なつさんの映画レビュー・感想・評価

なつ

なつ

映画と小説は、(時々…旅)
日々に“彩り”を与えてくれる。
おかげで、人生が随分と楽しく、豊かに
なっている。
感謝。

感情が振り切れたら、即“満点”。

映画(630)
ドラマ(0)

2001年宇宙の旅(1968年製作の映画)

5.0

ダァダーダーーダン!かの有名なあの音楽が腹の底の底に響きます!
最初から最後まで痺れっぱなし。
“HAL9000”、コンピューターもある臨界点に達したとき、“意識”が芽生えるのでしょうか…。
カレが人
>>続きを読む

アンクル・ドリュー(2018年製作の映画)

3.5

ペプシのCMから発展した映画だそうで、炭酸飲料のような爽やかな仕上がりですよ~。
バスケをこよなく愛するずんぐりむっくりのコーチにも見せ場があり、過去の鬱屈を見事に晴らす安心のストーリー。
そしてなん
>>続きを読む

僕の帰る場所(2017年製作の映画)

3.9

ジャケ写のカウン君の表情…これにひかれて鑑賞。
(このシーン大好きだった)
実話を元に在日外国人の厳しい現実を描く。
ミャンマー人の幼い子ども二人は、日本で育ち日本語しか解らない。友達も多く学校も楽し
>>続きを読む

あまねき旋律(2017年製作の映画)

4.3

奥深い山々にこだまする美しい声の波紋。
幾重にも重なりあい紡ぎ出されるその歌は、人生の、生活の、仕事の、友愛の歌ーー(フライヤーより)
冒頭の、美しい棚田と村、高音と低音の旋律…心を鷲掴みされ、沁み渡
>>続きを読む

ジェノサイド・ホテル(2017年製作の映画)

3.0

起承転結の、起と結が優れた作品だな。
メッセージで胸を締め付けられたので、この起と結で観て良かった。
ただ、ムンバイ同時多発テロ(第二の9.11と言われた)を扱うには、規模が小さい…映像に力が無かった
>>続きを読む

アンダー・ザ・シルバーレイク(2018年製作の映画)

3.7

きたね問題作(笑)、カルトムービー的な。
巷では、リンチだヒッチだとの声があるようだけどデパルマぽいような。
カオスの連続なのに、まとまってきて着地させてるんだよなぁ。
オチもあるんだか、ないんだか…
>>続きを読む

ルイスと不思議の時計(2018年製作の映画)

2.8

イーライ・ロスがファンタジー?!
ハロウィンに観るには、いいよね。
カボチャと闘うシーンは良かった🎃
ケイト様の紫の衣装とかね。
これ本国でヒットしたの?!
ならばアメリカ人の感性が低下してるんじゃな
>>続きを読む

バーバラと心の巨人(2017年製作の映画)

3.0

マディソンウルフちゃん、エンフィールド事件の人だと気付くまで時間掛かったー。
死霊館の敵とは全く異なる敵と闘う。
大人でも大変な事を少女が対峙する。
当事者でないと、どれだけそれが大変な事かなんてわか
>>続きを読む

あの頃、君を追いかけた(2018年製作の映画)

2.0

台湾版は、監督の自伝と言うこともあり、そりゃあ良かった。
本作、笑いの部分が寒くてひきまくり。
青春の象徴的なシーン、“青いペンでつく”。いじらしさや、恥じらいを全く感じない!つき方にも変化がないもん
>>続きを読む

チューリップ・フィーバー 肖像画に秘めた愛(2017年製作の映画)

3.8

17世紀のオランダが舞台。
チューリップバブル!こんな金融バブルがあったんですねぇ。
チューリップに投機をするなんてロマンチックだけど、そんな甘いものではない。
美しく若い人妻との道ならぬ恋にはまり、
>>続きを読む

コーヒーが冷めないうちに(2018年製作の映画)

3.0

4回泣ける……との宣伝だけど…
4回泣いたとのレビューは、お目にかからず。
松重豊さんと薬師丸ひろ子さんのパート、松重さんの“大丈夫だよ”は、ボタボタ泣く。
この二人の物語だけでもええくらい。
有村架
>>続きを読む

フィフティ・シェイズ・フリード(2018年製作の映画)

-

最後の回想シーンを眺めながら、このシリーズ終りかぁと淋しくなった。
中身はうっすいんだけど、アナとクリスチャンの今後が気になり、昼ドラのように楽しんだシリーズ。
ぺらぺら具合で言うと、前作2つの方が楽
>>続きを読む

イコライザー2(2018年製作の映画)

3.6

必殺仕事人、あんたは何者なのさ?
そこが前作の醍醐味だったんだよなぁ。
個人的には前作ほど、溜飲は下がらない要素があり。
だけど…無いのかなぁ思ってた続編が作られ、変わらず無双、本作で過去が掘り下げら
>>続きを読む

愛と法(2017年製作の映画)

-

弁護士夫夫(ふうふ)のドキュメンタリー。
同性同士は戸籍での婚姻は出来ない。
愛し合っていれば自然なことなのに…。
無戸籍の人が一万人居る。先進国の日本で…。
戸籍がないと存在しない人同然…。
今の時
>>続きを読む

かごの中の瞳(2016年製作の映画)

3.4

受付で、『“瞳の中のかご”下さい』言うてしまい、『ぎゃ逆です!“かごの中の瞳”です』と笑いが起きました。
邦題は、さながら、“かごの中の鳥”状態を表したのかな。
視力を取り戻す妻と、妻との過去に執着し
>>続きを読む

死霊館のシスター(2018年製作の映画)

3.5

満を持しての最新作!えぇぇぇほぼ怖くないんだけど…。
私が耐性あるのかもだけど、音に頼りすぎてるかなぁて。
このシリーズが好きなのは、根拠不明な超常現象に心理的に追い込まれるってのが堪んないはず~。
>>続きを読む

散り椿(2018年製作の映画)

3.8

日本人が持つ“美徳”を感じる作品だった。
正しいと思う道を生きようとするとき…
自分が“出来ること”をする。
ジャンルは全く違うけど、“人生フルーツ”でも似た言葉があったなぁ。
そして、出来ることを増
>>続きを読む

クレイジー・リッチ!(2018年製作の映画)

3.4

王道のシンデレラ物語。
想像の斜め上は、いきません!だって王道のお話ですから。
ハッピーエンド以外の選択肢のない映画、絶対にそうなるってわかって観る映画って、心が凄く楽チンです。
レイチェルがシンデレ
>>続きを読む

クワイエット・プレイス(2018年製作の映画)

4.3

音を出してはいけない、極限の状態…
あぁぁ、想像力もフルに使い、大好物な映画だった!面白いー!
恐怖に顔を歪め、声に出来ない声をあげ、苦悶の表情を浮かべる。
キャストの表情と、観てる私も同じ表情になる
>>続きを読む

バッド・ジーニアス 危険な天才たち(2017年製作の映画)

3.7

頭脳を駆使した壮大なカンニングの話。
ハラハラドキドキするミステリーあり、アクションあり、そして、メッセージ性もある良く出来たエンタメ!
主人公を追い掛ける試験官、めーちゃ怖い!暗殺者みたい!
カンニ
>>続きを読む

ハッピーアワー(2015年製作の映画)

-

5時間17分……冒険だったけど、不思議と観ていられる。
何だか恥ずかしくなる映画だった。
4人の女性達、どの人も私ではないけど、自分の片鱗を感じたり。
周りに似たような人達が居たり…。
男性陣が加害者
>>続きを読む

モアナ~南海の歓喜~(1980年製作の映画)

-

100年前に監督が撮り、50年前に監督の娘が音声を足した。
ドキュメンタリーの父“フラハティ”監督、ある南の島の家族の話。
(“ドキュメンタリー”という言葉は本作から始まったそうだ!)
誇り高き彼等
>>続きを読む

パパはわるものチャンピオン(2018年製作の映画)

2.9

平成が終ろうとしてるのに…昭和の香り漂う演出と展開、子役の寺田心君は、本人にしか見えず。
映画ファンとしてはなぁ……。
プロレスとは?!
ヒールが居るからヒーローが引き立つ!
プロレスシーンは凄く良か
>>続きを読む

スカイスクレイパー(2018年製作の映画)

3.6

“お父さん飛びまぁ~~~す”の予告からもっと笑いが多いと思ってた~。
ドキドキハラハラ心臓に悪い!
ずーとドキドキで少し疲れる、でも面白かった、シンプルに楽しめた!
だって、ロック様だしねぇ。
筋肉讃
>>続きを読む

君の膵臓をたべたい(2018年製作の映画)

-

実写は原作をかなりいじっていると聞き観ていない。
アニメ版は、原作に忠実かな。
“君の膵臓をたべたい”、一瞬ギョッとするようなタイトルに込められた意味、それが全てのような作品。
かけがえのない、運命的
>>続きを読む

響 -HIBIKI-(2018年製作の映画)

3.5

きゃ客層が若い…ポップコーン食べてる率が高い!
最近の若い人は、ポテチを箸で食べるとバラエティー番組で言うてたけど、ポップコーンは手なのね。
漫画は未読ながら…おそらく、漫画の世界観は出ているのかなぁ
>>続きを読む

累 かさね(2018年製作の映画)

3.5

魔法の口紅をひいてキスすると入れ替わる…但し、12時間だけ。
この手の入れ替わり物語には慣れてる世代なので、ここはスンナリ受け入れられる、面白い。
累がなぁ傷があるだけで普通に美人さんなのがなぁて不満
>>続きを読む

ザ・プレデター(2018年製作の映画)

3.0

アルティメットプレデターVSウーピーゴールドバーグ!
武士道はどこいってん?
なんでほんなら1号(ウーピー)は、人間を殺してんさ?
え?案外とプレデター弱くない?
突然の山田なんとか誰なん、あれ?
>>続きを読む

SUNNY 強い気持ち・強い愛(2018年製作の映画)

3.7

TOHOシネマズマイルが貯まった!
TOHOの回し者みたい、ワッショイ、映画三昧だ。

今も楽しいけど…高校生の頃の“楽しさ”とは質が全く違う。
今の高校生はしんどそうだから羨ましいって思うことは皆無
>>続きを読む

プーと大人になった僕(2018年製作の映画)

3.5

そうだったなぁ、風船持つと幸せな気持ちになれた…。
買って貰った風船が萎んで泣いた遠い記憶、忘れていたよ私。
プーさんとクリストファーロビンを見ていると、愛犬と自分を思い出す。
無償の愛で常に寄り添っ
>>続きを読む

愛しのアイリーン(2018年製作の映画)

4.5

1980年代のジャパユキさんを思い出す…社会問題化しましたね。
フィリピンの農村から買われたアイリーン、良かった…結構、強い女だ。
彼女含めて、農村の人々の欲望がほとばしる。
生々しい、いやはやくらっ
>>続きを読む

アントマン&ワスプ(2018年製作の映画)

3.8

MCU初心者です🔰
アントマンは異質なんですか?
これ、めちゃめちゃ好きでした!
(前作もちゃんと観ました)
冒頭の自宅内公園?遊園地的な?あのシーンで既にノックアウト。
蟻さんがドラム叩くシーンで笑
>>続きを読む

ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男(2017年製作の映画)

3.8

なおみ選手、おめでとう✨
なおみ選手の虜になったよ、ほんと。
女王セリーナの取り乱し具合、本作を観て(テニス無知な私だけど)、テニスはメンタルスポーツなんだなぁて思った。
自分との、孤独との闘い。
>>続きを読む

寝ても覚めても(2018年製作の映画)

4.0

朝子、確かにダメだけど…
どうしても、“抗えなかった”のだろうねぇ…。
想われるより、想いたい人もいる。
思い出は美化されるし…これは、愛と言うより、“恋 ”のような…。
残像に恋してた事に気付く人も
>>続きを読む

MEG ザ・モンスター(2018年製作の映画)

2.8

サメ映画も、パニック映画も大好きやのに…退屈ぅ…。
特大サメが、大口開けてぱーくり。
え?サメ映画って真っ赤な血しぶきも醍醐味なんだけど。
コメディ要素強く、緊迫感が…。
かと言って笑えるかと言えば…
>>続きを読む

1987、ある闘いの真実(2017年製作の映画)

5.0

エンドロールの間中、放心してた。
映画的に言えば気になる所は多々ある…
でもケチをつける気にならない。
民主化運動の中、尊い生命が沢山失われた…普通ではない亡くなり方で。
点数は韓国国民全てに捧げたい
>>続きを読む

>|