だーいちさんの映画レビュー・感想・評価

だーいち

だーいち

なんでも観ます!
どんとこい!

4.9点が満点です!

よろしくお願いします!!

映画(464)
ドラマ(0)

メッセージ(2016年製作の映画)

4.0

地球上に突如現れた物体、それが示すメッセージとは…。
未知との遭遇はワクワクするよねぇ。ちょっとずつ物事が進展していく過程も楽しい。
作り手の頭の良さは伝わるけど、根幹の概念がしっくりこない。バカにも
>>続きを読む

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

3.5

音楽が凝っていて楽しかったけど、話は薄っぺらく感じてしまい、退屈でした😅

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

4.4

解説記事を読むと面白さ倍増しました。シンプルに見えて、実は噛めば噛むほど味がする秀逸な脚本。
笑顔で涙をながす使用人の表情が忘れられない。。

ジャケット画像でおもいっきりネタバレしてるけど、まぁ面白
>>続きを読む

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

4.8

ゾンビ映画でこんなに泣くとは思わなかった!
ゾンビが登場してからずっと面白い。
何が良いって、ゾンビがノロノロしてない!躍動感あっていい感じ!
この手のパンデミック系は、中盤盛り上がっても、結局お茶濁
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

話自体はド定番で、良く言えば安定の面白さが保証されております。
微笑ましいことに、お約束の爆弾処理もご用意されていました。
回を重ねても変化球に頼ることなく、実直にクオリティで越えていこうという意気込
>>続きを読む

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

4.3

緻密に構成された世界観でありながら、その複雑さを観客に感じさせない作り方は、毎度のことながらアッパレ。
家族の絆、異人種との友情、裏切り、逆転、歌、犬、etc…。もう何周もした要素を新鮮にみせてくれる
>>続きを読む

シャイニング(1980年製作の映画)

4.3

雪山に孤立したホテルって舞台設定、、最高。。音の効果も物凄く良いし、説明しすぎない描写もグッド!
でもなー、ジャックニコルソンの過剰演技ありきの映画だと思う。だって主人公が僕なら2点やで。

ウインド・リバー(2017年製作の映画)

4.5

極寒の町で起きた殺人事件にまつわる話。
平和ボケした頭に氷のハンマーでガツンとくらいました。猛暑日には最適な映画です。心に刺さりまくって大変ですが。
田舎町を舞台にした映画は、そこで暮らす人々の「リア
>>続きを読む

ベイウォッチ(2017年製作の映画)

3.6

筋肉とおっぱいがいっぱい。
ロック様の圧倒的な魅力によって、中身のない映画も中身のあるように感じる不思議~。

デッドプール2(2018年製作の映画)

3.7

相変わらず映画ネタ満載やねー。基本的にふざけてるけど、ちゃんとキメるところはキメてて、ヒーロー映画としても満足っす。
でもま、キャプテンアメリカみたいに真面目で堅苦しいヒーローの方が好きやなぁ。

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

4.1

これ観るために関連の主要作品を一通り予習。おかげでマーベルに対する苦手意識はなくなり、むしろ大ファンになってしまった。本作ではキャプテンアメリカの登場だけで涙ぐむほど。
本作だけで完結しないのは知って
>>続きを読む

コマンドー(1985年製作の映画)

2.7

シュワの肉体すげぇ。人類の誇り。あの肉体美をフィルムに残しただけでも意味がある作品。だがしかし、それだけ!チープな内容は時代を感じさせてくれる。それが味っちゃ味。

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル(2017年製作の映画)

3.5

前作とは別物やね。気持ちの良いくらいボードゲームの体裁を無視。そういう何でもアリな感じはジュマンジっぽいと言えるけど。
ただ展開的には予想を越えることなく、物足りない感じだったなぁ。
笑えることもあっ
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

3.2

ゲームの世界に飛び込んだ感覚を味わせてくれた。
現実離れした画面を眺めてるだけで何となく楽しい。
ただキャラの魅力が薄っぺらいせいか、ストーリーが映画の足を引っ張ってる感じがした。(本当のゲームにも有
>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

3.4

これ、激似のアニメ映画が少し前にもありましたね。。
ストーリーについて固いこと言うのは野暮なんだろうけど、まぁイライラしました。「歌って誤魔化すな!」と何回も思ったけど、これ、悲しいけどミュージカルな
>>続きを読む

15時17分、パリ行き(2018年製作の映画)

3.6

「え、これだけ…?」が、観賞直後の感想。ものたりねー。事件そのものよりも、登場人物の背景を丁寧に描いてましたね。全編通して30分でよかったかな。
パリに行くべきか迷うくだりは失笑でしたよ。タイトルから
>>続きを読む

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

ファンタジーだけど、ファンタジー色薄め。胸が熱くなるシーンがてんこ盛り。
漁人の印象が強烈だから新鮮味は十分にしても、リアル版美女と野獣ですわ。
いいものは何万回こすってもいいんだなぁ。
ただ、主役二
>>続きを読む

ブラックパンサー(2018年製作の映画)

4.3

アフリカに位置する一国が、農業国と見せかけて実は近代を遥かに凌駕する文明持ってましたー。この設定の時点で面白いわ。
迫力満点の決闘シーン、最高でした。敵も魅力的だったし、ヒーロー映画ってことでは文句な
>>続きを読む

デトロイト(2017年製作の映画)

4.0

重た~い!グッタリしたー。映画としてのクオリティは超一流だと思うし、メッセージ性も素晴らしくて、とても有意義な秀作であることは間違いないです。ただ、平々凡々と生きている僕には覚悟が足りなかったなぁ。暗>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

4.3

サスペンス的な話を期待していたけど、そうじゃなかった。でもま、穏やかな刺激に満ち溢れていて、これはこれで楽しかった。
真っ直ぐにねじれた母親の愛。。
人それぞれの正義が複雑に入り組んでいて、何が正しい
>>続きを読む

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

4.2

SF(サイエンス・フィクション)でいうと、今作はグッとフィクションの方に軸がよった感じ。というより、もはやファンタジー?とにかく、これまでとは全体的にノリが変わってて、シリーズに思い入れのない僕にとっ>>続きを読む

キャロル(2015年製作の映画)

4.0

まずストーリーは抜きにして、映画としての完成度というか、クオリティは抜群ですね。お洒落雰囲気映画としてはA級!
ストーリーもいいけどね、ただ理屈ぬきに眠くなった事実を考慮してマイナス0.5点。部分的に
>>続きを読む

マリアンヌ(2016年製作の映画)

4.1

スパイ同士の結婚って、なんてスリリング。何が本当で何が嘘なのか、ハラハラしながら観てたらあっという間に終わった。
最終的には、ストレートな感動劇になっていて一安心。

海街diary(2015年製作の映画)

4.2

今さらだけど、長澤まさみって演技上手いなぁ。
みんな現実的に居そうなレベルの良い人達で、ほっこりした。
ゆるやかな起伏の話なのに、退屈しないでずっと観れた。

こんな美人四姉妹はやり過ぎ…と思ってずっ
>>続きを読む

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

スパイ映画(マイ)No.1に輝いた前作から数年。
待ちに待った続編。。
ハードル上げすぎたかなぁ。。
前作に引き続き、ドタバタ爽快スタイリッシュなアクションは見応え抜群。
緊張と緩和の使い分けも相変わ
>>続きを読む

SING/シング(2016年製作の映画)

3.9

歌もキャラクターも文句なく楽しいし、何となくハッピーな感じに収まって、何となく楽しめました。キャラクター各々の個性と事情がテンポよく絡み合っていて、構成に舌を巻きました。
他の海外アニメ映画も大体そう
>>続きを読む

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

3.4

・良かった点
ピエロ。表情といい声といい、不気味さが最高だった!
怖いけどもっと出てきてほしいっていう感覚は、他ではなかなかないなぁ。登場シーンもちょっと少ないくらいで、さじ加減が絶妙だったと思う。
>>続きを読む

ハクソー・リッジ(2016年製作の映画)

4.3

銃を持たない兵士が戦争の英雄になる話。戦闘シーンの迫力凄かった。主人公がナヨッとしてて始めは好きになれなかったけど、最後には感情移入しまくりで号泣でした。それにしても日本人がひどい描かれ方してたのは気>>続きを読む

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(2017年製作の映画)

4.3

マーベル苦手だけど、このシリーズだけは別!オープニングから期待通りのノリで大安心!重苦しい場面もそこそこあって、そこは僕にとって減点ポイント。。マーベルの嫌なとこちゃんと出てた。でもま、号泣した。悔し>>続きを読む

この世界の片隅に(2016年製作の映画)

4.2

日々のふとした瞬間に思い返しては、「あぁ良い映画だったんだな」とふけってます。観賞後、日が経つに連れて自分の評価が上がる特別な一本。たかだか70年くらい前の話なのに、同じ国とは思えない日常も興味深い。>>続きを読む

ジャック・リーチャー NEVER GO BACK(2016年製作の映画)

3.7

前作アウトローの出来が良かっただけに物足りなかったなぁぁ。アクションがしょぼく感じた、トムの無駄遣いだわ。些細な粗が目立ってたのも残念無念。あんまりピリピリしすぎてなかったのは良かったかな。何よりラス>>続きを読む

サウルの息子(2015年製作の映画)

3.5

亡くなった息子を供養する為に、ナチス収容所で孤軍奮闘する話。。見事な表現方法に息詰まりっぱなし。息子以外は知ったこっちゃないスタイルの主人公には同情するとともに苛立った。星の数程あるナチス系作品の中で>>続きを読む

マジカル・ガール(2014年製作の映画)

4.4

あぁ日本人リスペクト映画ね…さて、この監督は日本文化のことをどれだけ理解されているのかな…ってな感じで、序盤は余裕ぶっこいて観てたら、後半でガラッと印象が変わった。自分のちっぽけな目線よりも、実は遥か>>続きを読む

マネー・ショート 華麗なる大逆転(2016年製作の映画)

4.3

アメリカ金融危機を先読みした業界の異端児達が、目に見えない巨大な何かと戦う話。。頭が良くなった気になれるお得な映画。業界の専門的な話は当然理解できてないけど、それでもめちゃくちゃ面白く感じさせてくれる>>続きを読む

君の名は。(2016年製作の映画)

3.5

恋愛してない所は純粋に面白い。でもま、ベースは少女漫画のノリだから、そこが好みの別れるとこかな〜。盛り上がるにつれて、言動や行動は寒く感じる一方でした。日常パートは良かったね、ガツガツしてなくて映画館>>続きを読む

FAKE(2016年製作の映画)

4.1

主に佐村河内さんの「本当に耳が聞こえないのか?」と「音楽家としての実力は?」について。マスコミに対する嫌悪感が増大した。巷で話題のラストにはあまり驚かなかったな。それより夫婦愛に凄く感動した。というわ>>続きを読む

>|