ダイキさんの映画レビュー・感想・評価

ダイキ

ダイキ

洋画も邦画も観る映画が好きな大学生
MCUやSF、ヒューマンドラマ
点数やコメント付けてないのはFilmarks始める前に観た作品たちです!

映画(652)
ドラマ(129)

ビリオネア・ボーイズ・クラブ(2018年製作の映画)

3.3

もったいない感がすごい。
俳優陣が揃ってるだけになんかパッとしないまま終わる。
監督とかが変わるだけでこの作品の演出がかなり変わるだろうなって思った。
正直、俳優に惹かれて観たいと思ってたけどそれを超
>>続きを読む

テッド 2(2015年製作の映画)

3.6

1作目に続いてこの作品のノリが面白かった。
何回かクスッとしてしまう、何回観ても気楽に楽しく観れそう。

テッド(2012年製作の映画)

3.6

想像の斜め上にいくキャラクターだったけど、何度も笑えて面白かった。
ところどころの変わった演出が逆に面白さが出てたなって思った。

名探偵コナン 紺青の拳(2019年製作の映画)

3.5

なんかごちゃごちゃしてた感がしたけれど、コナン特有のドキドキ感や臨場感は格別だなと感じた。

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?(2017年製作の映画)

2.9

タイムリープのきっかけが弱い。この映画のキーワードであるタイムリープに対する魅力が小さい。
合間合間の世界観というか演出が不思議。
あと、終わり方が雑。終わり方がしっかりしてたらもう少しよかったかな。
>>続きを読む

リバーズ・エッジ(2018年製作の映画)

3.5

苦手な人は苦手だろうなって思った。実際、途中までこの世界観に入り込めてなく、よく分かってない自分がいたけども途中から心をえぐってくるような感覚が得られた。

ドライヴ(2011年製作の映画)

4.0

静かで繊細なクールな映画。
そんなにセリフがなく、BGMもないんだけどこの静けさがオシャレに感じた。
随所随時に際立つポイントがあって割と見応えがあった。

アイアムアヒーロー(2015年製作の映画)

3.6

正直ここまでゾンビがリアルであるとは思ってもなかった。だから自分の気分とか状態で見づらいかも笑
それだけ演出が優れている映画かなと思った。

バーフバリ 王の凱旋(2017年製作の映画)

4.0

多くの登場人物の感情が絡み合っていて、それが複雑過ぎず分かりやすいが故にとても観やすい。
アクションシーンは1作目に続いて見応えバッチリ。正直、いや凄すぎるだろって突っ込みたくなるようなシーンも多々あ
>>続きを読む

バーフバリ 伝説誕生(2015年製作の映画)

4.0

インド映画だけど他のインド映画以上に見応えがたっぷりな映画。
前半はなんかザ・インド映画って感じ。
後半は最初誰の話?って思ったけど、あっ父親ねって気付いた笑
とにかくこの映画のアクションシーンは見応
>>続きを読む

キャプテン・マーベル(2019年製作の映画)

4.0

開始から終わりまでずっと見入りっぱなしだった。それだけにエンドクレジット入った時にもう2時間経ったんだ!って思えた。
とにかく映像が凄かった。細かいところまで時代に合わせていたり、アクションシーンの派
>>続きを読む

君は月夜に光り輝く(2019年製作の映画)

3.8

自分にとって大事な人、大切な人、恋人などを思い浮かべて観るとセリフが染みて泣けてくる。
101分の時間も時間だか割とあっという間だった。ただ悪く言えばあっけなかった。
脇役が多くいながらも、いまいち踏
>>続きを読む

アトミック・ブロンド(2017年製作の映画)

3.4

正直なところ想像していたものと全く違ったから頭の中で整理するのに時間がかかった。割と設定が細かい印象。
アクションシーンの迫力は必見。かなり見応えがあった。

運び屋(2018年製作の映画)

3.8

もっと重い感じだと想像していたがそこまで重くなかった。これはシリアスな展開ではないということではなく、シリアスな部分の押し引きが上手かったなって思う。
これは、暗すぎない映像だったり、演技やセリフだっ
>>続きを読む

半世界(2018年製作の映画)

3.8

最初から何かずっと惹きつけられた。
普通の日常を描いているようだけど、なにか奥深いものがある。それが演技なのか音なのかストーリーなのかは分からないが、この映画1本通してよかったのだと思う。

スパイダーマン:スパイダーバース(2018年製作の映画)

4.5

始まりから終わりまで流れがノンストップであっという間の117分だった。こんなに約2時間の時の流れが早く感じたのは今までになかなかない。
非常にカラフルで斬新な演出でテンポが良くて面白さしかなかった。
>>続きを読む

ビール・ストリートの恋人たち(2018年製作の映画)

3.6

どんな映画って言われて、簡単には言えないなって思った。
どういう表現が説明するのが合っているのかが今もだけど分からない。

ムーンライトの監督だけあって、さすがだなって思う場面は多々あった。特に色づか
>>続きを読む

女王陛下のお気に入り(2018年製作の映画)

4.0

今までこのようなジャンルの映画をあまり見たことがなかったが、かなり面白かった。面白かったという表現が合っているのか分からないが、十分に見応えがあったと思う。
3人の演技の圧巻さは言うまでもないが、惹き
>>続きを読む

ルーム(2015年製作の映画)

4.0

前半と後半でガラリと変化する。
この作品の伝えたいことは主に後半にあるけど、それを伝えるために前半か欠かせないのだと思う。
誘拐され、"ルーム"に閉じ込められた。
この"ルーム"が2人にとってかけがえ
>>続きを読む

マグニフィセント・セブン(2016年製作の映画)

4.0

最後の迫力、見応え共にあった。
7人にそれぞれ魅力があって、キャラが立っていた。
銃撃戦が多いだけにそういうのが好きな人は好きな映画だと思う。
それに場面場面で渋さを感じた。
個人的にはクリスプラット
>>続きを読む

ペット(2016年製作の映画)

3.3

イルミネーションらしいアニメーション映画。
どこが良いとか悪いとかいうより、純粋に楽しめて、たまにクスッとして、何も考えず楽しめたかな。

移動都市/モータル・エンジン(2018年製作の映画)

3.4

最初の展開から凄く惹かれていった、けど知らぬ間に惹かれ具合がなくなってきた。
いまいちストーリーに入り込めない自分がいたし、なかなか理解できていない自分もいた。
それにキャラの個性が強そうで強くないか
>>続きを読む

劇場版 七つの大罪 天空の囚われ人(2018年製作の映画)

3.3

それなりに楽しめたけど、もっとハラハラする展開が欲しかった。

スピード2(1997年製作の映画)

3.0

ハラハラしそうでまったくしなかった。
内容も内容だけど、セリフが全て能天気に聞こえる。

パシフィック・リム アップライジング(2018年製作の映画)

3.5

深いようで浅い映画。
もちろん戦闘シーンでの見応えはあったが、ストーリーも含めて前作ほどの衝撃がなかった。
登場人物が多いだけで、そこまでそれぞれの人物に入り込めていない。
映画で描かれる日本を観たよ
>>続きを読む

ムーンライト(2016年製作の映画)

3.7

一言では言い表せない映画。
どの場面も痛烈で、考えさせられて、心に何かジーンと来た。
最初の方は音やセリフが少なくて、この世界観に見入ってしまう。この演出に凄みを感じた。
さまざまな問題に直面して、多
>>続きを読む

ランペイジ 巨獣大乱闘(2018年製作の映画)

3.5

怪獣映画の中でも結構面白い方かなって思った。
かなり迫力あったし、さすがドウェインジョンソンだなって感じ。
とにかく観てて楽しめた!

翔んで埼玉(2018年製作の映画)

3.6

ところどころで笑えるところがあって面白かった。
ずっと割と勢いあったなって思ったけど、世界観受け入れられないと飽きられるかなとも思った。

サムライマラソン(2019年製作の映画)

3.4

想像通りというか、期待を上回るものはなかった。
後半の展開に持ってくまでの流れに間延びを感じた。

LION ライオン 25年目のただいま(2015年製作の映画)

4.2

いやー、よかった。
決してセリフ量が多いわけではないなかで、最初からずっと惹きつけられた。
悲しみも喜びも感じて、いろんな意味の涙があった。加えて実話だから余計に染みた。

アクアマン(2018年製作の映画)

4.2

期待してた通り、いやそれ以上によかった。
海の世界の話だからもちろんなのだが、異世界過ぎて終始口が開きっぱなしだった。
しかし、この世界観を上手いこと表現しているなって感じた。
戦闘シーンでの独特なカ
>>続きを読む

劇場版シティーハンター 新宿プライベート・アイズ(2018年製作の映画)

3.6

原作全然知らなかったけど、楽しめた。
冴羽獠がカッコよかったし、それぞれのキャラに良さがあって、そういうのも楽しめた。

グリーンブック(2018年製作の映画)

4.3

試写会にて。

温かさ。
観てて、「最強のふたり」を思い出した。
ピアニストのドナと用心棒のトニーの掛け合いが深刻な場面もあるが、笑えるようなところが何箇所かあって面白さもあった。
そんな中に時折出て
>>続きを読む

シンプル・フェイバー(2018年製作の映画)

3.5

試写会にて。
予想よりもポップな映画。
結構予告編とかで、このストーリーどうなるんだろう?って思ったが、それらを順応に紐解いてった感じ。
だからか、終わったときにあー、終わったんだって思って、そこまで
>>続きを読む

ファースト・マン(2018年製作の映画)

4.0

リアルさと臨場感。
この映画は映画館で観るに適してて、そしてIMAXで観るとより良い。
カメラワークが独特で基本的に揺れていて、ライアン・ゴズリングの目線に合わせた動き方をしている。このカメラワークが
>>続きを読む

>|