だいふくさんの映画レビュー・感想・評価

だいふく

だいふく

青くて痛くて脆い(2020年製作の映画)

3.0

この映画を観て感じたことは、納得する部分と納得がいかない部分が入り乱れたようでした。きっと、鑑賞者がこれまでの人生で、田端楓のような人生だったのか、秋好寿乃のような人生だったのかによっても、感想は変わ>>続きを読む

サイレントヒル(2006年製作の映画)

3.5

ゲームの実写版ということで、期待半分で観ましたが、予想以上に出来がよかったです。割とゲームに忠実に作られていますが、知らない人も十分楽しめて怖いサイレントヒルでした。

ストーリーは、魔女、信仰がテー
>>続きを読む

今さら言えない小さな秘密(2018年製作の映画)

3.5

小さな小さな村でのんびりゆっくりと時間が過ぎていく、久々に平和感ただよい安心して映画を観た感じです。コメディ映画ではありますが、適度なお笑いくらいでクスっと心温まるといった感覚でした。

そもそも、自
>>続きを読む

ベニーズ・ビデオ(1992年製作の映画)

2.0

このレビューはネタバレを含みます

少年の複雑な心理を捉えた作品はたくさんあるでしょうが、ここまで異常に描かれた作品は余りないでしょう。なんともあっけなく、少女を殺してしまう少年ベニー。そこには幼いころに見た家畜豚がスタンガンで殺された>>続きを読む

リング(1998年製作の映画)

4.5

日本のホラーを世界に知らしめた、代表作的作品ですね。そして、最恐と呼ばれるにふさわしい映画だと思います。当時、映画館で観た時は正直、恐怖で死ぬかと思いました。ホラー耐性はそれなりにある方ですが、これほ>>続きを読む

スリーデイズ・ボディ 彼女がゾンビになるまでの3日間(2013年製作の映画)

3.0

一夜の過ちがとんでもないことに…。恋人(女性)とうまくいっていないサマンサは、パーティーで見知らぬ男性と関係を持ってしいますが、映画冒頭の場面から予測すると、彼はネクロフィリア(屍姦)なのでしょう。彼>>続きを読む

ランボー ラスト・ブラッド(2019年製作の映画)

3.0

ランボーシリーズと言えば、子供の頃に今は亡き父に良く映画館に連れて行ってもらい観ていた懐かしい映画です。シルヴェスター・スタローンの戦う姿がかっこよく子供ながらに興奮しながら鑑賞していた記憶が今でも残>>続きを読む

フェノミナ(1985年製作の映画)

5.0

この映画、個人的にはめちゃくちゃ大好きです。とにもかくにも、ジェニファー・コネリーの美しさと言いたいところですが、猟奇的なストーリーもかなり楽しめます。さらには、昆虫を使って犯人を捜すという設定が面白>>続きを読む

ソードフィッシュ(2001年製作の映画)

3.5

いや~、超豪勢な俳優陣の演技にしびれさせられた映画でした。映像の見せ方やカット割りなども見事といえる出来栄えではないでしょうか。それだけでも見どころ満載と言えるのですが、物語の捻りが素晴らしくラストの>>続きを読む

存在のない子供たち(2018年製作の映画)

4.0

レバノンのシリア難民では、人身売買や臓器売買、子供の誘拐など日常的におっこなわれているような悲惨な状況と聞いていますが、まさしくそういった社会の中で犠牲になる子供たちを、余りにも重く描いた作品でした。>>続きを読む

死霊のはらわた(1981年製作の映画)

5.0

めちゃくちゃ大好きなホラー映画です。ホラー好きにさせてくれた映画と言っても過言でないくらいです。といっても、学生だった頃は「死霊のはらわた」という、なんとも恐ろしいタイトルにビビッてしまい、大学生にな>>続きを読む

劇場版「鬼滅の刃」無限列車編(2020年製作の映画)

4.5

素晴らしい!鑑賞前は子供のお付き合いくらいの気持ちで行きましたが、見事に大人もはまってしまうクオリティでした。いやね、最後こんなに泣かされるとは思わなかったです。エンドロール中は、ちょっと放心状態でし>>続きを読む

マウス・オブ・マッドネス(1994年製作の映画)

3.5

保険調査員のトレントが失踪したホラー小説の作者サター・ケインを追跡するうちに、徐々にはまり込んでいく世界観や異常さが観ていてびっくりするのですが、どこか無限ループに陥っている感覚を持ち、異界へにでも飛>>続きを読む

フライトナイト(1985年製作の映画)

4.0

いや~、久しぶりに鑑賞しましたが、この映画やっぱり面白いです。怖さは全く無いですが、コメディ要素ありホラーとしてもしっかり作られており、なんといってもSFX技術が見ごたえありと、古い映画ですが名作でし>>続きを読む

屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ(2019年製作の映画)

3.0

実在するシリアルキラーを描いた映画は幾度か見てきましたが、本作ほど娯楽性を一切取り除き、すべてが不快で不潔に実在の殺人鬼を描いた映画は今までに類を見なかったでしょう。あまりにもフリッツの言動がリアルに>>続きを読む

ゼイリブ(1988年製作の映画)

4.0

現実社会の問題をすべてエイリアンの陰謀説として映画いている面白い作品です。エイリアンに人間が洗脳されているという設定もそうですが、サングラスをかけることで真実が見えるという設定が、傑作といえますね。>>続きを読む

TENET テネット(2020年製作の映画)

4.0

いや~、クリストファー・ノーラン監督の頭の中はどうなっているんですか!?っと言いたくなるようなぶっ飛んだ映画体験をしました。これまでの作品の傾向や本作の前評判や予告である程度のぶっ飛んだ映画とは認識し>>続きを読む

ミッドサマー(2019年製作の映画)

3.0

この映画、アメリカでも日本でも話題となりヒットしたようですね。そして評論家の評価も高いです。が、しかしそういう評価にのっかって気軽に鑑賞してしまうと、かなり痛い目にあう映画です。系統は、胸糞系といいま>>続きを読む

犬鳴村(2020年製作の映画)

2.5

久しぶりにしっかり作られたジャパニーズホラーといった感じでしょうか。実在する心霊スポットと都市伝説という組み合わせからも抜群に怖く話題性もありますね。実際の映画も雰囲気は非常に怖かったです。

が、残
>>続きを読む

Girl/ガール(2018年製作の映画)

4.0

まず語るべきはやはり主演のビクトール・ポルスターの美しさです。彼自身は上述したようにシスジェンダーですが、完全にトランスジェンダー役を演じ切っていました。心はもちろんその綺麗な顔立ちはまるで少女です。>>続きを読む

>|