DaisukeKubotaさんの映画レビュー・感想・評価

DaisukeKubota

DaisukeKubota

映画(139)
ドラマ(0)

レディ・バード(2017年製作の映画)

3.2

瑞々しい青春映画。
青春映画好きだから結構楽しめた。
女性の主人公が凄く魅力的で華があって、演技も超リアルで、目が離せないかんじだった。
カメラワークも終始軽やかでテンポが良かった。総じて明るい世界観
>>続きを読む

ハローグッバイ(2016年製作の映画)

3.0

撮影期間8日間にしては、
とても演出が細やかに行き届いていて絵作りも良かった。
ただストーリーの軸となるものが、希求力に欠けた気がした。

知らない痴呆の老人を、
そこまでして女子高生2人が助ける動機
>>続きを読む

ファントム・スレッド(2017年製作の映画)

3.1

美術、衣装、小物、音楽、全てが美しく見応えあった。

狂気を孕んだ2人の物語。
ヒロイン役の女優さんが田舎臭さが抜けなくて可愛かった。

夢と狂気の王国(2013年製作の映画)

1.4

一年間も撮影していたという割に、セリフ含め情報量の少ないドキュメンタリー。
たまに入る会話は面白いけど、密着してればもっと色々な話があったはず。
それこそ生々しい場面が。
宮崎さん怒るシーンも無いし、
>>続きを読む

サマリア(2004年製作の映画)

3.2

なんとも切ない話。

前半はソウルの女子高生が援助交際をしている話だけど、
後半ロードムービーみたいになっていく。

後半の時間の長い淡々とした感覚が良かった。

ダークナイト(2008年製作の映画)

4.2

映像がカッコいい。
IMAX撮影が最高、構図や美術も凝ってて最高。
ジョーカーの取り憑かれた様な演技が最高。
スリリング。
ジョーカーが主役だと思う。
ジョーカーのシークエンスは数多くは無いけど、登場
>>続きを読む

アウトレイジ 最終章(2017年製作の映画)

3.6

一、二作目以上にシナリオ重視の作品。

ストーリーが複雑に入り組んでいて、理解して観ないと辛いけど、
自分は前二作を踏まえて観たから面白かった。
ただ西田敏行、塩見三省、ビート武などみんな老けたなあと
>>続きを読む

メランコリア(2011年製作の映画)

3.5

暗くて淡々としていて、個性的なアイデアも有って好き。

オンリー・ゴッド(2013年製作の映画)

3.9

とても良かった。

よくあるハリウッド映画とは違う。
ストーリーがどうのこうので評価する映画じゃないと思う。
個人的に映画にストーリーを求めているわけでは無いので、それ以外の点で映画のダイナミズムがあ
>>続きを読む

メッセージ(2016年製作の映画)

2.8

小説版も読みましたけど、どちらもそんなに面白くなかったです。

やたらお堅いハードSFのていですが結局、あんまり20年くらい前のジュリアロバーツの「コンタクト」と内容が変わらないような‥。

まあ、細
>>続きを読む

ソフィアの夜明け(2009年製作の映画)

4.0

日本に居ると情報が遠くあまり知る機会の無いブルガリアの若者達のリアリティが映されててとても興味深かった。
普段メディアや映像作品には殆ど見ることのない小国で生活する若者の鬱屈や希望、絶望、色んな要素で
>>続きを読む

リリイ・シュシュのすべて(2001年製作の映画)

4.1

若い頃観て心に刺さった。
また観たいとは思わない。
心穏やかに観れない。
痛々しくて辛い。

告白(2010年製作の映画)

2.7

中島監督の映画はいつもこじんまりとまとまっていて、世界観に広がりが無い。

>|