だーすーさんの映画レビュー・感想・評価

だーすー

だーすー

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う(2015年製作の映画)

3.6

ものすごい楽しみにしていた作品。ただ期待しすぎてしまいました。期待する方向が間違ってた。

ジェイクギレンホールと、この物語のテンポはマッチしてて好き。はちゃめちゃやるところとか、言い回しとか。
最初
>>続きを読む

マグニフィセント・セブン(2016年製作の映画)

3.6

雇われの7人のガンマン。荒野の七人まるまるだなと思ってましたが、それはそれで見てみるとなかなか面白かったです。

クリスプラットやデンゼルワシントンなど豪華な俳優人も見応えありました。

エンディング
>>続きを読む

ダンケルク(2017年製作の映画)

4.6

ノーラン監督作品。
戦争をテーマにどう作るのか楽しみでした。

まずあの映像と音で一気に映画の中へ。特に発砲音や戦闘機の音には見ているこっちが怖くなりました。
前半はその臨場感に圧倒されつつ、複数の視
>>続きを読む

素晴らしきかな、人生(2016年製作の映画)

3.7

まず"人生"に関しての映画で、1人に固執せず何人かにスポットを当ててたのが個人的によかったです、人生ってこうでしょと押し付けられなかったので。
なので
特別感動があるわけでもないけど、それぞれの悩みを
>>続きを読む

ディパーテッド(2006年製作の映画)

4.1

まず、間違いないあの3人の演技力に惹かれました。ジャックニコルソンは変態的な怖さがあったし、ディカプリオは潜入捜査の葛藤が出ててよかった。マット・デイモンは、警察なんだけどマフィアの血みたいなのが流れ>>続きを読む

靴職人と魔法のミシン(2014年製作の映画)

3.2

前半の展開はテンポよく、世界観も好きでした。
後半になると話の展開がちょっと変わった方向に。最後のオチまでなんか少し置いてかれた感。でも長くないので、スッキリ見れました。

ダンサー・イン・ザ・ダーク(2000年製作の映画)

3.6

学生の時みた記録。

ビョークの歌唱力と映像に飲み込まれていった記憶があります。

ノーカントリー(2007年製作の映画)

4.0

緊迫感のある映画。
そしてハビエルバルデム演じるシガーの怖さ狂気さが際立つ作品。

しかしこのノーカントリーは、単にサスペンスで終わらせないところが面白かったです。最後の言葉の捉え方は様々あると思うし
>>続きを読む

TIME/タイム(2011年製作の映画)

3.5

アンドリューニコル作品。
相変わらず、近未来を舞台に、斬新な設定、そしてメッセージ性のある作品でした。

物語の進む方向としてはいいと思うんだけど、所々そこそうなっちゃうのかっていうところがあり残念。
>>続きを読む

ガタカ(1997年製作の映画)

4.0

まず2000年以前の作品とは思えなかったです。近未来の描写を新しいものにこだわりすぎず映しているのがよかった。(あえてクラシックカーであったり、打ちっ放しの家だったり)

ストーリーも落ち着いていなが
>>続きを読む

処刑人(1999年製作の映画)

3.9

かっこいい映画でした。
展開もテンポ良く進むので、見やすかったです。特別派手なシーンはありませんが、2人の物言いとか立ち姿など魅力。

サイコ(1998年製作の映画)

3.6

間違ってリメイク版を鑑賞。

本作を知らない私はなかなかのめり込んで見ました。
あの音楽と、あのカメラの回し方といいドキドキさせられました。
本作の方も見てみようと思います。

>|