YUーCHIさんの映画レビュー・感想・評価

YUーCHI

YUーCHI

映画(1291)
ドラマ(0)

アメイジング・ジャーニー 神の小屋より(2016年製作の映画)

3.0

信仰が人をどれだけ救うか、
信仰がない自分は少し理解しにくいが
長い歴史で多くの人を救ってきただけに
そんなものもあるんだなとふわっと伝わりました

劇場版 アイドルキャノンボール2017(2017年製作の映画)

2.5

作品の特性上しょうがないが
やはり期待しちゃう分
どうまとめるかが難しそう
でも頑張りはしっかりと伝わりました
バランスが大事と思いました
もう少しアイドルを見たかったかな

天才作家の妻 -40年目の真実-(2017年製作の映画)

3.3

羨ましいほどの愛のある夫婦で年をとってもああなりたい
って思える前半からの明かされる真実
なんとも言葉にしにくい感情がわきました
妻の気持ちはいったいどんなだったのか
夫の表情も妻の表情も言葉で伝えた
>>続きを読む

弥生、三月-君を愛した30年-(2020年製作の映画)

3.3

どんなに愛し合っていても
どんなにどれだけ好きでいても
すべてはタイミングが大事
そんな友を見守る30年
この30年は最も尊くて儚い30年でした
実際はあっと言う間なのかも知れません
見てる側は泣くこ
>>続きを読む

クローゼットに閉じこめられた僕の奇想天外な旅(2018年製作の映画)

3.7

優しいと言う言葉を形にしたらこんな作品になると思います
劇中のセリフも印象的で旅をすることの
素敵さが十分伝わります
旅する作品は大好きなので
もちろん好きな作品ですが
インド映画ってハズレ無しなんで
>>続きを読む

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY(2020年製作の映画)

4.0

今回もクインちゃんの虜になること間違いなし
期待の続編も大暴れ
もちろん期待以上の面白さでした
またカッコイイ女性達が増えて
ますます男達が軟弱になっていきますね
これも世界の流れなんですかね
アクシ
>>続きを読む

一度死んでみた(2020年製作の映画)

4.0

有名人の無駄使い(笑)
もうそこら中に有名人でした
最近死について考える時が多いなと偶然なのか
見る前はおふざけな作品かと思ったけど
この短い時間でこれだけ内容が詰まってるなんて
すずファンで過大評価
>>続きを読む

108~海馬五郎の復讐と冒険~(2019年製作の映画)

3.1

きっと笑うことが正解なのかなと思った作品です
結構がっつりとエロシーンがあるのでなかなか
みんなで見ようとはなりませんが
なんとなく一杯飲んで何か見ようかなって時には
これがベストなのかなと思います
>>続きを読む

ニューヨーク、愛を探して(2016年製作の映画)

2.6

登場人物、エピソードが
多すぎて一つ一つが薄っぺらく感じてしまう
そしてどの人がどのエピソードかをしっかり見てないと
ふわふわ流し見で終わってしまう
愛を扱うことは伝わるが少し洋画と言うことで
それぞ
>>続きを読む

海賊とよばれた男(2016年製作の映画)

3.4

もっと掘り下げて見てみたい
エピソードがたくさんあったのに
映画という作品の仕様上やむを得ずか
結構急ぎ気味に思えた
それでも人物像や
人間関係などしっかりと
伝わったので退屈せずに見れた
これはかな
>>続きを読む

ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方(2018年製作の映画)

3.9

いつかはと憧れるその生活を見ました
自然とは何かの答えはいかにを考えさせられる作品
自然を支配する事なんてきっと人類はできないのかな
自然の一部として人類が少し知恵をだして
そこに混ぜてもらうのかなと
>>続きを読む

さらば愛しきアウトロー(2018年製作の映画)

3.9

いやズルいですよ。この人間力。
もうロバート・レッドフォードに
夢中でした
言葉の深みが違いすぎて。
実際にあった話なんだろうけど
そんなのはどうでもいいってくらい
もちろん犯罪はダメだけど
あんな紳
>>続きを読む

ジュディ 虹の彼方に(2019年製作の映画)

4.2

彼女が笑うと周りが幸せになる
彼女が歌うと周りがもっと幸せになる
彼女の魅力に引き込まれました
言葉では言い表せない感情
今もまだ幸せな気分でふわふわしてます
共に過ごしたような感覚で
辛いときは
>>続きを読む

食べる女(2018年製作の映画)

3.1

色々詰め込みすぎて浅い印象でした
せっかく個々の個性があるのに
あまり生かされてないような
この作品に限っては映画の時間ではなく
連続ドラマの時間でしっかりと見たかったかな
食べるシーンももっとあって
>>続きを読む

Fukushima 50(2019年製作の映画)

4.0

自分の国で起きたこと
多少の脚色があったとしても
実際に起きたこと
詳しく知ることができました

見終わりそして日付が変わり
9年後の3月11日
を迎えたその日に

もちろん作品なので美談を
足してる
>>続きを読む

華麗なるギャツビー(2013年製作の映画)

3.2

映像が全体的に綺麗だった。個々の振る舞いも上品で高貴な作品のイメージ。内容的にはありがちで初回ではそこまでハマりはしなかった。
※タイトル間違えてたので再アップ

僕はイエス様が嫌い(2019年製作の映画)

3.2

この空気感は好みが分かれそうと
少年の成長を見る感じの作品
恐らく2回くらい見ないと私はわからないかな
似てるな~って思う作品があるので
それと比べてしまうともの足りないかな
ただ余計にセリフがなく
>>続きを読む

仮面病棟(2020年製作の映画)

3.8

このミステリー面白いと素直に思えました
正直期待してなかった分(失礼)
かなり楽しめました
ミスリードされまくりで簡単に推理
できそうな尻尾がたくさんあるんですよ
ミステリー初心者には
うってつけと思
>>続きを読む

ニート・ニート・ニート(2017年製作の映画)

2.8

これからいろんなことが起きそうで
ワクワクし過ぎて作品が期待に負けてしまった感じ
せっかくの面白い設定を生かしきれてないように感じた
どのキャストも憎めない愛らしさがあるのに
それも生かしきれてないよ
>>続きを読む

劇場版 SHIROBAKO(2020年製作の映画)

4.0

初見でとりあえず見とくか程度でしたが
見終わってホントにすみませんでした
と言いたくなりました


好きな事してますか
今働いてる自分は好きですか
と問いかけ
同じものづくりを職業としてるので
共感で
>>続きを読む

オンネリとアンネリとひみつのさくせん(2017年製作の映画)

3.3

オンネリもアンネリも大きく成長して
親心で優しく見守ってました
3作ともなかなか鋭いところをついてくるので
程よいスパイスと幸せになる甘味が退屈させない感じ
がとても居心地を良くさせますね
優しい心が
>>続きを読む

ウィーアーリトルゾンビーズ(2019年製作の映画)

4.0

ブラックユーモア満載で好みがハッキリ分かれそうな作品
きっと今の子供ってこんなんだろうなぁと思わされる
そんな描写が多数あって
そして絶え間なく続くかんがえても
理解できないようなシーンの連続
きっと
>>続きを読む

野性の呼び声(2020年製作の映画)

3.6

ワンコの大冒険は
強く、たくましく素晴らしい冒険になり
みんなの気持ち、想いを背負い
生きていくバックに会えました
すごく良かったと思います
大好きなテーマですし見てて充実した時間でした
まぁ褒めすぎ
>>続きを読む

マリッジ・ストーリー(2019年製作の映画)

3.7

結婚も離婚もホントに大変
なんか切なくなりました
この作品は見るタイミングがとても大事
もうこの2人本気度が凄い
どれだけしゃべるのかと
そしてこのテーマは心が痛いです
でも見たことに後悔はないです
>>続きを読む

月極オトコトモダチ(2018年製作の映画)

3.3

男女間の友情という問題はいつまでもつきまといますね
実際は表面上の言葉にしかならないように思えますし
都合の良い言葉のような気がします
それぞれのケース次第とも思いますし
結局はという気がする
そんな
>>続きを読む

スキャンダル(2019年製作の映画)

3.5

私の知る限り
最もゲスいハラスメントでした
実際にあったこととはいえ
よく作品にできたなと思います
きっとこの先もこの手の問題は
無くならないのだろうと思いますが
弱者が強者に向かっていく作品は見入っ
>>続きを読む

あいあい傘(2018年製作の映画)

3.6

タイトルがすべてですね
さすが舞台からの作品であってスムーズに
話が進んでいきます
関西弁が少々鼻につきますが
逆にそれが良さと言えば良さでもありました
何でも答えをだそうとしない感じが
また良かった
>>続きを読む

チャーリーズ・エンジェル(2019年製作の映画)

3.5

またまたカッコいい女性達が現れましたね
時代の流れなのか
もう女性が格好良くて強いことは
なんの違和感もなくなりましたね
その中で光るものは個性だと思います
しかしみんな綺麗で格好良かったな~
男も女
>>続きを読む

ミッドサマー(2019年製作の映画)

3.8

不快指数MAXで何から何まで不快だらけ
それは正常の精神状態
だからなのか
それとも不安定な精神状態
だからなのか
結局はわかりませんでした
何度も見れば色々つながって
不安や不快から解放されると思い
>>続きを読む

トゥループ・ゼロ~夜空に恋したガールスカウト~(2019年製作の映画)

3.7

自分と違うものを受け入れるかどうかという作品で
子供達の成長とともにどう心の変化が起きるかを
見届ける感じでした
とにかく子供達がかわいいです。癒されます
阻止で勇気とパワーをたくさん貰いました
劇中
>>続きを読む

スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼(2020年製作の映画)

2.8

ホントにバカばっかりで無知は罪なりと思いました
わかりやすいワクドキ系の作品でした
とっても見やすいがもう軽率なおバカ行動が目について
ダメダメ~って突っ込みたくなります
でも成田凌はズバ抜けた存在感
>>続きを読む

あらしのよるに(2005年製作の映画)

4.1

アニメVerの印象が強く声や見た目に違和感が初めはあったが
慣れてからはいつものあらしのよるにです
この作品に大事なことのすべてが詰まってるようにも思えます
何度も何度も見てそして心を裕福にしたいです
>>続きを読む

ワイルドライフ(2018年製作の映画)

3.3

このつらさは自身の子供の頃にもあったことを思い出した
ただこの子のように前を向いて進めなかったから特にこの作品はつらく感じた
演技も文句なしでもう見たくないけど
忘れたくない作品でした

ナラタージュ(2017年製作の映画)

2.5

恋に溺れてダメになっていく様はよくわかったが
それ以外は退屈でした
間の余韻や静かな感じを楽しむための
ゆっくりとしたテンポなのにどんどん物事が起きる
結局は詰め込み過ぎて長くてかつ申し訳程度の濡れ場
>>続きを読む

1917 命をかけた伝令(2019年製作の映画)

4.1

走り過ぎて息切れ間違いなし
映画はついに疑似体験から実体験へ
また1つ映画の可能性が広がりました
こんなに酸欠になる作品は過去思い当たらないかも
とにかく疲れました
なんか観るだけで痩せるって
言い過
>>続きを読む

ダンスウィズミー(2019年製作の映画)

2.6

やりたいことや設定は面白そうなのにそれをしっかりと
伝えられてない感が残念
いきなり歌って踊り出す違和感を壮大さや豪華さで
乗り越えて見てる人を包み込めば気持ちが入るんですけど
ずっとダンスシーンがチ
>>続きを読む

>|