skBondさんの映画レビュー・感想・評価

skBond

skBond

映画(277)
ドラマ(0)

ハンニバル(2001年製作の映画)

3.7

前半緩やか、後半急加速w
クラリスとレクター博士の不思議な関係が深まったような…

暴れまくるレクター博士は観られないけど、残虐性が強く出てるシーン満載。

特捜部Q キジ殺し(2014年製作の映画)

3.4

今回なんか切ないぞ…

カールのふてぶてしい表情がたまらない。
特捜部シリーズコンプリートー!

ゴーン・ベイビー・ゴーン(2007年製作の映画)

3.8

ベンアフレック監督のデビュー作ながら深みのあるサスペンスドラマでした。
ベンが主演かと思いきや弟のケイシー。
監督に専念して正解でしたね。

1つめのフックは予想できても、2つめのフックがあるとは…な
>>続きを読む

特捜部Q 檻の中の女(2013年製作の映画)

3.4

特捜部Qシリーズ4作を間違って3、4から観てしまいようやく1作目鑑賞。

前日譚みたいに観れて、なるほどこういう理由でカールとアサドは組んだのかと。

キャストアウェイばりに自分の虫歯を治療しようとす
>>続きを読む

ライフ(2017年製作の映画)

3.7

エイリアン系SFは久しぶり!
ギレンホールとファーガソンとレイノルズ出てるから間違いない。笑
そしてまさかの真田広之。

いろんなSF映画混ざってるけど緊張感あって良かった。
めちゃくちゃ賢くて敵意む
>>続きを読む

ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ(1998年製作の映画)

3.9

ガイリッチー監督&ステイサムのデビュー作。
デビューでこのクオリティ…

後の「スナッチ」とよく似た設定ですがスナッチの方がキャラの際立ちもいいのにロックストックの方がハマりましたね。
終盤にかけての
>>続きを読む

真実の行方(1996年製作の映画)

4.0

敏腕弁護士ベイルが殺人容疑をかけられた気弱な青年アーロンを弁護する法廷サスペンス。

エドワードノートンに似てるなと思ったら本人だった。笑
という事はそういう系かな?と勘ぐりながら鑑賞を進めると…
>>続きを読む

海の上のピアニスト(1998年製作の映画)

3.7

美しい映画。
揺れる船でピアノがクルクル回りながら演奏するシーンはファンタジーでした。

現実離れした演出が多かったかな?
童貞臭さがすごい1900、アレはやっちゃダメだろ。笑

名言が多く素敵だった
>>続きを読む

ソウ(2004年製作の映画)

3.8

なんちゅー映画作ったんじゃ!
冗ー談じゃないよーまったくさぁー。

こんなグロい映画なのに高評価してしまうほどストーリーが何層にも重なって伏線の回収がしっかりしてる上に、とてつもない心理戦描写。

>>続きを読む

バッドボーイズ フォー・ライフ(2020年製作の映画)

3.8

ずいぶん前作から期間空いての続編。
何年か前に2観た時はそこそこくらいの面白さだったのに、今作はいろいろパワーアップ!

CGもアクションや、出てくるアイテムも。
ストーリーに厚みもでて見応えしっかり
>>続きを読む

羊たちの沈黙(1990年製作の映画)

4.0

ホプキンスにしか出来ない役どころ。

全てを見抜く洞察力と思考力が不気味すぎる。
クラリスとガラス越しに会話するシーンでレクターがガラスに映りながら話す描写なんか印象的でした。

ボールペンとあのマス
>>続きを読む

ミッション:8ミニッツ(2011年製作の映画)

3.6

パッケージがダサいので避けてましたが評価が良さげなのでついにレンタル!

冒頭のわけわからん感じの入りはサスペンスらしくワクワク感があった良かった。

タイムループものとしてはオール・ユー・ニード・イ
>>続きを読む

15時17分、パリ行き(2018年製作の映画)

3.6

当事者3人が主演を務めて、シームレスに実際の映像と繋がっていくのはとても良かった。

ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜(2011年製作の映画)

3.9

黒人差別問題を辛辣すぎずポップなテイストを入れ込んでいるので観やすく、気持ちよく鑑賞できた。

ブライスダラスハワード好きなのに嫌な役じゃん…笑

スキーターがコンスタンティンを思う気持ちと、公民権運
>>続きを読む

ライト/オフ(2016年製作の映画)

3.6

製作費5億円で150億円の興行収入を叩き出した話題作。

あ、これ前に観たことあるわw
それでも普通に怖いし楽しめた。

ライトパチパチして見えたり消えたりするの不気味だからやめて、最初のパートのおば
>>続きを読む

スナッチ(2000年製作の映画)

3.8

群像劇とはいえ登場人物多すぎてわかんなくなる。笑

カメラワークや音楽はガイリッチーらしさがよく現れていてオシャレ。

バラバラだった人物たちが次第に交差し始めて…
だんだんわかってくる感じがいい。
>>続きを読む

ジャージー・ボーイズ(2014年製作の映画)

4.0

君の瞳に恋してる

イースウッドってこういう映画も撮れるんですねぇ。
スコセッシ作品ばりに観客に向かって説明しだすのは、長いバンドの歴史をギュッと詰め込むには良い構成でした。

主演のジョンロイドヤン
>>続きを読む

名探偵ピカチュウ(2019年製作の映画)

3.4

ちゃんとした映画だった!笑
CGのポケモンて可愛い。
テレビでやってくれて良かった。

グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち(1997年製作の映画)

4.2

90年代の名作はいいですね。

自分の経験から得た言葉と自己開示が大事。
名言多すぎ…脚本は映画の善し悪し決めますね。

ローガン・ラッキー(2017年製作の映画)

3.5

真逆のオーシャンズ。

スタイリッシュさも高度なテクノロジーも使えない無骨さがかっこいい。
ソダーバーグっぽい感じなんですかね?

ピエロがお前を嘲笑う(2014年製作の映画)

3.8

これもまたアイドリングの長い映画。
我慢してちゃんと観れば面白い。

電脳世界を地下鉄の仮想空間で表現したのは良かった。
ベンヤミンがやたらエドワードノートンに似てるなと思ってたら…あれのオマージュか
>>続きを読む

レザボア・ドッグス(1992年製作の映画)

4.0

タランティーノって、最初何かよくわからんけど後半になると急激に纏まっていきますね。

冒頭の会話劇で利己主義的な発言繰り返すのが肝だったなぁ。笑
肝心のシーンも全て会話だけで伝えさせる手法も飛び抜けた
>>続きを読む

ブルーバレンタイン(2010年製作の映画)

3.6

カップルや夫婦で観てはいけないの理由がわかりましたね。
リアルすぎるテーマと演技で観てるのが辛くなるほどでした。

男性と女性の脳とか、価値観の違いって大きい。

映像的にも結婚前と現在のシーンを交互
>>続きを読む

ミスター・ガラス(2019年製作の映画)

3.5

完結編としてはちょっと煮え切らない感…
現代のアメコミに対する警鐘的な内容らしいけど、アメコミに詳しくないし大して興味がない自分からするとあまり楽しめなかったかなぁ。

アニャテイラージョイとマカヴォ
>>続きを読む

華麗なるギャツビー(2013年製作の映画)

3.6

YouTube大学であっちゃんがこれを熱弁推奨されてたので鑑賞。笑

1920年代の華やかな雰囲気を出すためかスタイリッシュかつキラキラな質感、音楽もクラブミュージック的なもので仕上げてたのがあまり好
>>続きを読む

LIFE!(2013年製作の映画)

4.0

自粛生活でみんなどやさ!?
毎日1〜2本観てるわさ。


最初は妄想チキン野郎だったのに、いつの間にか屈強な精神と少しの勇気を持つダンディなおっさんになってたw

あとヒーロー映画的なアクションシーク
>>続きを読む

スターリングラード(2000年製作の映画)

3.6

後輩に勧められてTSUTAYAへ。

実在したソ連の英雄スナイパー、ヴァシリ・ザイツェフとナチスのケーニッヒ少佐が繰り広げる緊迫したスナイピング戦。

実話ベースなのでストーリーはまぁ普通。
ケーニッ
>>続きを読む

こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話(2018年製作の映画)

3.5

嫌味たっぷりな大泉洋ちゃん。
でも後半はめっちゃいいやつ。

親友の弟が若くして筋ジスで亡くなった時はしばらくその事に触れられなかった。
数年後に「あの時は何も言えなくてごめん」と話しました。

鹿野
>>続きを読む

アンブレイカブル(2000年製作の映画)

3.2

ミスターガラスを観るための予習。
プロローグとして観れば十分な内容かな?
テンポ良くないです。笑

パルプ・フィクション(1994年製作の映画)

4.0

これがパルプフィクションかー!
時間軸バラバラでわけわかんねーと思いましたが、末路が分かった上で観る経過を会話でたのしめる。

音楽のセンス良すぎ。
タランティーノはセンスおばけだな。笑

ブレイン・ゲーム(2014年製作の映画)

3.3

超能力合戦。
途中ドキッとさせられたシーンもありなかなか面白かった。

ホプキンスとコリンファレルの力が大きいかな?

音楽はあんまり良くない。

ラストは、そういうことだよね〜って感じです。

グッモーエビアン!(2012年製作の映画)

3.6

大泉洋ちゃんファンなら観ておかなければと。
音楽系映画?と思って観たら別にそんなことはなく、ロックな生き方を軸に家族のあり方や、ハツキの思春期に揺れ動いていく感情を描いた作品。

麻生久美子美人やな…
>>続きを読む

アイアムアヒーロー(2015年製作の映画)

3.8

あまり評価よくないようですが、僕はすごく良かったですね。
目新しい設定ではないと思うんですが、なんか引き込まれましたね。
なんでひろみちゃんだけ半端に発症したんだ?笑
でも可愛すぎて関係ないですね。
>>続きを読む

インビジブル・スクワッド 悪の部隊と光の戦士(2014年製作の映画)

3.2

MCUと比べたらいかんけど、普通に楽しめましたよ。
甘酸っぱい青春ラブストーリーもあり。

続編もあるらしいけど日本じゃ公開どころかビデオスルーにもなってない模様w

>|