大木茂さんの映画レビュー・感想・評価

大木茂

大木茂

映画(1245)
ドラマ(0)

ネバーセイ・ネバーアゲイン(1983年製作の映画)

3.1

「サンダーボール」の方が良かったなぁ〜
コネリーもおじいちゃん化して少し寂しいけど裏では3歳年上のムーアが現役って混乱するぜ

オープニングがない物足りなさ(本家はアレで7割もってると思う…)
ケンア
>>続きを読む

007/サンダーボール作戦(1965年製作の映画)

3.3

性と暴力、現代の冒険家セックス好きのピーターパン
それにしてもカジノが似合う男だなぁ

冒頭の紳士の必需品は笑っちゃうほどカッコいい!ジェットパックって実在するんだ?!
50年経った今でも一般普及され
>>続きを読む

モンスター(2003年製作の映画)

3.1

特殊メイクレベルでオンナを痰壷に捨てるが如く役作りするシャーリーズセロン…

アイリーンに激似でビックリしたわ
取材も綿密だし
犯罪者だけれどそれ以前に被害者っていうスタンスを貫いててスタッフ達が敬意
>>続きを読む

リリーのすべて(2015年製作の映画)

3.5

百合の花は女性器の象徴ともされ
百合と言葉自体は女性同士の愛情を意味する
『リリー』
この名前の奥深さに感嘆する

現代ではトランスジェンダーは手術や整形で女性になれる
同性愛の最大の難関は差別や病気
>>続きを読む

博士と彼女のセオリー(2014年製作の映画)

3.3

すごい悲しいはずなんだけど
何故か不安にならないんだよね
頭とかがバキバキだからなんかカッコいいんだよね

奥さん役の人可愛かった
「ローグワン」に出てんだね

エディの段階の演技は凄いね
かわいそう
>>続きを読む

ベネディクト・カンバーバッチ ホーキング(2004年製作の映画)

3.0

テレビ映画だから映像に芸術性は感じられなかったけどホーキングビギニングとしてあらすじはなんとなく分かった

相方のペンローズがあのエッシャーのだまし絵の元ネタだとは…

初々しいベネ様観れたから満足

スチューデント(1988年製作の映画)

3.0

会えない時間が愛育てるのさ
とはいえ育ち過ぎて電話中毒になっちゃってバカップル化して痛々しかった

ラスト急に難しくなったし
あんなに愛について語れるなら実践しろよ!
…となったぞ

マルソー22歳、
>>続きを読む

ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール(2014年製作の映画)

3.1

ミュージカルかと思ってヒヤヒヤしたぞ
と思ったらホントにミュージカルだったぞ…
ミュージカルは台詞と音楽を一緒に乗っけれる便利な方法だけど曲が脳みそに刻まれないと何も入ってこない諸刃の剣なんだよね…
>>続きを読む

アデル、ブルーは熱い色(2013年製作の映画)

3.2

これはエマ視点の方が自分は良かったかも…

アデルのフワフワした感じにイマイチ感情移入出来ないんだよなぁ
寝顔ブスだし笑
時間経つにつれて大人っぽくなっていくのわ安心したわ

何故かこの映画食事の時は
>>続きを読む

ロスト・チルドレン(1995年製作の映画)

3.0

クセが強すぎるんだよなぁ
天気悪い日のお祭りの見世物小屋を見せられているようだったわ

誘拐された弟を大男のロンパールマンと美少女が助けに行くって単純な話だけど

周りの奴ら強烈すぎるし
誘拐したり夢
>>続きを読む

13F(1999年製作の映画)

3.8

コイツはスゲエぜ

マトリ的な要素に注目
「◯ー◯◯◯ィ」を思い出すような世界観
有名なホラー小説の3作目「◯ー◯」の設定も映像化されたらこんな感じなのだろうか…?
デジャブとか90年代の感じは「◯◯
>>続きを読む

レゴバットマン ザ・ムービー(2017年製作の映画)

3.4

バットマン好きならニヤリなシーンばっかり
ジャスティスリーグも出るし(カメオレベルだが…)
ジョーエルもいるし笑
ヴィランズも勢揃い

歴代バットマンの再現もヤバイ
1966年だけ実写ヤメロ笑しかも変
>>続きを読む

ときめきサイエンス(1985年製作の映画)

3.1

チェリーの夢を叶えてくれるような理想の三次元美女(ブロンドのロングヘアの娘の方がタイプだが…)が現れる?作る?という面白いアイデアなのに話があっちいったりきたりでなんか思ってたのと違ったな

ジョンヒ
>>続きを読む

奇人たちの晩餐会 USA(2010年製作の映画)

3.6

丘の上の馬鹿とかわいいネズミの剥製から始まってどんな話かと思ったら…

アホを集めて嘲笑う胸糞大会ってのが分かってヒヤヒヤしてたけど
晩餐会前から変人ばっかり出てくるじゃないか!

カレルもラッドも出
>>続きを読む

無ケーカクの命中男/ノックトアップ(2007年製作の映画)

3.7

完全に「40歳の童貞男」の流れをくむ作品
よくもまあダラダラと狂った会話続けられるもんだ笑

赤ちゃん恐怖症のジョナヒル
主人公の子供を狙うスケベ
カナディアンモヒカン
ヒゲをいじられまくるヒゲモジャ
>>続きを読む

ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!(2007年製作の映画)

3.8

最初サイモンペグだし
俺たち〜だからふざけたコメディだと思って思ってたら
おかしな雰囲気はずっとあるんだけど全然笑うとこないし変だなぁと観てると
ラスト40分で怒濤の展開、伏線回収の気持ち良さ
ゴアが
>>続きを読む

キスキス,バンバン(2005年製作の映画)

3.1

情けないRDJと頼れるゲイの探偵?モノなんだけど肝心の事件が複雑というか分かりづらくてスッキリせず…
ヒロインもかわいいけどビッチだし笑

メタフィクションみたいな語り口は良かったけど内容が伴ってない
>>続きを読む

ゴーストワールド(2001年製作の映画)

3.2

ぬるくて乾いた笑いがずっと続く
巨乳2人組のモラトリアムそしてブシェミ

つまらない町(本人次第)と高校卒業と同時に自由(放浪)を得る

2人とも美人のはずなんだけど役のせいかずっとダサいんだよね
>>続きを読む

007/ダイヤモンドは永遠に(1971年製作の映画)

3.0

主題歌は歴代上位に入るくらいカッコいいよね

コネリー復帰の理由が寄付のためとは…

冒頭の2人組ヤバイだろしかもゲイなんかい
女2人組もクセが強い

テンポ早くて笑うんだけど途中からダレるなぁボンド
>>続きを読む

女王陛下の007(1969年製作の映画)

3.1

ジョージレーゼンビーのボンドで
結構異色作
ラストカットも衝撃的でなんとも言えない…

あとアクションシーンの編集のスピード感がすごい

マニーペニーの粋な計らいはイイね帽子受け取る時も切ない

娘を
>>続きを読む

リンカーン(2012年製作の映画)

3.1

アメリカの映画を観てると30本に1本の割合で名前が挙がる偉人

まさか奴隷を題材にした「スパルタカス」観た後で解放を題材にした映画観るとは思わなかったぞ…

エイブラハムリンカーンって本名と大統領って
>>続きを読む

スパルタカス(1960年製作の映画)

3.1

キューブリック作品だし(雇われらしいけど)いつかは観なきゃなと思ってたら
「トランボ」の脚本だし
最近観た映画の中で流れてた(多分、マンハッタン恋愛セラピーだった気がする…)て
コレはもうと言う事でレ
>>続きを読む

マネーボール(2011年製作の映画)

3.3

まったく野球興味ないし
むしろ嫌い(父親が夕方の番組を占拠する)
というより野球好きの人達が好きじゃない
でも「フィールドオブドリームス」の野球に対するアツイ想いは好き

政治、宗教、スポーツ、ギャン
>>続きを読む

ナイトクローラー(2014年製作の映画)

3.6

ヴィランのオリジン並みに丁寧に成長描いてスカッとするわ
このサイコ野郎今まで何してたんだってくらいのサクセスストーリーなんだよなぁ

キレイなBGMでヒドいシーン誤魔化してる感じが
主人公の正論言って
>>続きを読む

ドライヴ(2011年製作の映画)

3.3

冒頭のBGMがダフトパンクっぽいなと思ったらKavinskyって人のNightcallって曲で
プロデューサーがギマニュエルでガッテンなるほどスッキリ

「ベイビードライバー」観た後だから
ゴズリング
>>続きを読む

ジャッジ 裁かれる判事(2014年製作の映画)

3.3

親子ゲンカ法廷モノかと思ったら
ホントにその通りだった

くせ者同士で仲良くなったかな?と思ったら喧嘩したりの繰り返し

不快感ない謎を小出しにしていて終始引き込まれたけどもう一回観たいっていう作品で
>>続きを読む

黒い牡牛(1956年製作の映画)

3.2

トランボの引き出しはどうなっているんだろう
脚本家の人って本当に頭に宇宙を持ってるよね

牛がこんなにかわいく頼もしい映画ってないんじゃないかな?
少年と動物の絆の話は素敵よね

この作品の大人達は普
>>続きを読む

水の中のつぼみ(2007年製作の映画)

3.4

この覗き見感覚は映画でしか味わえないよなぁ

主役の子のなんとも言えぬ顔がたまらん

でぽっちゃりの子(他の映画だとおバカ要員)がお相手なのか?!とヒヤヒヤしているといかにもなマドンナが現れた

ここ
>>続きを読む

アンダー・ハー・マウス(2016年製作の映画)

3.1

濡れ場多いし
モザイク多いし
不倫するわ
とっかえひっかえだし
と嫌いな要素満点だったぞ

背徳感とか逃避して快楽に落ちるものって
応援出来ないから観てて退屈なんだよね

ラブシーンよりラブストーリー
>>続きを読む

アバウト・レイ 16歳の決断(2015年製作の映画)

3.1

決断するのは母親だったぞ

破天荒3世代の母娘孫のドタバタ笑いアリの感じにすればもっと面白かったかも

クレイジーレズばあちゃん
原罪お母さん
この2人(&1人)に囲まれたから
トランスなのかは分から
>>続きを読む

ハンズ・オブ・ラヴ 手のひらの勇気(2015年製作の映画)

3.3

出会い方が軟派じゃないのが好感もてる
この年の差カップルイイなぁ
なんて思ったら2幕から一変…
むしろこの展開の為の導入なんだけど
この2人の馴れ初めにウットリ

ジュリアンムーアっていまいちタイプじ
>>続きを読む

愛が微笑む時(1993年製作の映画)

3.4

RDJって良い意味で何やってもRDJなんだよね
皮肉っぽいけど根は素直で
動くとチャーミングな佇まいだし
顔と声も独特でかわいい

4人のゴーストの設定良かったなあ
みんな個性もあって子供時代からいき
>>続きを読む

恋するパリのランデヴー(2012年製作の映画)

3.3

別居中の人妻に恋しちゃうピアノマンで
少し重そうかな?なんて思ったら
ちょくちょく笑い入れてくるわ
子供嫌いが良いパパになってくるわで安心
てかドジっ子多すぎ笑
マルソーなんて20回以上ドジしてたぞ!
>>続きを読む

マーガレットと素敵な何か(2009年製作の映画)

3.5

かわいい系の話かと思ったら
潜在的トラウマ克服ストーリーだった

彼氏の夢はレーサーってので
今も競争してるって解釈してるのが切ないけど大人を的確に表現していていいな
この映画の人達なんだかんだで子供
>>続きを読む

戦艦バウンティ号の叛乱(1935年製作の映画)

3.6

艦長が超嫌なヤツ(バウンティバスタード)
しかし艦長と言われるだけある場面も…

でも航海中の冒険感は見たことないくらいワクワクしたんだよなぁ
船の上の生活感とか楽しそう罰多過ぎだけど
元囚人とはいえ
>>続きを読む

或る夜の出来事(1934年製作の映画)

3.1

これなんてことない話だけどトーキー黎明期にして王道の礎なのね

一見、頑固者なんだけど大事な時には優しいとか作品の暖かみが滲み出て良い

たまに編集雑な時あるけどワザと?
逆にかわいいからいいけどね

>|