救われた。
>>続きを読む

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

3.2

後半ありきたりで甘ったるい展開ではあったが退屈はしない。むしろ面白い。ただ、10年くらいはまた見る気にはならないかも。イギリス映画的おセンチというか。

脚本4
演出3
映像3
俳優3
印象3

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち(2015年製作の映画)

1.2

何!?ただ見えるだけ!?
(炎の転校生ふうに)

脚本1
演出1
映像2
俳優1
印象1

ハクソー・リッジ(2016年製作の映画)

5.0

命あっての物種。

そんな信念、見たことあるか。

脚本5
演出5
映像5
俳優5
印象5

ジェイソン・ボーン(2016年製作の映画)

2.4

自分が主演・プロデュースする映画のネタとしてそこそこ売れたアクション小説の映画化権、元とれたか?

脚本2
演出2
映像3
俳優3
印象2

ダンケルク(2017年製作の映画)

3.4

生還する者の視点が多く、犠牲者はただの犠牲者という描き方に見えるが、生きるか死ぬかの瀬戸際では他人のことなどかまっていられないのもわかる。なので一人でも多く救おうという気持ちが心を打つのだが、なんだろ>>続きを読む

ブレーキ(2012年製作の映画)

3.4

終盤までの緊張感はそれなりに良かったが、オチが。出来不出来でなく、こういうオチにしようという人間性が。

脚本4
演出4
映像3
俳優3
印象3

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル(2017年製作の映画)

2.4

1996年、アラン・パリッシュ、ヴァン・ペルトなど前作と絡めたのは良いが、CG全開でビデオゲームっていう設定がジュマンジ感でなくトゥームレイダー感しか出さない。
さらに三作目作るようだが…

脚本3
>>続きを読む

精神分析医J(1995年製作の映画)

3.2

リヴ・タイラーと弟くんが良くて、周りのベテラン俳優がクドく感じるほど。

でも20年ぶりくらいに見たがネタ覚えてたほど。

今は扱いが難しいな。

脚本4
演出3
映像3
俳優3
印象3

ギフト(2000年製作の映画)

2.4

霊能者とサスペンスはご都合しかないのだが、控えめな演出とケイト・ブランシェットのリアリティーでうまくまとまった。
しかしヒラリー・スワンクとかキアヌ・リーブスとか配役もなかなかバランスよい。脚本もビリ
>>続きを読む

孤狼の血(2018年製作の映画)

1.6

ネタも目新しくなく何がしたいのかわからん。なんか昭和広島ヤクザとか記号化しただけ。
昭和の終わりも14年前も広島も特に意味ない。いや、記号化しかできなかったから仁義なき戦いと県警対組織暴力見て書ける程
>>続きを読む

アート・オブ・ウォー(2000年製作の映画)

2.0

ウェズリー・スナイプスの演じるキャラに感情移入したことないな😃

脚本2
演出2
映像2
俳優2
印象2

ヒルコ 妖怪ハンター(1991年製作の映画)

1.4

諸星大二郎好きに怒られないか気にしないこの換骨奪胎時代ではあるし、伝奇モノが流行ったのも確かだが、さらに物体Xまで入るともう。稗田は原作シリーズでジュリーに似てると言われるシーンがあるが、この作品では>>続きを読む

孫文の義士団(2009年製作の映画)

2.0

義士団の加わり方がキビダンゴもらって鬼ヶ島行くみたいで、なら桃太郎でもアクションありのお涙頂戴できるとなると、むしろネタ安易にチョイスされたのではというくらい色々バランス悪い。

脚本2
演出2
映像
>>続きを読む

おじいちゃんはデブゴン(2016年製作の映画)

2.0

デブゴンて一作目にブルース・リーに憧れるポッチャリ主人公だったからまあデブゴンね。これは単にサモハン(いい意味)。歳を経てから彼の作品はヒューマンドラマ要素を大事にしてるのがわかるが、ベタすぎるきらい>>続きを読む

ゴーストバスターズ(2016年製作の映画)

1.2

ノスタルジーのためだけのリメイク。
リブートではなくリメイク。
前シリーズのキャストがちょい出て来るが知らない人にとっては意味がなく、知ってる人にとっては期待外れでしかない。出すなら続編のほうが良かっ
>>続きを読む

バッド・バディ! 私とカレの暗殺デート(2015年製作の映画)

2.0

主人公の酔っぱらい方がかわいい。
なので酔拳みたいに酒飲んで強くなる(酔拳は酔ってないけど)みたいな展開を期待したがむしろシラフのほうが嘘臭くなった。
惜しい。

脚本2
演出2
映像2
俳優2
印象
>>続きを読む

アウトサイダーズ(2016年製作の映画)

2.2

クライムサスペンスかと思わせる邦題とパッケージだが家族ドラマ。

勝手にしろとしか言いようがない。

脚本2
演出2
映像2
俳優3
印象2

レディ・ガイ(2016年製作の映画)

1.0

ウォルター・ヒル作品大好きなのにこれはないわ。晩節を汚すとは。

脚本1
演出1
映像1
俳優1
印象1

P2(2007年製作の映画)

1.8

俳優がどうとかでブレちゃいけないんだろうけど(いやどうでもいいか)、クリミナル・マインドのレイチェル・ニコルズちゃんというだけで見ちゃったやつ。
これが映画としては本来オール1(当社比)のところ、甘く
>>続きを読む

ブラッド・スローン(2016年製作の映画)

3.4

弱肉強食。塀の外でエリートだから弱いという思い込みが間違い。塀の外のルールでも頭角を現す者は、自分が何者か知っている。塀の中の支配者も言っていたように、最大の武器は頭脳。

脚本4
演出3
映像3
>>続きを読む

ブラッド・ファーザー(2016年製作の映画)

2.2

ベタすぎる原作ならいらないでしょ。

脚本2
演出2
映像2
俳優3
印象2

エッジ・オブ・バイオレンス(2016年製作の映画)

2.0

さびれた田舎だからこそ密輸などの犯罪が目立たないのに、いかにもギャングじみた処刑なんかしたら捜査しに来てと言っているようなもの。

保安官も戦争する前に郡だの州だのにエスカレーションしようか。それかマ
>>続きを読む

酔拳 レジェンド・オブ・カンフー(2010年製作の映画)

1.6

何ゆえ二部構成。

あとワイヤーアクションやればやるほど嘘臭くなるから。さらにCGとかもうどんどんチャラくなるから。

ともかく、酔拳の創始者っていうか…。酔っぱらいの大ボラというか…。
俺が飲みたい
>>続きを読む

リベンジ・リスト(2016年製作の映画)

2.0

待て。ジェナって孫娘かと思ってたけどベビーシッター?撃たれちゃったあと一切出てこないで終わったのか?じゃあそもそも必要なキャラなのか?
確認するのめんどくさいからもういいです。

脚本2
演出2
映像
>>続きを読む

皆殺しの流儀(2014年製作の映画)

2.0

ネタはいいけどただ鍋に放り込んで煮ただけみたいな、素材同士のハーモニーとか味付けとか一切なしの何か。

脚本2
演出2
映像2
俳優2
印象2

処刑台の獣たち(2017年製作の映画)

1.0

処刑台?
獣?
ちょっと何言ってるかわからない。

脚本1
演出1
映像1
俳優1
印象1

ディストラクション・ベイビーズ(2016年製作の映画)

3.2

暴力というマグマを密閉する理性というシールは、感情という不安定な状態の大気が作る風雨によって剥がされたり破れたりする。

人間はマグマを止めることができず、気象をコントロールすることもできず、ただ薄っ
>>続きを読む

ダーク・クライム(2016年製作の映画)

1.2

ジム・キャリー関係なくこの脚本の何がいいと思って作ったんだろう。

脚本1
演出1
映像1
俳優2
印象1

オリエント急行殺人事件(2017年製作の映画)

4.0

クリスティはマープルものに片寄っててポワロはほとんど見たことがなかったが、これはさすがに何度か読んだり見たりしていた。なのにまた泣いた。

犯行シーンのピアノが本作のメインテーマにぴったり。
映像も職
>>続きを読む

>|