バルバワさんの映画レビュー・感想・評価

バルバワ

バルバワ

トイレに置いてある貝殻の使い方をレクチャーしてくれる方募集中です。レビュー後ジョージ・ルーカス監督のようにちょいちょい追記します。因みに好みの北緯38度線は3.5で、4.0以上は基本的に大好きな作品です!

映画(213)
ドラマ(0)

インクレディブル・ファミリー(2018年製作の映画)

4.0

今年は二度旅行をしたのですが、そのどちらともに台風がブチ当たるという中々の雨野郎っぷりを発揮したので腹いせにスッキリしたいが為に鑑賞致しました!

いやぁ、爽快でした!正に夏休み映画ですな。ただ私の隣
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

4.5

"命がけだからおもしれぇ"(『将軍家光の乱心 激突』のキャッチコピー)が鑑賞中何度も頭を過りました!

いやぁ…ミッション:インポッシブル半端ないって!アクションも面白くて、平場のシーンも面白くて最後
>>続きを読む

リメインズ 美しき勇者たち(1990年製作の映画)

3.5

「なんか変な映画観たくなっちゃったぞ?」という失礼極まりない衝動にまかせて鑑賞致しました!

いやぁ、癒されましたねぇ…何に癒されたかって?あとで説明しますよぅマッテマッテ( ´∀`)←ウザいテンショ
>>続きを読む

未来のミライ(2018年製作の映画)

4.5

※ここからは長い上に今作の内容に関係のない前置きがありますので悪しからずm(__)m

予約した渋谷の映画館で発券しようとしたらまさかのエラー。「おいおいおい、どうなってんだいっ」と再度入力するもエラ
>>続きを読む

ウインド・リバー(2017年製作の映画)

4.5

鑑賞後にばったり仕事終わりの嫁と遭遇、映画をこっそり観たことを引く程怒られるとはつゆとも思わずに鑑賞していました…ドヨヨーン( ´д`)


いやぁ、とても嫌な雰囲気で良い映画でした。あと映画ライタ
>>続きを読む

将軍家光の乱心 激突(1989年製作の映画)

3.5

爆発四散する織田裕二を~…ミタァーーー!と思いながら鑑賞致しました。←なんだこの文章

いやぁ、度肝を抜かされましたぜ!嫌いじゃないよっ!今年でいうところのジョン・ウー監督の『マン・ハント』(しかも原
>>続きを読む

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

3.7

中盤、心も生活もプアな私は「このクソリッチ共が恐竜達にジェノサイドされますように!タノム、タノム!(>Ⅱ<)」と真剣に祈って鑑賞致しました!

いやぁ、やっぱりジュラシックは良いですなぁ…職場にも来な
>>続きを読む

インサイド(2016年製作の映画)

1.7

クソ暑い日が続きますねってことで肝を冷やしたくなり今作を鑑賞した自分が怨めしいです。

いやぁ、なんだよ…もう。本当に後味が悪い。つまらないのはまだ我慢できますが、その上後味の悪さが加わるととんでもな
>>続きを読む

キリング・ガンサー(2017年製作の映画)

3.9

来年1月11日に公開されるシルヴェスター・スタローンとマイケル・B・ジョーダン主演『CREED Ⅱ』に向けて今年公開される往年のアクションスターの映画をできるだけ観ようということで鑑賞致しました!>>続きを読む

劇場版ポケットモンスター キミにきめた!(2017年製作の映画)

3.0

『この世界の片隅に』のドラマの特番を見て、ひとしきり憤慨した後に清涼剤として今作を鑑賞致しました!

いやぁ、清涼剤なんてとんでもない…劇薬だよ!!こえーよ!サトシこえーよ!
何で怖いかは後述しますね
>>続きを読む

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

3.6

※今回のレビューは『カメラを止めるな!』ネタを小賢しく入れております。ご了承くださいませm(__)m

さぁ!やってまいりました!有休使って映画を三本観ようツアー!早くも(?)2回目を迎えました!ホエ
>>続きを読む

バトル・オブ・ザ・セクシーズ(2017年製作の映画)

4.2

テニスで"15-0"を「フィフティーン ラブ」と審判が言うのですが、小学生の頃私は審判が未だ得点がない方に対して「まだ0点だけど応援してる❤️」という意味を込めて「フィフティーン ラヴ❤️」と言ってい>>続きを読む

ブリグズビー・ベア(2017年製作の映画)

4.7

「グレッグ・キニアとマーク・ハミルって似てるなぁ」とボンヤリ思いつつ鑑賞致しました!

いやぁ…フィルマのブリタニカ国際百科辞典ことBaroloの兄貴が激賞していたので嫁の監視の窓をテレビでブチ破って
>>続きを読む

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(2018年製作の映画)

3.9

鑑賞中、隣のカップルのイチャイチャが留まることがなくてですね…具体的に言うとラブシーンになると必ずキスをするのです…まったく映画を観ずにキスばかりしやがって!キスばっか…チュウばっか…チューバッカ!!>>続きを読む

マッド・ダディ(2017年製作の映画)

3.8

上映前の予告も粗方終わった後に3分程スクリーンがブラックアウトしました。なんですか、日本中ワールドカップで湧いている中『マッド・ダディ』を観てる観客(10名程度)に対しての仕打ちですか?
はいはいはい
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

5.0

『ワンダー君は太陽』と迷いましたが、やっぱ私は黙ってゾンビ映画ということで今作を鑑賞致しました!

いやぁ…今年文句なしのベスト映画でした!!ゾンビ映画って…いや映画って最高かよ!!!

あらすじはゾ
>>続きを読む

父を探して(2013年製作の映画)

2.9

ずっと気になっていた今作。観ることを渋る嫁に「ほっこりするから(推測)!めっちゃ優しい気分になれるから(憶測)!」と押しきって鑑賞致しました!

いやぁ、鑑賞後嫁は「…疲れた」と溢していました。どうや
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

4.0

松岡茉優さんに優しくしてもらえるなら私はいくらでも自分の顔を殴る所存です!←下卑た感想

いやぁ…寂しさって狂気なんだなぁ、なんて鑑賞後思いました。今年こういう"子どもは悪くないのに映画"が多いですね
>>続きを読む

美女と野獣(2017年製作の映画)

3.9

職場の同僚に「映画が好きなのに観てないとか…プフフ(* ̄ー ̄)」と嘲笑されたので「なにをぅ!」と遅ればせながら鑑賞致しました!

いやぁ、こりゃ華やかな映画でしたなぁ。言わずと知れたディズニークラシ
>>続きを読む

フェリスはある朝突然に(1986年製作の映画)

2.3

様々な映画に引用されていたので満を持してレンタルして、今作のタイトルからして朝観るべきだと思い早朝こっそり鑑賞致しました!

いやぁ、フェリスの野郎…大人を舐め腐りやがって!お前は退学だ!←心の狭いア
>>続きを読む

バーフバリ 王の凱旋 ≪完全版【オリジナル・テルグ語版】≫(2017年製作の映画)

4.3

フィルムワークスでは『バーフバリ 王の凱旋』は"国際版"と"完全版"は分けてはないのか…と思っていたら!バッコリ分けてるじゃないですかぁ!もう先に言ってよ、お母さん!←謎のテンション

いやぁ、面白か
>>続きを読む

ファントム・スレッド(2017年製作の映画)

4.1

上映開始後、2分経過したあたりで女性が遅れて入場してきました。しかも私と同じ列でグイグイと迫り来ておりました。
するとよりによって私の前を横切る瞬間こちらに倒れ込んできて私の膝に座る形になってですね、
>>続きを読む

ビューティフル・デイ(2017年製作の映画)

4.2

こっそり有給をとり、内緒で勝手な映画三本立て(『ビューティフルデイ』『バーフバリ 王の凱旋 完全版』『ファントム・スレッド』というアップダウンが激しい作品選び)をしましたよ…ウヘヘヘ(о´∀`о)>>続きを読む

デッドプール2(2018年製作の映画)

4.4

嫁に「仕事だ」と言って映画を観るという姿勢…それは"勇気"。←今作で一番好きな台詞

いやぁ、正直前作が大好きであんまり期待してなかったのですが…今年で一番笑いました。というか続編にきちんと[2]とつ
>>続きを読む

3匹のぶた&オオカミベビー(2008年製作の映画)

1.4

前日に質の高いアニメーションを鑑賞したクセにレビューで関係のない愚痴を垂れた挙げ句、スコアを下げるという自称映画ファンの風上にも風下にも置けないようなことをしたので、自分を戒める為に鑑賞致しました!←>>続きを読む

犬ヶ島(2018年製作の映画)

3.9

ここから今作に関係なく非常に長い愚痴が記されているので悪しからずm(__)m

タイトル[犬ってだけで、映画を観たい言うだけで粗末に扱われる]
今日は安く映画を観ることができるし、週末なので嫁に「映画
>>続きを読む

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法(2017年製作の映画)

4.5

昼休みに汗かきながらチケットを発券…結果昼飯が食べれず正に"真夏の魔法"ならぬ"昼間の阿呆"ってね!うまい!ザブトン,モッテキテーp(`口´*)←一人相撲

いやぁ、なんて優しく厳しい映画なんだ。
>>続きを読む

恋は雨上がりのように(2018年製作の映画)

3.9

生まれ変わったら陸上部の顧問になりたいなぁ…いやいや、純粋に若者の指導にあたりたいってだけで練習着やユニフォームを間近で見たいとかそんなんじゃないんですよ!もしそう思われていたら心外の極みです!まった>>続きを読む

テイク・ディス・ワルツ(2011年製作の映画)

3.9

今作の公式キャッチコピー"幸せに鈍感なんじゃない、寂しさに敏感なだけ"…主人公マーゴのクソなところをこんなにチャーミングにしてしまうなんて…流石はプロフェッショナル(a.k.a. ケイスケホンダ)だ>>続きを読む

ランペイジ 巨獣大乱闘(2018年製作の映画)

4.1

今作のポスターが平成ゴジラのポスターで少年時代の私の心を震わせてくれた生瀬範義さんのタッチっぽくて心が震えました!←アホな文章

いやぁ、こういうのを観たかった!適度なユルさ、過度な破壊描写、軍隊の雑
>>続きを読む

ゲティ家の身代金(2017年製作の映画)

4.0

誘拐映画はハネケの『隠された記憶』みたいにわからなかったらどうしよう…とシネフィルぶりたくて痛い目を見た学生時代のトラウマが疼きます(弟のトニーの『マイ・ボディガード』は大好き!)。←どうでもいい前置>>続きを読む

GODZILLA 決戦機動増殖都市(2018年製作の映画)

3.3

「ああ、観に行かないとなぁ」とうっかり嫁に溢すと「あなたの謎の使命感はなんなんだ」という言葉からチクチクと説教が始まりました。くっ…ゴジラめ!←反省なし

いやぁ、ストーリーは前回に引き続き"打倒・ゴ
>>続きを読む

孤狼の血(2018年製作の映画)

3.9

嫁さんに「仕事で遅くなるけぇ…」と嘘をついてこっそり鑑賞したきに。←広島県の方々すみません。

いやぁ、こんなにエンターテイメントな作品だと思いませんでした。というのも私はもっと血みどろで凄惨な話だと
>>続きを読む

アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル(2017年製作の映画)

4.2

主人公のトーニャがずだ袋を担いでトレーニングしているシーンは山頂に登って「うおぉぉぉ!ケリガァァン!」とロッキーばりに打倒する相手の名前を叫べば燃えるのになぁ、とぼんやりしながら鑑賞致しました!

>>続きを読む

パシフィック・リム(2013年製作の映画)

4.4

勝手にキャッチコピーをつけさせてもらうのなら"あなたの中の小5を呼び覚ます"かな!


いやぁ、メインテーマを聴くだけで11歳に戻りますね!街中で聴いてしまうとイェーガーのように悠然と歩いてしまいます
>>続きを読む

ライジング・ドラゴン(2012年製作の映画)

3.7

GW最終日はジャッキー・チェンで締めてご機嫌になろうと今作を手に取りましたが…ジャッキーの仕事魂を観て元気をもらいました!明日から頑張ろう!

いやぁ、この時ジャッキーは60歳ですか?凄いなぁ…後半の
>>続きを読む

>|