クルードスさんの映画レビュー・感想・評価

クルードス

クルードス

2018/11/12~
ジャンル映画が好みですが、幅広く観ます。
好きな映画は繰り返し観る派なので、ベスト10は最初のインパクトに加えて、何回観ても面白いかどうかが基準です。

映画(217)
ドラマ(0)

震える舌(1980年製作の映画)

4.0

チョコパン食べたい。

観る前は「病気版エクソシスト」と思っていたが、そういったジャンル映画的なイメージだけではなく、トータルでとても良く出来た作品!

素晴らしいと思ったのが、様々な観点で全てが濃密
>>続きを読む

クワイエット・プレイス(2018年製作の映画)

3.3

公開当時は観られなかったが、これは絶対に劇場で観るべき作品なんだろうなと思ってたらやっぱりそうだった(笑)
あれだけの静寂に包まれるというのは、劇場で観られた人はなかなかレアな体験が出来たんじゃないか
>>続きを読む

COP CAR コップ・カー(2015年製作の映画)

3.2

二人組の子供が家出をして無人のパトカーを盗む。
そしてそのパトカーは悪徳警官ベーコンのモノで、悪事がバレると大変なベーコンは盗まれたパトカーを何とか取り戻そうとする。

何で子供達が家出をしたか、ベー
>>続きを読む

呪怨(1999年製作の映画)

3.0

さすがに今観ると怖さはあまりないし、かなりチープな作りだが、知らなかった設定もあって、へーってなった。

何で伽耶子が旦那に殺されたのかは映画版では語られなかったが、実は伽耶子の秘めたる思いが原因だっ
>>続きを読む

フライト・ゲーム(2014年製作の映画)

3.2

姿の見えない犯人に脅され、振り回され、それでも対峙して奮闘する航空連邦保安官。
しかしプライベートでは様々な不幸により自暴自棄気味。
そんな役をリーアム・ニーソンが演じているが、この人ってなぜか雰囲気
>>続きを読む

片腕ドラゴン(1972年製作の映画)

3.5

かつてこの映画の続編である「片腕カンフー対空飛ぶギロチン」を観て面白かった記憶があったので、今回こちらを観賞したが、あれ?こんなにトンデモ映画だったっけ?(笑)

主人公と敵対する悪さばかりしている道
>>続きを読む

シンクロナイズドモンスター(2016年製作の映画)

2.5

この映画、本当に怪獣必要か?とか、細かい設定が雑だったり、気になる点がかなり多かった。
しかも豹変する男のクズっぷりにかなりイライラするし。

それでも主役のアン・ハサウェイの事を「ダメ人間だけどキュ
>>続きを読む

ボブという名の猫 幸せのハイタッチ(2016年製作の映画)

3.6

薬物依存から抜け出そうとしている路上生活者という人生ドン底の主人公が、猫のボブと出会ってから少しずつ人生が変わっていくという実話の物語。

とにかく本人(本猫?)出演のボブがカワイイ!
これはボブのア
>>続きを読む

メアリー&マックス(2008年製作の映画)

2.8

オーストラリア在住のいじめられっ子の少女と、ニューヨーク在住のアスペルガー症候群の中年男性が文通を通して様々な事を感じながら、成長していく物語。

結構評価が高いけど、残念ながら個人的には乗れず。
>>続きを読む

日本のいちばん長い日(1967年製作の映画)

4.0

午前10時の映画祭で観賞。
ずっと観たくて観られていなかった作品だったが、やっぱり面白かった!

日本がポツダム宣言を受け入れる事を決めてから、玉音放送を流すまでの1日の話。

序盤、ボツダム宣言を受
>>続きを読む

呪怨(2002年製作の映画)

3.8

この映画、フィルマークスの平均点が2.9しかないのか…。
もう20年近く前の作品だし、伽椰子もすっかり有名人だし、今観ても怖くないんだろうなあ(^^;

当時は宣伝や予告がメチャメチャ怖くて、これだけ
>>続きを読む

リング(1998年製作の映画)

4.0

当時は劇場では見逃したものの、Vシネビデオ版を観たり原作を読む程ハマったが、今回十数年振りに観たら大部分を忘れてた(^^;

やはり何と言っても呪いのビデオが秀逸。
意味不明なイメージの羅列(実際意味
>>続きを読む

ロスト・バケーション(2016年製作の映画)

3.3

助演男優(女優?)賞、カモメさん。

前半はサーフィン映画として、自然豊かなビーチにうっとり。
この辺がもう少し長くても良かった位、気持ちのいい映像だった。

中盤以降は「サメ」meets「医療」=サ
>>続きを読む

トランス・ワールド(2011年製作の映画)

3.3

低予算映画なんだろうが、低予算映画とは感じずに楽しめた。

事故等で森をさまよった男女3人が小屋で出会い、どうやって脱出するかというシチュエーションホラーを思わせる展開

そこで最後に彼らが見たもの
>>続きを読む

残穢 住んではいけない部屋(2016年製作の映画)

3.5

何となく観たくなり再観賞。

心霊モノだが、謎解き要素が強くてロジカルに1つずつ解いていってサクサクと真相に近づいていく展開は結構好き。

ちょこちょこと出てくる怖い場面は抑えめな演出で好感が持てたし
>>続きを読む

LEGO(R) ムービー(2014年製作の映画)

3.8

今更だけど、評判の良い映画なので観賞したが、評判に違わず面白かった。
レゴのCMとしても、これ以上のものはないんじゃないかな。
この映画に登場するキャラクターのレゴがすごく欲しくなる(笑)

さんざん
>>続きを読む

SUPER 8/スーパーエイト(2011年製作の映画)

3.0

宇宙人が出てきて少年との交流を描く感動モノかと思ってたが、中盤以降の展開から、 え?こういう映画だったの?とちょっとビックリ。

前半の少年達の映画制作、少女との恋の場面はふと出てくる風景の美しさと相
>>続きを読む

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ(2019年製作の映画)

2.8

このレビューはネタバレを含みます

世間的には割と評判は良さそうだが、個人的にはあまり乗れず。
期待値が高過ぎたかなあ…。

良かったところ。
序盤から中盤にかけてはギャレゴジとは異なり、ドカドカと気前よく怪獣が出てきて、そこは良かった
>>続きを読む

養鬼(悪魔の胎児)(1980年製作の映画)

4.0

これはヤバい!一見の価値あり!

アマゾンプライム会員なら無料で観られます。
仲間をもっと増やしたいので、みんな観てください(笑)

フォロワーのベイビーさんのナイスレビュー&サムネの威力で興味津々。
>>続きを読む

フィールド・オブ・ドリームス(1989年製作の映画)

3.9

自身、野球好きなのになぜかずっと観ておらず、ようやく観賞。

ずーっと観たかったけど観てなかったパターンの時は「もっと若い頃に観ておけば良かった」と思う事が多いが、今回は逆に歳を取ってから観て良かった
>>続きを読む

タイガーランド(2000年製作の映画)

3.0

ベトナム戦争下、徴兵された主人公ボズ。
彼は戦争そのものに全く納得がいかず、新兵訓練時に除隊をするために様々な策を講じる。

彼の行動は規律を乱す事が多く、最初はイライラさせられる。
しかし物語が進む
>>続きを読む

ドゥ・ザ・ライト・シング(1989年製作の映画)

3.8

猛暑の中、緩い日常から物語が始まり、そのチルな雰囲気が楽しい。
しかし日常に当たり前のようにある人種差別意識。

それは白人から黒人に対するものだけではなく、黒人からメキシカンやアジア人に向けられるも
>>続きを読む

ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃(2001年製作の映画)

3.6

ゴジラがしっかり怖かったので面白かった。
テンポが良くてあっという間に終わった印象。

特撮は今見ると拙いものもあるが、放射熱線からの爆発シーンに関しては全般的に大迫力!

最初のゴジラの放射熱線をあ
>>続きを読む

オーヴァーロード(2018年製作の映画)

3.7

第二次世界大戦+ゾンビ、しかもそこそこお金もかかっていそう!
これは完全に俺得映画だと思い、極力予告等の情報も入れずに公開後すぐに観賞。
が、実際はゾンビものというよりナチ人体実験もの+超人バトルもの
>>続きを読む

翔んで埼玉(2018年製作の映画)

3.6

前半は素直に笑えるところが多くて楽しめた。
友達が西葛西に住んでいて色々と知識があったので、スパイシーというくだりですぐにピンときた(笑)

草加せんべいのシラコバトのズームアップは本当に笑えたし、埼
>>続きを読む

テッド(2012年製作の映画)

3.4

人以上に人間っぽいキャラが出てくるという意味では宇宙人ポールやパディントンを連想するが、昔からの腐れ縁の友人に引っ張られていつまでも大人になりきれず、彼女に愛想をつかされそうになっている男の話という事>>続きを読む

アベンジャーズ/エンドゲーム(2019年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

MCU作品はガーディアンズ・オブ・ギャラクシーしか観てないが、前作のインフィニティ・ウォーは祭りに参加したくて観たので、続編の今作も観賞。

MCU弱者ゆえ、細かいところを分かってない自分が悪いという
>>続きを読む

ハンターキラー 潜航せよ(2018年製作の映画)

3.9

リアリティのある戦争映画というより、ストーリーは割と大味な戦争アクションだったが、テンポも良くてそれはそれとして楽しめた!

純粋な潜水艦モノではなく、全体の作戦の中に潜水艦が入っていて、アクションに
>>続きを読む

ブレックファスト・クラブ(1985年製作の映画)

3.0

これは10代の時に観ておく映画だったなあ…。
その頃に観てれば、この映画の5人は今の自分ならこういうメンツかな?とか想像出来て楽しそう。

普段は交わらない別のカーストの5人が本音を語っていくうちに距
>>続きを読む

ハロウィン(2018年製作の映画)

3.8

ハロウィンはパート1は観ていたものの、スラッシャー映画にはそこまで思い入れはなかったが、ブラムハウスが製作に関わっているので観賞。

今回は初代ハロウィンからの続編だし、客の年齢層が高いのかと思ったら
>>続きを読む

宇宙人ポール(2010年製作の映画)

4.4

今回、未知との遭遇を初めて観た事もあり再観賞。

元ネタは分かる所も分からない所もあるが、そんな事は関係なく何度観てもやっぱり面白い!
でも今回は未知との遭遇ネタである宇宙船が降りてくるであろう場所を
>>続きを読む

運び屋(2018年製作の映画)

4.2

クリント・イーストウッド監督作で一番好きなのは「硫黄島からの手紙」で、昔から好きで何度も観てたのが「ハートブレイクリッジ」

その後も劇場で公開される度に観てたものの、割と淡々とした話が多くて、個人的
>>続きを読む

未知との遭遇 ファイナル・カット版(2002年製作の映画)

3.0

過去にテレビ放映等で観る機会があったにも関わらず、ずーっと観逃してきてしまっていたが、今回の午前10時の映画祭でようやく観られた。

キラキラしたUFOのイメージが強かったが、ストーリーは人間ドラマが
>>続きを読む

バイス(2018年製作の映画)

3.6

映画が始まる前にブラピのプランBのロゴが出てきたから勝手なイメージで、リベラルなテーマに悪意ある笑いを挟んでくる感じかなーと思っていたら、正にその通りだった(笑)

そのリベラルなテーマ自体も自虐的な
>>続きを読む

サラダデイズ SALAD DAYS(2015年製作の映画)

3.5

ワシントンD.C.における80'sハードコアシーンと、その後のシーンの変遷を取り上げたドキュメンタリー。D.C.の特異性が分かる。

バッドブレインズの影響下でマイナースレットをはじめ、たくさんのバン
>>続きを読む

タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜(2016年製作の映画)

3.6

戒厳令が出ていた光州市に取材に向かうドイツ人記者と、その記者を乗せたタクシー運転手の物語。

詳しい事情が分からない運転手の目線を通して、光州市で何が起きているのかが少しずつ分かってくる。
市民が軍隊
>>続きを読む

>|