たばたさんの映画レビュー・感想・評価

たばた

たばた

ホテル・ムンバイ(2018年製作の映画)

4.5

実話ベースの映画としては最高峰なんじゃないか。観ててかなり複雑な気持ちになるくらい、映画としては完全にエンタメとして成立してしまっている。
「不条理で一方的な殺戮という不幸が普通の人々に突然降りかかる
>>続きを読む

ファザーフッド(2021年製作の映画)

3.7

「妻に先立たれるシングルファザーと娘」という巨大な悲しみが前提としてあるので、その後の平坦なストーリーとか、キャラクターがほぼ全員良い人っていうのはバランス的に全然悪くないと思った。今っぽいところも随>>続きを読む

Swallow/スワロウ(2019年製作の映画)

4.5

メンタルヘルスの話かと思ってたら、真のテーマが徐々に見えてきて震えた。
エンドロールが始まった瞬間めっちゃ感動したんですけど!エンドロール・オブ・ザ・イヤーだわ絶対コレ。まさかこんな気持ちにさせられる
>>続きを読む

ファーストラヴ(2021年製作の映画)

3.1

内容は、若い女性の性被害を描いた非常に大事なものだった。でも2020年代に作るのなら、もうちょっと日本全体のこととしてのメッセージを強調した方が良かったんじゃないか。

堤幸彦監督の演出は個人的には本
>>続きを読む

アメリカン・ユートピア(2020年製作の映画)

4.8

演者の楽器類を全てワイヤレスにして、ほぼセットの無いステージで縦横無尽に動けるようにしたことで、こんなにも新世界が広がる驚き。だけど終わってしまえば、ただただ素晴らしいライブコンサートを体験したという>>続きを読む

タグ(2018年製作の映画)

3.1

毎年1ヶ月だけ、子供の頃から鬼ごっこを続けているおじさんたちがいる…っていう、めちゃくちゃ素敵な実話に基づいてるっていうのに、愛すべきキャラクターを描くのを忘れてるのが残念。
元々ウィル・フェレルとジ
>>続きを読む

アメイジング・グレイス アレサ・フランクリン(2018年製作の映画)

4.0

音楽ドキュメンタリーを撮ったことがなかったシドニー・ポラックが、テイク毎にカチンコを鳴らさずに撮った結果、音と映像の同期が困難になり…っていうのが50年近く今作がお蔵入りになってた理由らしい。
それに
>>続きを読む

テッド・バンディ(2019年製作の映画)

3.3

ザック・エフロンには個人的に闇と病的なものしか感じない(ジョン・トラボルタ系だと思っている)ので、こういう役はしっくりくると言えばくるのだけれど、最後に流れるテッド・バンディ本人の映像を見てしまうと、>>続きを読む

三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実(2020年製作の映画)

3.8

討論のところは哲学的過ぎて勿体ない部分もあったけど、その熱がとにかく羨ましかった。
考えが違ってもお互い敬意を払うことが出来るというのは、今一番失われているもの…というか、敬意を払えるような敵が居ない
>>続きを読む

宮本から君へ(2019年製作の映画)

3.9

漫画だなぁと思う。
間違いなく苦手なタイプの映画だけど、劇画の熱量みたいなものを実写で表現することには大大大成功してるから何も言えない。あんだけギャーギャー泣いて叫んで演技が破綻しない池松壮亮と蒼井優
>>続きを読む

ゲーム・ナイト(2018年製作の映画)

3.8

映画ネタ、セレブ/俳優イジりとか多くて面白かった。「ファイトクラブ」の下りがあったけど、この映画自体がフィンチャーの「ゲーム」オマージュでもあるんだよね、おそらく。
くだらないようでいて伏線回収丁寧だ
>>続きを読む

アタック・ザ・ブロック(2011年製作の映画)

3.5

続編が作られるほどの隠れた人気作、とのことだったので観てみたけど、「ここかな…?このへんが評価される部分かな?」って、探さなきゃいけない感じだった。
アイディアもメッセージの込め方も良いし、低予算なら
>>続きを読む

イレイザーヘッド(1976年製作の映画)

3.8

ビジュアルだとか音響がとにかくスタイリッシュなので、ストーリーに説得力が感じられるし、意味不明なところこそ楽しめる。名監督は大抵そうだと思うけど、処女作からもう世界観が出来上がってるよね。1980年代>>続きを読む

ファーザー(2020年製作の映画)

3.9

アルツハイマーを擬似体験させるという斬新な手法だけど、変に恐怖や悲しみを煽るわけでもなく、展開も演出も淡々としているのが良かった。それでも充分観てて辛いんだけど。

これで今年のオスカーの主演男優賞ノ
>>続きを読む

ラブ&モンスターズ(2020年製作の映画)

3.4

観客を唸らせたり驚かせる展開がもう一つあれば、「ティーン向けだな」って印象にとどまらなかったかも。道中で出会う二人の存在の意味がストーリーにおいて中途半端な気もしたし。

これ観て、なぜだか今更「CG
>>続きを読む

悪魔を見た(2010年製作の映画)

3.7

このチェ・ミンシク、すげぇ嫌だ(褒めてます)

現代でここまでグロ描写とか女性への暴行描写をやったら「品がない」って言われそう。10年前はまだこういう空気だったのかもだし、この徹底的に救いのないストー
>>続きを読む

ウーマン・イン・ザ・ウィンドウ(2021年製作の映画)

3.3

ジョー・ライト作品の中では相当駄作と言われそう。脚本が(俳優として)大好きなトレイシー・レッツなのであまり悪く言いたくないけれど。

「キャストが豪華過ぎるやつは内容疑ってかかれの法則」が当てはまるや
>>続きを読む

私をくいとめて(2020年製作の映画)

3.9

大九監督の俳優の選び方とか輝かせ方は確かなものがあるなと思った。そんなに好きじゃない俳優さんも、大九作品の中だと「全然良いじゃん」って思える現象多い。とりあえず岡野陽一に俳優としての凄い可能性を感じた>>続きを読む

見知らぬ乗客(1951年製作の映画)

3.9

クライマックス凄っ…
まさに神様が作った映画って感じ。

冒頭10分のブルーノがほんとウザかったな

ベスト・オブ・エネミーズ ~価値ある闘い~(2019年製作の映画)

3.7

元になってる実話がシンプルに良い話過ぎて、それ以上にもそれ以下にもならないタイプの映画。
感動のさせ方もアメリカ映画の王道という感じで良い。

サム・ロックウェルって、居るだけで、その映画にいい意味で
>>続きを読む

ヤクザと家族 The Family(2021年製作の映画)

4.0

現代の映画作りのトレンド(?)をちゃんと理解したような藤井監督の撮影・編集は観ていて気持ちがいい。作風がちょっと重苦しい気はするものの、エンタメ/メッセージ性/芸術性をバランスよく兼ね備えた作品を作れ>>続きを読む

スパイの妻(2020年製作の映画)

4.0

うんうん、ふーん… って感じで観てたけど、ラスト15分くらいが凄くて固まった。最後の字幕3行の濃さよ。

ファイティング・ファミリー(2019年製作の映画)

3.8

フローレンス・ピューってガッチリしてんなぁ…と常々思っていたので、既にこんな役を演じていたことにビックリだし本当にぴったりだと思う。

上手に脚色されてるんだろうけど、実話ということで安心して観てられ
>>続きを読む

82年生まれ、キム・ジヨン(2019年製作の映画)

3.8

普通の女の人が一般的に経験する不平等と被害を描くだけで、映画一本ギュウギュウになってしまう。

評判を聞く限り、原作凄そう。映画は結末とかもだいぶ変えてきたみたい。

にしても、こういうものを本当に観
>>続きを読む

はちどり(2018年製作の映画)

4.3

ストーリー内で起こる様々な出来事の、どれかにフォーカスし過ぎることなく進んでいく脚本が秀逸。結局あれって何だったんだろ?ってシーンも強烈に全体を彩っていて、全く散漫になることはない。
何より、異国の1
>>続きを読む

AWAKE(2019年製作の映画)

3.3

若葉竜也が出てるので観ました。

コンピュータ将棋と人間の戦い、みたいな題材をこんなにも地味に重苦しく描くってのが日本らしいというか何というか。


吉沢亮さんは、演技という点ではめちゃくちゃ凡庸な俳
>>続きを読む

ワンダーウォール 劇場版(2019年製作の映画)

3.8

ドラマ「今ここにある危機とぼくの好感度について」第一話を見て、(野木亜紀子作品が不器用に思えるほどの)巧みな風刺の乱れ打ちに笑ったし驚いた。
この作品が「ここぼく」に繋がったんだとしたら、見事な発展の
>>続きを読む

友罪(2017年製作の映画)

3.1

脚本が整理されていない、という印象。

気のせいかもだけど、日本映画って余命宣告系映画と同様に、殺人犯の家族の苦悩を描く映画もやたら多いような。

生田斗真が、叫ぶのがあんまり得意じゃないという発見。
>>続きを読む

ハーツ・ビート・ラウド たびだちのうた(2018年製作の映画)

3.5

劇中歌のクオリティが全体の評価を左右する類の映画。

ちなみに…どうしても、「親子でバンド組む」って、その発想が気持ち悪いって思ってしまって… たまにあるじゃないですか、親が音楽好きで、子供にそれ
>>続きを読む

朝が来る(2020年製作の映画)

3.3

おそらく苦手なタイプなんじゃないか、って思って避けてきた河瀬監督だけど、やっぱり苦手かも。 役者たちから素晴らしい演技を引き出してるところは良かった。

ここからはネタバレというか、どうしても解せなか
>>続きを読む

ホムンクルス(2021年製作の映画)

3.0

面白いなーと思って観てたんだけど、段々どうでもよくなってきた。

あの事故のシーンで歌入りの音楽を流すセンスが理解出来ない。

蜜蜂と遠雷(2019年製作の映画)

3.9

低予算以外の日本映画って、ある程度の安っぽさを覚悟して受け入れながら観ることになりがちだけど、この映画はそのストレスが全くないってだけでも賞賛に値すると思う。撮影、演技、英語台詞の流暢さ、外国人キャス>>続きを読む

街の上で(2019年製作の映画)

4.2

「愛がなんだ」を観て、この作品の制作を知った時に、そりゃそうだろう!と思った。セブンイレブンの前のシーンで若葉竜也にあんな演技されたら、監督としては彼を主演に映画撮りたくなるに決まってるでしょうよ!と>>続きを読む

シカゴ7裁判(2020年製作の映画)

4.3

この題材で、ユーモアも交えつつ観客を退屈させずにグイグイ見せた上に、最後に深く感動させちゃうアーロン・ソーキン恐ろしい。

エディ・レッドメインがアメリカ人を演じることの違和感は凄かったけど。

ノマドランド(2020年製作の映画)

4.2

前作に続いて、フィクションとノンフィクションの垣根を取っ払ったような作り。サラッとやってるけど、バランス感覚がえげつないと思う。
ストーリーらしいストーリーは無いけど細かいエピソードが多いので退屈しな
>>続きを読む

なぜ君は総理大臣になれないのか(2020年製作の映画)

4.2

まず、これを配信するNetflix偉い。

政治の世界だけのことじゃないかもだけど、ビジョンを持ってちゃんと物事を考えてる人より、空っぽでもしたたかな人が選ばれてしまうっていう傾向、本当にイライラしま
>>続きを読む

>|