Danさんの映画レビュー・感想・評価

Dan

Dan

アングスト/不安(1983年製作の映画)

4.1

よく喋る殺人者だなと思ったけど割と外的要因で語りを中断している
最も高まる瞬間の直前に邪魔されたり更なる計画があったにも関わらず阻止される等、行動へ為されるものと過去について断片的にしか語ることを許さ
>>続きを読む

丑三つの村(1983年製作の映画)

3.7

初めて懐中電灯を頭につけたとき、完全に我が田中だった

風の外側(2007年製作の映画)

2.5

ドイヒー
って書きたいなと観ている間ずっと思っていた

ヘレディタリー/継承(2018年製作の映画)

3.4

動きが早くて恐ろしいものってゲームっぽい感じがするな

茶の味(2003年製作の映画)

4.2

里山の風景とか桜を過度に美化して描くとかやけにアニメっぽいと思っていたら庵野が出てきて余計に虚構感が増した

砂の器(1974年製作の映画)

2.3

あれだけ典型的に描写しておいて最後に本当はこんな人いませんけどねって文字だすの映画としてありなんかな

麦秋(1951年製作の映画)

4.0

ぶつわよと言って机の周りを追いかけるシーンは武というよりは舞という感じで良かった。

アウトレイジ 最終章(2017年製作の映画)

4.0

怒鳴られて萎むおじさん、お爺さんを見る機会なかなか無いと思う

不思議惑星キン・ザ・ザ(1986年製作の映画)

3.9

前半部分は見たことがあったけどなぜ後半を見なかったか思い出せない

アンダーグラウンド(1995年製作の映画)

4.1

めでたい時に銃撃って祝えるのはある意味天国なのかも

TENET テネット(2020年製作の映画)

4.1

キマッてる画面がほぼないのはもうそういうものだとして、そこにカッコ良さを見ようとするのをやめたら意外と楽しめた。
観客を眠らせておいて主人公を追い始める導入や過剰な大音量で流す脈の音に促されて主人公に
>>続きを読む

>|