mayaさんの映画レビュー・感想・評価

maya

maya

2016から観た作品。
基本良いところだけ言います。

映画(185)
ドラマ(0)

ラブ&ドラッグ(2010年製作の映画)

-

そんな心構えできてなかった…あらすじをまったく知らずに軽い気持ちで観始めたら、本当に本当に幸せな気持ちになれた。

涙がとまらなかった。

はじまりのうた(2013年製作の映画)

-

どの曲もいい、サントラが欲しくなる!!

音楽のプレイリストを見たら自分がバレるっていうのはめっちゃ共感した。

やっぱカサブランカの曲はロマンチックでどこか悲しくて好き。

娘と父が一緒に演奏するシ
>>続きを読む

パレードへようこそ(2014年製作の映画)

-

LGSM すべてマイノリティへ。

実話だというのが驚き。

絵が綺麗だった。

最後のそれぞれの説明は悲しくなったが、彼らが本当に存在していたということを表していた。

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

いつ終わるかわからなくてそわそわした。
B級映画感をすごく出しててそれがストーリーとピッタリ合っててよかった。
エンドロールの時実際に動いてるスタッフさんたちの働きが素晴らしい…。
肩車絶対するなぁっ
>>続きを読む

ブライダル・ウォーズ(2009年製作の映画)

-

女の闘い!
と思いきや、なんかやっぱり結婚する場面は泣ける。
完全にコメディ映画ですね。

ニュー・シネマ・パラダイス(1989年製作の映画)

-

たくさんの愛に溢れていた〜!
2017/06/30
劇場版と完全版があったのね!完全版をおすすめする〜!
2018/09/02

#2

アンダー・ハー・マウス(2016年製作の映画)

-

はぁ…美しすぎた…。
遊園地勝手に入る感じとかダラスの家とかお洒落でしたね〜。
エリカ・リンダーかっこよすぎた。惚れます。

彼女がその名を知らない鳥たち(2017年製作の映画)

-

うーん、なるほどって感じの終わり方やった。
蒼井優が綺麗。

この世界の片隅に(2016年製作の映画)

-

のんの声がとても心地よくて、本当に大事なものが見えてくる。

ボス・ベイビー(2017年製作の映画)

-

最初の赤ちゃんが振り分けられるシーンが怖かった…。

映画のパロディみたいなものが多かった気がする。

かわいかった。

ユリゴコロ(2017年製作の映画)

-

予告編を見て考えていた話とは違った。

思ったよりグロテスク。

重力ピエロ(2009年製作の映画)

-

幼い頃気になってはいたけれど、やっと観れた。

よかった。

ベタだけど、お父さんが春に言った言葉がとても好き。

春のストーカーを夏子さんと名付けるあたりが好き。

岡田将生が若かった。

パターソン(2016年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

静かな映画。

最後の日本人が出てきた演出はなんだったんだろう…新しいノート意外になにかあるのかな…

美少女戦士セーラームーンSuperS セーラー9戦士集結! ブラック・ドリーム・ホールの奇跡(1995年製作の映画)

-

ちびうさに頬を染めるペルルかわいかった。ちびうさはあざとくて可愛かった。

ウラヌスがネプチューンの大人になったら楽しいこともっとあるのにに対して顔赤くなったのが気になった笑

#2

アルマゲドン(1998年製作の映画)

-

聖子ちゃん出てきたのちょっと笑っちゃった。

なんだか感動シーンの盛り上げ方やBGMが20世紀少年と似ていた。

例えば父親と娘のお別れがけんじおじちゃんとカンナのようで…

ONE PIECE ワンピース THE MOVIE オマツリ男爵と秘密の島(2005年製作の映画)

-

初めてワンピースの映画観たけれど、すごい!かっこいい!

監督独特の表現が多くて楽しかった。

ホラーだった。

美少女戦士セーラームーンRにちょっぴり似ていたよ。

時をかける少女(2006年製作の映画)

-

夏はやっぱりこれ!!

昔の実写を見直すかどうか迷い始めた。

#2

未来のミライ(2018年製作の映画)

-

すごくよかった…

絵が綺麗なのはもちろんストーリーも予測できないし細かなひとつひとつの描写の意味を探してしまう。

画面にうつるものが美しくて尊い。

ちょくちょく見られる監督独特の表現が好き。
>>続きを読む

美少女戦士セーラームーンS かぐや姫の恋人(1994年製作の映画)

-

ルナの恋物語。

ウラヌス、ネプチューン、プルートの3人がかっこいい。

タキシード仮面の登場は本当に独特で、幼い頃かっこいいって思わなかった理由がそこな気がする。

#2

ダンサー・イン・ザ・ダーク(2000年製作の映画)

-

映画が進むにつれて心が詰まっていく。それはたびたび歌とダンスによって軽やかなものに見えてくるのにそこからまた現実へ引き戻される感覚。
最後はたまっていた心の詰まりが一気に吐き出され、なにもなかったかの
>>続きを読む

淵に立つ(2016年製作の映画)

-

様々な伏線が敷かれていた。もう一度観ると違った見方ができるかもしれない。
奥さんの変わりようが恐ろしかった。

黒いオルフェ(1959年製作の映画)

-

授業で観た。
これを自分で解釈できるようになりたい。

劇場版 進撃の巨人 後編 自由の翼(2015年製作の映画)

-

エンテドロールのところが1番怖いところだと思う!
早く続きが見たい!

美少女戦士セーラームーンR(1993年製作の映画)

-

懐かしすぎた。
心にジーンときた。泣ける。
フィオレも好き。
#2

キリクと魔女(1998年製作の映画)

-

幼い頃偶然テレビで観て内容がまったくわからなかったので見直してみた。
色が綺麗で、動きも面白くて内容も冒険と魔法とロマンスがあってよかった。
フランス語の勉強にもなりそうだなぁと思いつつ、吹き替えでも
>>続きを読む

恋する惑星(1994年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

ウォンカーウェイ特有の失恋から始まる恋愛ストーリーは変わらなかった。
ひとつ目はおそらくまったく関係ない2人が同じ場所で最後に出会うのが面白いところなのかな?
女の子に電話をかけまくるシーン、チャラい
>>続きを読む

ジェファソンの東(2018年製作の映画)

-

ラブホで起こるシュールなお話。とっても印象的。面白かった。

>|