やらかし村の子どもたちさんの映画レビュー・感想・評価

やらかし村の子どもたち

やらかし村の子どもたち

映画って何。

映画(479)
ドラマ(0)

ザ・グレイ 凍える太陽(2012年製作の映画)

3.8

ゾンビ映画だと戦う方向で意見がまとまるかもしれないけど、狼マジヤバいと思って崖からジャンプしちゃうとかリアル。

飛行機落ちて狼に襲われるってことの方がゾンビより天文学的に高い確率だってこと男なら本能
>>続きを読む

タワーリング・インフェルノ(1974年製作の映画)

4.0

前に隣の駅前に姉◯物件マンション建設されててほぼ出来てたのに取り壊されてた。

この世で最も危険なのは、他人の安全考えないバカ。

それに対して、マックイーンが「2名最上階に行け」と言ったら、黙って前
>>続きを読む

ロックアウト(2012年製作の映画)

1.2

ベッソンなら何でも良いってわけじゃないと思うのはこういうの作るから。

SFは小物とか世界観だから、それがないとコントと変わらない。

マフィアとかギャングとか悪徳警官を描いてて欲しい。

脚本1
>>続きを読む

ジェーン(2014年製作の映画)

2.0

最初ジェーンてすごいガン・スリンガーなのかと思わせるの何。

んでジェーンがモテモテなだけなのかと思わせるの何。

脚本2
演出2
映像2
俳優2
印象2

フレンチ・ラン(2015年製作の映画)

3.2

てっきりラブコメみたいなタイトルだが手応えあり。見応えというほどではないがテンポ良くコンパクトにまとめた。

脚本4
演出3
映像3
俳優3
印象3

特捜部Q Pからのメッセージ(2016年製作の映画)

3.0

前作がちょっと違うなと思ってたので、あまり期待せず見たのがよかった。

全体的に良いし一作目のようにサスペンスも引っ張るが、何もかもアメリカ映画で見慣れた感じで、リメイク感が。

北欧らしさとかよくわ
>>続きを読む

クリミナル 2人の記憶を持つ男(2015年製作の映画)

4.0

後から違う味が楽しめる。
記憶のコピーについてはやっつけ感もあるけど、全体としては好きな語り口。

ゲイリー・オールドマンが冒頭レイン・フォールと同じような登場の仕方で笑った。
悪役のほうがしっくり来
>>続きを読む

キング・ホステージ(2017年製作の映画)

3.0

スローモーション(笑)しつこい

ニコラス・ケイジの分量に合わせてもうちょっとクライマックス盛っても良いかも。
ジョン・キューザックの役は要らないから。

にしても2017年でこんなありふれたストーリ
>>続きを読む

コードネーム:ストラットン(2017年製作の映画)

2.2

節子、それコードネームやない。

脚本2
演出3
映像2
俳優2
印象2

スーサイド・スクワッド(2016年製作の映画)

2.4

同人誌か。
ハーレイ・クイン単独にした方が面白いと思うよ。主人公なみの魅力ある。

脚本2
演出2
映像3
俳優3
印象2

アウェイク(2007年製作の映画)

3.0

これも世にも奇妙な的ネタものだけど、きれいにまとめるなよ(笑)しかもオマエ(ジャック)が。

後半は逆襲でもよかったかも。アメコミとか仮面ライダーの設定みたいでありえねーとかなりそうだけど。連続ドラマ
>>続きを読む

マローダーズ 襲撃者(2016年製作の映画)

2.2

大人の男にはちょうどいい。渋過ぎず地味過ぎず。と来ればアクションも派手でなくてよいが、所々大人の男の心の動きをちょっとしたことで描写するくらいの演出ももっと欲しかった。

登場人物のバランスが均一にな
>>続きを読む

ワイルドガン(2015年製作の映画)

2.0

今時に西部劇を作るのにベタベタなストーリーはないだろう。挙げ句父子の役が実の親子でもうベトベト。

脚本2
演出2
映像2
俳優2
印象2

フェイシズ(2011年製作の映画)

2.0

結構人の顔を覚えるのが苦手なほうなので、なんとなく主人公の不安みたいなのはわかる気がした反面、そんなに顔だけで区別してるもんなのかよとも思う。体型、雰囲気、髪型、声、話し方など逆に特徴をインプットして>>続きを読む

ザ・ワン(2001年製作の映画)

1.2

カンフー、ジェット・リー、ステイサムとSF(しかも幼稚な)は食べ合わせ悪い。

脚本1
演出1
映像1
俳優2
印象1

キラー・エリート(2011年製作の映画)

2.6

ステイサム観賞。
陰謀も元SASとかも大したことなく、格闘も80年代の刑事モノみたいでもっさりしてて、好きな人には物足りないが、こういうストーリーでは死亡フラグ立ち気味の相棒とか恋人が果たしてそうなる
>>続きを読む

ジャン=クロード・ヴァン・ダム/アサシン・ゲーム(2011年製作の映画)

1.2

なんぼ人間味を語っても殺し屋。
のくせに馴れ合いも見苦しいし、仕事が雑過ぎるし、周りの人がバッチリとばっちり。

邦題にヴァン・ダム入れないと気が済まないのが微笑ましい。

脚本1
演出1
映像1
>>続きを読む

ラスト・ガン 地獄への銃弾(2014年製作の映画)

2.0

そういう世界ってことで。
ファミリーとか誓いとかカッコつけても、若い衆よりカネづるとか勢いのある勢力との義理優先。これ仁義なき戦いとかもそのパターン。
ともかくヤレヤレ感漂う中、胡散臭い擬似ファミリー
>>続きを読む

MIA ミア(2013年製作の映画)

2.0

両親をテロリストに殺されたタフな女子大生がか弱いテロリストを痛めつける

脚本3
演出2
映像1
俳優2
印象2

黒く濁る村(2010年製作の映画)

1.6

時間の流れ方が違う場所では、感情も苔むすのだろう。
遥か昔の生き物の化石が、ある日見つけられたとき、どんな風に生きて死んだのか、人は想像することしかできない。

脚本1
演出1
映像2
俳優2
印象2

12hours DEA特殊部隊(2016年製作の映画)

2.2

地味で安上がりだがムダがなく、短時間でまとめてある。ストーリーがそれなりに単純かつありふれているが。
それを取り繕おうと邦題がインフレ。

主人公が中盤あたりで早々に真相に気づいて、アブないくらいサデ
>>続きを読む

世界にひとつのプレイブック(2012年製作の映画)

3.0

作り手が主人公たちを腫れ物に触るみたいに扱ってた前半のジェニファー・ローレンスがとても魅力的。なのに後半が普通の恋愛コメディになってしまったのが惜しい。
リアルにこじらせまくって欲しかった。
そういう
>>続きを読む

麒麟の翼 〜劇場版・新参者〜(2011年製作の映画)

2.0

珍しく阿部寛のセリフがちゃんと聞き取れた。

とてもいい話なんだけど、さらーっとしちゃうのは何もかも地味だから。そしてガッキー無駄遣いだから。主要キャラはムダに豪華というか美男美女であとの脇役との落差
>>続きを読む

インシディアス(2010年製作の映画)

1.2

ホラーは進化していない。
想像力よりもお約束を大事にしている。
お化け屋敷映画はもう古い。
恐怖はもっと自分の中にあるはず。

脚本1
演出2
映像1
俳優1
印象1

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン(2002年製作の映画)

4.0

この頃は眉間にシワを寄せてないディカプリオの笑顔がいい。

騙された女性たちはかわいそうだけど、どこか母親への怒りを八つ当たりされたところもあるんだろうな。

善いも悪いも、前途洋々な若者には挑戦させ
>>続きを読む

セル(2015年製作の映画)

2.0

冒頭10分もたたないうちにゾンビアプリ一斉リリースしたあたりがいい感じだったが、難を逃れた主人公たちの旅がありきたりで退屈。

オンラインアップデートは笑えるけど、じゃあなんで初めから最新バージョンを
>>続きを読む

エンド・オブ・ウォッチ(2012年製作の映画)

2.0

じゃあドキュメンタリー風じゃなくてドキュメンタリー撮れよ。

脚本1
演出3
映像2
俳優2
印象2

殺したい女(1986年製作の映画)

2.0

ダニー・デヴィートとベット・ミドラーの存在感とか安定感。軽いコメディではもったいないくらい。

作品と関係ないけど、この二人がふざけてばかりいるのにそれぞれ心に傷を持ってるみたいなドラマがあってもしっ
>>続きを読む

チェイサー(2008年製作の映画)

1.0

警察がバッチリ烏合の衆だが韓国では警察嫌われてるのか?

ともかくだから何?ってストーリーのうえに敢えて気分悪い展開を選ぶなど、人が殺される話を弄びたい作り手がたまにいる。

脚本1
演出1
映像1
>>続きを読む

ラスト・クライム 華麗なる復讐(2017年製作の映画)

1.0

クライムとか言われても。最大の罪はパッケージだろ

脚本1
演出1
映像1
俳優1
印象1

クロコダイル・ダンディー2(1988年製作の映画)

2.0

一作目もそうだが、ミック・ダンディーは決して変なキャラではなく、見栄は少々張るが虚勢を張らない、余裕のあるいいオヤジなのである。

敵のボスや不良のリーダーに、どこか惚れさせるような男。

確かにダン
>>続きを読む

ハンニバル・ライジング(2007年製作の映画)

2.0

原作者が脚本書いてるので原作者次第なのだが、若きハンニバルの復讐劇でともすれば美化・正当化に過ぎない描き方でかなりがっかり。

サイコパス=猟奇という単純化は絶対やってはならないことで、ハンニバルの目
>>続きを読む

ハングリー・ラビット(2011年製作の映画)

2.6

設定はありがちだがサスペンスとアクションとニコラス・ケイジの黄金バランスに合わせるとストーリーもこれくらいがちょうどよくなるのだろう。

ただの思いつきネタに比べればキャラのリアルっぽさもちょうどよく
>>続きを読む

>|