dancingufoさんの映画レビュー・感想・評価

dancingufo

dancingufo

映画(1018)
ドラマ(2)
アニメ(0)

モリコーネ 映画が恋した音楽家(2021年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます


うーん、期待ハズレ。
疲れもあってか、前半ウトウト。

ウエスタンから多少面白くなってきたが、一番裏話を知りたかった、ニューシネマパラダイスとアンタチッャブルがあまりにあっさり終わったので大幅減点。
>>続きを読む

ドリーム・ホース(2020年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

ハッピーエンドの良い作品だとは思ったが、予告編を上回るほどのものでもなかったかな。

あと、セリフで心情を語らせ過ぎ。

エンドロールでの実在する本人達とのコーラスが一番印象に残った。

ただ、親の切
>>続きを読む

ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~(2020年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

WOWOWにて。

実はこの物語は、2009年にNHKBSでドキュメンタリーやっていて、今更かよというのが第一印象。

大会当日の状況は、さすがにドキュメンタリーに沿った内容だったが、西方が原田の1本
>>続きを読む

ホイットニー・ヒューストン I WANNA DANCE WITH SOMEBODY(2022年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

うーん、イマイチ。
この映画のメッセージは、
成功したからといって、決して幸福ではない、ということですかね。

ドキュメント映画も観ていだので、特に内容に驚きはなかったし、感動もなかった。
しかし大画
>>続きを読む

非常宣言(2020年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

さすが韓国映画!
予定調和的な展開だが、窮地を救ったソンガンホの行動は予測不能だった。
ワクチンの有効性を確かめるために、自らが実験台となって敢えて感染する展開には驚いた。
おまけに、元のウィルスを大
>>続きを読む

THE FIRST SLAM DUNK(2022年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

還暦になって初のシニア料金での鑑賞。
桜木花道のキャラが印象にある程度で、ほぼ初見。

入場者プレゼントでもらった白髪の安西監督のシール、雰囲気が私に似ていて加点要素。

「諦めたらそこで試合終了」安
>>続きを読む

かがみの孤城(2022年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

さすが本屋大賞受賞作!
伏線回収お見事!

原作未読で予告編から、7人はずーと城から出られずにいたと思ったら、9時から5時しかいられない設定にまず驚いた。
孤城は彼らのフリースクール、保健室のようなも
>>続きを読む

天上の花(2022年製作の映画)

3.7

三好達司をこんなにディスっていいんかい!と思わせるジャパニーズホラー。

確かに東出しかあの役はできんわ。しかし、慶子も見た目だけで魅力の乏しい女性だったけど。
この映画で伝えたかったことは一体何だっ
>>続きを読む

そばかす(2022年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

アセクシャルな主人公を巡る物語。
新解釈シンデレラはなかなか面白かった。
私も賛同する。
特に女性の方は共感ポイント多かったと思う。

個人的には鬱病の父の体調が気になっていた。やたらハイだったり、焼
>>続きを読む

ハッピーニューイヤー(2021年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

面白かった!
韓国版ラブアクチュアリー!
契約社員の彼女は、ラブアクチュアリーに当てはめると首相秘書。そこに認知症の母というのも既視感ある設定。社長が迎えに来るシーンは「愛と青春の旅立ち」かよ。

>>続きを読む

ケイコ 目を澄ませて(2022年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

サブタイトルは「目を澄まして」であるが、観客側からすると「耳をすまして」鑑賞させているのが面白い。

私的には、高評価で期待のハードルを上げすぎた分、少し残念。
ストーリー、特にラストマッチは意外とあ
>>続きを読む

MONDAYS/このタイムループ、上司に気づかせないと終わらない(2022年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

「味噌汁炭酸タブレット」なる謎商品を取り扱う広告代理店を舞台としたタイムリープ系お仕事コメディ。


マキタスポーツがさながら昭和のサラリーマン部長を演じていたが、昔の上司を思い出してやたら懐かしかっ
>>続きを読む

ビー・ジーズ 栄光の軌跡(2020年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

全くどうでも良い話ではあるが、私は昼休み20分程度昼寝をするのであるが、その時にかけるBGMが「愛はきらめきの中に」である。パワーナップに最適だ。
そんなこともあって、この映画を観た。

Saturd
>>続きを読む

ある男(2022年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

ラストの余韻が特に良かった。

戸籍交換の話。
犯罪者の息子としてのレッテルから逃れたいばかりにボクサーになって自分の顔がボコボコになるまで打たれたいとする件は少しグッときた。

その後2回戸籍を交換
>>続きを読む

ブラックアダム(2022年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

テアトル優待券余ったので鑑賞。

アダム強すぎ。
そもそもヒロインと弟は何者で、なぜ最初ヴィランと一緒に行動してたの?
なぜシャザムが合言葉なの?
などツッコミどころ満載だが、まっいっか。

ラーゲリより愛を込めて(2022年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

ウクライナ侵攻や防衛費増額など、どこかきな臭くなっている現在にあって、戦争の悲惨さを伝えた意味で、非常にタイムリーな映画だったと思う。
多くの人がこの映画を見て「戦争は嫌だ」と思ってくれれば、それは一
>>続きを読む

ミセス・ハリス、パリへ行く(2022年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

面白かったー!

ご都合主義的な展開ではあるけれと、偶にはこんな物語はあっていいなと実感。
映画でひとときの夢を見させてくれる上質な作品。ここの評価高いことは頷ける。

主人公がディオールに来た時のモ
>>続きを読む

シスター 夏のわかれ道(2021年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

感情移入しやすい主人公。ストーリーにぐいぐい引き込まれた。

最後の選択は、そうだろうなーと思った。もう弟には会えないという誓約書を前にした葛藤と涙にはグッときた。
でも、弟を引き取って本当にそれで良
>>続きを読む

ザリガニの鳴くところ(2022年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

ミステリー要素は確かに薄い。
自然の描写は素晴らしい。

2人の男に翻弄される主人公。
主人公の境遇には同情はしたが感情移入できなかったな。








以下、思い切りネタバレ




最初自殺か
>>続きを読む

マスター 先生が来る!(2021年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

最近新宿ピカデリーは面白いインド映画を次々に上映してくれて非常に嬉しい!

本作は途中から主人公がウクライナのゼレンスキー大統領に見えてきた。そして敵役はプーチン。
敵役も確かに悲しい過去があったのは
>>続きを読む

人生は二度とない(2011年製作の映画)

3.8

インド映画ではあるが、スペインが舞台で奇祭にも参加していて、ほんとに旅行した気分になれる。
メッセージも良質で後味が良い。
特にレイラがアムジュンを諭すシーンが良かった。
ダイビングにスカイダイビング
>>続きを読む

奈落のマイホーム(2020年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

ラスト唐突にあらわらたイエローサブマリンには参った!さすがに伏線としてその存在をみせる場面は入れられなかったか。

でもその蓋を誰が締めるのか?そこに葛藤があってよかった。
「新感染」でのマドンソク兄
>>続きを読む

すずめの戸締まり(2022年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

うーん、期待はずれでした。
ダイジンとサダイジンの意味がよくわからず、それら風貌もどっかの中国のアニメで見たようなキャラクターで違和感ありあり。

主人公の行動原理は、椅子に変えられてしまった草太を元
>>続きを読む

RRR(2022年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

まさに眼には眼を、の復讐譚。
ただ、クライマックスまで延々と続く殺戮には辟易してしまった。

主人公の葛藤は良く描かれていた。
ラーマの回想シーン、家族の最期、辛すぎる。

虎の捕獲、巨大な肉は「あの
>>続きを読む

わたしは最悪。(2021年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

閉鎖されるギンレイホールにお別れするために鑑賞。

同年代の女性が見たら共感するのかもしれないが、私は「ああ、確かにコイツは最悪だな」と。全く共感できなかった。

アイヴァンがゴミ箱から彼女の文章を見
>>続きを読む

愛する人に伝える言葉(2021年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

自分が膵臓癌患者になったら、のシミュレーション。

医師が本物。
すごい説得力。
この人が主役ってな感じ。

最後の5つの言葉は実践したい。
許してくれ。
僕は許す。
有難う。
愛している。
さような
>>続きを読む

バビロン(1980年製作の映画)

3.7

期限を迎えるテアトル優待券を使っての鑑賞。

確かに音響がストーリーを威圧するかのように全編を支配している感じ。
ただ人間関係が良くわからなかった。
対抗グループのジャー・シャカって、釈迦のことなんで
>>続きを読む

君だけが知らない(2021年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

さすが韓国映画!
脚本がしっかりしていて、ぐいぐいストーリーに引き込まれる。
そして二転三転する「夫」の素性。




以下、思いっ切りネタバレ。








主人公は養子で、彼は養子先の息子だっ
>>続きを読む

声/姿なき犯罪者(2021年製作の映画)

4.1

振り込め詐欺犯を懲らしめて欲しい!撲滅して欲しい!という社会的なニーズに、映画の世界で応えてくれた韓国映画。

(ただ、オチもしっかりあるが。)


「タクシー運転手」など社会問題を極上のエンタメに昇
>>続きを読む

七人樂隊(2021年製作の映画)

3.6

ノスタルジックではあるが、短編ゆえどの話も唸るようなオチはなく、淡々と積み重なっていく感じ。

「別れの夜」で、山口百恵の秋桜が全く違う歌詞で流れていたのが印象的。

もうちょっと社会風刺とか入ってい
>>続きを読む

沈黙のパレード(2022年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

1捻りあってそれなり面白かったが、2時間ドラマてもいい感じ。


以下、思いっきりネタバレ。











◆佐織の犯人は?
新倉留美が歌を辞めるという佐織に激昂して、公園の資材置き場に突き飛
>>続きを読む

デリシュ!(2021年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

フランス革命直前。レストランはどのようにして生まれたことがわかる蘊蓄にもなる作品。

ルイーズは不正ビジネスにも手を染めている公爵に旦那を殺され、公爵に復讐のために主人公に近づいてたのだった。

最後
>>続きを読む

スーパー30 アーナンド先生の教室(2019年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

インド版ドラゴン桜。
脚が折れた馬でも走ることができる。

予備校による主人公らへの襲撃はシャレにならない。発砲マジっすか。
予備校ビジネスの裏には大臣が関与。あらあららすぼすだったんですね。その後ど
>>続きを読む

「ウルトラセブン」55周年記念 4K特別上映(2022年製作の映画)

3.7

第7話「宇宙囚人303」、
第26話「超兵器R1号」、
第37話「盗まれたウルトラ・アイ」、
最終話「史上最大の侵略」前後編

全ての戦い終えて消耗し切ってヨロヨロと立ち上がる最後の勇姿は何度観ても泣
>>続きを読む

さかなのこ(2022年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

ミー坊「タコ飼っていい?」
母「ちゃんと面倒見るのよ」
父、ミー坊に張り付いた巨大タコを引っ剥がすやいなや頭部を引きちぎり、足を地面に何度も叩きつける。
母、ミー坊の目を隠す。
父「こうするとタコは美
>>続きを読む

サバカン SABAKAN(2022年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

共感ポイントの嵐で良かった〜。
①長崎の情景で泣ける。
特にチンピラに絡まれた後自転車での下り坂。右手にキラキラきらめく海、思わず息を飲む絶景。
そして海に面した駅。何か日本の原風景を見ている感じ。同
>>続きを読む

>|