バルバワさんの映画レビュー・感想・評価

バルバワ

バルバワ

トイレに置いてある貝殻の使い方をレクチャーしてくれる方募集中です。レビュー後ジョージ・ルーカス監督のようにちょいちょい追記します。因みに好みの北緯38度線は3.5で、4.0以上は基本的に大好きな作品です!

映画(182)
ドラマ(0)

GODZILLA 決戦機動増殖都市(2018年製作の映画)

3.3

「ああ、観に行かないとなぁ」とうっかり嫁に溢すと「あなたの謎の使命感はなんなんだ」という言葉からチクチクと説教が始まりました。くっ…ゴジラめ!←反省なし

いやぁ、ストーリーは前回に引き続き"打倒・ゴ
>>続きを読む

孤狼の血(2018年製作の映画)

3.9

嫁さんに「仕事で遅くなるけぇ…」と嘘をついてこっそり鑑賞したきに。←広島県の方々すみません。

いやぁ、こんなにエンターテイメントな作品だと思いませんでした。というのも私はもっと血みどろで凄惨な話だと
>>続きを読む

アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル(2017年製作の映画)

4.2

主人公のトーニャがずだ袋を担いでトレーニングしているシーンは山頂に登って「うおぉぉぉ!ケリガァァン!」とロッキーばりに打倒する相手の名前を叫べば燃えるのになぁ、とぼんやりしながら鑑賞致しました!

>>続きを読む

パシフィック・リム(2013年製作の映画)

4.4

勝手にキャッチコピーをつけさせてもらうのなら"あなたの中の小5を呼び覚ます"かな!


いやぁ、メインテーマを聴くだけで11歳に戻りますね!街中で聴いてしまうとイェーガーのように悠然と歩いてしまいます
>>続きを読む

ライジング・ドラゴン(2012年製作の映画)

3.7

GW最終日はジャッキー・チェンで締めてご機嫌になろうと今作を手に取りましたが…ジャッキーの仕事魂を観て元気をもらいました!明日から頑張ろう!

いやぁ、この時ジャッキーは60歳ですか?凄いなぁ…後半の
>>続きを読む

プロジェクトA(1984年製作の映画)

4.6

鑑賞後、身体を動かしたくなってバタバタしていたら嫁さんにメタメタに怒られました…ったくわかっちゃねぇな!チッ(`⊿´ )←親が見たら泣く文章

いやぁ、めっちゃ楽しかったです!!アクションとコメディが
>>続きを読む

2001年宇宙の旅(1968年製作の映画)

3.6

「観るべきだよなぁ…」と思う反面「難しい映画なんだよなぁ…」と思っていたのでなかなか手が出なかった今作でしたが、ようやく初鑑賞致しました。

いやぁ、案の定ちんぷんかんぷんでした。でも50年前の作品と
>>続きを読む

くまのアーネストおじさんとセレスティーヌ(2012年製作の映画)

4.3

GW初日(しかし世間ではGWはもう後半という絶望…)に嫁さんと鑑賞致しました!

職業柄こういう作品は大好物なので手に取ったのですが…案の定大好きでした!! カワイイナー( ´∇`*)

とにかく絵が
>>続きを読む

ラッカは静かに虐殺されている(2017年製作の映画)

4.5

パンフレットは400円でシリアの情勢やRBSS創設者のアジズさんのインタビューが読めますのでオススメですよ!

さて、私もハイネマン監督前作『カルテルランド』にぶっ飛ばされたので今作も覚悟を決めて挑み
>>続きを読む

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

4.0

「俺は1000万人の命を助ける為に1人の命を犠牲にするという考え方を否定する」(『ガッチャマン【実写版】』より抜粋)…良い台詞でもなんでもないですが鑑賞中ずっと頭の中で何度もリピートされてました。結構>>続きを読む

タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜(2016年製作の映画)

4.1

嫁さんが仕事なのでちゃっかり鑑賞致しました!ヘヘヘ,ヤーイヽ(* `∇´)ゝ

いやぁ、こんなにカッコよくタクシーの運転手さんを撮った映画を初めて観ましたよ!終盤の「ここは俺に任せていけぇい(`口´;
>>続きを読む

パシフィック・リム アップライジング(2018年製作の映画)

3.3

「富士山と東京近いな!」と日米間の日本のあり方にはまだまだ相違があるなとしみじみ感じながら鑑賞致しました。


フォローさせていただいている方々の間でも賛否が飛び交っていたので、それなりの覚悟で臨みま
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.2

主人公ウェイト君はX-MENの新シリーズのサイクロップス役と知り「バイザーが似合う男だからか!」とキャスティングに勝手な納得を示しながら鑑賞致しました!

いやぁ、確かに豊かな映像技術で描かれるVR世
>>続きを読む

ホーホケキョ となりの山田くん(1999年製作の映画)

4.2

今さらながら初鑑賞の今作、私の周りの人からは評価が低いのでなんとなく遠ざけていました。

いやぁ、食わず嫌いはいけませんな…めっちゃ楽しかったです!もうクスクスしっぱなしでした!

キャラクターや物が
>>続きを読む

太陽の王子 ホルスの大冒険(1968年製作の映画)

3.7

宇多丸師匠のラジオ番組“アフター6ジャンクション”で高畑勲監督の特集がとても素晴らしいかったのと追悼の意も込めて初鑑賞致しました!

いやぁ、鑑賞後調べれば調べる程今作が日本のアニメーションにとってい
>>続きを読む

トータル・リコール(1990年製作の映画)

4.0

副題"シュワルツェネッガーの夢見るシュワじゃいられない"!←勝手に命名

楽しかったぁ!グロいし、グロいし、グロい!さすがヴァーホーヴェン監督!しかも「てめぇの目で見て、頭で考えやがれ!」と思考停止に
>>続きを読む

ハッピーエンド(2017年製作の映画)

4.0

「趣味?フッ…映画です( ´,_ゝ`)」とカッコつける為にハネケ監督の『隠された記憶』を観て「…ん?」となった中二の夏から私は大人になったかなぁと思いながら鑑賞致しました。←どうでもいい前置き

いや
>>続きを読む

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル(2017年製作の映画)

4.1

まさか映画館で"悦子の母乳だ!"を聴けるとは!空耳アワー最高!!

いやはや、若者の成長を映画にされると堪りませんな。←おじさん丸出し
普段は決して交わらないスクールカースト上位の生徒と下位の生徒が閉
>>続きを読む

3月のライオン 後編(2017年製作の映画)

2.0

後編観ました!早朝6時に起きて嫁が寝てる間に…あっ、嫁の居ぬ間にこっそり鑑賞シリーズエピソード3!←早くもグズグズ

前編と比べ、映画オリジナルの展開が多めの後編。映画は映画で漫画は漫画なのでこういう
>>続きを読む

3月のライオン 前編(2017年製作の映画)

2.4

原作好きなのに劇場で観ず、DVDにも手が出なかったのですが…作品の出来不出来は誰かのレビューに問うてはいけない、鑑賞してから自分で問うていくしかないと思い、やっと鑑賞致しました!←長い上にスカスカな文>>続きを読む

ラッキー(2017年製作の映画)

4.7

嫁の居ぬ間にこっそり鑑賞シリーズエピソード2!←心底どうでも良い前置き

軽い気持ちでこの映画を観たんだけどねぇ~…(←大将 黄猿風)。いやはや戸惑いこそ人生ですなぁ…まさかふらっと立ち寄って観た今作
>>続きを読む

巴里のアメリカ人(1951年製作の映画)

3.3

嫁さんが居ぬ間にこっそり鑑賞致しました!

作品の完成度はめちゃくちゃ高いと思います。役者さんの歌唱スキル、演奏スキル、ダンススキルは惚れ惚れさせられますし、また当時のアカデミー賞美術賞を獲っているだ
>>続きを読む

ちはやふる ー結びー(2018年製作の映画)

4.5

嫁と鑑賞、話の展開がエモくなる度に二人揃って「ムフー、ムフー!」と鼻息を荒くしていました(二人とも原作&アニメ&前作の映画が大好き故…)。

ザックリとした感想を申し上げると「なんて感じの良い映画なん
>>続きを読む

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

4.5

今作は舞台がメキシコですが『カルテルランド』のような人体破壊描写はないだろうと思ってました…うん、割りと首や手足がポロポロと取れるシーンが多かったです!ホネダカラネー( ´∀`)
余談ですが、メキシ
>>続きを読む

ベテラン(2015年製作の映画)

4.5

久しぶりに良いファン・ジョンミンを観ました。因みにファン・ジョンミン史上最強に悪いファン・ジョンミンは『アシュラ』のパク・ソンベ市長です!←自分調べ

いやぁ、最高でしたぁ!私は常々刑事アクションで散
>>続きを読む

聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア(2017年製作の映画)

4.1

今回、両隣がおじいさんとおばあさんでした。私を含め三人とも"ビクッ"となるタイミングが同じでいつもより3倍席が揺れました。なのでちょっとしたアトラクション気分で鑑賞することができました。

今作はハッ
>>続きを読む

15時17分、パリ行き(2018年製作の映画)

4.2

昨年新婚旅行でイタリアに行ったばかりなので「あ、ここ行ったぞ!イーストウッドも行ったかぁ…イクヨネェd( >v<)」と大監督に馴れ馴れしい共感を覚えつつ鑑賞致しました。

事件に居合わせていた役柄=本
>>続きを読む

ブラックパンサー(2018年製作の映画)

4.1

終盤のバトルシーンがタイマン勝負、草原での乱戦、ドッグファイトと3つのシークエンスに分けられていて『スター・ウォーズ EPⅠ ファントムメナス』っぽいなぁ(というかマシンのデザインや評議会の様子もスタ>>続きを読む

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

4.0

注射片手に背後から忍び寄るホフステトラー博士を格闘漫画 範馬刃牙に登場するアルバート・ペイン博士を連想したのは私だけじゃないはず!←妄言乙


アカデミー賞の結果が発表されたし、ギレルモ・デル・トロ監
>>続きを読む

ドラえもん のび太とふしぎ風使い(2003年製作の映画)

3.5

やっぱ、ドラえもんはこのメンツだよ!フフフフフフゥ!←大山のぶ代風
と、懐古な事を思いながら鑑賞致しました!

今作で一番の活躍をするのはドラえもんでもなく、のび太でもなければ、しずかちゃんやスネ夫で
>>続きを読む

悪女/AKUJO(2017年製作の映画)

3.9

今作の主人公のスクヒがジュンサンに白いドレスを見せに来て、このドレスにはブラジャーが必要ないことを説明し、何かを想像しないかを聞くシーンで私は「もちろん、オッパイのことであろう」と次の展開を待っていた>>続きを読む

マンハント(2018年製作の映画)

3.5

2週間前に『男たちの挽歌』シリーズを観て、所謂ジョン・ウー耐性を高めて今作に挑んだのですが…いやぁ、ぶっ飛ばされました!完敗です!

感想は「有り難い!」です。まさかこんなご時世にこんな珍作に出会える
>>続きを読む

ぼくの名前はズッキーニ(2016年製作の映画)

4.7

あるシーンで「ママレードボーイ!」と思わず口走ってしまいそうになり自分を抑えながら鑑賞致しました!

子ども達が大人の手から離れた所で成長する話は個人的にどストライクでして、今作も例に漏れず…というよ
>>続きを読む

アパートの鍵貸します(1960年製作の映画)

4.5

主人公のバクスターが『ライアー・ライアー』のジム・キャリーに見えてきて、あの演技はジャック・レモンから影響受けてるのでは?!と勝手に勘繰りながら鑑賞致しました!

ラブコメでハラハラしたのなんていつ以
>>続きを読む

苦い銭(2016年製作の映画)

3.8

『怪談新耳袋殴り込み』のファンとしては鑑賞後の村上賢司さんのトークショーは嬉しいご褒美でした!

何と言っても私、今回で初めてのワン・ビン監督作且つ、初めての劇場でドキュメンタリー映画の鑑賞でして、か
>>続きを読む

犬猿(2017年製作の映画)

3.9

私が観た回は年配の方が多く笑い声があちらこちらから聞こえており、私の隣のおじさんなんて「あ~…ブスだぁ」と笑ったり「お、富士Q。」と呟いたりしていて非常に和やかな雰囲気の中で鑑賞致しました!

ここで
>>続きを読む

>|