rosechocolatさんの映画レビュー・感想・評価

rosechocolat

rosechocolat

映画(580)
ドラマ(0)

ミッドナイトスワン(2020年製作の映画)

3.9

元SMAPの中でも、「新しい地図」メンバーたちの演技の方が好きなんですよね。3人とも、どんな役でも捨て身でやってる。『凪待ち』『半世界』しかり。そしてこの作品も。

トランスジェンダーが抱える問題を飾
>>続きを読む

ライフ・イズ・カラフル! 未来をデザインする男 ピエール・カルダン(2019年製作の映画)

3.8

98歳になって更に壮健にすら感じるピエール・カルダン氏。

誰でも知ってる、誰の家にも何かの商品がある、それでいてブランド力は衰えを知らず。

ブランドを支える人の存在って本当に大事。
支えがダメだと
>>続きを読む

行き止まりの世界に生まれて(2018年製作の映画)

3.3

スケボー、少年たちということで『mid90s』とかぶる部分はあったかな。こっちの方がよりドキュメンタリーなので、よりシリアスだったり笑えない部分もあったかも。時間経っちゃったから細部よく覚えていない、>>続きを読む

僕たちの嘘と真実 Documentary of 欅坂46(2020年製作の映画)

3.6

欅坂46とは何だったのか。
今までも、そしてこれからも、幾多の考察がなされることであろう。

例えて言えば、「2,000万画素クラスの集まりの中に、1億画素の人が入ってしまった」んじゃないだろうか。
>>続きを読む

ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー(2019年製作の映画)

3.8

普通にLGBTQが描かれていて市民権を得ているって、映画の中でもなかなかないだけに、これが監督の思う理想系なのかなと。

イケてなかった女子高生が、一夜でどこまで取り戻せるか?
メインイベントにたどり
>>続きを読む

mid90s ミッドナインティーズ(2018年製作の映画)

4.3

男同士の関係は、側から見ているほど気楽ではなく、ハードで孤独なもの。

若者たちが自分の立ち位置を探す。
よくありがちな設定にも関わらず、圧倒的なリアル感がそれを包み込む。

全員がスケボーの技術があ
>>続きを読む

TENET テネット(2020年製作の映画)

4.0

すこい肝心なところはいつもぼやかされちゃうんですが、
煙に巻かれたようでも結局楽しませてしまうノーラン作品。
今回はめちゃくちゃ親切でしたよね。わざわざ丁寧に「解説」してくれたも同然ですし。

ノーラ
>>続きを読む

窮鼠はチーズの夢を見る(2020年製作の映画)

4.2

主役の2人の佇まいだの、演技も合わせて、よかったですよね。

恭一みたいな人って結構いそうな気がするんですよね。
女に対して、自分から何の深淵も覗かない奴。だから誰がパートナーになっても同じことの繰り
>>続きを読む

宇宙でいちばんあかるい屋根(2020年製作の映画)

4.1

清原果耶の透明感が観たくて、これは絶対行かねば!と。

真っ直ぐに、そのままに、つばめはそこにいた。
その真っ直ぐなつばめと、これまた大胆だけどピュアな星ばあとの出会い。

「会いたい人がいる」ことに
>>続きを読む

(2020年製作の映画)

3.0

綺麗すぎるんですよね。
歌の中身が分かっているだけに。
あまりにもそこで運命的なこと感じさせすぎでしょ! 辻褄合わせすぎでしょ! が多すぎた。

あと、「糸」の曲を使いすぎ。
何回もかけなくてもいいの
>>続きを読む

人数の町(2020年製作の映画)

3.5

日本人はどんどん「人数化」しているんだよ。
そう言われても、何も言い返せない現実がある。

誰でもいい、何でもいい、頭数だけいればいい。
「その人でなくては困ること」がどんどん減っている。単純作業だけ
>>続きを読む

⼭猫は眠らない8 暗殺者の終幕(2020年製作の映画)

2.8

このシリーズ初めて観ましたが、トム・ベレンジャーのシリーズなんですね。『プラトーン』懐かしい!

というのはさておき肝心の映画ですが、どうも全体的に「丸く」収めがち。
ユキ・ミフネの最初〜中盤のアクシ
>>続きを読む

パブリック 図書館の奇跡(2018年製作の映画)

3.8

エミリオ・エステベスがこうして真面目に映画やってるのを見ると嬉しいですね。
これって実話なの?

メッセージも力強く、結末もユーモラスなところがよいですよね。

もったいないキッチン(2020年製作の映画)

3.7

前作も確か観ています。
今回は吹替版で鑑賞。

非常に興味深く、色々なパターンを日本で発掘したのは素晴らしい。
LAWSONにあそこまでさせたのは大金星でしょう。

のですが、最後の場面は必要だったの
>>続きを読む

ハニーボーイ(2019年製作の映画)

2.6

ラブーフくんはよいのだけど、役がねえ。見ていて怒鳴りっぱなしなのでこちらが辛くなった。
年がら年中怒鳴られて暴力振るわれてる感覚になってくる。

そのトラウマから逃れられたのか、それとも完全ではないの
>>続きを読む

アルプススタンドのはしの方(2020年製作の映画)

3.3

2020.8.26 評価変更しました。


中村守里ちゃんが前からめちゃ気になってましたので迷わず鑑賞。

固定したスタンドから、試合の一喜一憂がリアルに伝わってくるのは上手かったですね。
最初は何に
>>続きを読む

劇場(2020年製作の映画)

4.0

これってめちゃくちゃリアル演劇人あるあるなんでしょうね。

プライドと現実の境目が分からなくなって、
自分以外全く受け付けなくなった人がどれだけ周りを振り回すか。
振り回される方も共依存になっているこ
>>続きを読む

ハニーランド 永遠の谷(2019年製作の映画)

4.2

これがドキュメンタリーとは信じられないくらいのストーリーのハマり方。
ドキュメンタリーなのにこれだけ起承転結が綺麗に決まるとは。
養蜂家の謙虚さと、移住者の傲慢の対比です。

自然とは共存しないといけ
>>続きを読む

ステップ(2020年製作の映画)

3.4

母子家庭の大変さと父子家庭の大変さ。
大変さの中身は違うかもしれないけど、家の中と外の両方の仕事、どちらも落とせないことが同時に訪れてしまう負担は同じでしょう。

この映画は、父子家庭を10年間続ける
>>続きを読む

WAVES/ウェイブス(2019年製作の映画)

3.4

景色だけでなく日常の生活の場さえも美しく彩りながらも、ストーリーは一気に最悪の方向に進んでいく。ここまて加速度的な悪さになるとは、予告からは想像がつかない。しかし振り返るときちんと伏線はあった。
若さ
>>続きを読む

透明人間(2019年製作の映画)

2.8

なんか色々とツッコミどころがありすぎるんですよね。

まずあのスーツ。
カメラばっかりついているから監視できるのか?
なんであの液体をかけると見えちゃうのか?
最後も「察してくれ!」なのか?
ちょっと
>>続きを読む

半世界(2018年製作の映画)

4.0

カメラワーク、特に長回しの時がとても滑らかで、観ていて心地よさを感じるんですね。
風景とストーリーをマッチさせているからこそカメラワークが生きてくる。

長谷川博己さんって、実はあまり今まで意識して見
>>続きを読む

台風家族(2019年製作の映画)

3.3

予想以上に破天荒な草彅くんの役。

クライマックスは全員体当たりでしたね。
ファンタジーみたいな後味でした。

フィール・ザ・ビート(2020年製作の映画)

3.4

なんといっても、ソフィア・カーソンが綺麗。ダンスも上手い。本人踊ってるんですよね?

あとは、あのちっちゃい男の子が最高!
ダンスものは展開わかってるけど、やっぱり見てて楽しい。
コスチュームとかコレ
>>続きを読む

ライド・ライク・ア・ガール(2019年製作の映画)

3.3

実話ということもあり、流れに沿って進みました、という印象。

メルボルンカップの雰囲気も、イギリスの昔の競馬みたいでとてもクラッシック。
女性騎手を取り巻く環境も、映画ではさらりとしか描かれていません
>>続きを読む

バルーン 奇蹟の脱出飛行(2018年製作の映画)

3.2

もし今こういうことをしようとしたら、瞬時にわかっちゃうと思うんですよね。ネットあるし。
1979年だってそんなに昔でもないのに、あれだけの人員を動員しても大して収穫がなかったのは警察の無能でしょう。あ
>>続きを読む

カセットテープ・ダイアリーズ(2019年製作の映画)

4.0

テーマとしてはものすごく多国籍が絡んでいて、

イギリスに移住したパキスタン人
パキスタン人、かつムスリムなのにボスを聴く

という、およそ自分たちのルーツなどすっ飛ばしてストーリーが進みます。
でも
>>続きを読む

ワイルド・ローズ(2018年製作の映画)

3.8

なんと言っても、主演のジェシー・バックリーの歌に尽きますね。
ちゃんと歌える人、しかもソウル込めて歌える人をキャスティングした勝利です。

ジェシー・バックリーのキャラ付けがまたリアルなんですよね。
>>続きを読む

はちどり(2018年製作の映画)

4.0

「本当に心がわかっている人は、何人いるのか……」

わかっているようでいて、
次の瞬間にはくるっと変わってしまう心。
家族のように近い人ですら、全くわからない心。

心ばかり追いかけていても、傷つくば
>>続きを読む

MOTHER マザー(2020年製作の映画)

4.0

共依存って、たぶん治らないんでしょうね。指摘されても矯正されても。
治ったと思っても何かのきっかけで簡単に戻ってしまう。
子どもなんて、幼い時から刷り込まれてしまったらもう一生そのワールドで生きないと
>>続きを読む

もののけ姫(1997年製作の映画)

5.0

コロナ明け映画館リバイバル企画にて

THXで鑑賞。
大画面で観るべき作品ですよねこれは。

これも何で公開当時鑑賞しなかったのか?
子どもが小さく映画鑑賞は休んでいたからですね。ママシアターなどなか
>>続きを読む

風の谷のナウシカ(1984年製作の映画)

4.6

コロナ明け映画館リバイバル企画にて

公開当時、ジブリは全く知らず、またアニメにも全く興味がなかった故に観に行くことはなかった。
それからかなりの月日が流れた今、まさかこれをスクリーンで観ることになろ
>>続きを読む

エジソンズ・ゲーム(2019年製作の映画)

3.4

エジソンって発明はしたけど、それだけ?って思ってた謎が解けました。

天才だから商才があるわけではないですよね。
結局は、人にメリットがある方が選ばれる。
そこをわかってなかったエジソンの狭量さでしょ
>>続きを読む

HERO〜2020〜(2020年製作の映画)

2.4

舞台版の映画化。舞台鑑賞済。

たぶんだけど舞台寄りの演出っぽい感じがするんですよね。前半は特にそう感じました。なので映画として観る感覚とはちょっと違ったかなあ…。

舞台の時も感じたんだけど、戦隊シ
>>続きを読む

ドクター・ドリトル(2020年製作の映画)

1.8

字幕版2Dで鑑賞。

ドリトル先生ってこんな話でしたっけ?
子どもの頃に読みましたが…。断じて違う気がする。

全ては3DだのIMAXだのにしたかったがためのシナリオですよね。
なんかめちゃくちゃな気
>>続きを読む

15年後のラブソング(2018年製作の映画)

3.8

地味に公開されてますが、これ隠し球みたいな、掘り出し物みたいな、じんわりとしみます。

どんなに慣れてて腐れ縁で馴染んでいたとしても、自分の心の声がNOと言うのなら、それは違うんです。
ダラダラとした
>>続きを読む

>|