零さんの映画レビュー・感想・評価

零

洋邦ジャンル問わず映画大好き野郎。

映画(232)
ドラマ(0)

シュガー・ラッシュ:オンライン(2018年製作の映画)

3.9

ネット世界の描き方にワクワクが止まらんくて小ネタ探しも楽しい♪
ネット社会への風刺もチクチクと挟むあたりも流石。
傍にいなく離れてても気持ちは繋がっているんだと言う、ラルフとヴァネロペ2人の友情話にホ
>>続きを読む

アリー/ スター誕生(2018年製作の映画)

3.7

"アメリカンドリームの光と影"を上手く描き、ブラッドリーの愛を求めるが故の生き様な演技にシビれる。ガガの歌唱力は言わずもがなだが演技も素晴らしかった。
若干脚本の穴が目立つ部分もちょいちょいあり、スト
>>続きを読む

来る(2018年製作の映画)

4.5

中島監督得意のスタイリッシュ且つポップな映像美はやや抑えw人の心に潜む闇の恐怖を見事に描いた作品。
岡田准一と小松菜奈目当てに観たが、日本最強霊媒師の松たか子のカッコ良さがヤバすぎでやられた。
終盤様
>>続きを読む

ヘレディタリー/継承(2018年製作の映画)

4.0

全編通し不穏な雰囲気が漂い不意に入る"音"や音楽の不快さに終始精神ピリピリ。
眼に見えない恐怖が対象だと何とも言えない不安や恐怖がまとわりつき、人間の本能的な部分に訴えかける怖さを感じた。
鑑賞後もじ
>>続きを読む

くるみ割り人形と秘密の王国(2018年製作の映画)

3.5

これぞディズニー的な誰でも安心して観れる王道ファンタジー。
ストーリー的には子供向けな感じは否めないが、映像的には大人も楽しめる作品。
キーラナイトレイがめっちゃ楽しんで演じてたのが印象的。
マッケン
>>続きを読む

ギャングース(2018年製作の映画)

3.8

少年院で出会った3人の底辺に生きる若者達の物語。
社会の底辺で這い上がろともがく姿や、振り込め詐欺集団の言い分にも善し悪しは別として筋が通ってる部分もあり社会から弾け出された人達の悲惨さも見え隠れ。
>>続きを読む

イット・カムズ・アット・ナイト(2017年製作の映画)

2.9

短編のインディーズ映画なら全然ありな内容だが、長編となると如何なものか。
何かしらのウィルスが蔓延した森って以外は"IT"の明快な描写は皆無で観客に考察の余地を残し過ぎで謎だらけ。
終始静けさが漂う描
>>続きを読む

人魚の眠る家(2018年製作の映画)

3.5

脳死状態の娘に対して迫られる究極の決断。
頭で解っていても死を現実として受け入れ難い親の心境。今後も多くの人が判断に悩み苦しむに違いない場面や先進技術で可能にした身体の健康維持だが決して意識が戻ること
>>続きを読む

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(2018年製作の映画)

3.8

魔法動物達と戯れるニュート全開の前作とは違い終始ダークな流れで進むのは個人的には◎

ジョニーのグリンデルバルド役もハマってて最高だった。金髪短髪のジョニデめっちゃカッコ良かったし♪
全5作中の2作目
>>続きを読む

ポリス・ストーリー/REBORN(2017年製作の映画)

3.5

冒頭から火薬量激ヤバな大爆破ありの銃撃戦やオペラハウスの急斜面な屋根を滑ったり走ったり...64歳とは信じ難く妥協しないアクションは流石。
エンディングで主題歌の英雄故事とNG集には懐かしさでテンショ
>>続きを読む

A GHOST STORY ア・ゴースト・ストーリー(2017年製作の映画)

3.7

命や記憶、呪縛や輪廻等のテーマを大切に描いたり長回しや哲学的な脚本で仕上げた秀作。
リアルな時間経過と異常な速さで巡る時間経過の差を上手く表現してるなと関心。
どんなに願っても二度と逢えない、遠くに行
>>続きを読む

マンディ 地獄のロード・ウォリアー(2018年製作の映画)

3.5

カルト教団に最愛の妻を殺された男の怒濤の復讐劇。
ドラッグトリップムービーとでも言うべきかカルト要素爆発"考えるな、感じろ"的作品ww
パンイチ虎柄Tシャツで泣き叫ぶは、バトルアックス鍛え打って作るは
>>続きを読む

ジョニー・イングリッシュ アナログの逆襲(2018年製作の映画)

3.3

60歳過ぎてるローワン·アトキンソンのわかり易く身体を張った定番の勘違いギャグが今回も健在ww
意外にしっかり作り込んだスパイ道具には感心したが、シレッと出す豪華俳優達の雑な扱いには笑えて良き感じだっ
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.5

20世紀FOXロゴから即テンションMAX!
ドラマ部分も音楽的な成功とは裏腹に見た目のコンプレックスやセクシャリティ...フレディがどれだけ孤独を感じ苦悩したかと思うと胸が苦しくなった。

全編に渡る
>>続きを読む

スマホを落としただけなのに(2018年製作の映画)

3.2

もしスマホを落としたり忘れたりしたら...誰にでも起こり得る危険性がある事を本作で疑似体験が出来るとも言える作品。
ネット社会の闇の部分を考えさせられたりしたが中田監督得意のホラー演出はリアルを追求す
>>続きを読む

ビブリア古書堂の事件手帖(2018年製作の映画)

3.0

原作好きでも違和感なく映画の世界観に入っていける良作に仕上がっているのだが、全体的な演出の曖昧さと脚本の穴が少し目立ち、ミステリーとしてもちと残念。
黒木華さんの演技は安定の安心感で素敵でした。

ヴェノム(2018年製作の映画)

4.0

レーティングダウンで"恐怖"表現に残念な部分はあるが、予想以上に楽しかった♪
トムハのエディ役やヴェノムのデザインも最高やし全てのアクションシーンに興奮しまくり!!マーベル史上"最高"のバディムービー
>>続きを読む

怪怪怪怪物!(2017年製作の映画)

3.4

食人化した少女を偶然捕まえた高校生達が面白半分に少女を拷問するが食人化姉が怒り心頭で復讐を始める化物映画という題材で、"虐め"をテーマにいかに人間が利己的で醜い怪物かを描いた作品。
出て来る人間クズだ
>>続きを読む

search/サーチ(2018年製作の映画)

4.3

PC画面内だけで進行するってどんなだろう?と軽い気持ちで観たら速攻のめり込んだw

脚本·撮影·編集全てが素晴らしく中弛みを感じる事なく一気にラスト迄突き進む。
メインキャストもアジア系で統一してたの
>>続きを読む

億男(2018年製作の映画)

3.1

お金の正体とは何かを追求していけばいく程、きっと周りが見えなくなる。
単純にお金は変わらないが良しも悪しも人は変わる...それが全てな気がした。
ダサ頼りない役の佐藤健に一癖ある役の高橋一生がいつもと
>>続きを読む

デス・ウィッシュ(2017年製作の映画)

3.5

銃握らせたらどんな悪党も敵わない!
僕らのブルースウィリスが帰ってきた!
前半で家族の関係性をじっくり描くので、処刑人として復讐していく主人公の気持ちに入りやすかったし"死神"としてネット拡散設定も今
>>続きを読む

ブルー・マインド(2017年製作の映画)

2.0

大人へと成長していく15歳の少女が不安を抱えつつも自身に起きた奇妙な出来事を描いた新感覚ホラー。

...ホラーなのか?

早い段階でオチが分かってしまったが何故そうなるかを期待していたのだが...ま
>>続きを読む

リターン・オブ・ジーパーズ・クリーパーズ JEEPERS CREEPERS 3(2017年製作の映画)

1.8

実質的に3ではなく1.5と言うべき作品かな。

折角23年ごとに現れ23日間人を喰らう怪物の恐怖を描いているのに前二作に比べ全てがパワーダウン。
ジーパーズ氏の飛行シーンとかドローン撮影的映像だけだし
>>続きを読む

スカイライン-奪還-(2017年製作の映画)

3.9

予算も内容もスケールUPした「スカイライン」の続編!
銃が効かなきゃナイフとシラットでしょ?!と肉弾戦に持ち込んでエイリアン達を切り殺しまくるイコ&ヤヤンのチームレイドww
中だるみなんて気にしない!
>>続きを読む

ルイスと不思議の時計(2018年製作の映画)

3.3

ケイト·ブランシェットは安定のカッコ良さだがwジャック·ブラックは得意の爆裂演技を抑えて良き叔父さんを熱演。
1番肝心な魔法のワクワク感が皆無だが大人目線で観るのは御法度かなファミリー映画と言えど、イ
>>続きを読む

音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!(2018年製作の映画)

2.8

考えたら負け!ww相変わらず三木劇場の世界観を如何に楽しめるかで良し悪しが決まっちゃう作品。
阿部サダヲとふせえりの掛け合いはさすがに笑けたwww
吉岡里帆のはっちゃけ演技も◎声ちっちゃ役にはなんかツ
>>続きを読む

バーバラと心の巨人(2017年製作の映画)

4.1

幻想的なビジュアルで彩られた映像が美しく海外絵本の様な世界感を堪能。
大人でさえ辛く悲しい出来事が、子供からすればはるかに大きくて苦しくて怖い事だろうなと考えさせられた。
巨人との戦いを通し心の闇の原
>>続きを読む

イコライザー2(2018年製作の映画)

4.2

前作以上に悪党達には容赦ないが、きちんと世直しもやってのけるマッコールさんが素敵過ぎ!

アクション映画の枠を越えて、デンゼルワシントンの完成された役柄で立ち居振る舞いや佇む姿など全ての演技に惹きつけ
>>続きを読む

劇場版 夏目友人帳 ~うつせみに結ぶ~(2018年製作の映画)

3.6

"関わり"について描いているので自身の事もふと振り返ってしまった。
食い意地は相変わらずだがw3分裂したニャンコ先生の可愛さと来たら♡ww
ゆったり流れる時に優しくて温かい物語で最後はホロっと来てしま
>>続きを読む

クワイエット・プレイス(2018年製作の映画)

4.3

"音を立てたら即死"って事で台詞が少なくやり取りは殆どが手話。
静寂は常に恐怖の裏返しであり、けっして安寧や安心ではない事を上手く取り入れ作られた秀作!
既に続編も決まってるので楽しみ過ぎる♪

劇場
>>続きを読む

スカイスクレイパー(2018年製作の映画)

3.6

レジェンダリーだけに中国色半端なくて、設定地が香港である必要性や一部の安っぽい演出には溜息とは言え、21世紀版ダイハードな設定にアクションは最高。
色んなハンディ持ちながらも家族の為に自ら窮地に飛び込
>>続きを読む

死霊館のシスター(2018年製作の映画)

3.4

死霊館シリーズでの良い部分を削ぎ落としたような構成と大音量だけに頼った恐怖演出やへっぽこ神父に残念感とヴァラクの無双っぷりが少し弱く感じた。
死霊館1、2を監督のジェームズ·ワンの偉大さを改めて知った
>>続きを読む

リグレッション(2015年製作の映画)

3.4

実際におきた悪魔崇拝が絡む事件を題材にしたサスペンスホラー。
退行催眠療法や集団ヒステリーなど1990年代の米が抱えていた多くの問題を上手く使った作品。イーサン·ホークは相も変わらず振り回される刑事役
>>続きを読む

ダウンレンジ(2017年製作の映画)

3.7

田舎道を走行中、正体不明のスナイパーにひたすら狙い撃ちされる若者6人の恐怖を描くサバイバルホラー。
飛び散る脳みそ!跳ね上がる血飛沫の嵐!!
北村龍平お得意のグロ&バイオレンス演出が散りばめられてて9
>>続きを読む

響 -HIBIKI-(2018年製作の映画)

3.5

作品を観ず読まずの憶測で中傷したり思い込みや外部からの情報で評価をする。
不当な誹謗中傷、妬み嫉みに対する響の対応や言葉が荒々しくも的を得てて共感。
自分の感情にまっすぐ過ぎ故に危険分子ではあるが、少
>>続きを読む

コーヒーが冷めないうちに(2018年製作の映画)

3.3

2回泣けましたw
特に松重豊と薬師丸ひろ子の話は凄く素敵で、松重さんの過去にない演技で涙腺崩壊だった。
過ぎた過去は変えられないが、気持ち次第で未来は変えていける。
考え深くて心が温かくなり、少し前向
>>続きを読む

>|