dancingufoさんの映画レビュー・感想・評価

dancingufo

dancingufo

人生はシネマティック!(2016年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

ラヂオの時間のように、もっとドタバタするかと思いました。笑いと涙はやや期待ハズレ。

ロケから戻ってきたら元彼は別の女と…はお約束か。
幸せの絶頂から、彼の事故死。私は爆死かと思っていましたが、ほぼ予
>>続きを読む

ラストレシピ 麒麟の舌の記憶(2017年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

ミステリータッチで楽しめた。

途中から、鈴木さんの子供が画面に何度も現れているので、この子が恐らく、すずらん園の園長になるんだろうなー、と思っていたらその通り。

身寄りがないという二宮の設定から、
>>続きを読む

ゴッホ~最期の手紙~(2017年製作の映画)

5.0

全編油絵タッチの映画体験って、空前絶後。ぶっ飛んだ〜!これだけで満点!
しかも ストーリーもしっかりしていた。

上野の東京美術館でのゴッホ展を観た足でtohoシネマズ上野でこの映画を観ると理解が深ま
>>続きを読む

ミックス。(2017年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

無駄に豪華なキャスト。先の読めるご都合主義的な展開。でも笑えて泣ける小品。さすが古沢良太。

本業が赤字のフジテレビにとっては貴重な収益源になるだろう。


瑛太がガッキーを迎えに来たシーンは、「愛と
>>続きを読む

シンクロナイズドモンスター(2016年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

ユニークな設定の割に低評価だったので観るのをためらっていたが、思ったよりもシリアスで面白かった。ありがちな教訓だが、モンスターより怖いのは人間の心の闇。



ラスト、彼女が韓国に行って、彼をつまみ出
>>続きを読む

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

確かにホラー版スタンドバイミー。同じ作者だし。
何度か仰け反るようなシーンはあつたが、思ったほど怖いとは思わなかった。

主人公の、(弟のいない)家に帰る方が、よほど怖い。と言うセリフはジーンときた。
>>続きを読む

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

時間の長さを感じなかった。前作の世界観がそのまま引き継がれていたと思う。

デッカードとレイチェルの娘があの研究員だったと言うオチは良かったけれど、あの後デッカードは殺されてしまったんだろうか。革命派
>>続きを読む

あゝ、荒野 後篇(2017年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

設定に無理ありすぎ。
演技は素晴らしい。

バリカンの父が新宿の父の自殺に関わっていたなんて。前篇でも無理な設定が多いと感じていましたけどさすがにコレでシラケました。

ラストのボクシングのシーンは圧
>>続きを読む

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

あの2人の使用人が祖父母の脳を移植されていたんだね。

この2人の異様さは特筆。

バリー・シール/アメリカをはめた男(2016年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます




パリーはコロンビアのマフィアに殺された。経緯からみて、国に嵌められた哀れな男。
でもラスト、パートで働く奥さんの腕輪は救いになった。

バリーの内面の描写が乏しく、筋を淡々と追っている感じ。
>>続きを読む

三度目の殺人(2017年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

食品偽装が表沙汰になった後の、被害者家族の描写がないなど中途半端。普通に考えれば公判どころではなかったはず。

おれはゾウのどこを触っているんだろうなど、節々にさすがと思わせるセリフは印象に残った。

女神の見えざる手(2016年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

どんでん返しは半沢直樹を彷彿させ確かに爽快であったが、尺が長く、その割にこれだけ?という感じで少々物足りなかった。











冒頭1人残った彼女がまさしく伏線で、ゴキブリ型の盗撮機も核心部
>>続きを読む

あなた、そこにいてくれますか(2016年製作の映画)

4.6

このレビューはネタバレを含みます

さすが韓国映画。
脚本がよく練られいて、主人公の葛藤あり、最後まで飽きさせない。そしてアバウトタイムやバック・トゥ・ザ・フューチャーさらには「JIN」のエッセンスがうまく取り込まれている印象。

主人
>>続きを読む

あゝ、荒野 前篇(2017年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

評判ほどは。

確かに時間の長さは感じなかったが、偶然に頼ったプロットにいささか食傷気味。

菅田将暉は確かに凄かった。ラストの振り切れた狂気ぶりは。

あと、バリカンの「あなたにあいたくて」が印象的
>>続きを読む

僕のワンダフル・ライフ(2017年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

孤独なイーサンが最後に報われてよかった。

人生はちょっとしたことで流れが変わってしまうという教訓の方が強く印象に残った。


音楽ではtake on meとBEEGEESが懐かしかった。

犬、飼い
>>続きを読む

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

最高に面白かった!

泣けるゾンビ映画の評判に違わぬ力作。

シナリオがよく練られていてキャラクターがよく書き分けられていて素直に感情移入できた。






以下、ネタバレ。




コン・ユが感染
>>続きを読む

ボブという名の猫 幸せのハイタッチ(2016年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

猫を連れて行っただけで人生好転。まさに幸せの招き猫。

でも、その後の紆余曲折もなかなかなもの。


「私はダニエルブレイク」でもみせつけられた英国での貧困の実態。今回は断薬の描写も印象に残った。
>>続きを読む

ドリーム(2016年製作の映画)

4.2

主人公が感情を爆発させた後、ケビンコスナーの取った行動とセリフにグッときた。

ドロシーのIBMへの対応ぶりはAIの脅威にさらされている我々にとっても参考になりそうだ。先見性と行動力はお見事。

そし
>>続きを読む

あしたは最高のはじまり(2016年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

2017年52本目。

切ない。


以下、思いっきりネタバレ。








余命わずかだったのはグロリアだったんですね。主人公と一緒に治療を受けているシーンでうまく騙されました。

オープニング
>>続きを読む

50年後のボクたちは(2016年製作の映画)

4.0

リチャードクレイダーマンが最高。
クイズの出来でデザートを分け与える家族、父に蹴りを入れられる瞬間のストップモーションとモノローグ、アニメの方法でチックがその後どうなったかを見せたエンディングは印象に
>>続きを読む

ギフト 僕がきみに残せるもの(2016年製作の映画)

4.2

とにかく、元気で体が自由に動かせる今を大切に生きろということですね。

当たり前の日常がいかに有難いものなのか。大切な気づきを与えてくれる映画かと。

パターソン(2016年製作の映画)

3.5

愛犬が名演技。

永瀬のセリフで、詩を翻訳することは、レインコート着てシャワーを浴びるようなものだ。は言い得て玅。

君の膵臓をたべたい(2017年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

「真実か挑戦」ゲームのシーン、良かった。

彼女のセリフの端々にドキっとするものがあってなかなか良い。





でもまさか、通り魔に殺されたとは。余命僅かの彼女。そこまで悲劇度を高める必要あったのか
>>続きを読む

麗しのサブリナ(1954年製作の映画)

4.2

午前10時の映画祭。
途中からサブリナの内面が読み取りづらくなったこともあり、ラストどうなるか楽しみながら鑑賞できました。

シャンペングラス、オリーブの容器、帽子、サブリナパンツなど小物を上手く使っ
>>続きを読む

ボン・ボヤージュ 家族旅行は大暴走(2016年製作の映画)

4.2

お盆休み初日に相応しい作品。頭をカラにして大爆笑。

淡谷のり子にそっくりな主人公の患者、血染めのSOS、デイーラーとのやり取り、執拗に主人公らを追うBMWなどなど、ツボにハマりました。

夜明けの祈り(2016年製作の映画)

3.7

主人公は高畑充希に雰囲気がにていた。
実在のモデルはこの事件の直後に事故死したとか。善行が映画の形で残せてよかったと思う。

おとなの恋の測り方(2016年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

ユーミンの「5センチの向こう側」という曲を思い出した。

ほぼ予想通りの展開。ハッピーエンドでよかったけど。彼の最後の表情が微妙だったのが印象的だった。

彼の堂々とした生き様には大いに共感した。
>>続きを読む

しあわせな人生の選択(2015年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

なぜあの原題となったのかがラストになって腑に落ちた。
いいオチかも。

息子の抱擁ぶりを見て、事情を知っていたことはわかった。

カナダからわざわざ来たもう1つの理由がR+15指定に繋がっていたんだね
>>続きを読む

ありがとう、トニ・エルドマン(2016年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

前評判が高くてものすごく期待していました。それなりに笑うことができましたけれど、想像以上に泣けなかったし、想像以上にエロでした。


以下、思いっきりネタバレを書きます。
>>続きを読む

メッセージ(2016年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

てっきり回想シーンだと思っていた愛娘ハンナの死は将来に起きることだったんだね。非ゼロサムゲームの件で事態を把握出来ました。そして旦那も誰がと言うことも。時間を使ったトリックはなかなかのもの。

でも、
>>続きを読む

パトリオット・デイ(2016年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

先ず以て犠牲者のご冥福を祈りたい。

何が1番感動したかって、片足を失った被害者が数年後ボストン・マラソンで完走した実写シーン。

運命の糸に操られるように人々がが事件に結びついていく流れはなかなかス
>>続きを読む

皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ(2015年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

鋼鉄ジーグはリアルタイムで見ていまして、懐かしかった。

最初はその超能力を金庫破りや観覧車回しに使っていて笑えました。くっつくと思っていた足の小指もご愛敬。

クライマックスで、仕掛けられた爆弾抱え
>>続きを読む

あの日、兄貴が灯した光(2016年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

観客の95%が女性。
さすが韓国映画。先の展開はかなり読めるベタな作品なのだが、ボロ泣き。

私の予想は、兄から角膜とか移植して、視力が回復するというものでしたが・・・・



弟がダッシュするシー
>>続きを読む

マンチェスター・バイ・ザ・シー(2016年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

火事で子供を亡くし、家族を失った主人公。ラスト近くでの前妻とのやりとりは胸が押し潰されそうになった。

結局、乗り越えられないとセリフで言わせたのは残念だった。でも、船上で彼女に操縦を教えている甥を見
>>続きを読む

>|