ミートザペア廉太郎さんの映画レビュー・感想・評価

ミートザペア廉太郎

ミートザペア廉太郎

前のアカウントがログイン不能になったので作り直しました。

映画(82)
ドラマ(0)

マンディ 地獄のロード・ウォリアー(2018年製作の映画)

-

女囚さそりみたいに始まったと思ったら、途中挟まれる石井克人みあふるるアニメもあって、これはもしやタランティーノライク(エドガー・ライトなら全尺1分弱にできるんじゃないかって思うあの感じ)なのでは、な作>>続きを読む

ブラッド・インフェルノ(2017年製作の映画)

-

もうこうなってくるとシッチェスって本当に権威あるのかどうなのかすらわかんなくなってくるな。ほんでこんな映画でもカンヌ出品できんねや。まあ出品くらいなら金払えばなんでもできるか。
撮影下手すぎ。あんな下
>>続きを読む

なっちゃんはまだ新宿(2016年製作の映画)

-

なっちゃんは新宿にいるし、ひとみちゃんはカメ小をしてる。
毎月生理がくる奴らの考えてることはわからん。多分向こうはこっちのこと全部わかってんだろうから岡田が描けてんだと思う。良い映画。この監督の映画も
>>続きを読む

スーサイド・ライブ(2017年製作の映画)

-

主人公がああなったところで司会者変えてシーズン2あるやろ。
どんどんエスカレートして…みたいな事がDVDの裏ジャケに書いてたから自殺者同士の対談途中爆死自殺とかやり始めるのかと思ったらそんなわけでもな
>>続きを読む

ブリグズビー・ベア(2017年製作の映画)

-

バカ泣いた。
「映画は最高だ!仲間を集めたらあとは前進するのみ」
こんなどストレートな台詞を言わせられる奴等、さぞかし今作を撮ってる時も楽しくて仕方なかったんだろうなって考えたら涙が本当に止まらない。
>>続きを読む

デス・レース4 アナーキー(2017年製作の映画)

-

いつだったか妻夫木ポジの人を轢き殺すってのがすごく良かったので今回もペイント下着全裸モザイク女を轢き殺して欲しかった。
デス(レース)くらいのノリ。ほぼレースしない。キアヌ・リーブス似の奴が作りかけの
>>続きを読む

レザーフェイス―悪魔のいけにえ(2017年製作の映画)

-

地球で製作された映画作品の中で最も至高な作品であります「悪魔のいけにえ」の前日譚でごぜーやすが、監督がジュリモリとパスティロの変態おフレンチゴールデンコンビなわけでそらもう一筋縄ではいきやせん。なんせ>>続きを読む

操作された都市(2017年製作の映画)

-

い〜や、ワイルドスピードのスケール感!!!!!


あんな主要道路っぽいところでよくカーチェイス撮れるよな。良い国だ。
アニメとかで観た感じというか、キャラクタービジュアルもほとんどアニメキャラ。電話
>>続きを読む

三尺魂(2017年製作の映画)

-

フレデリックもびっくりの泣けループもの。新ジャンル作りましょうね。ミッション8ミニッツとかね。エンドレス 繰り返される悪夢とかね。ありますけども。時間っていいですよね。映画でしか表現できないしね。

メイヘム 殺人晩餐会(2017年製作の映画)

-

ノワールくせぇでございまさぁねぇ。ホラーのホの字もねぇ塩梅でさぁ。
ジャガ横(ジャガー横田)のエッセンスが顔面に詰まったウェイトレスと、ジョン・トラボルタmeetsウォーキングデッドのユージーンみたい
>>続きを読む

アンビュランス911(2015年製作の映画)

-

たまにはケイン・ホッダーにもまともな人間役をやらせてやれよと思いますがアンビュランス。バカたれどものストォリィなんてどうだっていいし、殺人兄弟の過去もどうだっていいからもっともっと殺しまくってくれよ。>>続きを読む

アイスと雨音(2017年製作の映画)

-

あんまり若いってだけで人に迷惑かけちゃあいけないよ。

blank13(2017年製作の映画)

-

森田にくぅちゃんに大水に、好きな芸人が出てたから観ただけ。あと永野も。全員大した役回りでもなく。くっきーに至ってはマジでただ仲良いから出てきただけ感。シナリオ上全く必要ない。どんちゃんは何繋がり?

クワイエット・プレイス(2018年製作の映画)

-

全編緊張でほぼ緩和がないので、集中力のない馬鹿から(映画館自体がクワイエットプレイスだっつーのに)ベラベラ喋り出してました。映画館も上映中はあのモンスターがウロウロしてるようにしたらいいのに。
中盤の
>>続きを読む

search/サーチ(2018年製作の映画)

-

打って、消してのリアリティはアンフレンデッドの方が上。ただミステリー一辺倒じゃなく、シナリオ上の遊びが伏線になって効いてくる感じ観やすい。気張らなくてもいい感じ。エンタメ。

スカイライン-奪還-(2017年製作の映画)

-

前作の、地下駐車場から出られんのかよオイ!?くらいのノリが観たくて観に行ったら全く違う、スケールバチボコのわけわからんけどおもしろ映画になってた。あのクライマックスは泣きそうになった。シラットは万里を>>続きを読む

模倣霊(2017年製作の映画)

-

今回は「仄暗い水の底から」で行きましょう!ってプロデューサーが言ったんだろうな。最早まんま。黒木瞳に見えたもん。
「リング」もやりたいっす!って言ったけど流石に井戸じゃモロバレだから洞窟なんだろうな。
>>続きを読む

ガンモ(1997年製作の映画)

-

天才なのか拗らせなのかはたまたその両方なのか。

プリティ・ウーマン(1990年製作の映画)

-

ボチボチ30年前の映画なのにまだ毎日レビューが投稿されてるってすごいな。

もうひとりいる(2002年製作の映画)

-

ダメ脚本。
ビジュアルは結構。
夢に出てきた。
凄く厭な夢になって出てきた。
男女問わず、また犬猫猿と見境なく奇形であれば性交する男と会う夢。性病まみれでその男も奇形化していた。
ソファで寝るとよく夢
>>続きを読む

ヒルコ 妖怪ハンター(1991年製作の映画)

-

タイトル忘れたけどあの身体激細村人から逃げるやつなんかな。身体激細親父が守ってくれるやつ。
ジュリーが来てから5分以内には3人の首がチョンパされるテンポ感は素晴らし過ぎるの一言に尽きる。普通なんかもう
>>続きを読む

切り裂き魔ゴーレム(2016年製作の映画)

-

中盤の演出があってこそのラスト3カット、めちゃくちゃ効いてる。鳥肌立った。
ビルナイがずっと可愛い。ビルナイだけをずっと観てたい。映画の内容とかどうでもよくてビルナイが出てたから観ただけ。

モンスター・モーテル(2016年製作の映画)

-

バトルフィールドと化してはいない。
旧作レンタルなら許せたけど新作でこれはなぁ…。きついもんがあるなぁ…。処刑山の一作目もこんな感じだったなあ。もっさりしてるし笑えねーのに何故か評価されてる感じ。

死霊のえじき(1985年製作の映画)

-

なんだかんだ三部作で1番おもろいがなっつったらアッチからロメロにブチギレられっかな

>|