てけてけさんの映画レビュー・感想・評価

てけてけ

てけてけ

映画(499)
ドラマ(40)

アバウト・シュミット(2002年製作の映画)

3.4

今年もアクチュアリー試験前なのでアクチュアリー(保険数理士)の映画を鑑賞。

米国のアクチュアリー会によると
“本作におけるアクチュアリーの描写、すなわち、数学オタクであり社会性を欠き、さらに髪の毛が
>>続きを読む

レベッカ(2020年製作の映画)

3.9

原作未読。

思ったより面白かったというより難しかった(?)。

展開を予測しようとしたけど、全然読めなかった。

なんだか少しモヤモヤして終わった印象だが、リリー・ジェームズファンなので気にしない。
>>続きを読む

処刑山 ナチゾンビVSソビエトゾンビ(2014年製作の映画)

4.3

グロさはあるが、ホラー映画でなく、コメディ映画。

腸ネタ好きすぎるやろww

ツッコミどころしかない。(笑)

U.S.A.が最強ってはっきりわかんだね。

てかスターリンが喧嘩強いってのは初耳だわ
>>続きを読む

6才のボクが、大人になるまで。(2014年製作の映画)

3.3

結局何が言いたいのか分からなかった。(おそらくそういう映画)

たしかに時間をかけて1人の人間の成長過程を映画として、撮影したのは見事だと思うが、わざわざ1人のキャストでやることなのかなと思ってしまっ
>>続きを読む

マレフィセント2(2019年製作の映画)

3.8

前作を字幕なしの英語吹き替えで鑑賞したのを思い出した。(笑)

そのせいか、前作を全く覚えてなかったけど、普通に楽しめたな。

ヴィラン側もやっぱり面白い。

メッセージ(2016年製作の映画)

4.3

最初は逆インターステラーかと思った。

ドゥニ・ヴィルヌーブの映画は久しぶりに見たけど、やっぱり嫌いじゃないな。

ぶっちゃけ、彼らの方が知能が高そうだから、地球の言語はすぐに習得できそうとは思ったけ
>>続きを読む

北の果ての小さな村で(2017年製作の映画)

3.7

グリーンランド(に関する)映画は初めて観た。(笑)

本当に同じ地球なのかと思うくらい環境が違いすぎて、戸惑った。

グリーンランドじゃなくてもいいけど、いつかオーロラを生で観たい。


てかグリーン
>>続きを読む

ブリムストーン(2016年製作の映画)

3.2

作業しながら吹き替えで観たということもあってか、よく分からなかった。(笑)

やはり暴力描写は結構きついな。

女神の見えざる手(2016年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

ジェシカチャスティン強すぎた。

権謀術数主義(マキャヴェリズム)すぎて、最後の方もう味方もドン引きしてたのは笑った。


銃規制の問題とかロビー活動とか、あまり馴染みのない文化だけど、勉強にはなった
>>続きを読む

宮本から君へ(2019年製作の映画)

3.5

邦画を久しぶりに鑑賞。

鑑賞前の映画に対する先入観や期待といった想像は、個人的には映画を鑑賞し、感想を持つことや評価をするうえでかなり左右されると考えている。


例えば、前評判が高い映画を観て、自
>>続きを読む

TENET テネット(2020年製作の映画)

5.0

理系大学院生として、鑑賞前に知っておくと良い事は、「エントロピー増大則」ぐらいで大丈夫である。

強いて言えば、「時間の矢」の概念ぐらいだ。


しかし、この映画の難解さは物理学的に難しいわけではなく
>>続きを読む

カサブランカ(1942年製作の映画)

3.7

テネット前、最終予習映画。

これがどうオマージュされているのか。

最後のシーンかな?

テネット前予習映画↓

・カサブランカ(オマージュシーンがあるらしい)
・メメント(ノーラン作品)
・インタ
>>続きを読む

ホテル・ムンバイ(2018年製作の映画)

4.3

いやー、えぐいね。

容赦なく射殺されるシーンは非常に生々しい。

実話をベースを基にしているだけあって緊張感がすごかった。

たとえ、自分の信じた正義があっても暴力や殺人はやってはならない行為だなと
>>続きを読む

アースクエイクバード(2019年製作の映画)

3.4

日本語を話すアリシア・ヴィキャンデルを観る映画やね。

ストーリーはわかるけど、映画自体は何が伝えたいのかなどよく分からなかった。(笑)


ただ、アリシアの写真は撮りたい。(笑)

去年マリエンバートで(1961年製作の映画)

-

字幕をちゃんと読んでいるはずなのに、一切頭に入って来ないのなんでだろ。

評価不能。また観ます。

マリッジ・ストーリー(2019年製作の映画)

3.5

まさかの2連続アダムドライバーだった。

個人的にまだ学生ということもあったり、離婚に対して身近に感じられないことから、あんまり合わなかったかな。ある意味いいことなんだけれども。


クレイマー、クレ
>>続きを読む

ブラック・クランズマン(2018年製作の映画)

4.1

テネット公開記念にジョン・デヴィッド・ワシントン映画観ておこうと、思ったら内容が超タイムリーな話題だった。

KKKのことは、存在ぐらいしか知らなかったけど、思ったよりひどいことをしていて、びっくりし
>>続きを読む

天国からの奇跡(2016年製作の映画)

4.2

なんだこの話。あり得ないな。

と思って観ていたけど、最後の最後でもしかしてこれ実話だったのか?と思ったら、案の定実話だった。


事実は小説より奇なりとはよく言ったもので、実話と知ってこの映画を見返
>>続きを読む

二ツ星の料理人(2015年製作の映画)

3.8

映画自体はそんなに面白くないんだけれども、キャストが豪華すぎる。リリー・ジェームズにアリシア・ヴィキャンデルは俺得な映画だなぁ。(もっと出て欲しかったけど)

個人的に今回はヴィキャンデルで軍配が上が
>>続きを読む

きっと、またあえる(2019年製作の映画)

4.5

久しぶりの映画館の鑑賞。個人的「きっと、」シリーズ3作目。

ハレー彗星が彼女なだけで、負け犬じゃないこととか、ツッコミどころはあるけれど、笑いあり、涙ありもボリウッドらしい映画で面白かった!


>>続きを読む

きっと、いい日が待っている(2016年製作の映画)

3.8

個人的「きっと、」シリーズ2作目。
昨日は1作目の「きっと、うまくいく」を再鑑賞しました。(本編とは全く関係ありません)

デンマークの黒歴史。

いや、重すぎるだろ.....


デンマークは好きな
>>続きを読む

判決、ふたつの希望(2017年製作の映画)

3.7

レバノンが直面している、移民や宗教の問題が分かっていないと、総合的な評価は難しいかもしれない。

ただ、法廷もので話自体は分かりやすい。


他のレバノン映画といえば、「存在のない子供たち」ですね。

サーミの血(2016年製作の映画)

3.4

スウェーデン🇸🇪の歴史の勉強。

背景知識がないと難しいね。

ジョーカー(2019年製作の映画)

4.2

やっぱり根が悪い人なんて、少ないんだろうな。個性って本当に育った環境が作り上げるものだと感じた。

もうアメリカとしか言いようがないような映画だった。

グランド・ジャーニー(2019年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

最近丁度セルマ・ラーゲルレーヴの「ニルスのふしぎな旅」を知ったからタイムリーな話題だった。

基本的には絶滅危惧種の雁を救いつつ、家族愛や少年の冒険といった感動的なテーマの映画だったが、もう少し絶望に
>>続きを読む

天使のくれた時間(2000年製作の映画)

4.3

なるほどね。


物語の本質ではないかもしれないが「ビジネスに大小はない」という言葉は心に響いた。


人によって幸せの定義は違うということですね。


俺も天使がくれる時間が欲しい。

エレファント・マン(1980年製作の映画)

3.9

これまた実話に基づいた話。

ある意味ダークなグレイテスト・ショーマンかもしれない(違いますね)

鑑賞していて、辛い作品かもしれないが、現実であってもおかしくない話ではあるので、目を背けてはいけない
>>続きを読む

カスパー・ハウザーの謎(1974年製作の映画)

4.3

前知識があったから、分からない部分はなかったし、逆にこの映画を鑑賞する人はある程度カスパーハウザーに興味がある人が多いと思う。

やっぱり人間は置かれた環境で性格や能力などの人間性は変わってしまうのだ
>>続きを読む

世界の果てまでヒャッハー!(2015年製作の映画)

4.0

前回より面白かった。

途中でグリーンインフェルノかと思ったけど、結局ヒャッハー!だった。

ガリーボーイ(2018年製作の映画)

4.4

久しぶりに映画を観ました!


最初は全然のめり込めなかったけど、インドのHIPHOPを聞いて、徐々にハマっていきました!


ラップの部分はどこまで正しいヒンディー語が訳されてるか分からないのがまた
>>続きを読む

ロスト・ハイウェイ(1997年製作の映画)

3.6

よくある煽り運転の映画の動画ってこの映画だったんだ。。。


マルホランドドライブは面白いっと思ったけど、他のリンチはあまり合わないな。(笑)

ガーンジー島の読書会の秘密(2018年製作の映画)

3.9

リリー・ジェームズが出ているため鑑賞。


ジャンル的にはあんまり好きじゃないし、話の展開が読めてしまった部分もあるけど、リリー・ジェームズが美人だったのでOKです👍

独裁者(1940年製作の映画)

4.1

映画を観たいのだけれども、何の映画を観るか迷う時がたくさんある。

映画に限らず、好きで始めたことに対しても時には嫌いになりかけることがある。

そんな時自分は原点に帰るようにしている。


今回は映
>>続きを読む

存在のない子供たち(2018年製作の映画)

4.0

満を持して鑑賞。

まず思うことは自分は日本に生まれてきて本当に良かったということ。

次に思うことは、子供たちが可哀想だなと思う気持ちや助けてあげたいという思いが来るけど、一つの国を変えるほど大きな
>>続きを読む

>|