零さんの映画レビュー・感想・評価

零

洋邦ジャンル問わず映画大好き野郎。

映画(181)
ドラマ(0)

インクレディブル・ファミリー(2018年製作の映画)

4.0

今作はとにかくママ=イラスティガールがカッコよすぎな大活躍でバイクアクションも最高!
パパは主夫で大活躍だったしww
社会問題にも触れた大人的要素含んだストーリーだったが、ジャックジャックの出番で全体
>>続きを読む

センセイ君主(2018年製作の映画)

3.5

頭空っぽにして観れるラブコメで、とにかく嫌味の無い内容で観やすかった。
キャストが全体的に良くて、久々にテンション高めな川栄ちゃん観れたのも◎だったが、覚醒しまくって可愛い過ぎな浜辺美波ちゃんに胸がボ
>>続きを読む

少女邂逅(2017年製作の映画)

3.5

インディペンデントの荒削り感が逆に儚さや尊さを醸していて、美しくも残酷な物語を23歳という若さで作り上げた枝優花監督に驚いた。
現実的な中に挟まれるファンタジーに反する要素が混ざり合った独特な空気感に
>>続きを読む

ストレンジャーズ:プレイ・アット・ナイト(原題)(2018年製作の映画)

2.7

前作公開から10年目にしての続編。前作は室内で起こる理由なき殺戮にジワジワ来る恐怖感があったが、今作はトレーラーハウスのキャンプ場でのバトル。
工夫の無さにお約束の嵐...恐怖感皆無でイカレ3人組もち
>>続きを読む

BLEACH(2018年製作の映画)

3.3

死神代行編の実写化。多少の中だるみはあるが思いのほかよく出来てて最後まで飽きること無く鑑賞。
白組の良き仕事っぷりで見応えあるCG虚達はさすがの一言。
原作好きとしては山のように突っ込み所はあるけど.
>>続きを読む

ザ・ミッドナイトマン(2017年製作の映画)

2.6

悪夢を現実化する"ミッドナイトマン"を呼び出し恐怖の真夜中を描いた作品。
フレディ役でお馴染みのロバート·イングランドとインシディアスシリーズのリン·シェイの共演は◎だが、ミッドナイトマンとの攻防戦や
>>続きを読む

インサイド(2016年製作の映画)

2.5

スラッシャーサスペンス"屋敷女"のリメイクだが...何故こうなった感満載。
妊婦という動きに制約がある役だがさほど活かされてなく、オリジナルの肝であるR18部分と"恐怖感"を完全ブラッシュアップして単
>>続きを読む

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

4.0

ある意味冒頭からクライマックスな今作だがメッセージ性を重視した作りに賛否両論ありそう。
"ロストワールド"へのリスペクトもありつつ、ホラー的な演出も加わって手に汗握る内容にはなっているが、ブルーがとに
>>続きを読む

REVENGE リベンジ(2017年製作の映画)

3.5

不倫相手の仲間にレイプされ崖から突き落とされて枯れ木に串刺しになるパリピ女子...死にません!wランボーも真っ青な応急処置からの血まみれになりながら3人の下衆野郎共を惨殺していく爽快グロ復讐劇!!>>続きを読む

ルームロンダリング(2018年製作の映画)

3.5

エライザちゃん演じる霊が見える御子は根暗だが何処かほっとけないフワッとキャラ。
訳あり物件を渡り住み幽霊と奇妙な共同生活を送りこの世に残した無念をはらす手伝いをする。
渋川さんや光宗さん演じる幽霊もい
>>続きを読む

バトル・オブ・ザ・セクシーズ(2017年製作の映画)

3.7

1973年、男女格差問題の為に男女間の性差を超えた戦いに挑んだプロテニスプレーヤー、ビリー・ジーン・キングの実話を元にした映画。

男女差別だけでなくLGBTQなど今でも議論が絶えない問題に触れている
>>続きを読む

パンク侍、斬られて候(2018年製作の映画)

3.4

町田康&宮藤官九郎&石井岳龍の特異な感性がぶつかり合い化学反応を引き起こしまくりなファンタジック時代劇エンタメ!
筋の通ったストーリーはあるがどうでも良くなるような役者陣の弾けた演技wアドリブ全開な浅
>>続きを読む

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(2018年製作の映画)

4.2

二転三転する騙し合いや駆け引き、チューイと最高のバディとなる過程等々ハンのスピンオフだからこそ体験出来た最高の冒険活劇にワクワクとニヤニヤ感全開で鑑賞。
ミレニアム·ファルコンのハンドルを2人で握るシ
>>続きを読む

アメリカン・アサシン(2017年製作の映画)

3.5

スパイ小説「ミッチ·ラップ」シリーズの映画化で全米公開1年遅れで日本公開。
プロポーズ直後に無差別殺人テロに巻き込まれ恋人が殺された故に復讐劇の幕は上がるのだが...
スパイ設定としての全体的な粗は目
>>続きを読む

ウィンチェスターハウス アメリカで最も呪われた屋敷(2018年製作の映画)

3.3

ヘレン·ミレン、ジェイソン·クラーク等豪華キャストは最高に良かったが、実話ベースという題材を上手く使いきれてなかったかなと言う印象がのこる。

ウィンチェスター銃のバックにある呪わしい話には思わず関心
>>続きを読む

ウインド・リバー(2017年製作の映画)

4.0

雪深い荒野、ウインドリバーに追いやられたネイティブアメリカンの地で起きた失踪事件の実話を元に描かれるクライムスリラー。

レナーのハンター役にオルセンの新米FBI捜査官役は共に素晴らしかった。
2人と
>>続きを読む

ブリグズビー・ベア(2017年製作の映画)

4.5

信じるものの為に生きる事の尊さを示してくれ、映画への愛が溢れた作品。好きな事を胸張って素直に好きと言える。
そんな簡単な事が出来なくなってしまった全ての大人達の背中をソッと押してくれる、素敵な作品でし
>>続きを読む

オンリー・ザ・ブレイブ(2017年製作の映画)

3.9

森林消化隊のアメリカンな娯楽映画的気持ちで観たら色々な意味で意表を突かれ最後は唖然としてしまった...。
実話だけにフィクションとは違う現実感を突きつけられる。
サノスやケーブルでもない"漢"ジョシュ
>>続きを読む

焼肉ドラゴン(2018年製作の映画)

3.3

高度成長期と言われた時代の関西で焼き肉屋を営む在日韓国人家族の話。
中盤辺りまで舞台的な演技や演出が凄く気になった監督が舞台と同じ劇作家の鄭義信氏だからか、キャストが素晴らしいだけにもう少し映像演出で
>>続きを読む

家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。(2017年製作の映画)

3.4

榮倉奈々と安田顕の夫婦がとにかくホッコリさせてくれる。
じわ~っと心があったかくなり、大切な人と一緒に過ごせる時間がどれだけ貴重で大切な事かを改めて教えてくれる作品だった。
ワニの口に頭突っ込んだ奈々
>>続きを読む

メイズ・ランナー:最期の迷宮(2018年製作の映画)

3.8

1作目から思えばまさかの展開を迎える最終章。

OPからド派手な展開で始まり、銃撃·肉弾·大爆破とアクションに特化した作りで魅せる今作の内容に大興奮!
個人的に2から出てきたブレンダが大活躍を見せる件
>>続きを読む

榎田貿易堂(2017年製作の映画)

3.6

リサイクルショップの榎田貿易堂で何となく働く人達と何となく集まる人達が、大小悩みを抱え迷い生きていく群像劇。渋川清彦さん演じる憎めないけど駄目な大人っぷりは最高!
珍宝館での伊藤沙莉さんは下ネタ全開だ
>>続きを読む

リミット・オブ・アサシン(2017年製作の映画)

3.3

愛する家族を殺され自らも命を落とした凄腕の殺し屋が24時間限りの命を与えられ復活しすべてを奪った組織に復讐する姿を描くのだが...色々な要素が混ざり合って中途半端な感じが否めない但し銃撃やカーアクショ>>続きを読む

空飛ぶタイヤ(2018年製作の映画)

3.5

無責任構造という大企業の"闇"を浮き彫りにしつつその闇に押し潰されそうになる中小企業の運送会社社長が不正を暴く為粘り強く戦い続ける姿を熱く描いていく姿に池井戸潤原作とは言え実際の事件を軸にしているだけ>>続きを読む

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

4.5

オギー自身の物語ではあるが、その周りの人々の視点も描いている事で、オギーへの思いが更に深くなる。
自分の経験と重ねてしまう場面も多く感情移入半端なく、心が揺らされ涙が止まらなかったが、観終えた後は温か
>>続きを読む

50回目のファーストキス(2018年製作の映画)

3.6

オリジナルをリメイクではなく完全にパロディ化してる辺りが完全に福田監督だなーと笑
プロットだけあって脚本なくて台詞は全部アドリブか!?って程素で演じてたのか?と思う役者陣wムロさん1回メレブ喋りしたし
>>続きを読む

30年後の同窓会(2017年製作の映画)

3.5

人が戦争を作り、戦争が人を作る。
思わず頷いた台詞。名優たちの演技が素晴らしく戦争批判をしっかりとした言葉で伝えながらも3人のやり取りがテーマの重さを吹き飛ばしてくれる。
列車内で男四人で下ネタ全開で
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

4.0

血縁とは?家族とは?幸せとは?是枝監督は作品ではなく人々の感情が詰まり形のないものを作り出している。
綺麗で透き通った空気感。
それは言葉にならないもの...。
人間にとって幸せとは何かを痛烈に考えさ
>>続きを読む

ビューティフル・デイ(2017年製作の映画)

3.6

映像、音楽、空気感、哀愁、人の闇、何ひとつ無駄無く洗練された総合芸術にシビレまくり。
何気なく挟まれる環境音や生活音、台詞全てがとてつもく緻密且つリズミカルに設計されている。
バイオレンスな展開ながら
>>続きを読む

レディ・バード(2017年製作の映画)

3.9

都会へ羽ばたきたくて背伸びをするが最後の高校生活は思うようにはいかない。
親への反抗、恋愛、友情、こじらせがちな思春期など誰もが1度は通ったであろう10代の頃を懐かしく描いてる。

女性監督特有の独特
>>続きを読む

デッドプール2(2018年製作の映画)

4.7

前作を遥かに凌ぐアクションと笑い♪
出だしから吹いてしまったし!ww

しかし、まさかの予想外にでもホロっとさせられるとはww
"ファミリー映画"の謳い文句に嘘は無かった!

"2"にしてある意味集大
>>続きを読む

恋は雨上がりのように(2018年製作の映画)

4.3

小松菜奈全力ダッシュのOPはかなりな疾走感で最高!!
大泉洋の頼りないファミレス店長が何故か可愛かったし、2人の掛け合いが良い笑いを醸し出し、夢を追い続ける事の素晴らしさを改めて教えられたな~♪

>>続きを読む

友罪(2017年製作の映画)

3.2

"罪を犯した人間は幸せになってはいけないのか"が今作に通底するテーマ。

少年犯罪、虐め、加害者の家族、AV強要出演、嫌な過去を背負った人達の群衆劇で、かなり難しい題材だが人間の心をしっかり描いていた
>>続きを読む

四月の永い夢(2017年製作の映画)

3.7

恋人が死に3年間無気力な主人公の止まった時が少しずつ動き出すまでの物語。

主演の朝倉あきが透明感抜群の素晴らしさ!
人は皆何かを隠し何かを背負い生きている...
"人生は獲得していくのではなく、失っ
>>続きを読む

ラプラスの魔女(2018年製作の映画)

2.5

櫻井くんの存在意義は?
トヨエツが"映画"じゃなく完全"舞台"演技だし...福士くんとすずちゃんはギリで後は全体的にミスキャストで固められてた気がしてならない...。
ニット帽に黒髪ロングでちょい凛々
>>続きを読む

ランペイジ 巨獣大乱闘(2018年製作の映画)

4.0

エイリアン始まったかと勘違いしたOPからwなるほどそう来ますかの止まらぬ巨大凶暴化!
ロック様がジョージと手話でやりとりする件は妙にリアルで良かったな~

巨獣3体がビル群を破壊しまくりで応戦するロッ
>>続きを読む

>|