たまさんの映画レビュー・感想・評価

たま

たま

映画(221)
ドラマ(0)
  • 221Marks
  • 104Clips
  • 0Fans
  • 0Followers
  • 0Followings
  • List view
  • Grid view

メン・イン・ブラック:インターナショナル(2019年製作の映画)

3.6

内容の新鮮さはあんまり無いけど、
個人的にはこういう系の話が好きだから満足( ¨̮ )

アベンジャーズのもじりで、
たぶん全米がニヤッとしたと思う( ´•౪•`)笑

アラジン(2019年製作の映画)

4.1

A WHOLE NEW WORLDはもちろんなんだけど、途中で出てくるジャスミンの歌が素晴らしすぎた…( ᵒ̴̶̷̥́ωᵒ̴̶̷̣̥̀ )

ちゃんとアラジンだったし、
話の内容知ってるはずなのになん
>>続きを読む

パラレルワールド・ラブストーリー(2019年製作の映画)

3.2

開始15分くらいで展開読めちゃった気がする。

原作は読んでないんだけど、小説だともっと展開の読めない複雑みみたいなのが出るのかなぁ?

宇多田ヒカルの「嫉妬されるべき人生」を映画館の音響で聴けたとこ
>>続きを読む

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ(2019年製作の映画)

4.3

初めから終わりまでワクワクが止まらなかった。

ゴジラとモスラの登場シーンは特に。
あの懐かしいBGMが壮大になっていて、
何だか感動した。

昔のゴジラvsキングギドラ とか ゴジラvsモスラをもう
>>続きを読む

レプリカズ(2018年製作の映画)

3.6

2019年版マイノリティ・リポート。

先端恐怖症の人は見れなそうな映画。

近い未来には実現するかもしれない話。

コンフィデンスマンJP(2019年製作の映画)

4.2

最後のネタバレのところがめちゃくちゃ痛快w

TV版の時から好きだったけど、
"~ヶ月前"の演出が本当に面白い!!

イニシエーション・ラブ以来こんなに「騙された!」って感覚になった気がする( * ´
>>続きを読む

居眠り磐音(2019年製作の映画)

3.6

高尾太夫のウインクの破壊力がすんごい。

最後、切なくて泣けた。

映画 賭ケグルイ(2019年製作の映画)

3.3

福原遥が完全に支配してた。
色んな意味で。

正直なところ、映画であることの特別感はあまり感じられなかったのがちょっと残念…。

キャストは申し分なし!

アベンジャーズ/エンドゲーム(2019年製作の映画)

4.6

最後の最後、本当にとんでもないものを作ったなって感じ。

最高か。

キングダム(2019年製作の映画)

3.8

原作もばっちり読んで観たけど、
思ってた以上にみんな役がハマっててびっくり。

作品として楽しめたし、
続編があってもぜひ観たい( ¨̮ )

シャザム!(2019年製作の映画)

3.8

見た目ゴリッゴリのマッチョなのに、
中身が14歳だからめちゃくちゃ未完成。

でもその未完成さがおもしろい。

「そこそう繋がるんだ!」ってところもあってよかった( ¨̮ )

バンブルビー(2018年製作の映画)

3.9

バンブルビーがずっとかわいい!!笑

何で他の金属生命体たちは普通に喋るのに、バンブルビーはラジオを使って話すのかとか、初期の「トランスフォーマー」にもしっかり繋がっててしっかり作り込まれてるなーって
>>続きを読む

キャプテン・マーベル(2019年製作の映画)

3.8

何度でも立ち上がる姿が本当にかっこいい。
"キャプテン・マーベル"が女性であることが、そのかっこよさをより引き立ててたと思う。

"キャプテン"というだけあって、歴代のアベンジャーズの中でも最強な気が
>>続きを読む

君は月夜に光り輝く(2019年製作の映画)

3.6

永野芽郁ちゃんがかわいい。
今田美桜ちゃんのメイド姿の破壊力がすごい。

こういう恋愛ファンタジーはとても好き。
屋上のシーンがお気に入り( ¨̮ )

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.0

最初は「これ面白い?」って感じだったけど、ワンカットの映像の中で「何この変な間、、」って思ったところとか、「何でこの人こんな不自然なところで外出てくの?」って思ったところが、実は全部伏線みたいになって>>続きを読む

九月の恋と出会うまで(2019年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

原作を読んだことが無いから、もしかしたら原作では出てくるのかもしれないけど、志織が殺されてしまった後に、"1回目"の平野がどうやってタイムリープして助けるってところに辿り着いたのかがわかんないまま。>>続きを読む

サムライマラソン(2019年製作の映画)

3.4

「るろうに剣心のプロローグ」って紹介されたら、なんかしっくりくる映画。

翔んで埼玉(2018年製作の映画)

3.8

何にも考えずに観られる映画!
(めちゃくちゃ褒めてる)

随所に出てくる埼玉disが半端ないけど、
埼玉リスペクトは感じるw

とにかく出てる俳優全員が"真剣にふざけ倒してる"のがすごく良い。というか
>>続きを読む

七つの会議(2018年製作の映画)

3.8

"内部告発"とか"隠蔽"といったワードが会社員として働く人には等しくズンっとのしかかるような内容の映画。

野村萬斎と香川照之はやっぱり素晴らしい。
個人的には及川光博と朝倉あきのコンビが好き。

フォルトゥナの瞳(2019年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

この作りの映画、
個人的にはめちゃくちゃ好き。

ベッドシーンで葵が泣いたのは、慎一郎の雰囲気から自分がまた死ぬ運命にあるってことを悟ったからだと思ってた。

十二人の死にたい子どもたち(2019年製作の映画)

3.2

杉咲花がとてもいい。

映画自体は期待が高かっただけに
正直何が言いたかったのか
あんまり分からずでちょっと残念。

マスカレード・ホテル(2019年製作の映画)

3.4

2019年の映画初め。

出てる俳優も豪華で、
映画初めにはちょうど良かった。

最後はちょっとだけ「そうきたか!」ってポイントもあって楽しめました( ¨̮ )

激突!(1971年製作の映画)

3.6

煽り運転だとかが取り沙汰される今だからこそ、より恐怖を駆り立てる作品。

「追う」「追われる」という単純な構図なのに見入ってしまうのはさすが。

人魚の眠る家(2018年製作の映画)

4.0

大人のキャストに負けないぐらい子ども達の演技が素晴らしい。

スマホを落としただけなのに(2018年製作の映画)

3.4

途中で話がぶっ飛んじゃって、スマホを落としたこと忘れてた。

>|